magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2121)
(1778)
(1570)
(1056)
(796)
(759)
(475)
(466)
(448)
(439)
(414)
(304)
(241)
(219)
(217)
(198)
(157)
(154)
(62)
(32)

最新の記事

本日は大阪店スーペリア入荷に..
at 2017-06-24 23:21
Military T Par..
at 2017-06-24 16:24
6月24日(土)大阪店スーペ..
at 2017-06-23 21:25

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 19:20
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

5月28日(水)大阪店オマハヴィンテージ入荷日!!①~20's "LEVI STRAUSS MAKE"(大阪アメ村店)

こんばんは。マグネッツ大阪店スタッフヤスオです。

やってきました!
本日から、
5月28日(水)大阪店オマハヴィンテージ入荷日!!
12:30~OPEN!!

のブログアップを行なって参りたいと思います!!

今回も拘りのリアルクロージングを好まれる皆様を痺れさせてくれる、
ヴィンテージアイテムが入荷致しました!

おそらく全世界を探し回っても指で数える程しか存在しないであろう、
スーパーミュージアムクラスもご用意しておりますので、
今回の入荷ブログも宜しければお付き合い下さいませ。

まずは、その超スペシャルアイテム1点のみをピックアップしてみたいと思います!

~20's "LEVI STRAUSS MAKE" Vintage Boys Riding Pants "DeadStock" Size:26x26 SoldOut! ありがとうございました。
c0078587_15195461.jpg

c0078587_1528588.jpg

c0078587_15221422.jpg

c0078587_15222169.jpg

誰もが知る"Levi's(リーバイス)"

ヴィンテージにおいても欠かす事の出来ないブランドであり、
どのヴィンテージウェア雑誌においても、まずトップページに来る程、
誰もが憧れ、歴史が深く、その数々の名アイテムを各年代で世に送り出してきたブランドですね!

中でも数々のシフトチェンジを遂げてきたリーバイスデニムは、
ヴィンテージ好きの心くすぐるディテール、パーツを常に兼ね備えて、
現在でも追いかけ続けられているアイテムとなります。

もはや説明不要の1853年にリーヴァイ・ストラウスがアメリカで創業したリーバイス社ですが、
今回マグネッツに入荷したアイテムはデニムではなく、
~20年代までと推測される激レアのリーバイスのボーイズのチノパンツになります!!

古いリーバイスデニムの存在はご存知の方も多いかと思いますが、
リーバイスのカーキ色のボトムスにおいては初見の方がほとんどではないでしょうか。

リーバイズ社が1986年にドッカーズブランドを導入し、
カーキパンツの印象も強くなってきましたが、
リーバイスと言えば、やはりデニムというイメージが誰しも強いかと思います。

ですが、実はリーバイスは約百年以上前にもカーキ色のパンツを作ってきていました!
それを証明する1本がコチラ!

リーバイス社がドッカーズのチノを世に送り出すにあたり、
研究を重ねる為に保存されている1つの資料が、
この~1920年代頃のリーバイスカーキパンツのオリジナルになります!

1900年代に入り、リーバイスが市場にカーキパンツを持ち込んだのは、
・1909年(リーバイスサンセットラベル付属)
・1916年(リーバイストラウスメイクラベル付属)
・1922年(ハイキングやアウトドアを行なう女性に向けたカーキパンツ)
・1927年(有名なTWO-HORSE BRANDラベル付属)
となり、今回は1916年頃から20年代までの物になるかと思います。

まさに値段も付かない程の参考資料となる、
国内はおろか、世界中でもデッドストックはおそらく数本しか現存しない超お宝品となります!

今回マグネッツに入荷した1本は、
生地にシミ、サスペンダーボタン一個欠損こそ見受けられますが、
ウエストのフラッシャー付きのデッドコンディションで、
LOTナンバー:6117までも確認出来る奇跡の1本となります!
もしかするとロットナンバーは未だに知られていないかもしれませんね。
c0078587_1521524.jpg

c0078587_15202516.jpg

1915年のリーバイスの小売カタログにはラベルにも記載があるように、
LEVI STARUSS MAKEの文字と同様に全く同様のカーキパンツが記載されています!

デニムのように一貫していなかったようですが、
リーバイスは、1905年からカーキ色の軍服を作り始めたようですが、
第一次世界大戦を終えて、
人々が農場、炭鉱からオフィス、サービスの仕事での着用に作られた物になるかと思われます。

今日、リーバイスのカーキパンツは復刻が出されておりますが、
このオリジナルが放つオーラはもちろんの事、復刻との決定的なディテールの違いがあります。

そこはフロントのドーナツ型のサスペンダーボタンにベルトループが掛かる点となります!
c0078587_15252094.jpg

c0078587_15254571.jpg

c0078587_15255276.jpg

c0078587_1526383.jpg

c0078587_15274362.jpg

c0078587_15374228.jpg

c0078587_1527059.jpg

雑誌などでも見た事のないようなリーバイスの塗装のしっかりと残った状態のメタルボタンだけでも、
価値あるパーツですね!

この年代ならではの歪みもあるステッチワークなどは、
以降の年代のアイテムには皆目見かけられないディテールで、
ヴィンテージウェアの醍醐味と言える貴重なポイントではないかと思います!
c0078587_1533495.jpg

c0078587_15335634.jpg

c0078587_1534243.jpg

c0078587_1534933.jpg

c0078587_15342386.jpg

c0078587_15343254.jpg

c0078587_15345685.jpg

小さめのボーイズサイズとなりますので、
着用はかなり限られてしまいますが、
ヴィンテージ資料としてお持ち頂く事も本当にオススメですし、
額縁に入れて拘りのお部屋のディスプレイとして飾って頂くにも良いですね!

おそらくというか間違いなく、次はないミュージアムアイテムになるかと思います!

価格もマグネッツならではプライスとなっておりますので、
ヴィンテージリーバイス、ヴィンテージウェアを追い求め続けてこられた方、
是非とも、この機会に手にして下さいませ!

*下の画像はLevi’sで厳重に保管されているLEVI STRAUSS MAKEになります。
c0078587_1539948.jpg

c0078587_15203470.jpg

c0078587_15204273.jpg

最後までありがとうございました。

本日もう一発、5月28日(水)大阪店オマハヴィンテージ入荷日!のブログアップを、
予定しておりますので、是非そちらもお付き合い下さいませ!

大阪店 ヤスオでした。

商品に対するお問い合わせはこちらまで → magnets osaka
もしくは、snke83474@nike.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話でのお問い合わせは御遠慮下さいませ。
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。
by magnetsco | 2014-05-28 22:33 | OSAKA店 | Comments(0)