magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2001)
(1751)
(1499)
(1008)
(752)
(717)
(443)
(436)
(432)
(413)
(377)
(291)
(238)
(210)
(198)
(198)
(145)
(143)
(56)
(32)

最新の記事

3月25日(土)大阪店Vin..
at 2017-03-24 20:00
着こなしの幅が広がるリビルド..
at 2017-03-24 15:52
3月25日(土)大阪店Vin..
at 2017-03-23 23:27

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 14:42

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

圧倒的な存在感!!!(T.W.神戸店)

こんばんは、神戸店 伊藤です。


今日は気持ちのいい天気の一日でした!
遠方からのご来店も多く、買い物を楽しみにされている方ばかりでした。
当店にご来店した頂いた方々、本当にありがとうございました!

明日も、お時間がありましたらお立ち寄りくださいませ!

それでは、本日のブログアップになります!
よろしくお願い致します。

LEVI'S 501XX Size:31x30 69980-yen
c0078587_21174045.jpg

c0078587_21174627.jpg

c0078587_21175338.jpg

c0078587_21175896.jpg

c0078587_2118338.jpg

c0078587_2118730.jpg

c0078587_21181638.jpg

c0078587_21182281.jpg

c0078587_21182962.jpg

c0078587_21183584.jpg

昨日に、フェードカラーのデニムパンツのご紹介を致しましたが
本日は、誕生して100年以上の歴史を持ち、今尚、デニムパンツとして
トップの存在感、LEVI’S 501XXの登場です!!!

デニムパンツの中でその人気はゆるぎなく、この先も
常に最上位に君臨し続けるパンツになるでしょう!

デニムパンツに興味を持つと必ずこのアイテムにたどり着き
今までも、数多くのブランド、レプリカメーカー、そしてリーヴァイスからも
デザインソースや復刻といった形で、製品化されています。 

本当に稀な事なのですが、その当時にして完成品となる物が存在し
このLEVI'S 501XXもそんなアイテムの1つです!

ヴィンテージデニムが何ゆえ高額なのかを、教えてくれるこの色落ちが堪りません!
ただただカッコよく、いつの時代も、そのかっこよさは揺るぐ事がありません。

本物のオーラを持っている二本ですが、それぞれ一本一本表情が違うところも
ヴィンテージデニムの魅力になりますね!

ご紹介の501XXは、54年から60年代初頭のものになり
501XXの中でも、最も完成度が高いと評価する人が多い時代の物になりますので
興味をもたれた方は、ジーンズ界のキング 501XXを是非、お試しください!
LEVI'S 501XX Size:29x29 49980-yen
c0078587_2120596.jpg

c0078587_21201711.jpg

c0078587_21202595.jpg

c0078587_2120316.jpg

c0078587_21203785.jpg

c0078587_2121080.jpg

c0078587_21204816.jpg

c0078587_21205475.jpg

c0078587_2121521.jpg




c0078587_13341758.jpg

54年から60年初頭のものの特徴として、いくつかあるのですが
まずは、バックのセンターループが、あげられます。

センターカラーずらした縫製をしており、生産数が向上したリーヴァイスが
作業効率を上げるために、とった方法です。

まっすぐに縫い付けると、生地が分厚いため、当時のミシンでは
縫い込むのに、ロスが生じたためです。

63年ごろから、センターに戻されます。


c0078587_13343612.jpg

c0078587_13344340.jpg

トップボタン下の、501の特徴でもあるボタンフライ。
その、STRAUSSと書かれたRの文字にも特徴があります。

画像で見るとRの足が長くなっているのが確認できます。
長足Rと呼ばれているロゴになります。
これも60年代には、元に戻ります。


c0078587_13345145.jpg

XXの代名詞でもある、コンシールリベット。
隠しリベットと呼ばれているパーツになりますが
このパーツ、63年ごろからアルミに変更していきます。

今回の物は、銅製の物になります。


c0078587_13345997.jpg

リーヴァイスの象徴でもあるレッドタブ。
レーヨン製を使っており、刺繍の文字も独特です。
アルファベットのVの文字が均等の太さで刺繍されています。

この後の時代の物は、V字が左右で線の太さが違います。
これも63年ごろから、変更されていきます。
c0078587_13354440.jpg


最後までご覧頂きまして誠にありがとうございました。
明日も、皆様のご来店を、心よりお待ちしております!!!

神戸店 伊藤でした。



商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。



PS) magnets神戸店スタッフ募集!


magnets神戸トアウェスト店では、現在スタッフとして
働いて頂ける方を募集しています!

c0078587_21584134.jpg



業務内容、応募方法は コチラ から。


モノにこだわる沢山の皆様の、ご応募楽しみにしています!
by magnetsco | 2014-04-12 21:41 | KOBE店 | Comments(0)