magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2073)
(1773)
(1549)
(1040)
(777)
(745)
(459)
(458)
(447)
(432)
(393)
(299)
(240)
(214)
(211)
(198)
(154)
(149)
(60)
(32)

最新の記事

5月27日(土)大阪店スーペ..
at 2017-05-25 19:18
5月27日(土)大阪店スーペ..
at 2017-05-25 02:04
5月27日(土)大阪店スーペ..
at 2017-05-25 00:55

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 14:42

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

コーディネート!(T.W.神戸店)

こんにちは、神戸店 伊藤です。

先日は、神戸店ヴィンテージ入荷にご来店下さいまして
本当にありがとう御座いました!

本日は、入荷いたしましたヴィンテージアイテムを使って
コーディネートをしてみました!
商品画像だけでなく、着てみると、また違って見えるものです。

良ければ、お付き合い下さいませ!
よろしくお願い致します。





c0078587_132912100.jpg

ウールジャケットを取り上げてみました。
ハウンドトゥースの柄で仕上がった一着で、見た目が
凄くいいですね!

ポケットにはセンタープリーツが入り、スポーティなテイストが
出ていますので、ガチガチのトラッドアイテムとしてではなく
程よく力の抜けた着こなしが出来ますので、普段のコーディネートを
楽しむにはピッタリなアイテムです。

ボトムスには生成りのコーデュロイを使ってみました。
ウール素材のトップスなので、少し毛羽立ちのあるアイテムだと
違和感なく馴染みます。

中には、ちょっとインパクトのあるアニマル柄のヴェストを
使いました。柄オン柄となりますが、配色が似ていると
意外と馴染みが出て、違和感がありません。

アクセントに、ミリタリーのネッカチーフです。

1970's Vintage Wool JKT Size:about-38 8980-yen +Tax
c0078587_1926792.jpg

c0078587_19261558.jpg

c0078587_19262542.jpg

こちらは千鳥格子の生地で仕上がったジャケットです!
今となっては、このパターンはクラシックな感じがして
いい雰囲気ですね。
当時ではスポーツアイテムに使用されることが多かったそうです。

今回の物も、その用途で作っており、パッチポケットには
センタープリーツが入り、アウトドアなテイストで仕上がっています!
胸ポケットに至るまで、ボタン止めのフラップポケットと言うのも
肩の力が抜けて、カジュアルで使いやすそうですね!
c0078587_1945418.jpg

c0078587_19451559.jpg

c0078587_19452758.jpg

c0078587_19453754.jpg

c0078587_19454757.jpg

c0078587_19455765.jpg

c0078587_1946657.jpg



c0078587_13292428.jpg

ウールのハンティングパンツを使ってみました。
このパンツの特徴は、なんといってもニッカータイプの
ところです!

7分丈ぐらいで、足先はレースアップとなり、他のパンツにはない
独特な雰囲気が楽しめます。
肉厚なウール素材ですので、全体が重くなりすぎないように
トップスには、PCUのヴェストを使い、新素材だと今っぽく軽さが出ますね。

アウトドアテイストで纏めましたので、動き易く、気を使わない
ゆっくりしたいお休みの日には、ピッタリではないでしょうか?

1940's Doublewear Hunting Wool Knicker Pants Size:32x25 7980-yen +Tax
c0078587_1621773.jpg

c0078587_162296.jpg

c0078587_1624123.jpg

c0078587_1662071.jpg

c0078587_1625439.jpg

c0078587_163463.jpg

c0078587_1631469.jpg

c0078587_1633461.jpg

c0078587_1634429.jpg

c0078587_1635383.jpg






c0078587_13282265.jpg

珍しいジッパータイプのハンティングジャケットを使っての
コーディネートとなります。
ハンティングジャケットとしてはかなり珍しい、シルエットで仕上がった
1枚で、Gジャンのようなテイストで着れるハンティングジャケットです。

全体は、綺麗めなアイテムと、これから先の季節らしい
明るいカラーを取り入れて、かたいキャンバスの生地の質感を生かし
ちょっと土臭さを加えてみました。

程よいバランス感なので、肩の力も入らず、気軽に着れる
スタイリングです。

新鮮な見た目のハンティングジャケットを楽しんでいただきたいですね。

1960's Vintage Hunting JKT Size:about-38 9980-yen +Tax
c0078587_22472764.jpg

c0078587_2247529.jpg

c0078587_22484425.jpg

こちらは、ハンティングジャケットとしては
珍しい、シルエットの1枚です!

デニムジャケットのようなショートタイプとなり、
面白い1枚ですね!
春先には、そのポジションで使っていただくとかなり新鮮に
映るのではないでしょうか?

c0078587_22492588.jpg

c0078587_22502311.jpg

c0078587_22504818.jpg

前合わせには、ボタンではなく、ジッパーを使っているのも
このジャケットでは珍しい仕様ですね。
3ポケットとシンプルなフロントですが、
内側に、ポケットが両サイドに備わり、収納力は確かな1枚です!
ダブルジッパーになっているところも、流石の機能性です!
c0078587_22521533.jpg

c0078587_22525358.jpg

c0078587_22535443.jpg

c0078587_22541383.jpg

c0078587_22551615.jpg








c0078587_13303448.jpg

N-2Aの最大の特徴である
エアフォースブルーのカラーを生かし、
あえてミリタリーらしくない品を感じさせられるように、
グレーと青のアイテムで合わせました。

同じ色味のアイテムで揃え、
パンツにはスラックスを合わせることで
落ち着いた雰囲気に仕上がっているかと思います。

MA-1をはじめ、ミリタリーアイテムをサンプリングした
新品の物では、ネイビーのカラーは定番で
様々なブランドが使用していますね。

エアフォースブルーのN-2Aはより
今日のファッションに馴染みやすい
ヴィンテージアイテムではないでしょうか!

1950's U.S.A.F. N-2A Flight JKT Size:Large 59980-yen +Tax
c0078587_15153266.jpg

c0078587_15154059.jpg

1945年にN-2と言うフライトジャケットが開発され
それから、2年後の1947年に誕生した、N-2Aフライトジャケットとなります!
へヴィーゾーン(-30℃~-10℃)で
使用されるフライトジャケットとなります。

特徴は、なんといってもこのエアフォースブルーという
ボディーカラーを採用していることです!

誕生した1947年は、元々陸軍の一部門であった
陸軍航空軍から、空軍として独立した記念すべき年であり
空軍を象徴する、空の青をイメージした、このエアフォースブルーが
採用されました。

ですが、採用期間は非常に短く10年程と短命で終っており、
その理由のひとつとして、墜落した際などの非常時に、敵兵から
見つかりやすかったと言われています。
c0078587_15162231.jpg


このアイテムは、コックピットに座る兵士の動きの妨げに
ならないよう、ショート丈で仕上られ、雪風等を防ぐ
ラージサイズのフードは、ヘルメットを被る際に、開閉が出来るよう
ジッパーが備わる作りとなっています。
c0078587_15163834.jpg

c0078587_15164519.jpg

今回のものは、フード部分のジッパーが欠損しており
開閉は出来ませんが、閉じた状態となっています。

フード周りには、人工で作られたファーが備わり
アザラシファーとも呼ばれる、この黒い毛足がN-2A,N-3Aならではの
パーツとなります。
c0078587_1517065.jpg

全体的に、色濃く残っており、色焼けなども殆どしておりません。
首元には、タグも備わり、C.H.Masland社のタグが備わりますが
N-3Aも当時作っていた会社となります。
ミルスペックが記載され、Mil-J-6278と
アルファベットがつかない、最初のナンバーとなります。
6278Aから、N-2Bとなり、セージグリーンへと移行されます。

c0078587_15171863.jpg

c0078587_15172935.jpg

胸には、オキシジェンタブがナイロンテープで備わり
脇部分には、ICSタブも付いています。
c0078587_15174092.jpg

c0078587_15175716.jpg

シガレットポケットのジッパーの破損、ウェスト部分のドットボタンの
一箇所欠損などがありますが、リブのコンディションは、申し分なく
ナイロンツイルも大きなダメージもなく綺麗な状態です。
バックには、フードを避けてみてみると、くっきりとステンシルが
入り、興味が一層掻きたてられるポイントですね!
c0078587_15181866.jpg

ショルダーに備わるエアフォースママークは消えてしまっていますが
うっすらと、文字が確認できます。

このエアフォースブルーのフライトジャケットは、
現在では、アメリカでも、見つけることが困難で
高額なアイテムとなっています!
c0078587_15182663.jpg

c0078587_1518371.jpg

c0078587_15184985.jpg

c0078587_1518551.jpg




c0078587_13305133.jpg

c0078587_13305762.jpg

普通のカバーオールと同じように、デニムアイテムとして
アメカジに落とし込んで頂いてもカッコいいとは思うのですが、
せっかくなのでWork Houseのカバーオールの特徴である
ステンシルを生かしたコーディネートを組んでみました!

パンツににはステンシルと同色のオーバーオールを合わせ、
全体で使用するカラーを少なくすることでより
ステンシルが際立っているかと思います。

同じワークアイテム同士なので、
互いの雰囲気を損なうことがなく、
むしろより雰囲気を増してくれています。

土臭くなり過ぎないように、インナーは品のある
白色のタートルネックを使い落ち着かせました。


1950's Work House Uniform JKT Size:about-42 19980-yen +Tax
c0078587_13205184.jpg

c0078587_1321095.jpg

c0078587_13211057.jpg

両袖がカットオフされた、土臭い雰囲気漂うカヴァーオールです!
当時にカットされているようで、切り口にも馴染みが出ていて
カッコよく仕上がっていますね。
c0078587_13213156.jpg

c0078587_13214060.jpg

c0078587_13214957.jpg

ボディー自体は、50年代のモノで、デニムの色落ちは
ヴィンテージならではの、素晴らしい表情を見せています!
c0078587_1322071.jpg

胸のポケットには、タグが備わっていますが
サンフォライズドの表記タグとなっており、ブランド名では
御座いません。
c0078587_1322981.jpg

ボタンのデザインから、シアーズの一枚かと思います。
c0078587_13222037.jpg

そして、バックに注目したいポイントがあるのですが
Work Houseと書かれたスタンプが二箇所入っています!

アメリカではこの言葉は、教護院として用いられており
軽犯罪者の労役所として扱われる施設を意味します。
c0078587_13224356.jpg

なので、このアイテムはそこの労役者が着ていたユニフォームと
なり、普通ではお目にかかれない、レアな一品となります!

プリズナー関連となるスペシャルな1枚です!
c0078587_13225418.jpg

c0078587_1323613.jpg

c0078587_13235816.jpg

c0078587_1324764.jpg









c0078587_13342038.jpg

インナーとパンツを淡い色味で揃え、
ガウンの濃いエンジ色が映えるようにコーディネートを考えました。

ウールガウンは、縦落ち感があり緩いシルエットになるので、
デニムパンツとニットを合わせることで、
その緩さをより生かせているかと思います。

膝下のロングの丈感と襟やポケットのパイピングが
どこか品を感じさせてくれるので、
緩いアイテム同士で合わせても、
しっかりと雰囲気を引き締めてくれます!

またロング丈のアウターは、裾広がりの
フレアタイプのパンツとも
相性が良いのでお試しになってみてください。


1950's Parkella Flannel Wool Robe DeadStock Size:L 7980-yen +Tax
c0078587_2320578.jpg

c0078587_23201452.jpg

c0078587_23202355.jpg

春に大活躍のスプリングコートとして
オススメのアイテムです!
古着ならではの発想でオシャレに楽しんで頂ける
ヴィンテージローブとなります!

ファッションシーンでも益々注目が高くなってきておりますが、
年代の古いヴィンテージが醸し出す雰囲気は、やはり格別です!

カラーもエンジと、雰囲気抜群のカラーで仕上がっており
捨てがたい一品です!


特に今回の物は、デッドストックとなっており、この上ない
状態です!
大味になりそうなローブアイテムですが、パイピングが入り
いいアクセントとなっていますね!
c0078587_23203430.jpg

c0078587_23204411.jpg

c0078587_23205137.jpg

c0078587_2321212.jpg

c0078587_2321851.jpg

c0078587_23211422.jpg

c0078587_23212195.jpg

c0078587_23212791.jpg

c0078587_23213847.jpg

最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとう御座います。
本日も、皆様のご来店をお待ちしておりますので
よろしくお願い致します!

神戸店 伊藤でした。


商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。

※4月1日より消費税率が8%に改定されました。
それにともない、商品価格表示を今までの「総額表示(内税)」から
「本体価格表示(外税)」に変更しました。お預かりする消費税額は、
レシートおよび領収書に記載します。ご了承頂けますよう宜しくお願い致します。

by magnetsco | 2016-02-12 13:52 | KOBE店 | Comments(0)