magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2195)
(1801)
(1613)
(1090)
(821)
(791)
(493)
(476)
(457)
(455)
(435)
(325)
(242)
(227)
(224)
(202)
(160)
(159)
(63)
(32)

最新の記事

神戸店8/26(土)VSA秋..
at 2017-08-23 23:08
神戸店8/26(土)VSA秋..
at 2017-08-23 22:00
神戸店8/26(土)VSA秋..
at 2017-08-23 21:05

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 19:20
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

Pattern Date. 21 July 1947(T.W.神戸店)


こんばんは、神戸店 伊藤です。

本日も、ご来店いただきまして方々本当にありがとうございました。
ここにきて、昼と、朝晩の気温差が激しくなりましたね。
ご来店のお客様は、みんな暑いといってご来店されておりましたが
物色するのは本格的に、アウターメインですね。

夜には、もう着ていけるアウターも増えてきました。
この時期からが一番服が楽しみですね!

それでは、本日もブログアップになります。
よければ、お付き合い下さい!よろしくお願い致します。


1950's US,Army M-47 Field Parka Size:S 19980-yen +Tax
c0078587_22141886.jpg

c0078587_22142769.jpg

c0078587_23412135.jpg

本日ご紹介は、こちら。
M-1947フィールドパーカになります。

世間で、通称“M-47”と呼ばれる、この「OVERCOAT PARKA TYPE」は
M-48やM-51のフィッシュテール系SHELL PARKAの登場により採用が縮小されはしたものの
大戦末期から50年代前半にかけて使用されており
朝鮮戦争期にも、防寒装備として採用され当時の画像で確認できます。

次の年に新しいモデルが採用され、正式な採用年は一年となるのですが
次世代の生産が追いつかなかった事などの理由から、50年代に入って登場したM-51と肩を
並べて活躍できていた画期的なモデルとなります。
過渡期の時に同時に使われていたことはよくありますが、二世代を超えて使用されることは
珍しい事です。
c0078587_2215828.jpg

c0078587_22152436.jpg

更に、ジッパーとボタンの併用による二重留や着脱式ライナー、上部ウエストの
ハンドポケットのデザインなど、次世代のM-1948へ継承されたという意味で、
大戦中に開発されたマウンテンパーカから、シェルパーカへ連なる
転換期の重要なモデルであった事も伺えます。

このM-47の一番の特徴は、先程も述べたように、それ以前のマウンテンパーカを
ベースとして、作られており、平面的なデザインが、今のファッションでも使い易く
後に続く立体裁断で膨らんだラインの物と比べると、スマートなラインですっきりと仕上がっています。
c0078587_22155384.jpg

c0078587_2216315.jpg

c0078587_22161511.jpg

オーバーコートと書かれており、極寒の地での使用も想定され、グローブの着用を
考えて、前立て、ポケットのフラップなどを留めるボタンには、大きな物を採用しており
開閉がしやすいようになっています。
また、ハンドウォーマー、パッチポケットとも大きく取られており、こちらもグローブ
着用時に備えての企画だと想像できますね。
冬になると手袋を使用する方も沢山いらっしゃると思うので、こういった作りは
ありがたいですね。
c0078587_22162191.jpg

フードの作りも、寒さ対策を考えて作りこまれており、首元は、顎まですっぽり隠せる
高さを持ったデザインで、頭部の保護にもぬかりはありません。
このデザインも、今ではファッションとして目を惹くデザインで、寒いときには
中にネックウォーマーを仕込むと、かなりの体感温度になりそうです。

生地には厚手のコットンサテンを使用しており、ミリタリーらしくタフさも重要視されて
作られていることがわかります。今ではナイロンや、ゴアテックスなど新素材が出てきて
軽量化も一つのファクトとして、重要視されますが、この時代には保温と丈夫さが
最優先であったようです。
c0078587_22165869.jpg

c0078587_22171054.jpg

そのおかげで、ステッチのアタリや天然素材が醸し出す雰囲気が出ており
今のものでは出せないオーラが存在し、ダメージも一つの味としてカッコよく映り
コンディションがいい物では出せない独特の雰囲気があります。

見た目のデザインや、ヴィンテージとしてのオーラも備えており、フィールドパーカとして歴史的にも
重要なモデルになる本物の1枚です!
1940's US,Army M-47 Field Parka Size:S 16980-yen +Tax
c0078587_13214059.jpg

c0078587_1321525.jpg

c0078587_1322255.jpg

c0078587_1322122.jpg



1940's US,Army M-47 Field Parka W/Liner Size:M 24980-yen +Tax
c0078587_1256815.jpg

c0078587_12562628.jpg

c0078587_13173972.jpg

c0078587_13173049.jpg

オーヴァーコートとして、使われる1枚なので着込まれた上からの着用を
前提としているのですが、このパーカは更に、このようなライナーも存在します。

関西で街着として使うなら少々オーヴァースペックかな?とも思うのですが、
アウトドア、また、寒い土地にお住まいの方には、必要なアイテムになりますね。
ご覧の通りの肉厚で、これだけでもアウターとして十分に機能してしまうライナーです。

M-47とは独立型ではなく、取り付ける一体型となっており、ボディーに所々
付いているドットボタンで、装着するようになっています。

これを装備する事で、対応温度が一気に広がりバイクに乗られる方にも、重宝していただけそうです。
手首はリブを使用していますので、風の浸入もしっかりと防いでくれます!
c0078587_13184345.jpg

c0078587_13185344.jpg

c0078587_23413023.jpg

最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとうございました。
明日も、皆様のご来店、お問い合わせをお待ちしております!

神戸店 伊藤でした。







商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。

※4月1日より消費税率が8%に改定されました。
それにともない、商品価格表示を今までの「総額表示(内税)」から
「本体価格表示(外税)」に変更しました。お預かりする消費税額は、
レシートおよび領収書に記載します。ご了承頂けますよう宜しくお願い致します。



PS) magnets神戸店スタッフ募集!


magnets神戸トアウェスト店では、現在スタッフとして
働いて頂ける方を募集しています!

c0078587_2315439.jpg



業務内容、応募方法は コチラ から。


モノにこだわる沢山の皆様の、ご応募楽しみにしています!
by magnetsco | 2014-09-28 22:28 | KOBE店 | Comments(0)