magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2035)
(1764)
(1523)
(1031)
(759)
(730)
(451)
(445)
(435)
(429)
(385)
(291)
(239)
(213)
(199)
(198)
(153)
(143)
(58)
(32)

最新の記事

何枚も持っておきたい、拘りあ..
at 2017-04-23 13:50
今がこの時!(T.W.神戸店)
at 2017-04-22 23:20
2種の柄x無地!!(大阪アメ..
at 2017-04-22 12:37

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 14:42

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

4月13日(水)大阪店ヴィンテージ入荷!#1 ベトナム編!スペシャルアイテム!ブラッシュパターン!

こんばんは。マグネッツ大阪店スタッフヤスオです。

本日から、
4月13日(水)大阪店ヴィンテージ入荷日!!
12:30~OPEN!!

のブログアップを行なって参りたいと思います!!

来る新シーズンの幕開けとなった4月。
春、夏ファッションに向けて、最強に濃い内容となったヴィンテージアイテムが登場致します!

今日、ヴィンテージの中でも特に貴重視され、皆無の存在となった古い元祖Levi'sデニムジャケットをはじめ、
今回は、マグネッツ史上最もと言って良い程、
ヴィンテージミリタリーに特化したスペシャルピースが盛り沢山です!

お好きな方に唸って頂けるようなヴィンテージウェアのラインナップを、
まずは入荷ブログにて紹介して参りますので、この度も是非お付き合い下さいませ。

一発目のアップは、ミリタリー編からコレクタブルなナム戦アイテムをピックアップです!
お好きな方は、ご覧下さいませ。

VietnamEra The Vietnamese Airborne Division Brush Stroke TCU JKT Size:About S-Short SoldOut! ありがとうございました。
c0078587_1953597.jpg

c0078587_1954755.jpg

c0078587_2083573.jpg

過去の当時の資料や写真でも中々目にする事のなかった、
幻のようなスペシャルなミリタリージャケットが、今回マグネッツ入荷ブログのトップを飾ります!!

初見という方がほとんどかと思いますが、
ミリタリーマニアの方にとっては心躍る興味深い一着ではないでしょうか。

アメリカ史上もっとも過酷とされたベトナム戦争時代。

米軍の正式採用ではない迷彩パターンながら、
ベトナム戦時の米軍ジャングルファティーグジャケット1stモデルと同等のディテール、形状を持ち、
ナム戦時代に活躍したアメリカ軍特殊部隊アドヴァイザーにも使用されたとされる、
南ベトナム軍特殊空挺部隊仕様の初期の一着。

なぜそんなジャケットが存在したのか。

1960年代にインドシナ戦争後に南北に分裂したベトナムで発生したベトナム戦争。

"アメリカ合衆国を盟主とする資本主義陣営"
VS
"ソビエト社会主義共和国連邦を盟主とする共産主義陣営"

第二次世界大戦後に生じた冷戦を背景とした代理戦争とも言われています。

ホー・チ・ミンが率いるベトナム民主共和国(北ベトナム)側は、
南ベトナムを"アメリカ合衆国の傀儡国家"と規定し、共産主義イデオロギーを背景に、
ベトナム人による南北ベトナム統一独立国家の建国を求めるナショナリズムに基づく植民地解放戦争として、
対立します。

第一次インドシナ戦争終結後も、
北ベトナムが支援する南ベトナム解放民族戦線(通称ベトコン)が、
南ベトナムで武力を用いた反政府活動を続けた為、
アメリカのアイゼンハワー政権は、少数のアメリカ軍人からなる「軍事顧問団」を南ベトナムに派遣します。

その後ジョン・F・ケネディ大統領は、軍事顧問団の規模を増大させ、事実上の正規軍の派兵を進め、
リンドン・ジョンソン大統領は大規模な正規軍を送ってベトナム戦争に積極的に介入しました。
(Wiki参照)

これがベトナム戦時のグリーンベレーで御馴染みのアメリカ陸軍特殊部隊群(軍事顧問団)と、
南ベトナム軍の繋がりで、北ベトナムに対して一緒になって戦った関係性となります。

話を戻します。
c0078587_2055195.jpg

c0078587_2073352.jpg

c0078587_2074512.jpg

c0078587_2075229.jpg

c0078587_2010914.jpg

今回入荷のファティーグジャケットの迷彩は、普段まず目にする事のないブラッシュ・ストロークパターン!
南ベトナム軍空挺部隊が使用した初期ブラッシュパターントロピカルコンバットユニフォームとなります。

先程説明のアメリカ軍がバックアップする南ベトナム軍ARVNレンジャーは、
アメリカ陸軍から軍事顧問として派遣されたグリーン・ベレーやレンジャー部隊による援助を受けており、
特に重要な任務として、越境及び"索敵撃滅作戦"の遂行が課せられていました。

当初は、既存の歩兵大隊から抽出された4個中隊を母体に、
対反乱作戦を目的とした軽歩兵部隊として編成され、後には対反乱作戦を任務の一部としながらも、
南ベトナム軍の中で、特に自由な作戦活動を認められた部隊の1つとなりました。

75年には複数のARVNレンジャーの存在が確認される中で、
その中でも特に南ベトナム空挺師団はARVNで最もエリート戦闘部隊の一つとなり、
限られた人員での精鋭部隊となります!

今回入荷のような南ベトナム軍のブラッシュ・ストロークパターンのTCUを着用したのは、
ARVNレンジャーのベトナム空挺師団の隊員か、
はたまたアメリカ軍特殊空挺部隊のアドヴァイザーのどちらかか考えられます。

左肩には空挺のカラーとも言えるブルーの一等軍曹の階級章もコレクタブルですね!
c0078587_2061386.jpg

今日レプリカも極少生産されているのですが、
今回入荷のオリジナルならではのディテールにも差異があります。

エポレットとショルダーステッチが重なる部分には、Xの補強ステッチが入っており、
ボタンフロント下にはガスフラップが付いた作りとなっております。
c0078587_2062887.jpg

c0078587_2063730.jpg

c0078587_2071316.jpg

マグネッツバイヤー富井氏も自身のインスタグラムで述べておりましたが、
えげつなく激レア品となり、皆様もご存知のヴィンテージでも非常に貴重視される、
あのベトナムタイガーストライプの100倍レアと言っても過言ではありません!

コンディションもダメージ、汚れが全く見受けられない程の極上のコンディションになり、
今後もまず出会える事のないスペシャルピースです!
ミリタリーファンの方は、是非この機会に手にして下さいませ!
c0078587_1949697.jpg



"Vietnam Era" U.S.Special Forces Tiger Stripe Cowboy Hat Size:7 1/4 SoldOut! ありがとうございました。
c0078587_20361114.jpg

c0078587_20362349.jpg

c0078587_20382878.jpg

これからの時期にも最適で、スペシャルなヘッドウェアが入荷です!

迷彩の中でも別格の人気を誇るタイガーストライプ!
60年代のオリジナルが、珍しい形状により更にプレミア感の増す一点が登場です!

タイガーストライプパターンの迷彩は1950年代末に南ベトナム軍海兵隊に採用された、
VMX(Vietnamese Marine Corps Experimental Pattern)パターンで、
フランス軍のリザード迷彩を参考に作られたと言われています。

このVMXパターン以降も南ベトナム軍海兵隊では何種類かのタイガーストライプパターンが採用され、
それらのタイガーストライプパターンの被服が南ベトナム軍海兵隊、軍事顧問では使用されていました。
c0078587_20385635.jpg

c0078587_20384526.jpg

それからタイガーストライプパターンの様々なバリエーションが登場していき、
タイガーストライプパターンの生地を使用した様々なタイプの帽子が作られるようになっていく流れで、
今日でも未だにその数がはっきりと断定されていない謎の多いながら、ロマンに溢れる迷彩アイテムです。

当時、中でも使用例が多いのはブーニーハットやブッシュハット、ベレーのヘッドウェアですが、
今回マグネッツに入荷の一点は珍しいカウボーイスタイル!
c0078587_203736.jpg

c0078587_20371224.jpg

ツバが広く、片側にスナップボタンが取付けられた一点となります!
ツバには何重ものステッチが入っており、
内側はナイロンサテンが貼られたローカルメイドのオリジナル品となります!

小さめのサイズが多い中、僕が被ってみてはまだ余裕のある珍しい大きめサイズです!

コンディションも良く、こちらも今後出会える事の滅多にない逸品に間違いありません!
お探しだった方は、是非この機会に手にして下さいませ!
c0078587_2045317.jpg



60's U.S.Army Vietnam BDU 1st JKT Size:M-Long SoldOut! ありがとうございました。
c0078587_20143240.jpg

c0078587_20143830.jpg

c0078587_20144671.jpg

極上のコンディションに加えてパッチ付き!
レアなベトナムファティーグジャケットの1stパターンが絶妙な最高の時期に待望の入荷です!

アメリカ軍特殊部隊は、新型の熱帯戦闘服を支給された最初のアメリカ軍部隊になります。
このTCU(トロピカル・コンバット・ユニフォーム)ファーストパターンは1963年の導入され、
その後2nd,3rd,4thと改良を重ねながらナム戦終結まで使用されます。

ラベルもしっかりと残っており、1964年コントラクトも確認出来ます。
c0078587_2014537.jpg

デザインの基本になったのは、WWⅡのパラシュート部隊が着用したエアボーンユニフォームで、
ジャケットの裾はパンツの外に出すようになっていました。

ベトナムの気候に適した素材はポプリンコットン。
虫などの熱帯地の危険から身を守るには非常に有効なうえ、通気性がよく、
濡れてもすぐに乾く性能から採用されています。

ファーストパターンは後続のモデルには見られない特徴がヴィンテージ好きの方には堪りませんね!
c0078587_20153242.jpg

c0078587_2015435.jpg

c0078587_2015527.jpg

c0078587_2015596.jpg

c0078587_20175419.jpg

最大の特徴となりますポケットのボタンが全て露出しており、
ジャケットはエポレットと腰を絞るためのストラップが装備してあります!
フロントあわせ部分にはガスフラップが設けられているのも特徴的ですね!
c0078587_20161240.jpg

c0078587_20162129.jpg

今回入荷の一着は、左肩のワッペンが綺麗に取り外されているのですが、
そのステッチの痕跡からエアボーンの空挺資格タブ、特殊部隊群章の形状となり、
両肩に付く階級章パッチから一等軍曹の特殊部隊兵CASTLLO氏の一着だったと伺えます。

ジャングルファティーグの中でも憧れの存在で、
今日本当に出合えない知名度の高いレアなヴィンテージミリタリージャケットです!

コンディションも良好で、これ以上ない一点ではないでしょうか!
お好きな方は是非この機会に手にして下さいませ!
c0078587_2017219.jpg



c0078587_2023542.jpg

60's U.S.Army Leafcamo Poplin JKT Size:About S-Regular SoldOut! ありがとうございました。
c0078587_20231961.jpg

c0078587_20244778.jpg

c0078587_20233061.jpg

ファッションとしても人気が高く、ご存知の方の多くなりました、
60年代のU.S.Armyのナム戦アイテムに見受けられる通称"リーフカモ"!

ヴィンテージミリタリーウェアとして非常に貴重な存在の中、
最初期と言われるモデルが上下同時に入荷する事も今後中々ないかと思います!

ジャケット、パンツ共に1967年製、
生地が粒子状のリップストップに改良される前の"ノンリップ"のポプリンコットンのレアな逸品になります!
c0078587_2025062.jpg

1948年に創設されたアメリカ陸軍の技術研究開発試験所(Engineer Research and Development Laboratory(ERDL)によって開発されたカモフラージュパターンですERDL迷彩(リーフカモ)。

1967年初頭に米軍に採用されましたが、
ベトナム戦においては一部の特殊部隊や特殊作戦に従事する組織への支給が優先され、
一般の部隊への支給は限定的とされていた事。

また、おそらく1967年が最初の支給とされたERDLパターンのBDUは、
OD単色の熱帯地用のジャングルファティーグのジャケットトラウザーズのノンリップの3rd型からと考えられ、
その後、68年にはリップストップの4th型へとほとんど移行されていますので、
今回入荷のノンリップのERDLは、実質一年~のみの短命製造と考えられ、激レアの存在になります。

ODのジャングルファティーグの3rdモデルに相当する初期リーフでありながら、
更にこの一着は、2ndからの過度期とも伺えるディテールの肩周りは"ダブルステッチ"で仕上げられており、
袖のカフス部分には当たり前のように三角マチが付いているのも大きな特徴です!
c0078587_202485.jpg

c0078587_20242058.jpg

c0078587_20243296.jpg

c0078587_20262652.jpg

パンツにおいてもインシーム、アウトシーム共にダブルステッチの物は本当に珍しいです!
裾もドローコードの残るオリジナルレングスが嬉しいですね!

初期リーフとされるノンリップのERDL迷彩のジャングルファティーグ&ジャケット!
お探しだった方は、是非この機会に手にして下さいませ!
60's U.S.Army Leafcamo Poplin Pants Size:M-Short SoldOut! ありがとうございました。
c0078587_20263324.jpg

c0078587_20264096.jpg

c0078587_20264829.jpg

c0078587_20265443.jpg

c0078587_20274664.jpg

c0078587_2027872.jpg

c0078587_20271483.jpg

c0078587_20272332.jpg

c0078587_20273195.jpg



60's U.S.Army Vietnam BDU 3rd Pants Size:S-Short(30x27) SoldOut! ありがとうございました。
c0078587_20205162.jpg

c0078587_2020587.jpg

c0078587_2021628.jpg

c0078587_20211238.jpg

当時のオリジナルならではの味わい深くカッコ良い1本が入荷です!

これからの時期にポプリンコットンの生地が最適で、
お探しの方の多かったベトナムファティーグパンツ!
貴重な60年代のノンリップ生地の3rdモデルになります!

弾数の少ない3rdモデルという事だけではなく、
この1本は当時の兵士によるスリムラインにリビルドしたカスタムメイドとなります!
c0078587_20213144.jpg

c0078587_2021392.jpg

タイガーストライプに見受けられる米軍の特殊部隊仕様のように、
シルエットがかなり細身に仕立て直されており、
縫製を見てみると、インシームにピッチの速いローカルメイド感漂うダブルステッチが入っております!

裾も表記のShortサイズからやや上げてあり、
ミドル、ロングブーツとも相性の良さそうな短めのレングス丈に仕上がっています。

またODの色のフェード感や経年による汚れ、リペア痕もむしろカッコ良い表情となっています!
狙っては手に出来ないファティーグ3rdパンツのスリムカスタム!

お好みの方は是非手にして下さいませ!
c0078587_20215986.jpg

c0078587_2022513.jpg

c0078587_20221594.jpg



60's U.S.A.F Party Suit Size:About M SoldOut! ありがとうございました。
c0078587_2030399.jpg

c0078587_20304646.jpg

c0078587_20305722.jpg

こちらも究極のミリタリーお宝グッズではないでしょうか!
60年代のアメリカ空軍のローカルメイドのオールインワンは、
仕様がかなりユニークな激渋の豪華なワッペン刺繍入りの一着となります!

米軍のパーティースーツと呼ばれるミリタリーウェアになるのですが、
緊迫の戦闘時での使用とは異なり、米空軍兵が駐在した現地で夜に、
パブやバーといった夜の娯楽場に繰り出す際の着られる物となります。

地元のテーラーのカラフルなマハラジャのラベルが興味深く、
この一着は弾数が少なく、見かける事の少ないパーティスーツの中でも、
かなりハイクオリティなシニール、刺繍がお宝と言える点かと思います!
c0078587_20311768.jpg

c0078587_20313660.jpg

肩の国旗、エポレットの階級章も全て刺繍となっており、
何と言っても、左胸のスカルフェイスにクロスボーンの"ヤンキー・エア・パイレーツ"のシニールが、
スペシャル感満載ですね!

60年代当時のローカルな胸ポケットフラップ両端はスナップ留め、
小さなVENUSジッパーも堪らないパーツではないでしょうか。
c0078587_20334191.jpg

c0078587_2032411.jpg

c0078587_20321732.jpg

c0078587_20322614.jpg

c0078587_20323299.jpg

c0078587_20324295.jpg

c0078587_20324857.jpg

K-2Bのようにシガレットポケットを装備し、襟元は丸く、
裾はジッパー付きでマチが設けてあり、やはりエアフォースのディテールが備わっています!

クールなブラックボディに、高級感さえ漂うエアフォースのパーティースーツ!
ミュージアムクラスと言ってもおかしくない激レアアイテムです!

極上のコンディションとなっておりますので、
気になる方は是非この機会に手にして下さいませ!
c0078587_20331577.jpg

c0078587_20332284.jpg



60's U.S.Military S/S Henry Print T-Shirt Size:About M SoldOut! ありがとうございました。
c0078587_2029461.jpg

c0078587_20291277.jpg

c0078587_20291861.jpg

ローカルメイドの味わい深いスペシャルなミリタリーTシャツが入荷です!
60年代のフィリピンの現地ラベルが付き、プリントがブローされているのですが、
ベトナム戦時、駐在国での米軍兵によって所持されていた物と伺えます。

バックプリントのフィリピンのオロンガポという地は、1959年までアメリカ海軍保留地として支配されており、
アメリカ政府がフィリピン政府に引き渡した後、その後1966年に町から市として成り立ちます。

ベトナム戦争時代もスービック米海軍基地はさらに重要な拠点となり、
海軍基地の発展と共に成長を遂げたアメリカ軍とも密接な関係を持つ地となります。
c0078587_20293931.jpg

c0078587_20294472.jpg

オールドTでは本当に出合える事の少ないヘンリーネックのディテールに、細いバインダーネックの処理、
綿100のオールドのグリーンの色合いが経年感で絶妙な雰囲気に仕上がっています!

ステンシルのように黒インクの染み込みプリントは、
戦闘機と共にマニアックながら有名な"fly the friendly skies of vietnam"のプリントが入っています!

この雰囲気は狙ってはまず出せない味のある一着です!
お好きな方は、是非手にして下さいませ!
c0078587_20295244.jpg

c0078587_203023.jpg



Vietnam Era U.S.AIRBORNE S/S Print T-Shirt Size:L SoldOut! ありがとうございました。
c0078587_20191048.jpg

c0078587_20191823.jpg

貴重なミリタリーTシャツが入荷です!

ナム戦時代のブラウンボディのヴィンテージTシャツをベースに、
ミリタリーファンの方には堪らない部隊プリントが豪華な一着な上に、
デッドストックと思しき極上のコンディションになります!

兵員を高速で長距離移動させたり、敵の背後に部隊を展開させる空襲を目的として、
飛行中の輸送機から兵員が落下傘降下するアメリカ軍空挺部隊:エアボーン!

アメリカ軍では第82空挺師団、第101空挺師団、第173空挺旅団が存在し、
このナム戦時代も高い功績を残しています。
c0078587_20194419.jpg

c0078587_20195447.jpg

そのエアボーンの部隊エンブレムが、
フロントに大きく鎮座するプリント入りはヴィンテージTシャツの中でも格別の存在です!

お好きな方は、是非手にして下さいませ!
c0078587_2020099.jpg



60's U.S.Army S/S Solid T-Shirt Size:About S SoldOut! ありがとうございました。
c0078587_20181963.jpg

最もシンプルなアンダーTになりますが、
独特のオーラを身に纏った60年代のナム戦時代のUSミリタリーTシャツになります。

綿100の生地の質感が、経年により良い風合いが出ており、
オールド物にしか出せないこの雰囲気が堪りません!

年代を考えるとダメージ物や極端に型崩れや縮みが激しい物がほとんどの中、
キレイな状態で残っているというのもポイントの一つです。

一枚でもインナーでも渋い歴史あるアンダーTですね!
価格も値頃感満載ですので、サイズの合う方は是非手にして下さいませ!
c0078587_20183197.jpg

c0078587_20185121.jpg


最後までありがとうございました。

本日もう一発、4月13日(水)大阪店ヴィンテージ入荷日!のブログアップを予定しておりますので、
是非そちらもお付き合い下さいませ。

大阪店 ヤスオでした。

商品に対するお問い合わせはこちらまで → magnets osaka
もしくは、snke83474@nike.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話でのお問い合わせは御遠慮下さいませ。
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。
by magnetsco | 2016-04-10 22:49 | OSAKA店 | Comments(0)