magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2331)
(1968)
(1714)
(1115)
(859)
(823)
(503)
(496)
(496)
(490)
(444)
(333)
(277)
(232)
(227)
(217)
(161)
(159)
(71)
(33)

最新の記事

12月13日(水)大阪店ヴィ..
at 2017-12-10 23:00
12月13日(水)大阪店ヴィ..
at 2017-12-10 21:53
一生付き合いたいスウェットア..
at 2017-12-10 16:06

最新のコメント

shin様。 お世話に..
by magnetsco at 15:19
40's U.S.M.A..
by shin at 00:21
ヨシさま、こんばんは!僕..
by magnets-vintage at 20:20
大変丁寧なお返事を頂きあ..
by ヨシ at 20:52
商品が手元に到着しだい、..
by 富井 at 20:08

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

『30代から決まる!大人のガスフラップ!』(トアウエスト神戸店)

1940’s US,Army MustardShirt Size:14 1/2~15 1/2  3980yen
c0078587_15331927.jpg

第二次大戦時に、米陸軍に採用された下仕官用の通称マスタードシャツです。
素材はウールになります。以前にもブログアップの方をしているのですが
人気が高いので、もう一度取り上げてみました。

このシャツは在庫を持っているところがなかなかなく、探すのがかなり大変な
一品とは思いますが、出てきたとしても結構な値段が付いて気軽には
着れないんですよね。

まぁ、完璧なコレクターズアイテムに入るものなのでわかるんですけども。

特徴的なのが、ガスフラップと呼ばれる、前縦が付いているところ
これは、ガス兵器に対しての防御策として考案されたものなのですが
兵士の中には、邪魔なので取ってしまう人もいたようです。

しかも実際には、米軍でガス兵器はこの当時、危険要素が多かったので
ほとんど使用してなかったらしいです。取ってしまう理由もわかりますね。

このガスフラップが付いているものは、HBTのモデルにも採用されていますが
こちらのほうも、取られているものが多いです。

それともう一つ大きな特徴が、袖のカフスのところにもフラップが付いているところです
その画像は、後に画像でご紹介します。袖口にも付いているところが古い物なのに
新しいです。

ウールの色目もオリーブドラブを採用していますのでこの年代特有の色目になり
民間品では、なかなかお目にかかれない色目ではないでしょうか?

個人的にこの色目がすごく好きで、ついつい目が留まってしまう色目です。
ウール素材にこの色目で、かなりクラシックな感じが出てかっこいいです。

恥ずかしながら今回も着てみましたので、よければ着用画像も
見ていってください。申し訳ないですけども全身のショットからです↓
(またしても顔面がぶれてます。拒否られてるようにうつります
 何度か撮り直してこれですからね。サメのせいではなさそうです)


c0078587_174348.jpg

いかがでしょうか?168cm62Kgと小柄な僕ですがサイジングは
タイトなほうです。

40’sまでのものって動きやすさもある程度は考えていたとは思うのですが
どちらかというと制服としてカチッと見えるところを重視して作られてるのかなと
思うシャツが多いです。

なので、全体的にタイトなつくりになっているためラインのほうは、今現在でてる
シャツのサイジングに近いものがありますね。

ちなみに着ているサイジングは、15 1/2で何度か水をくぐって縮みが入っては
いるものの、普通僕では、かなり大き目のサイズになります。

個人的には、少し大きめのサイズを、乾燥機で縮ませて着る事をオススメします。
ヨレによる立体感がでてカッコイイと思います。

今店頭に揃っているものは、縮みの方はそんなに入っていないので綺麗に
着たい方にも対応しています。
c0078587_1534234.jpg

ガスフラップの首もとの画像になります。

シャツ単品で見るよりも、着てみたほうが、このガスフラップの存在感が
出てかっこいいです。皆様に伝わってます?
(モデルが僕なんで伝わってなかったらごめんなさい)

左の画像のようにピタッとフラップを内側にボタンがあるのでしっかり締めてもらっても
同色のカットソーを着ているみたいで新鮮にうつります。

この仕事をしているから余計なのかもしれないですが、普通シャツのボタンが上2つ
あいているとVゾーンには違った色目がくる事に目が慣れてしまっているので

Vゾーンも同色だとかなり新鮮です。ボタンがあいてて上半身が一色になる事って
あまりないですよね。

右のようにフラップをたらして、首もとのアクセントに使用してもらっても
面白いんじゃないでしょうか?それと内側にたたんでフラップが見えない
普通のシャツとしても使っていただけるので、使い方は皆さん次第です。

一見、普通のシャツというか、どちらかというと味を重視した地味なシャツなんですが
ちょっとひねりがあって、かなり玄人さんウケしそうな通なシャツだと思います。
実際アパレルメーカーの方に購入してもらってます。

下には袖のガスフラップの画像も入れているのでこちらも一緒にご覧下さい↓
c0078587_15342031.jpg

フラップつきのシャツをアップしましたが、エポレットつきやワッペン物も
ございますのでそちらもご覧になってください。





1940's US,A.A.F. MustardShirt Size:14 1/2 3980yen
c0078587_18244093.jpg

エアフォースのワッペン付きが入っています。陸軍航空部隊のものになります。

特徴としましては、ボディーの素材や質感は先ほどのものと変わらないのですが
ガスフラップがなくなっています。

見たところ、特にちぎられた跡もないことから始めからついていない仕様だったと
思われます。確かに野戦をしないパイロットや任務に当たっていた兵士には
最初からいらないものなので違うパターンで作っていたのだと思います。

もう一つの特徴なのが、肩にエポレットが付いているところですエポレットが
付いているものは、いかつく見えて敬遠されてる方も多いと思いますが

これは短めのエポレットで着てみても浮きがないためスッキリとした印象に
うつりますので苦手な方でもなんら問題がないと思います。

エポレットのここがポイント

エポレットって肩から浮いてしまったら、ゴツさがでて全体の印象が変わるんですよね。
今回のものみたいに短めで、尚且つ浮いてる部分が少なく半分近くステッチがボディーと
一緒に縫いこまれてるものは、着てみても全然大丈夫なんです。

最後にこのシャツに関してなんですけども後身頃がカットされています。
座ったときにごわつくのが気になっていたんでしょうか?

座った体勢で時間を過ごす事が多かったと考えたら納得のいくカスタムですね。
パイロットさんのものでしょうか?色んな想像を膨らます一品でもありますね。
c0078587_18422391.jpg





1940’s US,A.A.F.MustardShirt Size:14 1/2  4980yen
c0078587_18375996.jpg

ソリッドでは物足りないという方にはこちらをおすすめ!

かなりいい感じでワッペンが付いています。いかにもザ・ミリタリーな一着では
ないでしょうか。

こちらのほうも前たてとカフスともに、フラップがありません。それにエポレットも
ないのでシャツのデザインとしては一番シンプルな一品になります。

それと、これもフラップをとった跡がないので元々の仕様になると思います。
状態のほうはかなりいい一品ですので、気になる方はご覧になってください。



今日は、久々に長々と書いてしまいましたが、読むのがめんどくさかった方や
途中でやめてしまった方スミマセン。
また、本日も倉庫にてピックしてまいりますので明日もお時間がございましたら
ご来店下さい。

神戸店 伊藤でした。



商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
*恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。
by magnetsco | 2010-11-04 20:49 | KOBE店 | Comments(0)