magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2348)
(1980)
(1718)
(1115)
(865)
(827)
(510)
(499)
(496)
(491)
(445)
(333)
(280)
(232)
(227)
(218)
(161)
(159)
(71)
(33)

最新の記事

神戸店12/20(水)ヴィン..
at 2017-12-19 00:15
神戸店12/20(水)ヴィン..
at 2017-12-18 23:31
神戸店12/20(水)ヴィン..
at 2017-12-18 21:34

最新のコメント

通販希望です様。 ..
by magnetsco at 16:44
はじめまして。 どこに..
by 購入希望です at 19:50
shin様。 お世話に..
by magnetsco at 15:19
40's U.S.M.A..
by shin at 00:21
ヨシさま、こんばんは!僕..
by magnets-vintage at 20:20

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

”どじょう”みたいな泥臭いアンコンJKTをトラッドMIXで着る!TRADLITE#13(T.W.)

c0078587_20205764.jpg

こんばんは。マグネッツ神戸店、伊藤です。

”MAGNETS”で働き出して、早12年が経ちました! 
毎年毎年、この季節になるとワクワクして、秋冬物を見るのが楽しく、
ヴィンテージが、ホント面白い季節になってきましたネ!


さて、日本の内閣も新しい顔ぶれが出揃い、
新たな気持ちで日本再建に取り組んで欲しいところです。

通称”どじょう内閣”と言われている、野田新内閣にちなんで、
今日のTRADLITEは、”どじょうJKTと呼んでもいいかも?”的な、
ペンドルトンアンコンJKTのコーディネイト提案になります。


野田首相曰く、「どじょうが金魚のまねをしてもしょうがない。
 泥臭く汗を流して、どじょうの政治をやりたい」 と申しております。


さぁ!泥臭くいきましょう!



c0078587_20294446.jpg

( Pendleton Ancontract JKT: 5980yen ~ 6980yen )
c0078587_20442645.jpg

c0078587_20444626.jpg


(Pendleton WoolenMills Celebrating 140 Years of FamilyWeaving in Oregon)



もう、あまりにも有名なブランドなので、説明は不要かと思いましたが、
掻い摘んで、ヒストリーをご紹介いたします。

約150年前の1863年にイギリス人のトーマス・ケイがアメリカ北西部のオレゴン州ブラウンズビルの
毛織工場運営支援のために渡米し、1876年にトーマス・ケイの娘ファニーと結婚相手のビショップが
ペンドルトン・ウーレンミルズを軌道に乗せました。

その後1877年に、アメリカ軍と勇敢に戦ったネイティヴアメリカンのチーフジョセフの名を譲り受けた
ブランケットを生産し新しいペンドルトンを世に知らしめる。
その後も、米軍に製品を納入したり、大規模な販売ルートを築き上げアメリカ人の誰もが知る、
高級ウールブランドとなり、現在に至っています。

皆様がよく目にする、ペンドルトンのヴァージンウールシャツなどは、1924年に完成していました。



( Pendleton Ancontracted JKT )
c0078587_20453137.jpg

今日は、アンコンジャケットを着て店立ちをしていましたので
今日の服装をそのままアップしました。

アンコンジャケットの雰囲気を、自分なりにそのままストレートに出した
コーディネートです。

少しカチッとしたイメージを気にしてみました。
トップス、インナー、ボトムスとゆるすぎず細すぎずの
スタンダードジャストのサイズでそろえています。

ネッカチーフとハットで、雰囲気を強調してみました。

( Pendleton Ancontracted JKT: 5980yen .Lee Long ''L'' OverAll Size:40x29: 29800yen WallaceBerryTop Size;M : 2980yen)
c0078587_20454520.jpg

続いては、ワークアイテムを使ってのコーディネートです。
先ほどのアイテムチョイスからはガラッと変った物を選んだんですが
土臭い雰囲気にもピッタリはまる、アンコンジャケット。

生成りのオーヴァーオールを選んで、ジャケットの柄を強調してみました。
こういう合わせでも、難なく使えてしまうアイテムですので
使える幅が本当に広いですよね。

今回はボトムスの方を、40インチとゆったり目のオーヴァーオールを
選んだので、ヘッドウェアは、Aラインのジャマにならないようにスマートな
ハンチングを選びました。

カヴァーオールのような感覚で、このジャケットを捉えてもらったらいいと思います。

( Pendleton Ancontracted JKT: 5980yen .White SolidShirt: 3980yen Vintage Bandanna: 800yen)
c0078587_20194042.jpg

ラストは、カズマが選んだコーディネートです。

あえてのオーヴァーサイズでの着こなしです。

長さを強調して、ハーフコートのような感覚で着てみました。
パンツのほうは、少しゆるいぐらいを意識して選んでもらったら
バランスが整いやすいと思います。

濃い目のボトムスを選んでいるので重くなりすぎないように
インナーには、シンプルにホワイトのソリッドシャツを選びました。

首もとのバンダナのアクセントが効いてますね。
芯なしのジャケットなんでクタットした質感を生かして
コート風に着るのも良いですね。




ペンドルトンのアンコンJKTは、泥臭いアイテムですが、
どこか上品な部分も併せ持つ、他になかなか類を見ないアイテムになります。


このジャケットは案外、合わせやすいので1着持っていると
すごくへヴィーローテーションで、使って頂けると思います。


そんなに在庫が沢山あるわけじゃないので、
気になった方はお急ぎ、神戸店、大阪店にCHECKしに来てくださいネ!


では、次回も面白く、タメになる、企画で頑張りますので、
次回の”TRADLITE”をお楽しみに!


最後まで、見ていただき
ありがとう御座いました!


マグネッツ神戸店
伊藤





商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている物も含まれます。御了承くださいませ。

by magnetsco | 2011-09-09 22:34 | KOBE店 | Comments(0)