magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2186)
(1792)
(1609)
(1087)
(820)
(789)
(493)
(475)
(454)
(452)
(435)
(323)
(241)
(227)
(223)
(200)
(160)
(157)
(62)
(32)

最新の記事

新シーズンの開幕に賛同して頂..
at 2017-08-16 23:50
ギラッと光るヴィンテージ!
at 2017-08-16 12:53
8月16日(水)大阪店VSA..
at 2017-08-15 22:51

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 19:20
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

6月1日(水)大阪店ヴィンテージ&スーペリア入荷!#1デッドストック 1907's~"Cantripum"デニムカバーオール!!

こんばんは。マグネッツ大阪店スタッフヤスオです!

昨日の入荷日と本日の休日には沢山の御来店、
本当にありがとう御座いました!

立て続けになりますが、
本日から、
6月1日(水)大阪店ヴィンテージ&スーペリア入荷日!!
12:30~OPEN!!

のブログアップを行なって参りたいと思います!!

今回の入荷もとんでもないスペシャルヴィンテージが登場致します!

まず次にお目に掛かれる事はない逸品揃いで、
対戦中支給品であったミリタリーアイテムにおいても今日の稀少価値の高さはもちろんの事、
今後も一瞬にして姿を消す事が予想されるヴィンテージ&スーペリアアイテムが入荷しておりますので、
御興味のある方は、是非この度もお付き合い下さいませ!

まずはブログアップ1発目は、
世界的有名ヴィンテージディーラーによるブランドの元ネタとしてもご存知の方の多い、
1907年から20年代の中でのデニムカバーオールのオリジナルがデッドストックの奇跡で発掘されましたので、
ピックアップして参りたいと思います!!

DeadStock 1907's~1920’s "Cantripum" Viuntage Denim Work JKT Size:46 SoldOut!! ありがとうございました。
c0078587_21374969.jpg

c0078587_21375778.jpg

c0078587_2138596.jpg

出ました!
およそ100年前の1907年に製造され始めてから、
まだ一度も水に通らず、デッドストックとして眠り続けてきた奇跡の一着!
一世紀前のワーカーの為のデニムカバーオールになります!

バーモント州ブラトルバロに存在した、
"HOOKER・CORSER・&MITCHELL CO.(フッカー・コーサー&ミッチェル)社の所有していたブランド、
"Cantripum(キャントリッパム)"!

当時は決してリップ(裂け)しないというワークウェアに必要な強靭さをブランド名に採用した、
本格ワークウェアを手掛けたブランドとなります!

通常では知り得る事の出来ないブランドとこのジャケットの正確な年代が確認出来るのも、
デッドストックという付加価値の付く一着ならではです。
c0078587_21382621.jpg

c0078587_21383781.jpg

裾の内側にフラッシャーが残っており、
フッカー・コーサー&ミッチェル社は、1887年、7月12日にパテントの登録をしている、
非常に歴史の古いワークウエアブランドとなり、
この一着はLOTナンバー"105"で、1907年、6月11日に商標を得ている事が確認出来ます!

シンプルなデザインのディテールですが、
年代ならではのポイントがあり、改めてのこのデニムカバーオールの年代の古さを実感させられます。

概ね大戦後からのこのようなUSワークウェアにおいては、
ジャケットの縫製は、概ねより強度の増すトリプルステッチが主流となり、
皆様の印象にも強い事かと思います。

しかし、今回のようなWWII以前のワークウェアにおいては、
当時で言えば強度をセールスポイントとしていたこの"Cantripum"や他の名だたるワークブランドも、
一本針の少ないダブルステッチが古い年代の証となり、ヴィンテージではレアなディテールとなります!
c0078587_21393874.jpg

c0078587_21414347.jpg

またワークのデニムカバーオールにおいては、
WWII時代真只中の通称"大戦カバーオール"も貴重な古いヴィンテージアイテムと周知の存在で、
物資統制からブランドの刻印の入らない月桂樹のボタン、ボトム2ポケットのみが特徴とされます。

今回の一着の特筆すべき点は、
そのWWII以前の3つポケタイプとなり、ポケット取り付けはシングルステッチ、
ボタンは打ち込みのブランド刻印有りのメタルボタンが完品が特筆すべき点です!
デッドストックが故に黒ラッカーの塗装も一切剥がれる事なく残った貴重なボタンパーツも、
今後まずお目に掛かれそうにありませんね!
c0078587_21395342.jpg

c0078587_2140343.jpg

c0078587_21404224.jpg

c0078587_21415876.jpg

c0078587_21421211.jpg

襟内下には"Cantripum(キャントリッパム)"の白布に赤の刺繍タグが付き、
裾内のフラッシャー下にはユニオンチケットが綺麗に付属し、
そのステッチが表側に見えるのもこのブランドのカバーオールのデザインの特徴とも言えます。

ポケットは真四角で構成され、他にはない独特のデザインの一着です!

最後にデニム製品が故の最大の醍醐味となるインディゴですが、
この年代の色落ちは凄まじい表情を醸し出す事は皆様も良くご存知の事かと思います!
裏のボタン沿い端の赤ミミもお好きな方には堪りませんね!
c0078587_2141374.jpg

c0078587_21411162.jpg

オリジナルの物を1から育てる事が出来るのは極めて贅沢、稀で、
クオリティの高いレプリカさえも決して真似出来ない点ではないでしょうか。

正に一生物のスペシャルな"Cantripum"製デニムカバーオール!
是非この機会に究極の一着を手にして下さいませ!
c0078587_21412470.jpg


最後までありがとうございました。

本日もう一発、6月1日(水)大阪店ヴィンテージ&スーペリア入荷日!のブログアップを予定しておりますので、
是非そちらもお付き合い下さいませ。

大阪店 ヤスオでした。

商品に対するお問い合わせはこちらまで → magnets osaka
もしくは、snke83474@nike.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話でのお問い合わせは御遠慮下さいませ。
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。
by magnetsco | 2016-05-29 22:30 | OSAKA店 | Comments(0)