magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2003)
(1751)
(1500)
(1009)
(752)
(717)
(444)
(436)
(432)
(414)
(377)
(291)
(238)
(210)
(198)
(198)
(147)
(143)
(56)
(32)

最新の記事

神戸店3/29(水)イームズ..
at 2017-03-27 21:26
細身に!且つ、スタイリッシュ..
at 2017-03-27 12:32
神戸店3/29(水)イームズ..
at 2017-03-26 21:43

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 14:42

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

神戸店8/24(水)秋冬ヴィンテージ入荷!#3 70's Champoion R.W.Sweat!!!(T.W.神戸店)

こんばんは、神戸店 伊藤です。

神戸店8/24(水)秋冬ヴィンテージ入荷!12:30~OPEN!!!
の入荷ブログの本日、2日目となります!


2回目のご紹介は、ヴィンテージスウェットとなります!
今季もこのアイテムが登場する時期になりました!

アメカジを代表するアイテムなので、最近このアイテムが
凄く数が少なくなっている事を実感している方が
多くなってきたのではないでしょうか?

この度も、貴重なヴィンテージが揃いましたので
良ければお付き合いくださいね!

それでは、早速ご覧になってください!
よろしくお願い致します!

(*この度の入荷は、神戸店、大阪店の両店同時入荷となっておりますので
 お間違えのないよう、何卒、よろしくお願い致します)


c0078587_12482351.jpg

1970's Champion R.W.Hooded Print Sweat Size:M
SoldOut!です。ありがとう御座いました。
c0078587_12404734.jpg

c0078587_12411014.jpg

c0078587_12411970.jpg

最初にご紹介のアイテムはこちらから!
スウェットの代名詞でもある、チャンピオンのリヴァース・ウィーブの登場です!

ニット素材から、コットン製の生地に変わった当初は、
扱いやすが、縦に縮みが入ることがユーザーの悩みでした。
その問題を、当時のチャンピオンのセールスマンであった
サム・フリードランドが、考案した本来縦に使っていた生地を
横に使用するという単純ではありますが、画期的な製法を使って解決した
アイテムです。
c0078587_12425051.jpg

そうする事によって横への縮みが発生するわけですが
体側にエクスパンションガゼットを備え、縮みに対応するように
開発されました。

1934年のこととなります。

この製法には特許申請が出され、他のブランドは
作ることが出来ず、チャンピオンの代表作となり
今では世界的に有名になったアイテムです。
c0078587_12434024.jpg

この度のものは、70年代に使用されていた単色タグを
備えたリヴァースとなり、ヴィンテージとしての価値も
非常に高いアイテムですね!

最初の一枚はレアカラーとなるエンジを使ったフードタイプの
リヴァースです。
肉厚のコットン素材が、程よく使い込まれており、色の褪色が
いい具合で出ていますね。
この褪色にヴィンテージならではの味が出て、特別感が生まれます!
c0078587_12432836.jpg

フロントにはプリントが備わり、マンへイムセントラルアスレチックと
記載されており、体操服として使用されていた一品です。
サイズはMとなり、このサイズでお探しの方は、見逃せない一枚ではないでしょうか!
c0078587_1243485.jpg

c0078587_1244871.jpg

c0078587_12442093.jpg




1970's Champion R.W.Hooded Sweat Size:M 12980-yen +Tax
c0078587_1244309.jpg

c0078587_12443735.jpg

c0078587_12444656.jpg

続いてもフードタイプのリヴァースとなります!
こちらは、ソリッドタイプのシンプルな見た目となりますが、
この単色時代のリヴァースには、その後に備わる、チャンピオンロゴが
まだ、胸に備わらない時代のものになります。

なので、トリコタグ以降の物と比べると、もう一段階
あっさりとした見た目になるのですが、それを好まれる方が
多いですね。
c0078587_12453033.jpg

カラーはネイビーで仕上がっており、古着好きには
凄く人気なカラーになると思います!
こちらも、単色タグが備わりますが、
先程と色目が変わり、こちらはブルーで仕上がった
単色タグとなります。

このデザインのタグは、数種類のカラーが存在しますので
色々とコレクションしてみるのも、面白いのではないでしょうか?

更に、着用して初めて気付くことですが、単色タグの物は、
それ以降のリヴァースと比べ少し細めに仕上がっているのも
ポイントです!

フードタイプのリヴァースは、1962年ごろに誕生しており、
クルーネックが誕生してから随分後の時代に生まれたのも
今の僕たちからすると、ちょっと意外に思いますね。
c0078587_1246939.jpg

c0078587_12461740.jpg

c0078587_12462739.jpg




1970's Champion R.W. Sweat Size:M 12980-yen +Tax
c0078587_12463814.jpg

c0078587_12464990.jpg

そして、この度は単色がもう一枚入っています!
こちらは、クルーネックのスタンダードな一枚となりますが
こちらにも、チャンピオンロゴが備わらずあっさりとしていますね。

ですが、今回の一枚はリヴァースにしては珍しい
バックプリントを備えた一品となります!
c0078587_1247930.jpg

フロントのシンプルさから一変して存在感のあるプリントで
表情が一気に変わりますね。
そのプリントは、フェデラル・エクスプレスと書かれており、
1971年、アメリカ合衆国アーカンソー州リトルロックで、
元アメリカ合衆国海兵隊員フレッド・スミスによって、創立された
世界最大手の配送業者となり、フェデックスとして親しまれています。
c0078587_1247404.jpg

丁度、この単色タグが使われだした時に誕生した会社になり
この一枚は、創業当初に、スタッフユニフォームとして
作られた一品となります!

スポーツ物以外のこういったプリントのリヴァースも
希少価値がありますね!
c0078587_12475162.jpg

c0078587_12475914.jpg

c0078587_12481187.jpg



1960's Vintage Hooded Sweat Size:about-L
SoldOut!です。ありがとう御座いました。
c0078587_12484143.jpg

c0078587_12484815.jpg

ヴィンテージスウェットのご紹介です!
先程のリヴァースに比べスッキリしたラインで仕上がっており
気軽に扱える一品で、皆様もお馴染みのアイテムになると思います!

ヴィンテージアイテムでは数が少ないフードタイプの一品となり
白のカラーも最近ではなかなか見かけることが無くなった
レアカラーとなります!

汚れが目立ちやすい色目ではありますが、この度のものは
綺麗なコンディションで、ヴィンテージとしては、
堪らなく良い状態ですね!
c0078587_12495284.jpg

しかも、フロントにオンされたプリントがイエロー・ゴールドで
入っているのが、更に珍しいポイントだと思います。

色んなプリントがありますが、この色目の物は見かける事が
非常に稀で、また白との組み合わせも新鮮ですね。

スチュアート・トラックと記載され、俊足を意味する
ウイングフットのロゴが備わった、陸上競技のトラックユニフォームとして
作られた1枚です!

肉厚なコットンで、大事に扱いたくなる一品です!
c0078587_12501496.jpg

c0078587_12502161.jpg

c0078587_12503073.jpg

c0078587_12503847.jpg



1960's Vintage Hooded Sweat Size:about-M 6980-yen +Tax
c0078587_1251034.jpg

c0078587_1251971.jpg

c0078587_12511630.jpg

もう一枚フードタイプのヴィンテージスウェットのご紹介です!
廃れる事のない、杢生地のグレーを使った、スウェットで
このアイテムでは、とにかく一番人気のカラーですね!
c0078587_12514529.jpg

60年代の物となり、リブには格子状に編み上げられた
珍しいタイプの物が備わります。
c0078587_12515226.jpg

フロントには、メリーウッド・キャンプのプリントが入っており、
馬や人、そしてシンプルに木が使われたその絵から
キャンプのイメージが一目でわかります。

また、グリーンカラーで仕上がっているのがポイントですね!

程よい感じで使われており、生地のヨレが出始めた
いい状態のスウェットです!
生地は弾力があり、正にこれから使い込んでどんどん育っていくと言った
1枚です!
c0078587_12521624.jpg

c0078587_12522342.jpg

c0078587_12523488.jpg



1960's Butwin Rayon Reversible JKT Size:40
SoldOut!です。ありがとう御座いました。
c0078587_12524639.jpg

c0078587_12525263.jpg

ヴィンテージがお好きな方には、ご存知のブランドとなる
バトウィンのスタジャンが入ってきました!

スタジャンアイテムも、アメカジとして確固たるポジションを
築いており、ファンの方も沢山いらっしゃいますね。

普段見かけるのは、ウールやレザーを使ったものだと思いますが
今回のようなそれ以外の物も、稀に見かけることが出来ます。

その中でもこの一枚はボディーが面白く、サテンより光沢感も少ない、
レーヨンを使った独特な織をした生地となります!
ライトグレーにパープルの組み合わせも、余り見かけられない
配色で、食指が動いてしまいますね!
c0078587_12541879.jpg

c0078587_12545775.jpg

スリーブとポケットの縁には、ロープを使ったアクセントも
入っており、高いクウォリティーで仕上がっているのが
わかりますね。
c0078587_1255850.jpg

c0078587_12551939.jpg

c0078587_1255279.jpg

リブには硬めのガッシリとした物が備わり、
満足していただけるジャケットですよ!
c0078587_1256624.jpg

c0078587_12561113.jpg

そして、このタイプの嬉しいところは、リヴァーシブルになっているところですね。
裏面は、雰囲気が一気に変わり、あっさりとしたベージュのカラー使いで
前後で全く別物の見た目ですので、使える幅が広がります!
c0078587_12563768.jpg

タグも備わっていますが、バトウィンにしては珍しいデザインの物が
ついていますね。生地をプッシュしたタグとなり、防水を売りにして
作られた一枚のようです。

バドウィンは、1938年創業で、アワードジャケットの元祖ともいうべき存在となり、
39年創業のスクーカムと同じくアワードジャケットの歴史を作ってきたと言われています。

現在もレノックというブランドの傘下で販売されています。
c0078587_12565175.jpg

c0078587_12565810.jpg

c0078587_12592120.jpg

c0078587_12592736.jpg

c0078587_12593716.jpg

c0078587_12594488.jpg

最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとう御座いました!
本日、この後もブログアップが続きますので、
是非、お付き合い下さいませ!

よろしくお願い致します。

神戸店 伊藤でした。


この度の入荷ブログはこちらから ↓



神戸店8/24(水)秋冬ヴィンテージ入荷!#1 1920's 幻のBlack Wabash Shirt!!!(T.W.神戸店)



神戸店8/24(水)秋冬ヴィンテージ入荷!#2 1940's Grey Matte Work JKT!!!(T.W.神戸店)


商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。

※4月1日より消費税率が8%に改定されました。
それにともない、商品価格表示を今までの「総額表示(内税)」から
「本体価格表示(外税)」に変更しました。お預かりする消費税額は、
レシートおよび領収書に記載します。ご了承頂けますよう宜しくお願い致します。

by magnetsco | 2016-08-22 16:26 | KOBE店 | Comments(0)