magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2152)
(1780)
(1590)
(1077)
(808)
(777)
(487)
(470)
(451)
(447)
(421)
(315)
(241)
(227)
(221)
(200)
(158)
(156)
(62)
(32)

最新の記事

神戸店7/29(土)US雑貨..
at 2017-07-26 23:38
暑い中、いつも本当にありがと..
at 2017-07-26 23:30
7月26日(水)大阪店ヴィン..
at 2017-07-25 19:00

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 19:20
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

MAGNETS 古着バイヤー日記 June,July 2013 後編ミッドウェスト1

c0078587_20365013.jpg

こんにちは! バイヤーの富井です。

今回のバイヤー日記も、前回の前編から日数が経過していますので
お忘れになられていた方も多いと思いますが、今回も渾身の力で
書いていきたいと思いますので、どうそ最後までお付き合い頂けると
嬉しく思います。

また、今回のバイヤー日記も文字数が多すぎるようで、
2回に分かれてしまいます。

御面倒かと思いますが、御理解のほど宜しくお願いいたします。



(関空のラウンジ飛鳥にて。今回の関空はアジア系の人たちが多かったです。)
c0078587_2238378.jpg


今回のバイヤー日記は、6月後半から7月前半に掛けて、
ミッドウェストを廻ってきた様子になります。

この1つ前の買い付けでは、行き当たりばったりのキャノンボール方式で
少し痛い目にあったので、今回は前もってプランを立てた買い付けになりました。


(トランジットのサンフラン空港フードコート)
c0078587_22384714.jpg

約9時間ほど掛けて、サンフランシスコに到着しました。

ほっと一息つくために、フードコートで一休み。
いつも通り混んでいて、テーブルを確保するのも大変。

ようやくテーブルを確保し、ビールでも頂こうかとしていると
中国人らしきおじさん三人が、僕のテーブルの席にかばんを置いて
なにやら話しだしました。

まぁ、ちょっと立ち話でもしてるんだろうと思っていると、
なんと自分が座ってビールを飲んでいるテーブルを陣取ろうとしてまして、
おっさん達3人が椅子に座りだそうと動き出した所、
”ちょっと俺が座ってるの見えてないんか?”と(かなりソフトに)言うと、
”へぇ?”と、とぼけた顔してどっかヘ行きました。

もう、僕からすれば完全なアウトキャストです。

あまりの傲慢さに開いた口が塞がらないとは
この事かと思いしらされました。


(今回はいつもと違った車種、シボレーのエキノックスで出発です)
c0078587_22385695.jpg

シカゴに到着し、レンタカーを確認するとカッコいいシボレーでテンションが上がります。

シボレーって案外発音が難しいんですね。Chevroletって書きますでしょ。
知らなければ、シボレーとは読めませんよね。

なんか、発音はシェブロレって感じなのですが、シェブロレを早口で言うと
通りがいいようです。




(まずは、アンティークショップへ。最近インダストリアル系を扱う所が増えました)
c0078587_2239491.jpg

シカゴ全域においてアンティークショップを徘徊します。

やっぱり人の多い街ですので、様々なアイテムが展開されていて
いい物も多いです。

ただ、多くの人たちが来店されるので価格は高めに設定されているようです。


(シカゴの北に位置するリンカーンパーク近辺の町並み。いいアンティークショップあり)
c0078587_22391111.jpg

この日のシカゴは、気持ちよい暑さで快適に仕事ができました。

が、どこも車や人が多く移動に時間が掛かってしまいます。
都会にいるとどうしても避けて通れない問題ですが、やはり
少しストレスが溜まってしまいます。


(シカゴ郊外のミリタリーショップ。ここは初めての訪問です)
c0078587_2239195.jpg

意外に穴で見逃していた、ミリタリーショップに行ってみました。

お店のスタッフが、すごく僕のことを怪しんでいるようで、
最初はかなり無愛想な対応をされました。

日本人バイヤーが多いシカゴにしては、あまり誰も来てない様子。

店内を徘徊していると、ラックにぶら下がったHBTベイカーパンツ2本を発見!
それを、カウンターに持って行きスタッフに価格を尋ねます。

”これは高いぞ!ボスに聞いてくる”といって、カウンターの裏側に行きました。
戻ってくると、映画フルメタルジャケットのハートマン軍曹にアントニオ猪木のエッセンスを
入れたような外見のボスも一緒。

外見で人を判断するのはタブーですが、傲慢プライスを言いそうな気がして
内心”こりゃ駄目か”と思っていた矢先、軍曹がでかい声で”$〇〇ー!欲しいか!”
と、案外安いプライスにニヤつきかけたところ、もう一押しと思い、勇気を出して、
”もう少しどないかならんの?”と聞いてみると、さ、さらにプライスダウン!

こらえていた笑みがこぼれ、”ありがとう!買うよ!”と言って握手をしました。

その後、しばらく軍曹と話していたのですが彼は本当に何度も戦地へ行って
戦ったみたいです。話し方も軍人らしく、でかい声で”イエッサー!”と
言いそうな迫力がありました。

外見は怖そうでしたが、すごく情が深そうな方で、
やっぱり外見では解からないもんだなぁと思いました。


(アンティークモールにディスプレイされていた、イームズのアームシェルたち)
c0078587_22392775.jpg

やっぱり素敵ですね。
感づかれている方もいらっしゃると思いますが、昨今ではアームシェルをはじめ
イームズのオリジナルの枯渇が激しいです。

このアームシェルも状態もよくXベースという事もあり、魅力的過ぎたのですが
いかんせん価格が高くて、手がでません。

完全に見るだけになってしまいました。

画像に写っているテーブルもレアなジョージ・ネルソン。
インダストリアルに合わせても、モダンに合わせてもカッコいいですね。


(少し治安の悪いエリアにある古着店にて。オーナーの女性はめっちゃヤンキーな人でした)
c0078587_2239349.jpg

シカゴの北部の少し治安の悪いエリアにやってきました。
といってもサウスサイドに比べると穏やかな方ですが、店の前に車を駐車すると
車の左約10メートル先に黒人さんの5人組が、ラップを歌いながらハッスルしていました。

状況から推察すると、かなり酔っているらしく危なげな空気が漂ってましたが、
地元民を装い店内に。

地下にダイヴすると、もう見きれないほどの衣類がハンギングしてあり、
大量の古着を掻き分けていくと、ボタンフライのチノパンやコットンのワークブレザー、
ファティーグシャツ、バドワイザーの総柄シャツなど、様々なアイテムを確保。

オーナーさんに価格を聞いたところ悪くない。

いくらかの商品は却下しましたが、概ね買い付けることに。

話をしていると、案外日本人のバイヤーも来るとの事でしたが、
内容は悪くありません。

スタッフさんなんかも紹介して頂き、また来る約束をし店を後にしました。


(外観からは古着店とは思えないような、小さなヴィンテージショップ)
c0078587_22394182.jpg

シカゴを廻る初日に、郊外のアンティークショップのお姉さま方に、
行くべきショップを紹介して頂いており、その通りに店を廻ることに。

そのアンティークショップでは、古いボシュロムのメガネや、
アクセサリーなどを買い付けたのですが、少しお高く見えるお姉さま方2人が
すごく親切にしてくれ、僕の地図にバンバンと書き込んで行く場所を決めてくれました。


その一つに、この一見事務所のような古着店が入っており
物色してみることに。

小さなショップですが、コンディションが良い物を綺麗に陳列してあり
その中から、ヴィンテージのレーヨンシャツやウールシャツのデッドストック、
60sあたりのショートパンツなどを買い付けました。

プライスもかなり下げて頂き、小粒ながらいい買い付けができました。



(モヒカン刈りがステキなスタッフさん。彼も見た目怖いけどめっちゃ優しい)
c0078587_22394865.jpg

かなりヤレたメンズショップへやってきました。

店へ入ると黒人のお客さんが複数おられ、その合間を縫うように物色していきます。

埃がたんまりと溜まった箱を開け、デッドストックのキャップやハット、
ブーツなどを物色していきます。


(この店に長く居座るカーハートのネオンクロック。交渉失敗しゲットならず)
c0078587_22395752.jpg

ストックルームなども見せていただき、合計1時間ほど滞在したでしょうか。

レジカウンターに溜めておいた、ピックしたアイテムの価格交渉に入ります。
担当しているモヒカンの兄ちゃんが、それぞれ価格を下げてくれいい条件に。


モヒカン兄さんは、フィリピンと黒人のミックスらしく、
アジアには強い思いがあると言っていました。

結果的に、持てないほどの物量になったので、黒人のスタッフさんと
モヒカン兄さんが車に運び込むのを手伝ってくれました。

黒人スタッフさんはめっちゃデカく、イカツ過ぎて画像に掲載できませんが
気持ちはすごく優しい方々でした。



(メガシティを離れて、僕の好きなド田舎巡りのスタートです)
c0078587_2240419.jpg

さて大都会シカゴでの買い付けを終え、僕の好きな田舎巡り開始です。

国道を走り、小さな町目掛けて移動します。


(田舎町のアメリカンリージョンで開催されていた、ミリタリーショーへ潜入)
c0078587_22401550.jpg

イリノイ州の田舎町で開催されていた、ミリタリーショーへ。

規模が小さくブース数も少なかったのですが、ちょろちょろと買い付けができました。
初めて見た、A-1キャップというのも安価でゲット。

そこのブースの親父に、”ウェア持ってない?”と聞くと、
ここには無いが家にあるとの事でしたので、連絡先を教えてもらい、
次回、イリノイに来たときに伺ってみることに。

そこのおやじが”なんで今日はウェアウェアって皆が言うんだ!”と言ってきて
彼もそうだ!と指差した方向に、おしゃれなちょび髭男性が。

チンストラップのシャンブレーシャツを着て、クロップド丈のベイカーパンツ。

ひげ男性が、色々話しかけてきて来たので少しの間、立ち話をしていると
彼はヴィンテージショップを経営しているらしく、今移転作業中とのこと。

彼のFacebookを見せてもらうと、なかなか泥臭く渋いアイテムを
たくさんお持ちのようでしたので、次回会う約束をしておきました。


(小都市のユニークスリフト、曇天の中、スリフトパトロールします。)
c0078587_22402449.jpg

アメリカのあちこちにあるユニークスリフトは、案外と出物があるので
基本的に好きなショップの1つです。

しかし、今回は何1つ見つからず、心の中で”全然ユニークちゃうやん”と思いながら
次の場所へ移動。


(イリノイ州の中都市スプリングフィールドです。)
c0078587_22403280.jpg

スプリングフィールドでは、アンティークショップを徘徊しました。

目当てにしていたミリタリーサープラスが廃業しており、
残念でなりません。

最近は本当に廃業しているサープラスショップが多く
今後が不安です。


(新たに開店したウォルマート・ネイバーフッドマーケット。助かります)
c0078587_22403950.jpg

ミズーリ州にやってきました。

この辺りにいつも宿泊していたのですが、ちょうど近所にウォルマートが無くて
困っていたところ、ようやく出来ました。

しかし、通常のWALと違い小ぶりなネイバーフッドマーケットですので
品物のバリエーションがスリム化されています。

しかし、大好きなサラダは展開されていますので、それだけで満足です。


(ウォルマート店内。とうもろこしが山積みで1本24セント)
c0078587_22404637.jpg

アメリカのスーパーは1つのアイテムの量がハンパない!


(ディーラーのDさん。今回もニッチに絞ったアイテムのオンパレード!)
c0078587_22405353.jpg

アポイントを入れておいたDさんのお宅にやってきました。

チャイムを押すと、ビックリした表情で出てきて、”忘れてた”と言いながら
中に通してくれました。

Dさんが集めてくるアイテムはユニークで、他のディーラーさん達とは
一線を画すニッチなアイテムのオンパレード。

しかし、すこぶるいい物は価格が高くて、 にっちも さっちも どっちも。。。。。って
感じです。(歌ってしまった方は40代以降の方と推測します)

いつもプライべートストックも見せてもらうのですが、ホントいい物持ってます。

こちらでは、ヴィンテージ中心のアイテムをピックし
マグネッツの顧客様が好きそうなアイテムを譲って頂きました。


(カンザスの中都市は活気もあり、道行く人も多いです!)
c0078587_224106.jpg

カンザス州でも規模が中級の町へやってきました。

この町は、いつ来ても活気があります。
アメリカの町は、それぞれによって雰囲気が違い目に見えて衰退している所と
活気溢れる景気の良さそうな所とは、両極端です。


(ディーラーMさんのベースメント。ようやく会うことが出来ました!)
c0078587_2241758.jpg

以前から、とあるアメリカ人に合ってみろと何度も言われていたのですが、
段取り上時間が無く、なかなかお会いするに至らなかったのですが、今回初めて
Mさんとお会いすることができました。

Mさんと話してみると、結構機敏に活動しているらしく、
商品の回転も早いとの事ですので、今後が期待できます。


(カンザスの東の果てのアッチンソンという田舎町)
c0078587_22411460.jpg

この町では、何一つ買い付けが出来なかったのですが、
すごく雰囲気の良い町で、大好きになりました。

何か出来る仕事があれば、是非もう一度来て見たいと思います。


(橋を渡ると、ミズーリ州になります。その後セントジョーへ)
c0078587_22412168.jpg

ミズーリ州にまたまた戻り、セントジョセフへやってきました。

アメリカでは多い、セントの付く地名。
セントルイスやセントポール、セントピータースバーグなど聖を意味する
頭文字の付く地名です。

聖をスペイン語にしたのが、Sanでサンフランシスコやサンホセなど。

ちなみにロサンゼルス,ロスアラモスなどの頭文字のLosもスペイン語由来で、
Theを意味する言葉になります。

たまにLAの事をロスと呼ぶ方がいらっしゃいますが、Theと言ってるような感じですね。
アメリカ人のローカルや日本人でもよく渡米されている方は
通常ロサンゼルス(ロスエンジェルス)の略はLAって言います。

話をバイヤー日記に戻しますね。

結局、セントジョセフでは、あまり収穫を得られず、
その北に位置するネブラスカへと車を飛ばします!



(Dさんが経営する、スリフトワールドへ。どんどん店を増やします)
c0078587_2241276.jpg

スリフトワールドもたまにいいのが出ますので、時間があると必ず寄ります。

僕が買い付けを始めた頃は、オマハのダウンタウンにラグハウスだけがあったのですが、
数年後Leavenworthというところに一軒目のスリフトワールドをオープンしてから
どんどん店舗数を増やしていき、今ではオマハで最大のスリフトショップになりました。

オーナーのDさんはすごくいい方、ちょっと日本人っぽい雰囲気のある方です。


(テレビで、猛暑を報告するアナウンサー。アリゾナのフェニックスでは50℃近く)
c0078587_22413594.jpg

この時期、アメリカのサウスウェストエリアでは猛暑の日が続いています。

摂氏50度ってスゴイですね。


(ジョセフが倉庫にTシャツを用意してくれていました!感謝です!)
c0078587_22414935.jpg

大量のTシャツを気を利かせて倉庫に用意してくれていました。
これからもっと暑くなるから、Tシャツいるやろ!との事です。

コツコツと物色して行くも、なかなかいいのが見つかりません。

結果的に、十枚ほど確保しました。

その後、車に溜まっていた買い付けたアイテムを倉庫に下ろし
ジョセフの倉庫にてピック開始です。


(サウナのような暑さの、ジョセフの倉庫の冷蔵庫が使えません。)
c0078587_22415853.jpg

サウナのような蒸し暑さの中、一人黙々とピックします。

この日は、倉庫スタッフもバケーション休暇でシーンっと静まり返っています。

丸一日、ピックに励みスピーダー(お風呂くらいの大きさのバスケット)に
一杯にアイテムが集まりました。



(今回はBall、ヘーゼルアトラスなどのグラスジャーを大量にシップアウトしました!)
c0078587_224248.jpg

前回の買い付けから溜まっていた、メーソンジャーを今回すべて出荷しました。
数は軽く100を超え、200に近いほどになりました。
レアなガラス蓋のタイプやブルーグラスなど、ヴィンテージ中心に集めてみました。

年代の古い物では、1858年の物からあり、
1800年代後期から1910年までの物は結構数が集まりましたが、
こんだけラッキーに当たると、今後が恐ろしいです。

そして、これらのブレイカブルなアンティークアイテム達は
やわな梱包だと割れちゃうから、1つ1つ丁寧に梱包しますので
かなり時間を掛けて作業していきます。

そして、この時はまだ泥だらけのドロドロでしたので、
日本に到着後、1つ1つピカピカに大切に磨き、1つ1つ丁寧にお店に並べますので、
是非入荷日には見てくださいネ!


(ジョセフのお店フライングワームのビーチバレー大会へ)
c0078587_22421184.jpg

この日の仕事を終えてから、ジョセフのお店のビーチバレー大会に行ってきました。

ジョセフの店の入っているショッピングモールで集合し、
そこから町のビーチボール場へ。

スタッフが全員女の子なので、さっぱり何を話しているかわかりません。
みんなチョー早口で、僕は完璧に場外でした。

対戦する相手は野郎チームだったのですが、かなりいい試合をしていて
頑張っていたのですが、結局は負けてしまいました。

その後、隣のバーに移動しみんなで簡単な打ち上げをやって
少しの楽しい時間を過ごさせてもらいました。


(めっちゃ好評のミリタリーVネックTがガバメントリジェクトで大量ゲット!)
c0078587_22421846.jpg

とある方からのお声で、ミリタリーVネックTのリジェクトを譲ってもらいました。

非常に人気のある商品の割りに、なかなか見つからないアイテムです。
リジェクト(訳あり商品)ですが、確認してみてもなんでリジェクトかわかりません。

おそらく過剰製造品かと思われますが、コンディションは新品ですので、
真っ白で綺麗なUSメイドになります。

サイズS、サイズM、でそこそこの数になります。



(フライングワームの店内。最近はあまり忙しくないらしいけど満遍なくお客さんの入店)
c0078587_22422514.jpg

仕事の合間にダウンタウンのジョセフのお店に。

お客さんの大半が女性ですね。

(ジョセフも店に立ち、お客さんに接客します。案外よく売れてますよ!)
c0078587_2242322.jpg

僕も数点の古着をお店で購入しました。

オマハは景気も良さそうです。


(オマハのダウンタウンも、新しいホテルなどの開発でどんどん変わってきます。)
c0078587_22424049.jpg

新しい物が入ってきて、活気づくのはいいのですが、
古い町並みも維持しながら、進化して欲しいです。

オマハのダウンタウンの魅力はレンガ造りの古い町並みですので。


(ネブラスカからは24ボックス出荷しました。今回合計45ボックス!なかなかです)
c0078587_22425214.jpg

今回も、何はともあれなかなかの収穫です。


(少し足を伸ばして、Wahooへやってきました。Yahooじゃないですよ)
c0078587_2244993.jpg

花火大会をするという事で、少し足を伸ばし田舎町のワフーへやってきました。

ジョセフと長女のMIAちゃんとで花火を物色します。

アメリカでは花火のことをファイヤーワークスというのですが、
種類がすごく多く、画像に出ているH2や戦闘ヘリコプター、プレデターなど
興味をそそるアイテムが多く販売されています。

僕は戦闘ヘリコプターを購入しました。
これは火を吹き回転翼を回転させながら、地上を走るという花火で
最後に爆発して、みんなのブーイングにさらされました。


(ジョセフの妹の家にて、花火大会します)
c0078587_22441630.jpg

初めはみんな思い思いの花火を炸裂させていきます。

この年になると、爆竹の連続した破裂音は耳障りに感じます。

穏やかなスネーク(うんこみたいなやつ)がいいですね。

子供たちが、走ってパラシュートを取りに行きます。


(暗くなってからの花火は、思い出に残る最高の体験でした!)
c0078587_22442444.jpg

暗くなってからは、あちこちで花火が炸裂している音が響きます。
まるで空爆にあっているような爆音です。

そして日本のPL花火大会で見るような、あのデカイ奴もバンバン炸裂しています。

ジョセフの親戚の兄ちゃんが用意していたビッグなアイテムも弾けだしました。
スゴイ爆音と共にスゴイ煙で、街中でこんなデカイの大丈夫か?と思いつつも
近所の方々も、見に来て楽しい夜を過ごしました。


この7月4日のアメリカ独立記念日の前日の夜の事は
思い出に残る一時になりました。




後編ミッドウェスト2につづく。

PS)明日8月18日の夕方辺りには、後編ミッドウェスト2のバイヤー日記を
UPする予定です!是非また見に来てください!


by magnetsco | 2013-08-17 13:49 | バイヤー日記 | Comments(0)