magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2046)
(1765)
(1528)
(1032)
(761)
(734)
(451)
(445)
(440)
(430)
(387)
(291)
(239)
(213)
(203)
(198)
(153)
(143)
(58)
(32)

最新の記事

コーディネート!(T.W.神..
at 2017-04-26 14:58
4月26日(水)大阪店ヴィン..
at 2017-04-25 19:00
4月26日(水)大阪店ヴィン..
at 2017-04-25 17:00

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 14:42

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

神戸店9/25(水)冬物ヴィンテージ入荷!#6 USAF B-15,B-15A、B-15C B-9!!!(T.W.神戸店)

お待たせ致しました。神戸店です。

            神戸店
9/25(水)冬物ヴィンテージ入荷!12:30~

のラストブログのアップになります。

最後はエアフォースアイテムが並びます。
憧れのアイテムが並びますので是非、お付き合い下さいませ。

それでは、よろしくお願い致します。
1950's USAF B-15C FlightJKT (Mil-J-6251) Size:42
SoldOut!です。ありがとうございました。
c0078587_19293951.jpg

c0078587_19294427.jpg

c0078587_19295029.jpg

c0078587_19295766.jpg

B-15Cが登場です。

1950年に採用で、フライトジャケットの中でも有名なモデルです。
このB-15C、B-15シリーズの中で4代目のモデルになるのですが
空軍のシンボルカラーのエアフォースブルーを採用したジャケットになります。

襟のリアルムートンも真っ青に仕立て上げ、いかにも空に携わっている事を
象徴しています。

朝鮮戦争時、兵士を労う為に訪問したマリリン・モンローがこのジャケットを
着ていたのもあまりにも有名ですね。

左腕にはエアフォースマークが確認できます。
この時代のジャケットでは、マークの有無が1つのポイントですね。
ネックに取り付けられているチンストラップも、硬化しておらず良いコンディションです。

ナイロンツイルのボディーも生地の裂けなどもなくいい状態の1枚です。
袖リブだけ交換されているようですが、ポケットの中にリブが入っていました。
今ついている退色したリブも味があってカッコイイですね。

メインジッパーはConmarのブラックフィニッシュを使っています。
この後に採用されるMA-1と同じものを使っていますね。

製造会社はAlbertTurner&Co.とフライトジャケットの中では
有名なブランドのB-15Cです。

ほんのり、ショルダー部分が赤紫に退色しているところが
本当にカッコいい1枚です。

探しておられた方は、一度ご覧になってください!
c0078587_1930912.jpg

c0078587_19301665.jpg

c0078587_19302561.jpg

c0078587_16445324.jpg

c0078587_1645610.jpg




1940's USAAF B-15A FlightJKT Size:38 49980-yen
c0078587_19311048.jpg

c0078587_1934716.jpg

c0078587_19313435.jpg

c0078587_19321145.jpg

c0078587_19315334.jpg

先程のB-15Cの二代前のモデル。
B-15Aも入って気ました。

前身のB-15が採用されたのが1944年4月7日で
このジャケットは同年の11月4日に登場しました。

僅か7ヵ月後でモデルチェンジです。

ですがこの後の後継モデルのB-15Bが登場したのが
翌年、1945年の5月21日と、このB-15Aは半年という
更に短命なモデルです。

素材はコットン製のフライトジャケットになります。
この素材のフライトジャケットは採用期間も短く
モデルも、数が少ない事から人気も高まります。

ナイロンツイルでは出せないこの味がまた良いんですよね。
ワークアイテムが好きな方もこのジャケットが好きな方が
多いですよね。

ライニングはアルパカになっています。
襟はリアルムートンで金茶の色目がカッコイイです。
こちらもチンストラップは硬化しておらず凄く良い状態で残っています。

それとこのジャケットの大きな特徴として
センターのジップの位置が、真ん中からずれています。
オフセットという巻き込む作りになっていて風の進入を防ぎます。

左肩には、アーミーエアフォース(陸軍航空部隊)のマークが入っています。
空軍として独立したのが、1947年になりますので、それ以前は
陸軍所属のこのエンブレムになります。
裏側にも白で薄っすらとエンブレムが確認できます。

コンディションなのですが、両胸につく三角のレザーパッチの欠損と
両袖リブとリブ付近にダメージがあります。

それを考慮しての価格になるのですが、それにしても安いですよね。
逆に、裏のアルパカや、ジップは本当に綺麗な状態で残っておりますので
着用には問題ありません。

製造会社はMetroになります。
c0078587_19324798.jpg

c0078587_19325853.jpg

c0078587_1933571.jpg

c0078587_19331596.jpg

c0078587_16464449.jpg

(向かって左がB-15A、右側がB-15C)


1940's USAAF B-15FlightJKT Size:about-40
SoldOut!です。ありがとうございました。
c0078587_19351687.jpg

c0078587_19352527.jpg

c0078587_19353646.jpg

c0078587_19354724.jpg

c0078587_1936084.jpg

c0078587_19361630.jpg

まだ、B-15が続きます!
お次は、民間品のB-15になります。

B-15Aの一つ前のモデルでB-15シリーズの最初の一枚になります。

こちらは民間品のボディーになりますが、左肩には、アーミーエアフォースの
エンブレムがはいっており、当時、軍で使用された物になります。
戦局が著しく変わる二次大戦期ですので、軍需物資が不足という自体も
場所によっては当たり前だったのでしょうね。

襟は勿論リアルムートンで、軍で作られているものと比べると
少し黄色味が強いゴールドっぽい色目です。
ライナーのアルパカは色目が濃く、毛足が短めになっていて
密度が濃くびっしり詰まっています。

表のボディーの生地と裾リブには、所々ダメージが見受けられますが
袖リブ、センタージップはダメージはございません。

着用時には差し支えない程度ですので、一度お試しください!

下には、B-15タイプのジャケットが入っています。
こちらはエンブレムの無いので、デザインがB-15となっている1枚です。

素材の方が変わっており、表の生地は、リネンぽいシャリ感のある
コットン生地を使っています。ムートン襟のアイテムにしては珍しい
生地のチョイスです。
襟は、今回の中では毛足が一番長いですね。
ライニングはキルティングの仕様になっています。

少し薄手で、形が凄く綺麗な1枚ですので
普段使いには、ピッタリなアイテムだと思います。センタージップに
TALONのバタフライジップを使っているのが面白いですね。
1940's B-15Type JKT Size:about-36
SoldOut!です。ありがとうございました。

c0078587_19371491.jpg

c0078587_19372184.jpg

c0078587_19373152.jpg

c0078587_19374218.jpg

c0078587_19382548.jpg





1940's USAAF B-9 WinterFlyingJKT Size:38
SoldOut!です。ありがとうございました。

c0078587_13285430.jpg

c0078587_13292312.jpg

c0078587_13291256.jpg

c0078587_13293878.jpg

c0078587_1329505.jpg

人気のB-9の登場です。

ムートン仕様のB-7から、1942年のアーノルド将軍の「革はいらない」
発言から、新素材に注目した軍が1943年7月22日に正式採用した
B-9になります。

同年同日にB-11も正式採用となっています。
この2つは酷似しているのですが、このB-9はダウンキルティングを
採用しており、B-11はアルパカライニングを使っています。

1936年にエディーバウアー開発したダウンをいち早く軍で採用しています。
このB-9はEddieBauer、Reed社が製造しているものが多いのですが
こちらは、BenGreenHoltz社製造の物になります。

ライニングは厚手のサテン地になっていて作りの良さがわかります。
このジャケットもダウンが手に入りにくい事から、翌年の短命に終わっているジャケットで
後のN-3に引き継がれていきます。

ボディーはコットンサテンを使っているのですが、アーム部分とショルダーにはダブルクロスを
施して強度もアップさせています。
袖リブは外出しタイプになっていて、初期型になります。
後期方は、袖にストラップが付くようになっています。

フード部分はムートンの総張りとなっていて本当に贅沢なアイテムです。

コンディションは、ムートン部分にダメージと袖部分、後ろの裾部分に
ダメージがあります。

一番ダメージが見られるジッパーは問題なく綺麗な状態で残っております。
c0078587_13304051.jpg

c0078587_2239406.jpg

c0078587_1330126.jpg

c0078587_1330989.jpg


この度も最後までご覧頂きまして誠にありがとうございました。
明日、店頭にブログアップ商品が並びますので
ご都合が宜しければ、是非、御来店くださいませ!

神戸店 伊藤でした。



今回のブログはコチラ↓↓↓
神戸店9/25(水)冬物ヴィンテージ入荷!#1 西陣織りスカジャン!!!(T.W.神戸店)

神戸店9/25(水)冬物ヴィンテージ入荷!#2 50'sパッチワークレザージャケット!!!(T.W.神戸店)

神戸店9/25(水)冬物ヴィンテージ入荷!#3 バウアーダウン カラコラム パーカ!!!(T.W.神戸店)


神戸店9/25(水)冬物ヴィンテージ入荷!#4 30'sブラックスポーツジャケット+50'sコカコーラJKT!(神戸)


神戸店9/25(水)冬物ヴィンテージ入荷!#5 US,Navy N-1デッキジャケットレディース!!!(T.W.神戸店)




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。

by magnetsco | 2013-09-24 22:44 | KOBE店 | Comments(2)
Commented at 2013-10-28 12:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by magnetsco at 2013-10-28 14:45
コメント有り難う御座います。

石本様がお問い合わせ頂きました、
B-15ジャケットの詳細になります。

肩幅:約50cm
身幅:約61cm
袖丈:約57cm(肩から袖リブ先)
着丈:約61cm
になります。

ダメージ箇所ですが、
左襟の先ムートンにダメージ、左右アームにダメージ、
裾先ダメージ、右ポケット入り口付近ダメージ、フロントジップの一部ステッチ抜けがあります。

画像等も貼りつけてお送りしますのでお手数ですがmagnetstw@iris.eonet.ne.jpの方へご連絡頂けませんでしょうか?

お手数おかけ致しますが宜しくお願い致します。

マグネッツ神戸店 カズマ