magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2075)
(1773)
(1550)
(1040)
(778)
(746)
(459)
(458)
(447)
(432)
(393)
(300)
(240)
(214)
(211)
(198)
(154)
(149)
(60)
(32)

最新の記事

5月27日(土)大阪店スーペ..
at 2017-05-26 00:37
5月27日(土)大阪店スーペ..
at 2017-05-25 21:58
5月27日(土)大阪店スーペ..
at 2017-05-25 19:18

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 14:42

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

これからが、主役のヴィンテージアイテム!!!(T.W.神戸店)

こんにちは、神戸店 伊藤です。

怪しい天気ですが、何とか持ちこたえてくれて
街を歩くには、持って来いの一日ではないでしょうか?

本日も、遠方から、ご来店いただいており
皆様に感謝しております!

それでは、本日も、ブログアップを致しましたので
良ければご覧になってください!

よろしくお願い致します。



1910's U.S.Army M1908 Haversack 24980yen
c0078587_17163061.jpg

c0078587_17164091.jpg

c0078587_17164823.jpg

c0078587_1716576.jpg

超希少なUSアーミーのハヴァーサックになります。
このアイテムは100年ぐらい経つヴィンテージアイテムになり
歴史ある一品です!

ハヴァーサックは、全部で4thモデルまであり、今回のものはM-1908と呼ばれ
このハヴァーサックの中では3rdモデルになります。

最初の物は、1885年ごろに米軍に正式採用となっており
その後の2ndモデルは、1904年ごろ登場しました。
M-1908の4年前になります。

4thモデルは1910年に登場しておりますが、
3rdは1914年頃まで
使用されており、4thモデルとかぶる時期がありました。

「HAVERSACK」とは、「Havercake」と言う
オーツ麦製のパンを運搬するための雑嚢で、
米軍では南北戦争(1861~1865年)の頃から
兵士が糧食や食器を携帯する目的で使用されました。


この3rdモデルが正式採用された1908年頃の戦争と言えば
フィリピンとの間で起きた米比戦争(1899~1913年)ですが、
この戦争で標準装備されていたかどうかは不明のようです。


第一次世界大戦(1914~1918年)では
州兵を中心に一部の部隊(恐らく後方部隊)で
旧装備ながら使用されていたようです。
(この時代は新装備であるM1910ハヴァーサックが標準装備)

ご覧の通り、ボディーには、すこぶるカッコいいステンシルが
入っており、これらには、当たり前ですが全てに意味があります。
c0078587_17393257.jpg

第一次世界大戦以降はハヴァーサックに「USマーク」のみを
スタンプ(ステンシル)するのが一般的でしたが、
米比戦争の頃までは「USマーク(or州名)」に加え、
「兵科」「大隊」「中隊」「個人番号」もスタンプするのが一般的となっていました。

このアイテムで言いますと
WASH→ワシントン州軍(州兵)

交差したライフル→歩兵

2→第二大隊

MGC→MGC中隊

12→兵士番号12番

ワシントン州軍第二歩兵大隊MGC中隊所属の12番兵士のハヴァーサックとなります。

価値ある一品ですが、ただ観賞用としてではなく、
そのデザインは、普段使いでも大活躍する
シンプルさで、程よい大きさになりますので、是非、一度お試し下さい!
c0078587_17173581.jpg

c0078587_17174353.jpg

c0078587_17174913.jpg

c0078587_17175740.jpg

c0078587_1718549.jpg

c0078587_17181637.jpg

c0078587_17182241.jpg

c0078587_17395966.jpg




WWⅠ US.Army Tunic Size:about-34 19980-yen +Tax
c0078587_17183227.jpg

c0078587_17184258.jpg

そしてこちらは、第一次世界大戦時代のARMYを象徴するアイテム、チュニック!

資料や画像などでは目にしますが、
実際に実物を手に出来る事は稀で
アメリカでも普通は、まず手に入らない逸品になります!

弾数の少ないコットン生地を使用しており、
秋冬用のウール素材と、夏季用のコットン素材がありますが、
このコットン素材はより貴重な存在となります!

フロントボタンはARMYエンブレムの
刻印入りの古いメタルのチェンジボタンを使用しています!

フック付きでその下に首を守るチンストが
装備されたスタンドカラーに、
テーパードの効いた細身のシルエットが
特徴的なジャケットになります!
年代を感じるパーツ、ディテール、形状ですね!

c0078587_17394689.jpg

ポケット中には、タグも残っており
見るだけで興奮してしまうアイテムです!

すっきりとしたタイトシルエットになり、サイズの合う
ミリタリー好きの方には是非手にして頂きたいスペシャルアイテムです!
c0078587_1719181.jpg

c0078587_1719102.jpg

c0078587_17192058.jpg

c0078587_17192956.jpg

c0078587_17193891.jpg

c0078587_17195246.jpg

c0078587_17195997.jpg


1960's BlueBell Hickory All In One Size:44-Short 16980-yen +Tax
c0078587_17201092.jpg

c0078587_17201825.jpg

今となっては、非常に数が少なくなった、ヒッコリーの
オールインワンの登場です!

ブランドは、有名なブルーベル社でラングラーブランドを
作った会社として、ご存知の方が多いのではないでしょうか?

歴史が古く、1904年に前身のハドソン・オーヴァーオール・カンパニーが
誕生し、その後1919年に社名をブルーベル・オーヴァーオール・カンパニーに
変更しました。
c0078587_17202818.jpg

ちなみにブルーベルの名前は、
店の馴染み客だった鉄道員のグループから
贈られたベルに、ちなんでつけられたと言われています。

ベルは鉄道員からの信頼の証として工場に置かれ、
デニム生地の裁断などで
生まれるブルーの粉塵で覆われていたことから
名づけられたそうです。


今回のものはツナギになるのですが、ヒッコリー生地のものは
本当に少ないですね。オーヴァーオールではまだ見かけられますが
ツナギとなると、一気にその数が激減し、常に探しておられる方も
沢山いらっしゃると思います。

c0078587_17204141.jpg

c0078587_17205038.jpg

フロントはジッパー仕様となっていて着脱が
しやすい作りとなっています!
そのジッパーの上と、袖口には、ドットボタンが
装備されていますが、作業の邪魔にならないよう、トップ部分は
表に出ておらず、中に隠れた作りとなる拘りの仕様になりますね。

c0078587_1721622.jpg

ツナギの面白いところは、元々、着ていた服の上から
着用するように生み出されたので、ウェスト下のポケットは
普通に使えるポケットと、中に穿いているパンツのポケットにも
手が届くように、オーヴァーポケットの作りとなっています!

全体的には程よく使い込まれており、いいヤレ感が出ています!
とは言っても、まだ色濃く残っていますので、これからもっと味が出てくる
いい一本ではないでしょうか?
目立ったダメージも見当たらず、まだまだ長く使って頂けます!
c0078587_17211847.jpg

サイズ表記は44となっていますが縮みが入り、
実寸40インチぐらいになりますので
普段、W32~36ぐらいを穿いておられる方は、
丁度いい具合で穿いていただけると思います!
c0078587_17212720.jpg

c0078587_17213734.jpg

c0078587_17215146.jpg

c0078587_17215881.jpg



1950's Vintage Sateen JKT Size:about-40
SoldOut!です。ありがとうございました。
c0078587_1722926.jpg

c0078587_17221931.jpg

昔から、ボタスタと言えばレアヴィンテージとして
扱われてきましたが、現在では更に見なくなってきました。
ブルーサテンを使った、一枚のご紹介です!

スナップボタンが主流となる、スタジャンテイストのスポーツジャケットは
古い時代には、ボタンタイプの物がこのように存在し
ヴィンテージとして、非常に価値のあるディテールとなっています。

c0078587_17222936.jpg

c0078587_17224948.jpg

使用しているボタンはネコメボタンを使っていて、
このボタンも、ヴィンテージならではですね。
現在では、忠実にその当時を再現する為に、このボタンを
使って、作られた服も少なくありません。

それぐらい、当時を現す貴重なパーツとなっています。
今回のものは、2つ付け替えられていますが
そのボタンも当時のヴィンテージのシェルボタンとなります。
残りは全部ネコメボタンが使われています。
c0078587_17224073.jpg

飾り気のないシンプルな見た目ですが、ショルダー部分に
ナンバー8のワッペンがアクセントとなり、
また、この当時のサテン生地は、重みのある鈍い光沢感が
独特で、この後の時代のサテンとは全然違った表情をしています。


リブには、固めの質感の物が備わっており、この質感も
古いものならではで、70年代辺りから柔らかい全く違った
質感に変わってきます。

中を開けると、雰囲気のあるコットンクロスが貼られており
いい雰囲気ですね!
光沢感のある生地ですが、決してケバくはない
オーラを纏った1枚です!
c0078587_1723549.jpg

c0078587_17232051.jpg

c0078587_17234025.jpg





Levi's 505 Single Stitch Size:40x33 29980-yen +Tax
c0078587_1512302.jpg

c0078587_15124020.jpg

c0078587_15124960.jpg

501に並び、名品とされる1本です!
リーヴァイス505シングルステッチとなります!

501で言うところの66前期の年代に
位置するこの1本は、流石の色落ちで綺麗ですね。

色目も程よく濃く残っているのですが
縦落ちもしっかりと入っており、
ヴィンテージデニムならではの、お手本のような色落ちとなっています!
c0078587_151354.jpg

c0078587_15133018.jpg

c0078587_15134229.jpg

バックスタイルが501と特に違っており、
縦長に大きく作られたポケットには
存在感がありますね。

横に備わっているレッドタブは、希少なLevi'sの文字が
入らない、レジスターマークのみの物となり
このタブが存在するのは、リーヴァイスが、
レッドタブにLevi'sの文字が入った物を
商標登録したのではなく、このレッドタブを商標登録したことにより、生まれました。

企業ロゴではなく、赤いタブの商標て斬新ですね。

レングスも長めのまま残っており、
縦横のバランスがいい1本です。
このサイズでお探しの方には、本当に嬉しい1本ではないでしょうか?
c0078587_1623379.jpg

c0078587_1624660.jpg

c0078587_1625850.jpg

c0078587_163658.jpg






1960's Cleveland 2Tone All In One Size:46
SoldOut!です。ありがとうございました。
c0078587_17235099.jpg

c0078587_17235872.jpg

ワンピースウェアとなるヴィンテージのツナギの登場です!
オーヴァーオールと共に当店では人気のアイテムとなり、
拘りのあるお客様に好評を頂いておりますアイテムです!
c0078587_17251224.jpg

今回は、2トーン仕様のレアな1本となり、
襟に始まり、ポケット縁、カフス、ウェスト帯に
ネイビーカラーのヘリンボーンを使用したツナギとなります!


レアカラーが挿し色に使われており、目を惹く一本ですね。
ベースとなる生地も太めのヘリンボーンを使用しており、珍しく
このカラー自体も、あまり出てきません。

c0078587_17241444.jpg

フロントは全てボタン仕様となっており、
クラシカルなディテールの1本となります。
ツナギアイテムでは珍しく、股下の長さも十分にある一品です!

コンディションは、数回しか水をくぐっていないと言った
非常に綺麗なコンディションの一本です!
c0078587_17242970.jpg

c0078587_17244065.jpg

c0078587_17244995.jpg

c0078587_17245938.jpg

c0078587_17252269.jpg



1950's The Cleveland Overall Co. Work JKT Size:36 12980-yen +Tax
c0078587_1725336.jpg

c0078587_1725412.jpg

ジャケットも雰囲気溢れる一枚が入ってきています!
ナス紺がここまで色褪せると赤みを一層増して、独特な色目に変化し
ダメージや補修が似合うボディーになるのが不思議です!

c0078587_17264078.jpg

コットンサテンを使った、ワークジャケットで、
最近ではユーロ物でこの手のアイテムを見かけますが
アメリカ物は、本当に少なくなりました。

男らしいショート丈のワークジャケットに、
大きめのポケットがボディーに
4つも詰め込まれているのが珍しく、これからの時期にはインナー使いとして
チラッとこんなジャケットが見えると、カッコイイですね!
c0078587_17255540.jpg

c0078587_1726521.jpg

c0078587_17261316.jpg

c0078587_17262328.jpg

c0078587_1726555.jpg

c0078587_1727356.jpg






1960's US.Army Vietnam B.D.U.Pants 3rd Size:S-Short
SoldOut!です。ありがとうございました。
c0078587_17271871.jpg

c0078587_17273086.jpg

c0078587_17273869.jpg

マグネッツのお客様には、お馴染みのヴェトナムB.D.U.パンツですが
3rdモデルのご紹介となります!!

c0078587_17275250.jpg

c0078587_1728314.jpg

サイドの腿部分には、大きなカーゴポケット、
ウェストにはアジャスターを備え、デザインは、M-51から
見られるカーゴパンツをベースにしており、
デザインは非常に酷似しています。


左のカーゴポケットの中には、
更に小さなポケットが備わっています。

このパンツ、日本の夏の気候にも適しており、
高温多湿の環境の中では
性能を遺憾なく発揮してくれます。


穿いたときに軽く、吸水性に優れ、緩めのラインが
肌に張り付かず、正に打って付けの
1本となるわけです。

全部で4モデルあるうちの3番目となる今回のパンツは、
65年頃から67年ごろまで採用されており、
非常に短命に終っているアイテムで、
現存数も本当に少なくなってきました。

その実用性の高さから全モデルを集めたくなる方も多いですね。
また、ストックの一本を持ちたいと思われる方が
非常に多いアイテムです!
c0078587_17281542.jpg

c0078587_172823100.jpg

c0078587_17283324.jpg

c0078587_17284170.jpg

c0078587_17285169.jpg





1950's US.Navy G-1 Flight JKT Size:42
SoldOut!です。ありがとうございました。
c0078587_1729136.jpg

c0078587_17299100.jpg

Mil-J-7823として定着したG-1フライトジャケットとなります!
タグは欠損しておりますが、リブのシェーカー編み、ウインドフラップには
パンチングが見られず、初期の50年代の一枚と推測できます!
c0078587_17295834.jpg

c0078587_1730771.jpg

c0078587_17301651.jpg

リアルムートンボアは、こげ茶となっており、
G-1定番の色目で仕上がっています!
使用感は出ていますが、まだ革のほうが馴染みが出きっておらず
これから育てていく状態ですね!
c0078587_17292429.jpg


ジッパーにはConmar社のブラックフィニッシュの物が備わりますが
レザーのドローコードがそのまま着いている状態と言うのが
嬉しいところです!
ボアが備わっていることで有名なモデルですが、
正に今が使いどきなアイテムだと言う事は、お持ちの皆様は
ご存知ですね。

年々枯渇が進んでおり、あまりにも有名なモデルの為
価格も高騰してきているアイテムです。
是非、こちらもご覧になってください!
c0078587_17293985.jpg

c0078587_17294931.jpg

c0078587_1730322.jpg

c0078587_17303975.jpg

c0078587_17304849.jpg

c0078587_17305660.jpg

最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとう御座いました。
本日も、まだまだ元気に営業しておりますので
皆様の、ご来店をお待ちしております!


神戸店 伊藤でした。



商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。

※4月1日より消費税率が8%に改定されました。
それにともない、商品価格表示を今までの「総額表示(内税)」から
「本体価格表示(外税)」に変更しました。お預かりする消費税額は、
レシートおよび領収書に記載します。ご了承頂けますよう宜しくお願い致します。

by magnetsco | 2016-03-19 17:42 | KOBE店 | Comments(0)