magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2076)
(1773)
(1550)
(1040)
(780)
(746)
(460)
(459)
(447)
(432)
(394)
(300)
(240)
(214)
(211)
(198)
(154)
(149)
(60)
(32)

最新の記事

5月27日(土)大阪店スーペ..
at 2017-05-26 16:25
飲み物を、身に纏う!(T.W..
at 2017-05-26 12:52
5月27日(土)大阪店スーペ..
at 2017-05-26 00:37

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 14:42

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

“世界三大デニムブランド”とは? (トアウエスト神戸店)

こんばんは、神戸店 カズマです。

日中は暖かいですね、
街ではTシャツ1枚の方や、重ね着されている方もいて服好きの方は
楽しくなってくる季節ですね。すでに僕は寒がりなので着込んでます。

そろそろ出番のこのアイテム紹介していきますね。

本日はデニムの源流とも言えるリーバイス、ラングラー、リーの3社に注目しての
JKTアイテム紹介していきたいと思いますので宜しければお付き合い下さいませ。

LEVI'S 70505 "E" DenimJKT Size:about 38 14800yen
c0078587_224384.jpg

c0078587_224589.jpg

c0078587_2258100.jpg

まずはLevi's

ゴールドラッシュで西部にたどり着いたリーバイ・ストラウスは、唯一所持していた
テント用のキャンバス地で作業用のズボンを作り始めました。

そのズボンのタフさが金鉱夫の間で評判になり、飛ぶように売れるように。
これがリーバイスの始まりなのですね。

そんなリーバイスから色濃い濃いの70505。

この70505というのは他のブランドのデニムジャケットよりも
着丈が長くて使いやすいところが一番のポイントですね。

まだまだ自分で充分育てれるくらいに色も残っています、
襟部分にタタキ跡があり、バックにもダメージはありますが雰囲気でてます。

このサイズで探されてる方は必見ですね。
c0078587_2253437.jpg

c0078587_2254993.jpg


1970's Wranglar 24MJZ Denim JKT Size:about 40 7800yen
c0078587_2261149.jpg

c0078587_2263554.jpg

c0078587_2271112.jpg

続いてWranglar。

ラングラーの誕生は戦後の1947年のこと。吸収合併を繰り返した結果、
世界最大のワークウエア会社になったブルーベル社を母体に持っていました。

ジーンズブランドとしては明らかに後発メーカーだったラングラーは、一策を投じてハリウッド
西部劇の衣装デザイナーであったロデオ・ベン(本名 Ben Lichenstein)を登用、

当時作業着でしかなかったジーンズにテーラード・カッティングとファッション性をもたらした。

そんなラングラーからは、24MJZを紹介、
1950年代に登場した世界初のジップフライ装備のデニムジャケットである11MJZの後継モデル。

登場は品番が11MJZから24MJZに変更した1964~65年であり、
微妙にマイナーチェンジを繰り返しながら1980年代半ばまで継続された為、

同一品番での生産時期は124MJと同様にラングラー全体の歴史の中でも長寿モデルなんですね、
しかし、最近ほんと見かけなくなりましたね。

単純にジッパー仕様というところでも充分魅力的なのですが、単車乗りの方は
ジージャンを羽織る場合、ボタンよりもジッパーの方が中に風が入ってこないため、

単車乗りとしては嬉しい仕様になっていますね。

4ポケットの為、タバコや携帯の収納にも困りませんね、
機能+デザイン共に充分に満足できるアイテムです。

あと、この色が抜けているあたりもたまりません。
野暮ったい感じで着こなしてみてもカッコいいですね。
c0078587_2274783.jpg

c0078587_227326.jpg


Lee 101-J Denim JKT Size:40 9800yen
c0078587_22861.jpg

c0078587_2283618.jpg

c0078587_229104.jpg

最後はLeeで締めましょう。

創業時のリーの始まりは、高級食品の卸売業社であったが事業拡大に合わせて
衣料を取り扱うようになり、そこで買い付け商品の納期遅延問題が浮上。

それなら作業服を自社で生産販売しよう、ということになり
1911年に独自の衣料工場を設立し、デニム衣料などを作り始めた。

Leeからは101-J。
リーを代表するジャケットで、スティーブ・マックィーンが愛用したことでも知られています。

カウボーイが使いやすいデザインで、カウボーイが使うことを考えて作られたジャケットなので
突起の少ないリー独特のリベットやプラスチックのアジャストボタンも鞍を傷つけない工夫と言われます。

綿糸が使われているのも嬉しいポイントで、
外側が小さくなるフラップを持つ胸ポケットのデザインが特徴的ですね。

全体的には薄めの色味にはなっていますが、色落ちがカッコよく出ており
右袖に濃いデニムでリペアがされているのですが、それもまた味です。

今の季節だとカットソーの上にサッと羽織える便利なアイテムです、
寒くなってきても使える重宝するアイテムなのでシーズン本番前に是非。
c0078587_2210236.jpg

c0078587_2293651.jpg

c0078587_2295628.jpg


本日も最後までお付き合いありがとうございます。
次回はマイナーブランドで特集もしていこうかと思います。

神戸店 カズマ


商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている物も含まれます。御了承くださいませ。

by magnetsco | 2011-09-29 22:19 | KOBE店 | Comments(0)