magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2283)
(1897)
(1670)
(1102)
(843)
(808)
(496)
(487)
(481)
(479)
(439)
(326)
(264)
(230)
(224)
(210)
(161)
(159)
(70)
(33)

最新の記事

神戸店10/21(土)スーペ..
at 2017-10-19 23:44
神戸店10/21(土)スーペ..
at 2017-10-19 22:48
神戸店10/21(土)スーペ..
at 2017-10-19 21:46

最新のコメント

https://11te..
by 1275674094 at 09:53
https://11te..
by 1275674094 at 11:58
> しんさん 神戸..
by magnetsco at 11:09
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 19:20
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

神戸店10/5(水)Ocean冬物ヴィンテージ 入荷!#8 U.S.A.F. B-15D Flight JKT!!!

こんばんは、神戸店 伊藤です。

神戸店10/5(水)Ocean冬物ヴィンテージ入荷!12:30~OPEN!!!

の、入荷ブログのラストとなります!

最後のブログアップは、エアフォースアイテムを
ご紹介していきます!
空の男たちのミリタリーアイテムも
格別ですね!

この度は、歴史に残るナイロンツイルを
使った名作たちをズラッと並べていきますので
是非、ご覧になってください!

それでは、よろしくお願い致します!



c0078587_1974322.jpg

1950's U.S.A.F. B-15D Flight JKT Size:40
SoldOut!です。ありがとう御座いました。

c0078587_1913436.jpg

c0078587_191415.jpg

c0078587_1915727.jpg

c0078587_192733.jpg

c0078587_1932136.jpg

c0078587_1933099.jpg

c0078587_1934538.jpg

c0078587_1935623.jpg

c0078587_194475.jpg

c0078587_1941732.jpg

c0078587_1944219.jpg

c0078587_1942999.jpg

フライトジャケットの基礎となるB-15シリーズの
最終モデルである、B-15Dの登場です!

大戦開戦時は、米国フライトジャケットは、
A-2を代表する革製が主流でしたが、
コスト面から、新素材のフライトジャケットの開発に取り掛かり
1943年にコットンボディーにボア襟をつけたB-10ジャケットが正式採用されます。

これを改良したのが、1944年の初代B-15で、こちらもコットン製となります。
その後、更にコスト、耐久面で優れる1937年に開発されたナイロンを使い
研究が重ねられ、ナイロンツイル生地が誕生し、
世界初のナイロン製のB-15Bが1945年に採用されます。

B-15Bは米陸軍航空軍時代(USAAF)に採用された為、
継承してカラーはオリーブドラブでしたが、
1947年、USAAFから独立しUSAFが編成されると、
新たに空を象徴したエアフォースブルーを採用したB-15Cが誕生します。

しかし、青色の衣服は戦闘地域では、敵に発見され易い点から、
お馴染みのセージグリーンに変更されたのがB-15Dで、1953年の
誕生となります。

翌年の1954年には、MA-1が正式採用されることとなり
B-15DはB-15シリーズの最終型であり、製造期間が僅か約一年弱と
非常に短命に終っています。
c0078587_1922713.jpg

B-15シリーズの特徴とも言える防寒用の
ボア襟が印象的かと思いますが、
1950年代になると、プロペラ機からジェット機時代に突入し、
パイロットの装備も一変し、樹脂製のハードヘルメットが使われるようになり
ボア襟が邪魔になるという点から、
次世代モデルのMA-1の開発が始まり、
ボア襟が取り払われ、B-15D自体は役目を終えることとなりました。

今回は2枚入荷し、今では滅多に見られなくなったアイテムなので
こうやって並ぶと壮観です!
c0078587_1924634.jpg
c0078587_1925498.jpg
c0078587_1945841.jpg

左肩には、お約束のエアフォースマークも、消えずに残っており
ジッパーには、Crown社製の物が備わっていますが
この独特のメタルの色目が堪りませんね!

誕生したのが、50年代でまだまだコックピットの中も
今と比べて発達しておらず、やはり防寒には、ウェア類に
頼らざるを得ないところで、肉厚なボディーとなるのも
古いナイロンツイル製フライトジャケットの特徴です!


上の物は使用感はありますが、目立ったダメージもなく
良い状態だと思います。
下のB-15Dはフロント下部に、ボディーの補修跡が
ありますが、ジッパーにはダメージがなく、まだまだ
長く使って頂ける1枚です!

1950's U.S.A.F. B-15D Flight JKT Size:38 49980-yen +Tax
c0078587_1953173.jpg

c0078587_1954336.jpg

c0078587_196677.jpg

c0078587_1961869.jpg

c0078587_1962859.jpg

c0078587_1964491.jpg

c0078587_1965883.jpg

c0078587_197334.jpg





1950's U.S.A.F. MA-1 (Mil-J-8279AorB) "Film The RightStuff use" Size:M 79980-yen +Tax
c0078587_1985481.jpg
c0078587_199420.jpg
c0078587_1991827.jpg
c0078587_1992981.jpg

不朽の名作、MA-1の登場です!
先程の、B-15シリーズの後継モデルとして
1954年に採用され、
インターミディエイトゾーンで使用されるフライトジャケットとしては
一番有名なモデルになると思います。

しかも90年前後に、爆発的な人気となってから、
25年ぐらい経ちますが
再び注目され、現在では女性の方も探しておられる方が多い
フライトジャケットですね。

今回の物は、Mil-J-8279AorBの年代のモデルとなり、1955~59年に
製造されたいた第2〜3規格前期までのモデルとなります。
そして極めつけは、1983年に公開された映画”ライトスタッフ”にて
実際に使用されていた物で、ガス・グリソム演じる、フレッド・フォードが着用しました!

ライトスタッフに関して詳しくは、コチラより!
c0078587_19144711.jpg
c0078587_1915814.jpg

初期の物と比べると、ウインドフラップのトップ部分が丸みを帯び
裏側にジグザグのステッチが入り、中綿の移動を防ぐようになっています。
両脇には、嬉しい事にこの後の第三規格の後期から姿を消す事となる
ICSコードループが備わっています!

50年代に登場して間もないMA-1は、後の時代の物と比べると
中綿に厚手の物が備わっており、重厚感が出ているのが特徴です。

これは、後の時代と比べると飛行機内の
コックピットが発達していなかったので
衣服に保温性を、頼らざるを得なかったことに起因します。

裏は、インディアンオレンジが採用される前の裏グレーとなる
初期のMA-1をお探しの方には、嬉しいポイントです!
c0078587_19311791.jpg

タグは残っておりますが、文字が擦れており、読みづらいのですが、
コントラクターは、Dobbs Indstriesとなり、Mil-J-8279Bまでの
MA-1で見られるブランドですね。

c0078587_19211648.jpg

そして、胸にはレザーのネームパッチが張られ
滅多に見られない特別感のある仕様となっています!
もちろん、あの宇宙飛行士Grissomの名前が!
c0078587_19191147.jpg
c0078587_19192140.jpg
c0078587_1919388.jpg
c0078587_19195582.jpg
c0078587_192055.jpg
c0078587_19202386.jpg



1950's U.S.A.F. MA-1 (Mil-J-8279C) Size:M 14980-yen +Tax
c0078587_1922280.jpg

c0078587_1922297.jpg

c0078587_19224495.jpg

c0078587_1923219.jpg

そして中期型の8279Cモデルです!

60年代のMIL-J-8279Cの中期型のMA-1が入荷です!
アルファ社のビッグネームも嬉しいですね!
c0078587_1926943.jpg

リバーシブルのインディアンオレンジ(レスキューオレンジ)の
救難色が特徴的で、オシャレにも良いアクセントになります!

決して廃れない不屈の名作のMA-1ですが、
オリジナルならではの良い雰囲気が出ています。
c0078587_1925424.jpg

c0078587_19251524.jpg

c0078587_19252291.jpg

c0078587_19253926.jpg

c0078587_19254850.jpg

c0078587_19255636.jpg




1960~70's U.S.A.F. N-2B Flight JKT Size:about-S
Sold Out!です。ありがとうございました。
c0078587_19262141.jpg

c0078587_19263049.jpg

c0078587_19264049.jpg

c0078587_19265019.jpg

このフライトジャケットも、登場です!
へヴィーゾーン(-10℃〜-30℃)で使用されていた
N-2Bフライトジャケットになります!

弾数が少ないアイテムで、お探しの方もいらっしゃる人気アイテムです!
特徴はなんと言っても、ショートジャケットタイプに備わる
大型のフードですね!
c0078587_1928074.jpg

c0078587_19274066.jpg

c0078587_19274959.jpg

間違いない存在感があるフードは、内側にはボアが備わり
その縁にはファーがあしらわれています。

実用面がしっかり考えられており、戦闘機を操縦する際には
ヘルメットを被るので、フード部分が邪魔にならないように
センターにジッパーが備わり、開閉出来るデザインとなっています。

今回のものは、ファー・トリミングにコヨーテを使用しており
ポイントがグッと上がりますね。
c0078587_19282485.jpg

残念ながら、タグが欠損しておりますが、縁に残っている
生地から、白タグで、コヨーテファーになりますので、
1972年ごろまでに作られたMil-J-6278Eのモデルになります。
このEは76年ごろまで生産されていますが、72年以降はアクリルファーへと
移行されます。

肉厚なボディーを供えており、フライングジャケットとしては
最後のN-2Bとなります。この後からは地上作業員用として
使用されることとなり、フライトジャケットとしての役目を終えます。
c0078587_19304617.jpg

今回のものは、ボディーのナイロンツイル、ジッパーなど
綺麗な状態で残っていますが、袖リブが欠損しておりますので
お求め易い価格となっています。

ボディーサイズはSサイズ程度となっていますので、
貴重なサイズですね!
c0078587_19295917.jpg

c0078587_1929793.jpg

c0078587_19293035.jpg

c0078587_19294590.jpg




1970's U.S.A.F. CWU-45/P W/Hood Size:S
SoldOut!です。ありがとう御座いました。

c0078587_19344857.jpg

c0078587_19345941.jpg

c0078587_1935784.jpg

このフライトジャケットまでこの度は登場です!
MA-1の後継モデルとして誕生した、CWU-45/Pとなります!


J-CWFSという、45/Pの名が冠される以前の最初期版から
MIL-J-83388A〜83388Eまでの
各スペック・バリエーションがあります。

最初に登場したのは1973年になり、最初は海軍で
採用されたもので、ポストG-1といったところでしょうか?

続いて、3年後の1976年に空軍でも採用された
ジャケットになります。
そのほかにも、陸軍、海兵隊でも採用され
いろいろなところで採用されています。

これだけの軍で採用されているところを見ると
どれだけ完成度が高いものなのかが分かりますね。


素材も凝っていて、機内火災時の乗員生存率を上げるため
シェルの生地にはデュポン社が開発した難燃(不燃ではない)性素材
商品名「ノーメックス(NOMEX)」
(アラミド繊維の一種、アロマティック・ポリアミド)が使用されています。

ファイヤーマンのユニフォームなどにも使われていますね。

実際、着用する際のことになるのですがMA-1と比べて、身幅が狭めで
着丈が長めに作られており普段の着こなしにも使いやすいモデルになります。

それにしても全軍共通で採用されたものなので
機能面で、かなり優秀なんでしょうね。

色目も、MA-1とはちがって形容しがたい色目ですが
メタルっぽさが出ていてカッコイイです。
c0078587_1937641.jpg

初期のものには、ショルダー部分にアクションプリーツが付いており
パイロットが動きやすいことを考慮して採用されたのですが、
実際はコクピット内は狭いので、機具が引っかかり、
最初は縫い合わせて綴じて使用したのですが
直ぐにそれ自体が、廃止となりました。
c0078587_19373733.jpg

c0078587_19374586.jpg

このアクションプリーツが、初期の決め手となります。
タグも残っており、この度希少なSサイズとなっています!
Scovill社製のジッパーがカッコイイですね!

c0078587_1938454.jpg

c0078587_19381413.jpg

c0078587_2326866.jpg

そして更に、今回は滅多に見かける事の出来ない、フード付きとなります!
他のCWUにも使い回しが効く考えられた直接体に装備する
フライヤーズフードですが、
この度のものは、モディファイされており、ボディーに
縫い付けられての登場となります!


c0078587_23403853.jpg

c0078587_23404887.jpg

ボディーにはワッペン、階級章も備わっており、
本当に豪華なCWU-45/Pとなっています!

コンディションもかなり良く、凄く綺麗な一枚ですね!

c0078587_19435695.jpg

c0078587_1944178.jpg

c0078587_19442477.jpg

c0078587_1945812.jpg


最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとう御座います!
明日、予報では台風となっていますが、
ヴィンテージ好きの皆様の御来店を心より
お待ちしております!

楽しい一日になるよう、お手伝いさせていただきます!

神戸店 伊藤でした。


今回の入荷ブログはこちらから ↓


神戸店10/5(水)Ocean冬物ヴィンテージ入荷!#1 USN AL-1!DeadStock N-1Deck JKT!!!(T.W.神戸店)

神戸店10/5(水)Ocean冬物ヴィンテージ入荷!#2 The Japan Souvenir JKT!!!(T.W.神戸店)

神戸店10/5(水)Ocean冬物ヴィンテージ入荷!#3 1910's Smoking JKT!!!(T.W.神戸店)

神戸店10/5(水)Ocean冬物ヴィンテージ入荷!#4 ヴィンテージ ボタスタ!!!(T.W.神戸店)

神戸店10/5(水)Ocean冬物ヴィンテージ入荷!#5 Appalachian Double Riders JKT!!!(T.W.神戸店)

神戸店10/5(水)Ocean冬物ヴィンテージ入荷!#6 ハイレベル!ヴィンテージレタードアイテム!!!

神戸店10/5(水)Ocean冬物ヴィンテージ入荷!#7 Circa1910s US.Army Hospital Pants!!!(T.W.神戸店)




magnets torwest Instagram.

商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。

by magnetsco | 2016-10-04 19:50 | Comments(0)