magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2192)
(1798)
(1613)
(1090)
(821)
(789)
(493)
(475)
(456)
(454)
(435)
(325)
(242)
(227)
(224)
(201)
(160)
(159)
(63)
(32)

最新の記事

8月23日(水)大阪店ラボス..
at 2017-08-22 19:00
8月23日(水)大阪店ラボス..
at 2017-08-22 17:00
8月23日(水)大阪店ラボス..
at 2017-08-21 21:51

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 19:20
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

満たされる満足感。特別を味わえる一品!(T.W.神戸店)

こんにちは、神戸店 伊藤です。


今日から、本格的にお盆休みに入られた方が
多いのではないでしょうか?


天気も安定して、遠方へお出かけの方も多そうですね!
また、これだけの暑さなので、この休みは
のんびり過ごすという方もいらっしゃると思いますが

どちらにしても、神戸にお立ち寄りの際には、
是非、マグネッツにも来て下さい!

しっかりと、店内涼しくして、皆様の御来店を
お待ちしております!
先日、入荷もありましたので、フレッシュなアイテムも
揃っておりますので、よろしくお願い致します!

それでは、本日もブログアップを致しましたので
良ければご覧になってください!

よろしくお願い致します!





1940's Cowden Denim Cover All Size:about-42 49980-yen +Tax
c0078587_12594177.jpg

c0078587_130068.jpg

c0078587_130953.jpg

本日ご紹介のアイテムは、人と差をつける、
スペシャルなアイテムを、ピックして見ました!

古着の世界ならではの、ヴィンテージアイテムから、
オンリーワンの特別感を得られるレアアイテムなどを
ご紹介いたします!

まず最初のアイテムは、デニムを使った貴重な一品!
1940年代のCowdenのデニムカヴァーオールです!
c0078587_1305543.jpg

c0078587_1302946.jpg

ヴィンテージワークウェアがお好きな方なら、
お分かりですね!
ボタンには、ドーナツボタンを使用しており、
その数は、フロントが4つとなっております!
このディテールだけで、アメリカヴィンテージでは
特別な時代の一品だということがお分かり頂けると思います!


1940年の戦時中には、軍需物資としてメタルを優先して使用していたため
国を挙げて節約が義務付けられていました。

なので、ブランドロゴ等のボタンは極力使用を少なくされており
このようなドーナツボタンを配布されることとなります!

また、節約という名目のもと、ボタンの数も減らされており
通常は5つが備わるカヴァーオールですが、
4つに減らされ今となっては、その時期のみに適用された
ディテールになりますので貴重なアイテムとなっています!

俗に言う、大戦モデルですね!
c0078587_1313528.jpg

それだけでも貴重なアイテムとなるところですが
さらに、ショルダーがラグランスリーブとなった
珍しい作りをしています!

ボディーは程よく使い込まれていますので、この年代ならではの
デニムの色落ち、アタリが伺え、本当にかっこいい一枚ではないでしょうか!
ペンキの飛び具合も絶妙で、雰囲気ある1枚です!
c0078587_1315995.jpg

c0078587_132995.jpg

c0078587_1321664.jpg

c0078587_1322638.jpg






1960's Lee 191Z Denim Painter Pants Size:40x30 24980-yen +Tax
c0078587_1412438.jpg

c0078587_1413985.jpg

c0078587_1414990.jpg

そして、Leeの名品となります!
60年代のLeeの191Zペインターパンツになります!

バックに備わるタグは、ポケットの上に位置しており
最終型の191Zとなります。

まだまだ色目は濃く残っており、アタリが楽しみな1本ですね!
ウェストサイズは、40となっており、ビッグサイズで
穿いてみるのは勿論ですが、当店のお客様には、ピッタリの方も多く
探すには難しいサイズだと思いますので、ご覧になってください!

このデニムの特長は、なんと言ってもJeltDenimを使用しているところで
Leeが独自に開発した、11オンスながら13オンスの強度を誇るデニム生地になります。
これだけでも丈夫な生地になるのですが、当時のペインターパンツは
基本的に、8~10オンスを使用しており、どれだけ丈夫さをLeeが追及していたのかが
伺えますね。

一生物となる名品になりますので、
1本は手元に置いておきたいアイテムではないでしょうか!
c0078587_142460.jpg

c0078587_1422057.jpg

c0078587_14344.jpg

c0078587_1431384.jpg

c0078587_1432575.jpg

c0078587_1433466.jpg




1960's BigMac Denim Painter Pants Size:32x30 19980-yen +Tax
c0078587_12445896.jpg

c0078587_12451520.jpg

続いては、60年代のビッグマックのペインターパンツになります!
ポケット縁に使われているリベットは丸型のデザインに
なっているのが、この辺りの年代の特徴ですね!
c0078587_12481721.jpg

c0078587_12482726.jpg

c0078587_12455715.jpg

フロントは、ジッパーフライへと移行され始めた年代で、
使い手の便利がいいように進化を遂げています!
年代が進むにつれて、使用を見比べるのも
楽しみの一つですね!

ボディーは、しっかりと使い込まれており、濃淡が
はっきりと出ています!
デニムの面白いところは、どんな状態でも
それ特有の雰囲気を備えており、楽しめるところではないでしょうか。

土臭さが増したこの表情が、凄くカッコいい一本ですね!

c0078587_12465288.jpg

c0078587_1247491.jpg

c0078587_1247213.jpg

c0078587_12473037.jpg

c0078587_12474036.jpg

c0078587_12475266.jpg





1940's 5Brothers Wool Shirt Size:about-15-1/2 29980-yen +Tax
c0078587_1323768.jpg

c0078587_13231635.jpg

c0078587_13232736.jpg


今季はある程度、夏物を買い揃えた方に、先の季節を見据えて
こんな一枚はいかがでしょうか?

バッファローチェックのウールシャツになります!

緑x黒の配色は、年代問わず、レアなカラーとして
扱われているのですが、40年代のもので、しかも、
チンストラップが装備された物は、ヴィンテージアイテムの中でも
特別感がありますね!


ブランドは、ネルシャツなどで、ご存知の5ブラザーズの物となります。
補修後が、両袖にございますが、滅多に出てこない、レアな
アイテムとなりますので、ご覧になってくださいね。

タグのデザインが、滅多に見られない古いデザインをしており
こういったところも、古い物の醍醐味ですよね!
もう、見ることは出来ない一品になるかと思います!


c0078587_13233910.jpg

c0078587_13234834.jpg

c0078587_13235821.jpg

c0078587_1324857.jpg

c0078587_13241745.jpg

c0078587_13242775.jpg

c0078587_13243524.jpg











1920's Converse RailRoad Container 幅x83cm 高x42cm 奥x36cm 49980-yen +Tax
c0078587_14465138.jpg

c0078587_14463488.jpg

c0078587_14464214.jpg

これは、圧巻の一品ですね!
あまりにも有名なこちらのブランド!
コンバースのコンテナのご紹介です!

1908年、米国マサチューセッツ州モールデンに始まり
ビーコン・フォールズ・ラバー・カンパニーで
マネージャーだったマーキス・M・コンバースは、

降雪量が多く、深い森や湿地帯の続く
マサチューセッツ州の地域性に着目し、
コンバース・ラバー・シュー・カンパニーを設立しました。


その翌年、雨や雪の中でも作業できる
ラバーシューズの製造を開始しました。

彼の見込みは的中し、コンバースのラバーシューズは、
その品質の高さから圧倒的な支持を受け、
たった2年後の1910年には、従業員350人を擁する地元の有力企業へと成長していきます。

その後は、不動の名作であるオールスターを発表し
今でも世界中で愛されていますね。

このコンテナは、製造したシューズを各地に運び込むための
ウッドボックスとなります!
c0078587_14473345.jpg

年代は、1920年と非常に古い一品で、もう次に見ることは
難しいでしょうね。
’Look For The Big C’と記載されており、
今では見られない、この当時の、コンバース社のメッセージが新鮮です!

大量生産前の、古い時代の各ブランドの謳い文句は、丈夫さを
いかに伝えるかといった文言が多く、安さを先行させる事が多い
今の時代とは、明らかに、物作りに対する姿勢が違いますね。

こういったところに、古い時代の物の良さを感じます。
c0078587_14472524.jpg

ボディーには、赤のスタンプで、Standard RailRoad Containerとも記載されており
列車で、運ぶ事を旨とした、ボックスである事が確認できます。
現在見られるコンバースの字体とはちょっと違った
古さを感じるブランド名の書体にも注目したいところです!

c0078587_14474472.jpg

c0078587_14475150.jpg

側面にもスタンプが入っており、サイズ表記、そして
Snowkingと書かれており、このボックスに積み込む
シューズのモデル名が記載されています。
今では余りイメージが湧かないのですが
歴史の記載をした通り、雪を想定したシューズ作りをしていたことが確認できます!

このようなウッドコンテナは、使用目的が終ると
消却処分されることがほとんどで、このように
現物が残っている事が非常に稀な事となります。

インテリアとして、こんなボックスがあれば
存在感が出て、お部屋の雰囲気も一気に変わり、
また、シンプルな形のボックスとなりますので
実用品としても、十分に機能を発揮するのではないでしょうか!
c0078587_1448274.jpg

c0078587_14481242.jpg

c0078587_1448191.jpg

c0078587_14482656.jpg

c0078587_14483233.jpg

c0078587_14483869.jpg





1940's China Souvenir JKT Size:about-38 29980-yen +Tax
c0078587_12372222.jpg

c0078587_12373349.jpg

続いてはスーヴェニアですが、こちらは中国の1枚となります!
アジア圏のものは、日本のスーヴェニアジャケットの影響が
大きいのか、華やかな物が多いですね!

このチャイナジャケットは、ボディーカラーが珍しく、ブルーxホワイトの
爽やかなカラーで、目を惹きます!
c0078587_12381766.jpg

そしてカフス部分には柄入りの物に切り替えされており
アクセントも狙ったデザインです。
c0078587_12382993.jpg

c0078587_1238394.jpg

c0078587_12385546.jpg

胸には、船の刺繍が入り、襟先にも刺繍が入ります。
そしてバックにはこちらの国には特に多いドラゴンの刺繍となります!

年号も書かれており、1948年と終戦後まもなく
作られた1枚です!
下には、シャンハイと記載されており、米軍基地はありませんので
兵士が立ち寄った時に作成した物となるようですね。

前合わせはレディースとなりますが、プリーツなどはありませんので
サイズが合う方は、是非、ご覧になってください。
スカジャンとは違った、こんなテイストも面白いですね!
c0078587_12393275.jpg

c0078587_12394174.jpg

c0078587_12395129.jpg





1940's US.Army AirBorne Cotton Cardigan Size:about-36 39980-yen +Tax
c0078587_184711.jpg

c0078587_1841597.jpg

これは、この先、恐らく見ることが難しいスペシャルな一品ですね!

ミリタリーのエンブレムがボディーにオンされた
コットンカーディガンとなります!

ミリタリー物では、このカーディガンと呼ばれるアイテムは
特に少ないと思いますが、こういった物も存在するんですね!
c0078587_1844587.jpg

ボディーには、第11空挺師団のインシグニアが入っており
人気の高い、エアボーンとなります!
プリントは染みこみで入っており、フォートキャンベル基地の名が入っています!
この師団は、太平洋戦線で戦い、戦後日本に駐留しています。
ニックネームはエンジェルス。

ミリタリーには、色々なエンブレムが存在しますが
このエアボーンの物が入っているとなると、
気分は一層高まります!

c0078587_185422.jpg

ボディーの生地は、かなり丈夫なコットンの織り生地を使用しており、
手触りもガシッとした手ごたえがあります!
c0078587_185153.jpg

さらに、リブにはすこぶる丈夫な物が備わっており、気兼ねなく
普段でも着用していただける一品です!

しっかりしたコットン生地になりますので、使い込んでいくと
ヤレが出てきて、良い表情に育っていくでしょうね!

首元には、タグも備わっており、非常にいい状態だと思います!
c0078587_185279.jpg

c0078587_1853715.jpg

c0078587_1854589.jpg








US.Navy TypeⅡ(AOR1) B.D.U. Set Up Size:Top:XS-Long Bottom:XS-Long 16980-yen +Tax
c0078587_12381772.jpg

c0078587_12382867.jpg

c0078587_123843100.jpg

c0078587_12385584.jpg

c0078587_1239192.jpg

c0078587_12393048.jpg

c0078587_12394136.jpg

c0078587_12395355.jpg

c0078587_1240743.jpg

c0078587_12401976.jpg

c0078587_12403353.jpg

c0078587_12404471.jpg

時代は新しいですが、海軍仕様となる非常にレアなタイプⅡのご紹介!
まだまだ、見かけることが少ないレアな1枚です!

2007年ごろから、採用された海軍専用の
砂漠地帯で使用されるカモフラージュのタイプⅡ。
または、AOR1と呼ばれており、
(Area Of Resposibility=軍事担当地域)
ブルーを主としたTypeⅠと違い、こちらはSEALsなどの
特殊部隊が使用する、戦場用として用いられる為に作られました。
c0078587_134275.jpg

海兵隊同様に、生地の中には、USNと
書かれたエンブレムが存在し、面白いですね。

海兵隊のデザートマーパットと非常に酷似しておりますが
微妙に違いますので、見比べて見るのもいいのではないでしょうか?

見かけられる数は、こちらのほうが圧倒的に少なく
必死に探しておられる方も、多いことだと思います!

上下セットと言う事もあり凄く魅力的な一品ですね!

特にパンツは、従来のものや他軍とは一線を画すデザインが目を惹き、
比べると違ったところが沢山あり、さらに興味が湧きます!
c0078587_132725.jpg

c0078587_1321799.jpg

c0078587_1322660.jpg

c0078587_1323671.jpg

c0078587_1324874.jpg

c0078587_1325868.jpg

c0078587_133943.jpg

c0078587_1332128.jpg

c0078587_1333031.jpg

c0078587_1334074.jpg

c0078587_1334989.jpg



1910's Billiken Coin Bank 12980-yen +Tax
c0078587_13415094.jpg

c0078587_13415912.jpg

日本でも御馴染み!特に関西では有名な神様です!
1910年代頃と、かなり古いビリケン様のご紹介!

実はアメリカ生まれの幸運をもたらす神様というのが面白い所です!

元々は1908年にアメリカ合衆国の芸術家フローレンス・プリッツが
制作した像で、彼女が夢の中で見た神秘的な人物の姿が、
モデルになっていると言われています。


これが「幸福の神様」として世界中に流行し、
当時のアメリカ大統領であった
ウィリアム・タフトの愛称が名前の由来とされています。

また、セントルイス大学のマスコットにもなっていますね。


日本には1909年頃渡来し、
1911年大阪の繊維会社・神田屋田村商店(現:田村駒株式会社)が
商標登録を行い、販売促進用品や商品キャラクターとして使用しました。

かなり早い段階から日本にも入ってきており
これだと、日本の物と勘違いしてしまうほうが極自然だと思います。
名前の響きも、アメリカとはちょっと想像しにくいところですね。


ただの置物ではなく、陶器製のコインバンクとなっており、
しっかりとお金を貯めたい方にも、オススメの大きさです!
嬉しいことに、底にキャップが備わっていますので
溜めたお金を取り出すときも、割らずに済みます。

昔のコインバンクでは、大体取り出せるところは作られれていない物も多く
最後は、割る事でしか取り出せないので、助かりますね。
割ってしまうには、あまりにも惜しい一品です!
c0078587_1342736.jpg

c0078587_13421532.jpg

c0078587_13423853.jpg

c0078587_13422759.jpg

最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとう御座いました!

今日、ご紹介した物は、ほんの一部になり、他にも沢山、
スペシャルなアイテムが、店内に御座いますので
お立ち寄りの際には、ゆっくりとご覧になってくださいね!

それでは、本日も、皆様の御来店を元気にお待ちしております!


神戸店 伊藤でした。



※遠方からお越しのお客様へ。
 当店はコチラです↓↓
 
 ●神戸市中央区北長狭通3-1-12
 ●OPEN 12:30~20:30

また、GoogleMap(下記のサイト)で、
『マグネッツ』と入力すれば出てきますので宜しければお使い下さいませ。
        ↓↓↓ 
GoogleMapはコチラをクリック!



商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。

※4月1日より消費税率が8%に改定されました。
それにともない、商品価格表示を今までの「総額表示(内税)」から
「本体価格表示(外税)」に変更しました。お預かりする消費税額は、
レシートおよび領収書に記載します。ご了承頂けますよう宜しくお願い致します。

by magnetsco | 2016-08-13 12:38 | KOBE店 | Comments(0)