magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2047)
(1766)
(1532)
(1033)
(763)
(737)
(452)
(445)
(442)
(430)
(387)
(292)
(239)
(213)
(203)
(198)
(153)
(143)
(58)
(32)

最新の記事

神戸店5/3(水)ヴィンテー..
at 2017-05-01 00:52
神戸店5/3(水)ヴィンテー..
at 2017-05-01 00:25
神戸店5/3(水)ヴィンテー..
at 2017-04-30 22:57

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 14:42

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

Serge de Nimes! (T.W.神戸店)

こんにちは、神戸店 伊藤です。


その昔、フランス ニーム地方で生まれたサージ(生地)と
言う意味で、名づけられたデニム。
現在でも、人が身にまとう生地として
知名度は、もっとも高く
廃れる事が、ありません。


そして、古着の世界の中でも、
カッコたる地位を築いており
特に古い物が好きな方ではないとしても
興味を覚える方が沢山おられますね。


本日は、年々、アメリカでも枯渇が激しく
また、価格も高騰してきている
ヴィンテージデニムパンツを数本ご紹介いたします。


やはり1本は手元に置いておきたい
アイテムですね。

それでは、よろしくお願いいたします!



 Levi's 501 RedLine Size:28x28 14980-yen +Tax
c0078587_13361125.jpg

c0078587_13341456.jpg

c0078587_13162871.jpg

ウェストサイズ30アンダーの方に
嬉しい一本が入ってきました!

誕生してから1世紀以上の歴史を持ち、
未だに、デニムパンツとしてトップの
位置を確立している
リーヴァイスの代名詞、501の登場です!


薄めのフェードカラーとなるこの1本は
縦落ちが素晴らしく、また、裾の長さから来る
全体のシルエットが非常に綺麗な一本です。

c0078587_13165825.jpg

裾口は当時のオリジナルとなっており
チェーンステッチで仕上がった縁がいいアタリを
出しており、ヴィンテージデニムならではの雰囲気を
醸し出しております。


生地はまだまだしっかりしていて
着用するには、なんら心配のない
状態で、この夏には大活躍する
501ではないでしょうか?

c0078587_13171980.jpg

こちらは、いわゆる、赤ミミと
呼ばれる、サイドシームの内側に
レッドラインが入ったセルヴィッジが
備わっているモデルで、ヴィンテージならではの
作りとなります。


唯一、トップボタンにシルバーを使うことを許された501。
価格もお求め易く、ヴィンテージデニムを始めたい方
また、気軽に穿けるヴィンテージデニムとして
最高の一本ではないでしょうか?
c0078587_1318192.jpg

c0078587_13182861.jpg

c0078587_1318857.jpg

c0078587_13184154.jpg

c0078587_1319266.jpg

c0078587_13185248.jpg







Levi's 505 Single Stitch Size:38x34 29980-yen +Tax
c0078587_13191845.jpg

c0078587_13192724.jpg

c0078587_13193712.jpg

こちらは、対照的なビッグサイズとなる
一本です!


先程のものより、古いモデルになる
シングルステッチの505です!
c0078587_1319521.jpg

バックポケット縁、内側のステッチが
シングルで仕上がっている、こちらも
時代判別での、ポイントとなるディテールを
備えた一本です。

c0078587_1320930.jpg

カラーも色が少し濃い目に残り
リーヴァイスのデニムを知っていただくには
最適な色残りとなっています。

鮮やかなブルーのインディゴデニムに
綺麗な縦落ちが入った、一本です。


こちらは、実寸サイズがW38インチとなっていますが
珍しいことに、レングスが長めに残っており
全体的なシルエットが、縦長になっている
505となります。

先程の501から、ファッション性を追及して
誕生した、テーパードストレートの505。


誕生当時から、学生の中でも大人気と
なったモデルで、今となっては、リーヴァイスを
代表するモデルの一つとして、考えられています。


こちらも、コンディションは申し分なく
まだまだ色落ちも楽しんでいただける
一本だと思います!
c0078587_13204787.jpg

c0078587_13205679.jpg

c0078587_1321735.jpg

c0078587_13211723.jpg





1950's Vintage Denim Painter Pants Size:31x28 24980-yen +Tax
c0078587_13213631.jpg

c0078587_13214662.jpg

c0078587_13215612.jpg

先程のように、いわゆる5ポケットデニムパンツと
人気を二分する、もう一つのヴィンテージデニムパンツ。


ファッション性に路線変更した5ポケット
とは違い、アメリカのワークマンのために
作られ続けている、ペインターパンツの登場です!


こちらは、ウェストサイズが30インチとなっており
スマートな方に注目して頂きたい一本です。
c0078587_13222089.jpg

時代は古く50年代の物となり、ヴィンテージデニムとの中では
その後の時代のものでは見られない独特の色落ちを
備えた一本です。


この年代までの物は、粗い色落ちですが
全体を見ると、本当に綺麗に写り、この年代の
物を見て、デニムに惹かれていった方が沢山
いらっしゃるんじゃないでしょうか?


それに、このペインターパンツは、ライトオンスの
薄手のデニム生地を使っており、色落ちがしやすく
経年変化も、実感していただき易いパンツですね。


今回の物は、色目が更に濃く残っており
色の濃淡の差がはっきり出て、王道の
ヴィンテージデニムの表情と言ったところです。

膝のリペア跡などもありますが、それも
作品として、いい味を出している一本で
生地自体は、劣化も見られず
長く使って頂けるペインターになります。


人気の衰えはありませんが
年々、数の少なさには加速度が
増しているヴィンテージペインターパンツ、

サイズが合う方は是非、お試しいただきたい一本です。
いい表情ですね。
c0078587_13232518.jpg

c0078587_13233467.jpg

c0078587_13234566.jpg

c0078587_132417.jpg

c0078587_1324924.jpg

c0078587_13241866.jpg




1960's BigMac Denim Painter Pants Size:38x30 19980-yen +Tax
c0078587_13243111.jpg

c0078587_13244053.jpg

c0078587_1324519.jpg

世間では、ダメージ加工なども誕生し
ダメージも一つの魅力として
認知されるようになりました。


特に、このデニムと呼ばれる生地には
ダメージを受けたものでも、人を納得させる
力が強く、今までダメージに興味を覚えなかった
人も、ダメージデニムを見て、こういったアイテムも
いいものだと、思った方が多いのではないでしょうか?


こちらの1本は、
ビッグサイズのデニムペインターパンツに
なります!

c0078587_13252578.jpg

生地にダメージが入ることにより
より、土臭さ、ワークアイテムとしての
リアルさが増してくると思います。

また、今回のように、膝、膝上の
生地ダメージは、本当に作業を
こなしていく上で、出来た本物の
ダメージに見受けられ、雰囲気が
一層増しますね。

全体的には、フェードカラーとなり
今、注目しておきたいカラーです。

ダメージ箇所は膝付近のみで
他の生地はいいコンディションで残っております。

ブランドは、ビッグマックと、アメリカンワークウェアでは
大御所となる、ビッグネームですね。

こういった一本も、デニムの一つの
魅力として、ご覧になってください!
c0078587_1326179.jpg

c0078587_1326913.jpg

c0078587_13261867.jpg

c0078587_1326268.jpg

c0078587_13263669.jpg

最後まで、ご覧頂きまして
誠にありがとう御座いました。


本日も、皆様のご来店を心より
お待ちしております!


神戸店 伊藤でした。




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。

※4月1日より消費税率が8%に改定されました。
それにともない、商品価格表示を今までの「総額表示(内税)」から
「本体価格表示(外税)」に変更しました。お預かりする消費税額は、
レシートおよび領収書に記載します。ご了承頂けますよう宜しくお願い致します。



PS) magnets神戸店スタッフ募集!


magnets神戸トアウェスト店では、現在スタッフとして
働いて頂ける方を募集しています!

c0078587_2315439.jpg



業務内容、応募方法は コチラ から。


モノにこだわる沢山の皆様の、ご応募楽しみにしています!
by magnetsco | 2015-06-04 13:59 | KOBE店 | Comments(0)