magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2348)
(1980)
(1718)
(1115)
(865)
(827)
(510)
(499)
(496)
(491)
(445)
(333)
(280)
(232)
(227)
(218)
(161)
(159)
(71)
(33)

最新の記事

神戸店12/20(水)ヴィン..
at 2017-12-19 00:15
神戸店12/20(水)ヴィン..
at 2017-12-18 23:31
神戸店12/20(水)ヴィン..
at 2017-12-18 21:34

最新のコメント

通販希望です様。 ..
by magnetsco at 16:44
はじめまして。 どこに..
by 購入希望です at 19:50
shin様。 お世話に..
by magnetsco at 15:19
40's U.S.M.A..
by shin at 00:21
ヨシさま、こんばんは!僕..
by magnets-vintage at 20:20

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

初めての方は無地を、お持ちの方にはカモを。M-65JKT!(T.W.神戸店)

c0078587_2231241.jpg

こんばんは、神戸店 伊藤です。

二日ぶりにパッとした天気になりました。
チョッと肌寒くなってきましたね。

今日もブログアップしましたのでご覧になってください。


c0078587_2231158.jpg

c0078587_22313618.jpg

c0078587_22483216.jpg



永遠の定番といっても間違いないでしょね。
M-65フィールドジャケットです。

スッキリしたスタンドカラーのデザインが特徴で機能性に優れ
素材もコットン/ナイロンと速乾性と軽量化を、重視した作りになっています。

カフス部分のデザインも面白いです。手の甲を守るように
カバーが付いています。こんな袖の作りになっている
ジャケットは少ないですよね。

ウェスト部分はドローコードが付いていて、下からの風を防ぐようになっているのですが
普段使うなら、穿くパンツに合わせてラインを調節できるので、コーディネートに役立ちますね。

本日は珍しく3種類のM-65が店頭にありますので
ご紹介しました。

一枚は、代表的なオリーブです。
このジャケットの名前を聞くと頭に浮かぶ色目ですね。

今、当店では1st、2nd、3rdタイプが店頭に並んでおりますので
お好みの一枚を選んでみてください。

最近では、このアタリのジャケットも、数があるお店が少なくなってきましたので
選べることは本当にありがたいですよ。

価格もお求め易いので、自分にあった一枚を探してください。

他には、M-81迷彩のウッドランドカモのものや、デザートカラーの
M-65も店頭に並んでいます。

無地をお持ちの方は、注目度の高い、カモのアウターを選んでみるのも
いいでしょうね。

このジャケットをまだ、着たことが無いという方は
一度、無地から試してみてください。

必ずといっていいほど、このデザインを扱ったものが
今後も出てきますので、一度本物を知っておくのが
いいと思いますよ。
US,Army M-65FieldJKT 2ndModel Size:about-S-R 7980yen
US,Army M-65FieldJKT DesertCamo Size:S-R 6980yen
US,Army M-65FieldJKT M-81Camo Size:XS-R 7980yen
c0078587_22444914.jpg

c0078587_22314988.jpg








M-65FieldJKT

1965年に正式採用されたことから、一般的にM-65フィールドジャケットと呼ばれている。

初期のものはラベルに「COAT, MAN'S, FIELD, M-65」の表記があったが
後に「M-65」の表記が無くなり、代わりに「COLD WEATHER」の文字が追加された。

他には「~WITH HOOD NYLON COTTON SATEEN OG 107」と併記されているものもある。

最終的には「COAT, MAN'S COLD WEATHER,FIELD~」砂漠地帯で用いられた
6C及び3Cのデザート迷彩では、6Cのものには「COAT,CAMOUFLAGE PATTERN:DESERT」
3Cのものには「COAT,COLD WEATHER,FIELD,DESERT CAMOUFLAGE PATTERN」と
記載されている。

寒冷地用外套ということからも分かる通り、元々はアメリカ軍の装備品では単なる
ジャケットというより防寒用のコートという位置づけであると思われる。

裾の長さは、各々のサイズ毎にX-Short、Short、Regular、Longの4種類がある
(ただしL,X-LサイズにはX-Shortの設定は無い)。
c0078587_2213754.jpg

本モデルは第二次世界大戦から朝鮮戦争において使用されたM-41や
M-43、M-50、M-51フィールドジャケットの後継として開発され
1990年代の終わりにデザートパターンの軍への納入が完了するまで実に
40年以上にわたってアメリカ軍の現用モデルであり続けた。

M-43の洗練されたジャケットスタイルと、M-51のライナー統合システムを継承した
M-65のデザインは他のモデルにも強い影響を与え、アメリカ軍のみならず
NATOなど周辺国の戦闘服でも類似するデザインを採用している例が多くある。

日本においても近年自衛隊の採用された防寒戦闘服外衣の上衣は
外観、素材、襟に収納するフードなどM-65に強く影響されていることがうかがえる。

主にアメリカ軍及びアメリカ沿岸警備隊などによって用いられたが
南ベトナム軍や韓国軍などアメリカの支援する国々の兵士達にも
少数ながら支給され着用された例がある。

1980年頃から採用されたBDUが2008年までにアメリカ軍の装備が
ACUに完全移行されるのに合わせ、近年ではゴアテックスなどの新素材で
作られたECWCSパーカーなどの新モデルが採用され
1990年後半にM-65のアメリカ軍への納入は一度完了している。

しかし、ECWCSはコストが高く、M-65を必ずしも互換するとは限らず
改めて2006年と2008年にはUCP迷彩パターンのM-65が発注・納入されている。

また、官給品以外にも多くのPXなどで現在でも販売されており、UCP迷彩パターンや
アメリカ海兵隊が採用する2種類のMARPAT迷彩パターン等も存在している。

なお、アメリカ軍ではヘルメットやボディアーマー以外の個人装具に関しては他国に
比べて私物の使用が許可されやすい事もあり、実際に私物のM-65が訓練や戦場に
持ち込まれることもある。
(Wiki参照)
c0078587_2211666.jpg

本日も最後までご覧頂きまして有り難う御座いました。
明日も、皆様のご来店をお待ちしております。

神戸店 伊藤でした。

US,Army HighNeckSweater Size:L 2980yen
c0078587_22383991.jpg

c0078587_22392026.jpg

c0078587_22385338.jpg




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。

by magnetsco | 2012-10-19 22:55 | KOBE店 | Comments(0)