magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2075)
(1773)
(1550)
(1040)
(778)
(746)
(459)
(458)
(447)
(432)
(393)
(300)
(240)
(214)
(211)
(198)
(154)
(149)
(60)
(32)

最新の記事

5月27日(土)大阪店スーペ..
at 2017-05-26 00:37
5月27日(土)大阪店スーペ..
at 2017-05-25 21:58
5月27日(土)大阪店スーペ..
at 2017-05-25 19:18

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 14:42

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

神戸店2/10(水)ヴィンテージ入荷!#1 U.S.A.F. N-2A,N-3A! U.S.N.Deck Vest,N-3!!!

こんばんは、神戸店 伊藤です。

本日より
神戸店2/10(水)ヴィンテージ入荷!12:30~OPEN!!!
の、入荷ブログを行います!

最近では、一点見つけるのも、アメリカでは困難となっており
価格も高騰しているヴィンテージアイテムですが
この度も面白い物が沢山集まっています!

まず最初のご紹介は、ミリタリーアイテムから
はじめようと思います!

昔から変わらず、へヴィーヴィンテージとして扱われている
アイテムを筆頭に、普段では、なかなかお目にかかれない
アイテムが並びますので、この度も、是非、お付き合い下さいませ!

それでは、ご覧になってください!
よろしくお願い致します。


1950's U.S.A.F. N-2A Flight JKT Size:Large 59980-yen +Tax
c0078587_15153266.jpg

c0078587_15154059.jpg

最初に、ご紹介するアイテムは、こちらです!
1945年にN-2と言うフライトジャケットが開発され
それから、2年後の1947年に誕生した、N-2Aフライトジャケットとなります!
へヴィーゾーン(-30℃~-10℃)で
使用されるフライトジャケットとなります。

特徴は、なんといってもこのエアフォースブルーという
ボディーカラーを採用していることです!

誕生した1947年は、元々陸軍の一部門であった
陸軍航空軍から、空軍として独立した記念すべき年であり
空軍を象徴する、空の青をイメージした、このエアフォースブルーが
採用されました。

ですが、採用期間は非常に短く10年程と短命で終っており、
その理由のひとつとして、墜落した際などの非常時に、敵兵から
見つかりやすかったと言われています。
c0078587_15162231.jpg


このアイテムは、コックピットに座る兵士の動きの妨げに
ならないよう、ショート丈で仕上られ、雪風等を防ぐ
ラージサイズのフードは、ヘルメットを被る際に、開閉が出来るよう
ジッパーが備わる作りとなっています。
c0078587_15163834.jpg

c0078587_15164519.jpg

今回のものは、フード部分のジッパーが欠損しており
開閉は出来ませんが、閉じた状態となっています。

フード周りには、人工で作られたファーが備わり
アザラシファーとも呼ばれる、この黒い毛足がN-2A,N-3Aならではの
パーツとなります。
c0078587_1517065.jpg

全体的に、色濃く残っており、色焼けなども殆どしておりません。
首元には、タグも備わり、C.H.Masland社のタグが備わりますが
N-3Aも当時作っていた会社となります。
ミルスペックが記載され、Mil-J-6278と
アルファベットがつかない、最初のナンバーとなります。
6278Aから、N-2Bとなり、セージグリーンへと移行されます。

c0078587_15171863.jpg

c0078587_15172935.jpg

胸には、オキシジェンタブがナイロンテープで備わり
脇部分には、ICSタブも付いています。
c0078587_15174092.jpg

c0078587_15175716.jpg

シガレットポケットのジッパーの破損、ウェスト部分のドットボタンの
一箇所欠損などがありますが、リブのコンディションは、申し分なく
ナイロンツイルも大きなダメージもなく綺麗な状態です。
バックには、フードを避けてみてみると、くっきりとステンシルが
入り、興味が一層掻きたてられるポイントですね!
c0078587_15181866.jpg

ショルダーに備わるエアフォースママークは消えてしまっていますが
うっすらと、文字が確認できます。

このエアフォースブルーのフライトジャケットは、
現在では、アメリカでも、見つけることが困難で
高額なアイテムとなっています!
c0078587_15182663.jpg

c0078587_1518371.jpg

c0078587_15184985.jpg

c0078587_1518551.jpg






1940~50's U.S.A.F. N-3A Flight JKT Size:Large 49980-yen +Tax
c0078587_1519710.jpg

c0078587_15191518.jpg

c0078587_15242239.jpg

この度は、奇跡的にこちらの一枚も入ってきました!
N-3Aの登場です!

こちらも採用年度は、同じ1947年となる
エアフォースブルーを採用した一枚となります。
元々は、ムートンを使ったB-7から、コットン製フライトジャケットの
B-9,B-11へとモデルチェンジし、
その後にナイロンツイルを使用した、N-3が1945年に
誕生し、その後継モデルとなります。

先程の、N-2Aと同じへヴェーゾーンでの仕様を目的とした
フライトジャケットになるのですが、こちらのほうは、主に
外で使用することも想定して作られているので、着丈が長く
仕上がっています。
c0078587_15195662.jpg

c0078587_1520769.jpg

この後のモデルのN-3Bというフライトジャケットを
皆様、ご存知かと思いますが、それとの違いは
カラー以外に、着丈が少し短くなっている事と、袖リブが
剥き出しになっているところです。
c0078587_15202418.jpg

なので、こちらのアイテムは、N-3Bと比べて着用感が小さく感じることも
特徴となります。
今回のものは、先程のN-2Aに見られるファーが欠損しておりますが
こちらもナイロンツイルのコンディションが非常に良く
色目もこれ以上にないぐらい濃く残っています。
c0078587_15205460.jpg

メインジッパーに交換が見られますが、C&Cのダブルジッパーを
使っています。
袖リブのコンディションは非常に綺麗に残っており、首もとの
タグもいい状態で残っていますね。
c0078587_23153063.jpg

タグの文字の書き方が、前身モデルのN-3と同じ書き方となっておりますので
移行期に作られている一枚となるかもしれませんね。
コントラクターは、Reed Productsとなっており、
N-3ではもっとも完成度が高いと評判のブランドです。
B-9でも、確認できるコントラクターで、軍からの信用も
厚かったようです。
c0078587_15211795.jpg

c0078587_15212737.jpg

c0078587_15213995.jpg

c0078587_15214995.jpg

c0078587_15215654.jpg

c0078587_1522320.jpg

c0078587_15221835.jpg





1950's US.Army M-51 Field Parka W/Liner Size:S SoldOut!
c0078587_15234124.jpg

c0078587_15235097.jpg

c0078587_1524090.jpg

c0078587_1524934.jpg

ミリタリー好きの方ならず、服好きの方に多く知られているファッションとしての
ミリタリーアイテムでは知名度は一、ニを争うこのアウターの登場です!

M-51フィールドパーカと呼ばれている
1951年に採用された米軍の極寒防寒衣料となり、
後の時代には、モッズパーカと呼ばれるようになったアイテムです!

コットンポプリンまたは、ナイロンオックスフォード素材を
使ったボディーは軽量ながら、ダブルステッチで
縫製されており、頑丈な作りのこのM-51パーカ。

使い込んでいくと、ご覧のようにステッチのアタリが出て、
大味になりがちなコートアイテムでも、
表情が出て、非常にカッコよくまとまっています!

M-51フィールドジャケットの上に着る、
コートの位置に属するアイテムなのですが、
戦場だけに留まらず、ファッションシーンでも昔から
大活躍した有名なモデルとなります。


1970年代にイギリスで生まれ大ブレイクしたモッズ。
その人たちが着ていたことで、知名度が一気に
上がった事がきっかけですが、
当時、イギリスに大量のデッドストックが、
出回ったことからこういったファッションが生まれた
とも言われています。
c0078587_15244797.jpg

特徴的な作りは、バックの裾口が燕尾服のように尖っており、
魚の尾に似ていることから
フィッシュテールパーカとも呼ばれています。

このデザインになっているのは、先端に出ている
ドローコードをフロントのドローコードと
それぞれ結び、内腿部分で縛れるように考えて作られました。

長い着丈が邪魔にならないように工夫されています。
これは、M-51の前身であるM-48から見られる作りで
後のM-65へと引き継がれるフィールドパーカの特徴ある
ディテールとなります!
c0078587_1525864.jpg

今回は、皆様お探しだったんじゃないでしょうか?
Sサイズでの登場となり、また、嬉しい事にライナーまで
装備された一品です!

程よく使い込まれており、いい雰囲気を纏った
モッズパーカになりますので、是非、お試しください!
c0078587_15251744.jpg

c0078587_1525255.jpg

c0078587_15253912.jpg

c0078587_15254880.jpg

c0078587_152636.jpg

c0078587_15261217.jpg

c0078587_152620100.jpg

c0078587_2316346.jpg

c0078587_15263767.jpg





1970's US.Navy G-1 Flight JKT Size:42 29980-yen +Tax
c0078587_15265187.jpg

c0078587_1527199.jpg

c0078587_1527982.jpg

米海軍のフライトジャケットとして、
もっとも有名なモデルであるG-1になります!

G-1は陸軍航空隊でA-2が開発されたと同時期に
海軍航空隊によって開発。
このふたつの航空隊は常にライバルとして競い合っており、
お互い独自に開発された
ジャケットを採用する形となりました。

G‐1は長い歴史を持ち1930年代から現用となっており、
非常に長きに渡り支給されてる
歴史のあるジャケットになります!


スペックは常に進化され現在のジェット戦闘機には
G-1で乗ることは許されていないので
基地内での着用のみとなっているわけですが、
海軍兵にとって特別なフライトジャケットになり
シンボル的なジャケットとして扱われています。

他に海軍ではナイロン製のフライトジャケットも採用され
WEPもしくはG-8と呼ばれていた物を支給していたのですが
このWEPの支給停止の後もG-1は、支給され続け
いかに海軍のパイロットに愛され続けているかが
わかりますね。

c0078587_15273470.jpg

今回のものは、70年代の一品となり
アクリルボアを採用していますので、
ボアのダメージなどを気にせず着ていただけます。
ボディーの色目は海軍独特のシールブラウンを使用しており、
この色目がかっこいいですね!
c0078587_15275037.jpg

身頃、袖と細めに作られたシルエットで、
後に進化していくフライトジャケットとは
全く違うシルエットになっているのも特徴的です。

機能面では、今のフライトジャケットに
当然のことながら軍配は挙がるのでしょうが
兵士の心を支え続けるこのG-1こそ、
本物のミリタリーフライトジャケットと言えるかもしれません。
c0078587_15283586.jpg

c0078587_152850100.jpg

c0078587_1529419.jpg

c0078587_15291469.jpg

c0078587_1529281.jpg

c0078587_15294818.jpg

c0078587_15295771.jpg

c0078587_1529398.jpg

c0078587_1530856.jpg



1940's US.Navy Deck Vest Size:about-40 SoldOut!
c0078587_1532255.jpg

c0078587_15302490.jpg

c0078587_15303646.jpg

40年代のネイビーのデッキベストはシンプルですが、
雰囲気抜群のカッコ良いアイテムでオススメです!
c0078587_15305254.jpg

c0078587_1531443.jpg

中がアルパカライニングで、アルパカベストとも呼ばれたりしますね。
このふかふかの毛が防寒性も持っている
ベストですので、色々な合わせ方が楽しめる1点です。


40年代のネイビーアイテムとしては、弾数も少ない稀少なアイテムで、
お探しの方も多いのではないでしょうか。
c0078587_15311517.jpg

c0078587_15312730.jpg

保存状態による若干の汚れなどは御座いますが、裏のアルパカの
コンディションを考えると、殆ど使われていなかったのではないでしょうか。
ジッパーも全くダメージもなく、綺麗な1枚です!
c0078587_15314227.jpg

c0078587_15315394.jpg





1940's US.Navy N-3 HBT JKT Size:40 SoldOut!
c0078587_15321581.jpg

c0078587_23165382.jpg

c0078587_15323681.jpg

ヘリンボーンアイテムも一枚ご紹介致します!
海軍のN-3HBTジャケットとなります!

このデザインは、海兵隊のP-41という名で、皆様ご存知かと
思いますが、こちらは珍しい海軍仕様の1枚となり、左胸には
MCのロゴスタンプが入らず、ボタンも月桂樹のドーナツボタンと
なるのが、特徴箇所になります!
c0078587_1533947.jpg

c0078587_15332085.jpg

N-3は夏季用の海軍ユニフォームとなり、P-41と同様の
HBTパンツ、中には、ポプリンコットンのO.D.シャツ、頭には
ベースボール型のHBTキャップでワンセットとなりN-3システムとなります。

他に、寒冷地用ではN-1、雨天時には、レインパーカなどのN-2が
あります。

滅多に出てこない、1枚ですので、是非、お試しください!
c0078587_1533455.jpg

c0078587_15335825.jpg

c0078587_1534824.jpg

c0078587_15342456.jpg

c0078587_15343671.jpg




1970's KOREA Souvenir JKT Size:L 5980-yen +Tax
c0078587_15345326.jpg

c0078587_153525.jpg

c0078587_15351344.jpg

この先の季節も含めて、活躍する1枚です!
コリジャンの入荷となります!
c0078587_15355842.jpg

ネイビーボディーに、お馴染みの刺繍が、袖に入った
ジャケットとなりますが、韓国の米軍基地に
駐屯した兵士が、帰還の際に記念として作った一枚となります。
c0078587_15353952.jpg

c0078587_15354990.jpg

バックには、センターのワッペンが剥がされた後が
ありますが、78,79と年号が刺繍されており
このに年の間、在中していた兵士の物ですね。

価格は、凄く安くお出ししますので、見逃せない1枚です!
c0078587_15362371.jpg

c0078587_15363897.jpg

c0078587_15365120.jpg

c0078587_1537024.jpg

c0078587_15371220.jpg

c0078587_15372479.jpg




1940's U.S.M.C. Wool JKT Size:about-38 SoldOut!
c0078587_15373925.jpg

c0078587_15375015.jpg

c0078587_1538030.jpg

珍しい、一枚のご紹介です!
陸軍などで、アイクジャケットと呼ばれる
ショートジャケットになりますが、この度は、珍しい海兵隊の
一枚が入ってきました!

独特の色目が特徴で、色目1つとっても他の軍とは
違った物を使用する、拘りを見せるプライド高い海兵隊。
c0078587_15382450.jpg

c0078587_15383417.jpg

c0078587_15412817.jpg

今回の物は、襟元と、片方の袖にピンズが備わった
スペシャルな1枚となります。
ピンズも、価値がありそうですね。


虫食いなどが目立つウール素材ですが
コンディションは、非常に良く、とても70年前の
物とは、思えない1枚です!

滅多に出てこないこんなミリタリーアイテムも
非常にそそられます!
c0078587_15392762.jpg

c0078587_1539387.jpg

c0078587_15394717.jpg

c0078587_15395779.jpg

c0078587_15401017.jpg

c0078587_15402430.jpg

c0078587_15403953.jpg

c0078587_15405354.jpg

c0078587_1541653.jpg

c0078587_15411716.jpg





1940's US.Army Field Cap Size:about-7-1/2 SoldOut!
c0078587_15414211.jpg

c0078587_154218.jpg

人気のデザインのフィールドキャップのご紹介です!
イヤーカバーが備わる、ボアライナーが装備された
このデザインは、今季は特に人気ですね。

普段のコーディネートに、絶妙のスパイスとして
使って頂けると思います。
c0078587_15422696.jpg

今回の物は、陸軍のフィールドキャップとなり、
寒冷地用の一品です。
滅多に出てくることが無い、今となってはレアな逸品となります!

表のシェルには、ポプリン素材を使用しており、中にはボアと
ウールフランネルを使って、保温性を高めたキャップです!
プリントが消えたガーゼタグと、反対側に、モデルを記載した
タグが残っています。

ヴィンテージキャップでは、本当に嬉しい、サイズも7-1/2ほどとなっており
見逃せないアイテムではないでしょうか!
価格もお手頃です!
c0078587_15424144.jpg

c0078587_15425693.jpg

c0078587_1543737.jpg



1960's US.Navy Drawers Size:M SoldOut!
c0078587_15433396.jpg

c0078587_1543221.jpg

c0078587_15434269.jpg

まだまだこのアイテムも、実用として手放せない時期です。
60年代の海軍のドロワーズとなります!

肉厚なコットン素材で作られており、パターンはハニカム。
ミリタリーらしい生地使いですね。

ウェスト部分は、穿き心地、補強もしっかりと考えられており
非常に手触りのいいコットン素材を使っています。
足首部分も、頑丈なリブを使用しており、この辺りにミリタリーならではの
堅牢さを実感していただけると思います!

タグもしっかりと残っており、コレクタブルな一品ですね!
c0078587_15435415.jpg

c0078587_1544428.jpg

c0078587_15441319.jpg

c0078587_23181635.jpg

c0078587_15443170.jpg




1950's Euro Military Johdpurs Size:34x28 SoldOut!
c0078587_15444355.jpg

c0078587_15445329.jpg

c0078587_2005437.jpg

ユーロミリタリーのアイテムを一点ご紹介です!
本当に肉厚なウールを使用したジョッパーズとなります!

色目がアメリカ軍では見られない独特のカラーとなっています。
普段アメリカのミリタリーアイテムで見慣れている方には
新鮮に映るんじゃないでしょうか?
c0078587_1958359.jpg

c0078587_19585541.jpg

c0078587_19591221.jpg

ウェスト部分には、ベルトループが備わらず、サスペンダーボタンの
仕様となっています。
この作りとなると、期待してバックを見てみると、やはり
バックルバックが備わっていました!
針付きのタイプで、カッコイイですね!
c0078587_19592716.jpg

c0078587_1959578.jpg

バックは、ユーロらしさが出ている、片ポケ仕様となっており
裾口は、シンプルなボタン止めとなっています。
アメリカの物と比べて、簡単な手間いらずの裾口です。
c0078587_200994.jpg

サイドに細くラインが入っており、見た目のアクセントにも
なっていますね!
c0078587_201866.jpg

c0078587_2011953.jpg

c0078587_2012912.jpg

c0078587_2014287.jpg

c0078587_2015866.jpg

最後まで、ご覧頂きまして、誠にありがとう御座いました!
明日も、入荷ブログが続きますので、皆様
是非、お付き合い下さいませ!

よろしくお願い致します!


神戸店 伊藤でした。




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。
by magnetsco | 2016-02-07 23:25 | KOBE店 | Comments(0)