magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2046)
(1766)
(1531)
(1033)
(761)
(736)
(452)
(445)
(441)
(430)
(387)
(291)
(239)
(213)
(203)
(198)
(153)
(143)
(58)
(32)

最新の記事

当時ならではを、身に纏う!!..
at 2017-04-28 14:29
United States ..
at 2017-04-28 00:32
Big&Small !!! ..
at 2017-04-27 16:56

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 14:42

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

7/4(水)神戸店ヴィンテージ入荷!①ディアスキンレザーアイテム!(T.W.神戸店)

こんばんは、神戸店 伊藤です。


本日から、7/4(水)神戸店ヴィンテージ入荷!P.M.12:30~
の、入荷ブログを始めていきます。

本日7/1から、オープン時間がP.M.12:30からとなっておりますので
お間違いのないようお願い致します。

さて、まず最初のブログアップはこちらから

1940’s Vintage DeerSkinJKT Size:about-38 39980yen
c0078587_19402551.jpg

c0078587_19404425.jpg

c0078587_19404948.jpg

ディアスキンのレーザージャケットが入りました。
2枚入っているのですが、どちらも古さが漂う
良いアイテムです。

まず最初のものは、肉厚でずっしりとしたディアスキンをつかっており
物の良さが伺えます。

表面の方には使用感がでており、汚れの方が御座いますが
革自体は、しっとりとしておりかなり柔らかい状態です。

乾燥によるひび割れ箇所はありません。

普通、コレぐらいの使用感がでているとレザー自体の
劣化が出ていてもおかしくないのですが、これは本当に
嬉しいですよね。

着丈のほうも、使いやすいハーフとショートの間ぐらいに
なっており、絶妙の着丈ですね。

中にカットソーでも良い感じですし、シャツを入れても問題なく
使って頂けると思います。
c0078587_19415435.jpg

デザインは、両サイドにハの字にジップが着いたポケットが入っており
ブラス素材がボディーと良い具合に馴染んでいます。

ディアスキンではいかにもウェスタンといった雰囲気の物が
多いのですが、こういったデザインは珍しいですよね。

肩口から、着丈までセンター向かって切り替えしになっている
デザインもカッコ良いですよね。この時代にしては新鮮な
デザインではないでしょうか?

どちらかというと、70年代のクラフト系にありそうな
デザインですが、ものの雰囲気は40’s感が伝わってくるので
今まで見たことの無い雰囲気に仕上がっています。

アクセントはあるけど、全体的にシンプルな作りですので
長く飽きが来ず使って頂けると思います。

メインジップのほうじゃConmar社製のブラスジップですが
スライダーの部分が、ロケット型になっており、あまり見られない
タイプですね。
c0078587_1941073.jpg

c0078587_19411493.jpg

レールの部分もしっかりと丈夫な歯が付いているので
安心して使っていただけます。

この年代までのジップは、レザーの頑丈さや重量の割りに
頼りないものが多くて、ジップだけがダメージを受けているものが
多いです。

こちらは、ボディーとバランスの良いジップだと思います。

バックの方には、アジャスターでウェスト部分が調節出来る様に
なっています。中に着込む量でバランスをとっていただいたらいいと思います。

そろそろ夏本番が始まろうというところですが、こういったアイテムは
季節を問わず、見つけたときに是非、狙って頂きたいですね。
シーズンに入ると競争率が上がりますからね。

価格もかなりお手ごろになっております。チャンスな1枚ではないでしょうか?
c0078587_19423438.jpg

c0078587_19413886.jpg







1940's Vintage DeerSkinJKT Size:about-40 29980yen
c0078587_19431274.jpg

c0078587_19432192.jpg

c0078587_19433289.jpg

もう1枚、ディアスキンジャケットです。
こちらのほうは、スウェードタイプの一枚です。

先ほどのものと比べると、トラッドの雰囲気が強い一枚ですね。
ブレザーに近い1枚になると思います。

こちらの方は、70年たった物になりますが、コンディションが非常に
良いですね。

このデザインだと、綺麗な状態で着たい方が多いのではないでしょうか?
濃い目のベージュといったカラーも良いですよね。
ディアスキン独特の色目になると思います。

ディティールのほうなんですが、ポケットがフロントに3つ付いてます。
どのポケットも、縁に芯が入っており、パッチポケットではないので
ボディーとの馴染みが更に出ていますね。
すっきりとして印象を出すには、ピッタリのポケットの作り方だと思います。

ブレザータイプで、このポケットの作り方は本当に珍しいと
思いますよ。

ショートのブルゾンタイプでは、見かけたりすることが多いです。

バックの方も、腰に切り替えしが入っていますが、センターに縦のステッチも
入っておらず、一枚で仕上げているところが良いですよね。

ディアスキンで、均等の革の分厚さで、ここまで大きく取れるのって珍しいと
思います。隠れたこだわりではないでしょうか?

この革の使い方を探すとなると、意外とないですよ。
オススメです。
c0078587_19435993.jpg

c0078587_19434277.jpg

c0078587_19434990.jpg




●ディアスキンとは
c0078587_13413533.jpg

レザーのカシミアといわれるディアスキン。

しなやかで強靱でありながら非常に軽くてソフト、
通気性があって最もさわり心地が良い素材がディアスキンです。

この鹿革特有の温かみのある柔らかくてなめらかな感触は、
鹿革独特の結合繊維によるものです。

網目状の繊維は最高のしなやかさを与え、しかも非常に丈夫で耐久性に優れており、
あらゆる天然素材の中でも最も優れた「強度」「軽量感」「ドレープ性」「フィット感」「通気性」を持っています。

ネイティブ・インディアンの衣服がそうであった様に、ディアスキンはおよそ人の肌に触れる衣料や
小物の素材としてはオールシーズンしかも長年の使用にも耐える最適なものと考えられています。



●ディアスキンのお手入れ
c0078587_1350451.jpg

気になるお手入れですが、
ディアスキンはカウハイド(牛革)やホースハイド(馬革)など他の革と違い、
元々その細胞内に油分を大量に含んでいます。

その上、水にぬれても油分は抜けませんので油分の補給は必要ありません。

乾拭き、使い古しの歯ブラシやペット用の馬毛、
狸毛などのブラシでほこり等を落とす程度で大丈夫です。

手洗いも可能ですが本来の柔らかさが損なわれるのであまりお勧めはしませんが
手洗いの際、食酢か塩を洗い液に少し入れて洗うと色落ち防止の効果があります。

水分を切った後、形を整えて陰干し、完全に乾いた後、
レザー用のオイル、あれば馬油を塗り、軽く揉みますと柔らかさは多少戻りますよ。


最後までお付き合い有り難う御座いました。
明日も7/4(水)神戸店ヴィンテージ入荷!ブログをアップしていきますのでお付き合い下さいませ。


神戸店 伊藤



商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている物も含まれます。御了承くださいませ。

by magnetsco | 2012-07-01 21:57 | KOBE店 | Comments(0)