magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2190)
(1797)
(1613)
(1088)
(821)
(789)
(493)
(475)
(456)
(453)
(435)
(325)
(242)
(227)
(224)
(201)
(160)
(159)
(63)
(32)

最新の記事

8月23日(水)大阪店ラボス..
at 2017-08-21 21:51
8月23日(水)大阪店ラボス..
at 2017-08-21 17:12
次に向けて、廃れない王道の。..
at 2017-08-21 12:58

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 19:20
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

神戸店7/13(水)ヴィンテージ&スーペリア入荷!#1 1910's Prisoner Uniform Set Up!!!(T.W.神戸店)

こんばんは、神戸店 伊藤です。

本日より、
神戸店7/13(水)ヴィンテージ&スーペリア入荷!
12:30~OPEN!!!

の、入荷ブログをスタート致します!


とんでもないアイテムが入ってきており
古着好きの皆様には、楽しんでいただけると思いますので
この度も、是非、お付き合い下さいませ!

最初にご紹介のアイテムは、ミュージアムクラスの
一品となるのではないでしょうか!
見た目がかなりユニークですが、
心を擽るバックボーンを備えた一品となり、
一見の価値あり!
の、アイテムとなります!


それでは、最後までご覧になってください!
よろしくお願い致します!




1910's Vintage Prisoner Uniform Set Up Size:Tops:40 Bottoms:37x31 199980-yen +Tax
c0078587_1238266.jpg

古着のコレクターや新品アパレルデザイナーが探している
プリズナーアイテムとは、皆様も十二分に御存知の事と思いますが、
アメリカ、フランス、イギリス、オーストラリア、タイ、香港など多くの国々の
ヴィンテージラバーの間で人気のあるアイテムであるにも関わらず、
現存数が極めて少なく、手に入れることが極めて難しいアイテムになります!


皆様の中にはプリズン(PRISON)、ジェイル(JAIL)を
混同される方も多いんじゃないでしょうか。


PRISONは州または連邦政府が運営し、
主に(重罪人。刑期1年程度以上の服役囚) が
服役する施設になり、

それに対して郡か市によって運営されるのがJAIL。


JAILは(軽罪人。刑期1年未満程度の服役囚) や、
裁判中の被告人、
逮捕されて起訴されるかどうかが
決まっていない被疑者などが入れられるようです。


州によっては、両方とも州が運営するところもあるようで
Unified system と呼ばれています。


アイコニックな囚人服と言えば、
多くの人が連想するのは、
ボーダーやストライプの物かと思います。


白と黒の縞模様に代表される囚人服の素材は、
当時かなり安くで生産できるという経済的な理由に加えて、
縞模様が刑務所内の格子のイメージと重なった事から採用されました。


それらは、1815年にイギリスのニューゲート刑務所で初めて使用され、
1900年代初期に多くの刑務所で廃止されています。

廃止の理由は、ストライプが
不名誉の烙印として認識されだしたからです。


後に提案された囚人服は、増え続ける労働者階級の犯罪者に対して
罰を与える為のものに改良されていきました。



近年では、経済的な理由からも、
薄手のオールインワン、またスクラブ(オペシャツ)が
メインストリームとなってきました。

色目は脱獄した際に非常に目立つよう、
オレンジや派手なピンクが採用されています。

しかし、現代では医療機関や労働環境で仕事する企業などから、
スクラブやオールインワンは、囚人のイメージと重なる為にクレームが発生し、
従来のストライプ柄の物に切り替える刑務所が出てきだしています。

c0078587_12342794.jpg

c0078587_12344014.jpg

c0078587_12345446.jpg

c0078587_1235319.jpg

c0078587_12352729.jpg

c0078587_12351799.jpg

c0078587_12354160.jpg

c0078587_1236045.jpg

c0078587_12362311.jpg

c0078587_12363494.jpg

c0078587_12364335.jpg

c0078587_1237334.jpg

c0078587_23305069.jpg

そして、この度入荷したアイテムがこちらになります!

男心を擽るスペシャルピースとなるアイテム!
見た目からは、ブルーとホワイトの二色の色使いで
明るさがあふれ出た見た目に映る一品ですが、
プリズナーアイテムと言われているとんでもないヴィンテージアイテムが
フルセットでの入荷となりました!


その色目の切り替えし方が
誰の目から見てもインパクトがあり、
頭から離れない一品です。

およそ一世紀前に使用されていた囚人服となり、やはり犯罪者の
管理を厳重にするためこういった目だったカラーで仕立て上げたのでしょうか。

変な動きをしても、必ず目に映りやすい見た目ですよね。

素材には、古さを実感していただける粗い織りの
コットン素材を使用しており、今の時期の実用としても
風通しと吸水に優れ、非常に使いやすいと思います!

ボタンの大きさと、腰帯からトップスの一品はジャケットと
呼べばいいでしょうか?

ハンドポケットは備わっておらず、勝手に持ち込ませないための
デザインとなっているのかも知れませんね。
胸ポケットが1つ備わっており、そこには14と書かれた
ナンバーがブローされ、見た目にも非常にカッコいいのですが
収容所番号、囚人番号などの意味がありそうですね。


前合わせにはボタンを使用しておりますが、その素材も独特で
ウッドではないのですが、それに似た質感を持っており
後の時代のアイテムでも見られないボタンとなっています。
実際に触っていただくと、明らかに古さを感じていいただけると思います!


ステッチは、粗さが目立ち、ラインが歪んでいるところにも
非常に興味をそそりますね。
囚人に着せる服になるので、縫製のクウォリティーなどは
度外視で、他のプリズナーアイテムとも共通するところです。

丸みのある少し短めな襟のデザインも新鮮です。
また襟元に、サイズ表記のラベルが確認でき、シンプルに
サイズだけが、刺繍され仕上がっています。



c0078587_12464487.jpg

c0078587_12465653.jpg

c0078587_12475223.jpg

c0078587_1247678.jpg

c0078587_12471575.jpg

c0078587_12472599.jpg

c0078587_12473376.jpg

c0078587_12474224.jpg

c0078587_124825.jpg

c0078587_12482467.jpg

c0078587_12483321.jpg

c0078587_12484169.jpg

c0078587_12484978.jpg

c0078587_2331212.jpg

パンツの方も、ジャケット同様の切り替えしとなっており、
大胆にセンターで切り替えされた作りとなっています!
こちらには、ハンドポケットが備わり、普段使っていただくにも
便利に仕上がっているデザインです。

腰帯の下には小さなパッチポケットも備わったデザインが
独特ですね。バックにも縦長の簡易な作りのパッチポケットが
左右それぞれに、色目を合わせて備えられています。
ジャケットとは一転して、ポケットがしっかりと
備わっているのが面白いところです。


レッグラインは、綺麗なストレートラインで仕上がっており
クセの無いシルエットと言うのも、嬉しい所です。
使いやすい一本ですはないでしょうか?

c0078587_12494465.jpg

c0078587_12495112.jpg

c0078587_12495716.jpg

c0078587_1250414.jpg

c0078587_1250984.jpg

c0078587_12501965.jpg

そして、注目すべきポイントが腰に備わった
ベルトなのですが、センターのバックルにやはり
目が行ってしまいますね!
ブラス素材を使っているのですが、そのデザインは
S字を描いたスネークをモチーフにしており、メタルの
パーツに引っ掛けてロックする仕組みのベルトとなっています!

プリズナーというプレミア的なバックボーンを排除しても
単純に唸ってしまうほどのカッコいいデザインだと思います!


c0078587_1251332.jpg

c0078587_12511551.jpg

c0078587_12512480.jpg

c0078587_1251423.jpg

c0078587_125149100.jpg

c0078587_12515728.jpg

c0078587_1252761.jpg

c0078587_1252157.jpg

c0078587_12522457.jpg

c0078587_12523360.jpg

c0078587_12523922.jpg

c0078587_23311917.jpg

そして最後はキャップアイテムとなります!
こちらもセンターで切替しが施されており
被りの浅いデザインが、古いものならではですね!

ストラップが備わっており、顎に引っ掛け
上下で使用している、同じボタンで
着脱ができるように作られています。

内側には、赤でステンしてるが消えかけではありますが
NARと入っているのが確認できます。
ネームになるのか、刑務所を表すアルファベットなのか
断定する事ができませんが、非常に興味深いところですね。


この度の4点セットは、100年前の物とは思えないほどの
使用感の少ないコンディションで、白、青のカラーにも色目の変色が
見られず、生地にはまだコシが十分に残っており
奇跡だと言える一品です!

今後見ることも、非常に困難でひょっとしたらもう見ることが出来ないと
言ってもいい一品だと思います!
日本でこのアイテムを過去に拝見した数も、恐らく非常に少ないのではないでしょうか?
c0078587_1254367.jpg

c0078587_23313362.jpg

最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとう御座いました!
明日も、引き続きブログアップを行いますので
この度も、皆様、是非、最後までお付き合い下さいませ!


神戸店 伊藤でした。






商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。

※4月1日より消費税率が8%に改定されました。
それにともない、商品価格表示を今までの「総額表示(内税)」から
「本体価格表示(外税)」に変更しました。お預かりする消費税額は、
レシートおよび領収書に記載します。ご了承頂けますよう宜しくお願い致します。

by magnetsco | 2016-07-10 23:34 | KOBE店 | Comments(0)