magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2001)
(1751)
(1499)
(1008)
(752)
(717)
(443)
(436)
(432)
(413)
(377)
(291)
(238)
(210)
(198)
(198)
(145)
(143)
(56)
(32)

最新の記事

3月25日(土)大阪店Vin..
at 2017-03-24 20:00
着こなしの幅が広がるリビルド..
at 2017-03-24 15:52
3月25日(土)大阪店Vin..
at 2017-03-23 23:27

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 14:42

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

A! (T.W.神戸店)

こんにちは、神戸店 伊藤です。

今日は、久しぶりに雨が上がって
のんびりムードで、気持ちよく街を歩けそうですね!

それでは、本日もブログアップを致しましたので
良ければお付き合い下さいませ!

よろしくお願い致します。



1950's U.S.A.F. N-2A Flight JKT Size:Large 59980-yen +Tax
c0078587_1352838.jpg

c0078587_1354233.jpg

本日ご紹介のアイテムは
モデル名にAが備わる空軍アイテムとなります!

Aがつくモデルには、ボディーカラーが
エアフォースブルーを使用しており、
40年代後半から、50年代後半までしか
使用されていない、貴重なカラーとなります!

大雑把ですが、空軍アイテムで、このカラーを見ると
50年代ごろと思っていただければいいと思います。


色目が単純にカッコいいということに加えて、短期間での仕様、
それに、空軍独立して間もない頃のアイテムとなりますので
どのアイテムも、非常に丁寧、且つ贅沢な作りをしている
ということが、人気たる所以だと思います。

最初にご紹介のこちらは、
1945年にN-2と言うフライトジャケットが開発され
それから、2年後の1947年に誕生した、
N-2Aフライトジャケットとなります!

へヴィーゾーン(-30℃~-10℃)で
使用されるフライトジャケット。


誕生した1947年は、
元々陸軍の一部門であった陸軍航空軍から、
空軍として独立した記念すべき年であり
空軍を象徴する、空の青をイメージした、
このエアフォースブルーが
採用されました。

ですが、
採用期間は非常に短く10年程と短命で終っており、
その理由のひとつとして、
墜落した際などの非常時に、
敵兵から見つかりやすかったと
言われています。
c0078587_15162231.jpg

このジャケットは、コックピットに座る兵士の
動きの妨げにならないよう、
ショート丈で仕上られ、

雪風等を防ぐラージサイズのフードは、
ヘルメットを被る際に、
開閉が出来るようジッパーが備わる
作りとなっています。
c0078587_15163834.jpg

c0078587_15164519.jpg

今回のものは、
フード部分のジッパーが欠損しており
開閉は出来ませんが、
閉じた状態となっています。

フード周りには、
人工で作られたファーが備わり

アザラシファーとも呼ばれる、
この黒い毛足がN-2A,N-3Aならではの
パーツとなりますね。
c0078587_1517065.jpg

全体的に、色濃く残っており、
色焼けなども殆どしておりません。

首元には、タグも備わり、
C.H.Masland社のタグが備わりますが
N-3Aも当時作っていた会社となります。

ミルスペックが記載され、
Mil-J-6278とアルファベットがつかない、
最初のナンバーとなります。
6278Aから、N-2Bとなり、
セージグリーンへと移行されます。

c0078587_15171863.jpg

c0078587_15172935.jpg

胸には、オキシジェンタブが
ナイロンテープで備わり
脇部分には、ICSタブも付いています。
c0078587_15174092.jpg

c0078587_15175716.jpg

シガレットポケットのジッパーの破損、
ウェスト部分のドットボタンの
一箇所欠損などがありますが、
リブのコンディションは申し分なく、

ナイロンツイルに大きなダメージもなく綺麗な状態となっています。

バックには、フードを上げてみてみると、
くっきりとステンシルが入り、
興味が一層掻きたてられるポイントですね!
c0078587_15181866.jpg

ショルダーに備わるエアフォースママークは
消えてしまっていますが
うっすらと、文字が確認できます。

このエアフォースブルーのフライトジャケットは、
現在では、アメリカでも、見つけることが困難で
高額なアイテムとなっています!
c0078587_1433457.jpg

c0078587_1518371.jpg

c0078587_15184985.jpg

c0078587_1518551.jpg






1940~50's U.S.A.F. N-3A Flight JKT Size:Large 49980-yen +Tax
c0078587_1361357.jpg

c0078587_1363122.jpg

そしてこちらのアイテムもご紹介です!
N-3Aの登場です!

こちらも採用年度は、同じ1947年となる
エアフォースブルーを採用した一枚となります。


元々は、ムートンを使ったB-7から、
コットン製フライトジャケットの
B-9,B-11へとモデルチェンジし、

その後にナイロンツイルを使用した、
N-3が1945年に誕生し、
その後継モデルとなります。


先程の、N-2Aと同じへヴェーゾーンでの
仕様を目的としたフライトジャケットになりますが、

こちらのほうは、主に地上でも
使用することも想定して
作られているので、
着丈が長く仕上がっています。
c0078587_13863.jpg

c0078587_1381920.jpg

この後のモデルのN-3Bというフライトジャケットが
非常に有名なので、皆様、ご存知かと思いますが、

そのモデルとの違いはカラー以外に、
着丈が少し短くなっている事と、
袖リブが剥き出しになっている点です。

なので、このN-3Aは、
N-3Bと比べて
着用感が小さく感じることも
特徴となります。


今回のものは、先程のN-2Aに見られる
ファーが欠損しておりますが
こちらもナイロンツイルのコンディションが非常に良く
色目もこれ以上にないぐらい濃く残っています。
c0078587_1391578.jpg

メインジッパーに交換が見られますが、
見た目の良いC&Cのダブルジッパーを使っています。

袖リブのコンディションは
非常に綺麗に残っており、
首もとのタグもいい状態で残っていますね。
c0078587_139358.jpg

タグの文字の書き方が、
前身モデルのN-3と
同じ書き方となっておりますので
移行期に作られている
一枚となるかもしれませんね。



コントラクターは、Reed Products。
N-3ではもっとも完成度が高いと評判のブランドです。
B-9でも、確認できるコントラクターで、軍からの信用も
厚かったようです。
c0078587_1319870.jpg

c0078587_13191950.jpg

c0078587_1320147.jpg



c0078587_1423428.jpg

1950's D-1A AirCrew Cap Size:Large each:6980-yen +Tax
2つSoldOut!ありがとうございました。
c0078587_13202921.jpg

c0078587_13203821.jpg

c0078587_13204574.jpg

本当にレアなアイテムです!
朝鮮戦争が勃発した1950年代に
米空軍にて採用された、
D-1Aエアークルーキャップになります!


飛行機に搭乗する前のウェアであり
フライトスーツのインナーとしても使われた
E-1Aトラウザーと、A-1Aフライングシャツと
合わせて使われていたキャップになります!


このアイテムもシンボルカラーとして
エアフォースブルーが使用されており
貴重なアイテムですね!


オーラのある黒タグを見てもお分かりの通り、
へヴィーと書かれており極寒地仕様となるキャップで、
素材はウールを採用しています。

なので、虫食いによるダメージなどから
保存するのも難しいアイテムになりますので、
今回のようなコンディションは
非常に嬉しい事ですね!

c0078587_1321597.jpg

c0078587_1321147.jpg

c0078587_13212152.jpg

デザインが特徴的で、ストラップが付いており
頭の上で留めて普段は使っていただけ
本当に寒いときには、首に引っ掛けて耳までしっかり防寒できる
作りになっています。

その形状から、ハンティングアイテムとの
相性もかなり良さそうですね。

滅多にお目にかかれない上に、
今回は貴重な大きめのラージサイズで入っております!
c0078587_1412655.jpg

c0078587_141353.jpg

c0078587_1414719.jpg

c0078587_1415664.jpg

c0078587_142875.jpg

c0078587_142162.jpg

c0078587_1454867.jpg

c0078587_1455633.jpg

最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとう御座います!
本日も、皆様の御来店を心よりお待ちしております。

神戸店 伊藤でした。

c0078587_1451716.jpg


magnets torwest Instagram.

商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。

※4月1日より消費税率が8%に改定されました。
それにともない、商品価格表示を今までの「総額表示(内税)」から
「本体価格表示(外税)」に変更しました。お預かりする消費税額は、
レシートおよび領収書に記載します。ご了承頂けますよう宜しくお願い致します。

by magnetsco | 2016-09-23 14:10 | KOBE店 | Comments(0)