magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2337)
(1973)
(1716)
(1115)
(860)
(825)
(505)
(498)
(496)
(491)
(444)
(333)
(277)
(232)
(227)
(218)
(161)
(159)
(71)
(33)

最新の記事

神戸店12/16(土)スーペ..
at 2017-12-13 23:20
本日は寒い中、大阪店ヴィンテ..
at 2017-12-13 22:15
MAGNETS 古着バイヤー..
at 2017-12-13 20:00

最新のコメント

通販希望です様。 ..
by magnetsco at 16:44
はじめまして。 どこに..
by 購入希望です at 19:50
shin様。 お世話に..
by magnetsco at 15:19
40's U.S.M.A..
by shin at 00:21
ヨシさま、こんばんは!僕..
by magnets-vintage at 20:20

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

世界大戦で活躍したアイテムたち。(トアウエスト神戸店)

こんばんは、神戸店 伊藤です。

ご来店誠にありがとうございました。
はじめてこられたお客様に、いろいろとお話をさせていただきまして
楽しい一日でした。
本当にありがとうございました。

本日もブログアップをしましたので、お時間が御座いましたら
お付き合い下さい。


1940’s US,Army MountainPack 12800yen
c0078587_2225259.jpg

c0078587_223611.jpg

c0078587_224175.jpg

1942年7月20日


第1特殊作戦部隊は、ロバート・T・フレデリック大佐が創設した
アメリカ陸軍とカナダ陸軍の志願者で編成された部隊である。

この部隊は、敵戦線後方でヒット・アンド・ラン攻撃を行なうのが任務で
特に冬季の機動性に主眼が置かれていた。

隊員達はパラシュート隊員、水陸両用コマンドー隊員、山岳スキー部隊員として
訓練を受け、爆破と破壊工作のエキスパートでもあった。


1943年8月のアリューシャン列島キスカ島での上陸作戦に参加したが、
彼らにとってはイージーな、無血の勝利となった。

第1特殊作戦部隊は、1943年11月にイタリアへ移動し、
12月3日にケッセルリング将軍が築いた冬季戦線の一部である、
モン・テ・ラ・ディフェンサで初めて銃火の先例を受けた。


第1特殊作戦部隊はそれからほぼ1年間、イタリアでめざましい戦いを見せた。


そんな彼ら、第1特殊作戦部隊が使用していたUSアーミーのマウンテンパックです。
このバックパックはかなり珍しく簡単にはお目にかかれないアイテムになります。

イタリア戦線に赴いた山岳部隊が使用してた物になり、特別な物になります。
以前、当店で入荷していた、マウンテンパンツと使っていたようです。

ミリタリーに詳しいお客様も、なかなか見られないものとおっしゃってました。
状態がこんなにいい物で出てくることが殆ど無いようです。

特にメタルのフレームが付いて出てくることが少ないようで
当時から外して使われていたようですね。

よく見ると、センターのベルトが左右で色目が違います。
これがまた、珍しいですね。
c0078587_224218.jpg

c0078587_2243630.jpg






1940's US,Army M-43FieldJKT Size:38-R 7800yen
c0078587_2245996.jpg

c0078587_2251668.jpg

かなり濃い色目で残っているM-43フィールドジャケットです。
M-41から兵士に大量生産で支給が開始されましたが

後に続くフィールドジャケットの形が完成された最初のモデルとして
このM-43は見過ごせないのではないでしょうか?

ハーフ丈、4ポケットのデザインです。後継も出るのM-65も
このジャケットをベースにして改良された結果のジャケットとなります。

このジャケットは色目が独特で、黄色味がかったグリーンをしており
他の物と見た目で区別がつきやすいです。

素材はコットンサテンを使っていて、今回の物は特にその素材の
コンディションがいいため光沢もしっかり残っております。
右胸には、ラプチャードダックのマークが付いています。

タグにはパターンBと書かれていてM-43でも何種類か
仕様があるのでしょうか?
気になります。

裏地の色目が違っていて珍しい1枚です。
お見逃し無く!
c0078587_2254017.jpg

c0078587_226044.jpg






1940's USAF AN-6550    Size:Medium 16800yen
c0078587_2262823.jpg

c0078587_2210227.jpg

c0078587_229216.jpg

AN-6550です。40’sに採用されていたフライトスーツになり
数年間、陸、海両軍で試用されていた数の少ない1枚になります。

今回のこちらは、陸軍航空部隊から独立した空軍の1枚になります。
薄らとですが左肩には、マークが残っています。

このフライトスーツはウールを使っている為に
かなり縮んで出てくる物が多くて、サイズ表記でいけると
思っていても、めちゃくちゃ小さかったりするのですが
今回の物は、極端な縮みも入っておらず良い1枚です。

左胸の裏側に張られてある黒タグがカッコいいですね。
シルバーの刺繍が個人的にカッコいいです。

欠損がおおいウェストベルトも残っております。
上半身を垂らして着用するときにも便利ですね。

ジップも問題なく稼動しますので、長く着ていただけますよ。

製造会社はポール・リード社となっていますが
スタジャンでよく出てくるリードと同じなんでしょうか?

B-11ではReedとだけ書かれているものを見かけるんですが
別なんですかね?

人と被らない、珍しいツナギを着てみてください。
c0078587_22184359.jpg

c0078587_22122955.jpg

最後までご覧頂きましてありがとうございます。
今日も、いつもブログを見てくださってる方が
香川県から来てくださりました。

嬉しかったです。ブログの事を言われるとプレッシャーになるのですが
頑張ります。
これからも宜しくお願い致します。

神戸店 伊藤でした。

1950’s US,Army OxfordShirt Size:about
c0078587_2214131.jpg

c0078587_22141747.jpg

今日のタイトルからは外れるのですがこんな珍しいイ1枚も
入っていますのでオマケでアップです(贅沢なオマケなんですが)

’57のアーミーシャツです。8.2OZのチノシャツがメインで使われているのですが
こんな1枚もあるんですね。

大分暑いところに駐留していた兵士のものなんでしょうか?
ポプリン生地のものを見かけたりするんですが
オックスフォード生地は珍しいですね。

ご覧の通りしっかりと表記が残ってあります。
お手頃価格のオススメの1枚です!
c0078587_22132535.jpg

c0078587_22144390.jpg




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている物も含まれます。御了承くださいませ。

by magnetsco | 2012-02-05 22:26 | KOBE店 | Comments(0)