magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2249)
(1857)
(1651)
(1097)
(836)
(804)
(496)
(482)
(475)
(470)
(435)
(326)
(253)
(229)
(224)
(208)
(160)
(159)
(67)
(32)

最新の記事

神戸店9/27(水)冬ヴィン..
at 2017-09-26 18:05
神戸店9/27(水)冬ヴィン..
at 2017-09-26 16:55
神戸店9/27(水)冬ヴィン..
at 2017-09-26 15:33

最新のコメント

> しんさん 神戸..
by magnetsco at 11:09
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 19:20
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

玄人好みのモダンファーニチャー!!(大阪アメ村店)

こんばんは。マグネッツ大阪店スタッフヤスオです。

3連休、御来店頂いたお客様、
本当にありがとうございました。

遠方からのお客様も多く、
はるばる北海道からお越し頂いた方も、
大阪の暑さにびっくりされていましたね。

皆様も夏バテには本当に気をつけて下さいね!

では本日もアップしていきたいと思います。
今日は、まだまだ紹介しきれていなかった、
家具をピックアップです!

お好きな方や新生活に向けてお探しだった方は是非お付き合い下さいませ。

80's Cesca ArmChair Marcel Breuer By Knoll x2 Price:Each-24980yen
c0078587_23514489.jpg

c0078587_23544194.jpg

c0078587_23511725.jpg

c0078587_23512516.jpg

c0078587_23513317.jpg

バウハウスの代表的な建築家の1人にマルセル・ブロイヤー!
その人物がデザインした代表的なチェスカチェア、
ノール社からの80年代の美品になります!

マルセル・ブロイヤーといえば、
シンプルで単一形態のデザインがいかに重要かを示した、
近代モダンデザインの父的存在の偉人です。

代表作として、ワシリーカンデスキーの為に制作したと言われている「ワシリーチェアー」、
不朽の名作のB64、いわゆる「チェスカチェア」があります。

今でこそ世界的な巨匠と賞賛される存在のデザイナー、マルセル・ブロイヤーにとって、
予想だにしない事件がおきます。
それはおよそ1928年、名作、ワシリーチェアーの発表から3年後の出来事です。

ブロイヤーはこの年、キャンティレバーの名作・チェスカチェアを発表します。

チェスカチェアの最大の特徴は、
キャンティレバー構造(方持ち構造)と呼ばれる鋼管を曲げて制作された、
今までにないモダンで斬新なデザインになります。

バウハウスにおける工業デザインの代表作と絶賛を浴びました。

しかしこの偉大な功績に対して待った!をかけた人物がいました。
オランダ人の建築家、マルト・スタムという人物です。

マルト・スタムは1927年、シュトゥットガルトのヴァイセンホフ・ジードルングの住宅展に、
同様の方持ち構造の椅子の試作品を、すでに出展していたのです。

どちらがその発案者であるか裁判で争われた結果、
裁判の劇場となったドイツの連邦裁判所にて1962年、
著作権はマルト・スタムの物として認められました。

偉大なデザインのその後がこのような事態になった事は大変残念ですね。

スタムの33番や、ブロイヤーのチェスカなどが大変優れたデザインであるという事は、
後の作品に対する評価や、大量のリプロダクションが出回っている事からも伺えます。

マルト・スタムやマルセル・ブロイヤ-の作品には、
構造こそ同じでも、それぞれ違った個性や機能美が溢れています。

※今回はブロイヤーのチェスカチェアが2脚入荷です!

裁判に敗訴したブロイヤーはその後、鋼管を使用したデザインはしていません。
裁判は客観的な側面が多いので、その結果が必ずしも真実とは限らず、何とも言えませんが、
両作品とも今に伝わる、優れた作品という事だけは確かですね。

もしブロイヤーがその後も鋼管を使用した作品を残していたら、
もっと多くの後輩達に多大なる影響を与えていたでしょうね。

キャンティレバー構造の「デザインのその後」が、もっと素晴らしく進化したと思われます。

模倣品が多い中、1脚は剥がれていますが、Knoll社製の紙ラベルの付属が嬉しいです。
本物志向の方は是非実物をご覧になって下さいませ。

シンプルでキレイなデザインの中に、椅子としての機能を高い次元で実現したチェスカチェアは、
座り心地も良く、完成度の高い椅子だと実感します!

ウッド、落ち着いた印象のアンティークテイストなファブリックとスチールパイプの組み合わせが、
新鮮でお部屋のインテリアに飽きの来ない一生物の1脚かと思います!

Equa Sled Base Chair Don Chadwick&Bill Stumpt By Herman Miller SoldOut!ありがとうございました。
c0078587_2352981.jpg

c0078587_23521877.jpg

c0078587_23522622.jpg

ドン・チャドウィックとビルスタンフによる名作、
ハーマンミラー社製の"エクアチェア"も2脚入ってきております!

2人の人物について少し説明を。

ドン・チャドウィックは、1936年にカリフォルニア州生まれで、
カリフォルニア大学で工業デザインを学びます。
1974年に「チャドウィック・モジュラー・シーティング」を発表し、
商業デザイナー協会コンクールで1位に選ばれています。
「アーロンチェア」や今回入荷の「エクア」チェア等の名作をハーマンミラー社にてデザインしている、
有名デザイナーになります。

ビル・スタンフは1936年ミネソタ州生まれで、イリノイ工科大学で工業デザインを学びます。

1971年には、ハーマンミラー・リサーチ・コーポレーションの副社長に就任。
現在はハーマンミラー社のコンサルタントとして、エルゴノミクス(人間工学)の観点より、
アーロンチェアなど、様々な製品開発に携わっている人物になります。

キャンティレバーのデザインで、
見た目はブラックカラーがクールでカッコ良さはずば抜けた印象です!

僕の第一印象は、カッコ良いけどこの手の椅子は座り心地が悪く、
長く座るにはちょっとなと正直思っていましたが、
良い意味で完全に裏切られました!

実際に座って頂くと共感して頂けると思いますが、
見た目以上に機能性が考えられている物作りに驚きです。

背面のカーブも背中にフィットして、
もたれると背中にそってしなってくれます。
ですので、全く体に負担が掛からない作りになっているのが良く分かります。

硬い素材の座面も、絶妙な角度でお尻がはまり、包みこむように、
考えられているので、長時間座っていても痛くならないようになっているな!
というのが個人的な感想です。

お部屋やオフィスにはピッタリだと思います!
皆様も是非1度お店で試してみて下さいね。

プライスもかなり値頃感あるプライスですので、
これは狙って頂きたいアイテムです。

最後までありがとうございました。

家具も多数入荷していますので、
平日にゆっくりと、色々ご覧になって下さいね!

明日も御来店お待ちしております。

大阪店 ヤスオでした。

商品に対するお問い合わせはこちらまで → magnets osaka
※恐れ入りますが、お電話でのお問い合わせは御遠慮下さいませ。
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている物も含まれます。御了承くださいませ。
by magnetsco | 2012-07-16 23:56 | OSAKA店 | Comments(0)