magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2243)
(1853)
(1648)
(1097)
(833)
(801)
(496)
(482)
(474)
(468)
(435)
(326)
(251)
(229)
(224)
(208)
(160)
(159)
(67)
(32)

最新の記事

神戸店9/27(水)冬ヴィン..
at 2017-09-25 01:03
神戸店9/27(水)冬ヴィン..
at 2017-09-25 00:15
神戸店9/27(水)冬ヴィン..
at 2017-09-24 23:34

最新のコメント

> しんさん 神戸..
by magnetsco at 11:09
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 19:20
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

10月12日(水)大阪店ヴィンテージ入荷!#9 U.S.Army Part1編!M-1948 Parka!!(大阪アメ村店)

度々こんばんは。
マグネッツ大阪店スタッフヤスオです。

引き続き、
10月12日(水)大阪店OCEAN冬物ヴィンテージ入荷日!!
12:30~OPEN!!

のブログアップを行なって参りたいと思います。

本日2度目のアップは、
ミリタリー編に戻り、
U.S.Army編を2部構成でお届けです。

この度も激レアのアイテムが多数入荷しておりますので、
お好きな方は、是非お付き合い下さいませ。

まずは、U.S.Army編Part1をご覧下さいませ。
40's U.S.Army M-1948 Parka Size:S SoldOut! ありがとうございました。
c0078587_351597.jpg

c0078587_352631.jpg

c0078587_35312.jpg

もはや幻と言っても過言ではない程、
このモデルの存在は皆無に等しいです。

極短命生産で、当時から弾数が少なく、
約70年代経ち現存する物は極僅かな
稀少価値の高いアイテムに間違いありません。

U.S.Army M-48 Field Parka!
c0078587_352214.jpg

c0078587_3525285.jpg

M-51フィールドパーカ、
通称モッズパーカは皆様ご存知かと思いますが
その直接の前身モデルとなり、
デザイン的にも51パーカの原型と言えるモデルとなります。

朝鮮戦争では、M-51パーカと平行して、
M-48より先に開発された
M-47フィールドパーカも生産されていたのですが、
こちらのM-48はデザインがM-51と似ている為、
生産は51に切り替わっており、本当に短命なモデルとなります。
c0078587_3532323.jpg

特徴としては、
フード縁にコヨーテファーがあしらわれており、
直接フードにファーが使用されている作りは
その後のモデルでは見られないディテールです。
c0078587_353502.jpg

そしてM-48の最大の特徴は、
左ショルダーに装備されたシガレットポケット
フィールドパーカにこのデザインは非常に新鮮ですね。
c0078587_3541478.jpg

c0078587_3542179.jpg

首元には、顎までの高さを持ったネックの作りになっており、
防寒性に隙がありません。

フードをドローコードで絞れるようになっているのですが、
片方から2本コードが出る仕組みになっています。
この作りも、M-48ならではですね。
更にフード裏からも絞れるようにコードが延びています。
c0078587_3544144.jpg

c0078587_3544836.jpg

c0078587_3545577.jpg

バックの裾口が燕尾服のように尖っており、
魚の尾に似ていることから
フィッシュテールと呼ばれるバックスタイルです。
c0078587_355971.jpg

後のM-51パーカ以降に引き継がれているフィールドパーカとしては
代表的なデザインとなりますが、
このM-48が最初に採用したデザインとなります。

フロントのジッパーは、
センターをずらして巻き込み型で備わったオフセットスタイルも、
このパーカだけの作りです。
c0078587_3552785.jpg

c0078587_3572386.jpg

先端に出ているドローコードを
フロントのドローコードとそれぞれ結び、
内腿部分で縛れるように考えて作られました。
M-1942から引き継がれている考えを進化させた作りとなっています。

コットンサテン生地を使用しており、厚手のフィールドパーカとなります。

この度入荷のM-48パーカは、
加えてサイズSの稀少性、
更にライニング完備というパーフェクトな一着です。
c0078587_3562625.jpg

c0078587_3563434.jpg

c0078587_3564246.jpg

若干のダメージや汚れは見受けられますが、
オリジナルとしては、非常に良好な状態かと思います。
c0078587_357518.jpg

極めて入手困難なM-48フィールドパーカ。
お探しだった方は、是非この機会に手にして下さいませ。
c0078587_3573755.jpg



50's U.S.Army M-47 Field Coat Size:L Price:19980yen+TAX
c0078587_358280.jpg

c0078587_358950.jpg

c0078587_3582191.jpg

M-48の前のモデル、
通称"M-47"と呼ばれるフィールドパーカも、
デッドストックと思しきコンディションにて入荷しております。
c0078587_3583963.jpg

この「OVERCOAT PARKA TYPE」は、
M-48やM-51のフィッシュテール系シェルパーカの登場により、
採用が縮小されはしたものの、
大戦末期から50年代前半にかけて使用されており、
朝鮮戦争期にも防寒装備として採用されました。

実際に今回の一着もコントラクトは1952となっており、
その背景が確認出来ます。

次の年に新しいモデルが採用され、
正式な採用年は1年となるのですが、
次世代の生産が追いつかなかった事などの理由から、
50年代に入って登場したM-51と平行して活躍した画期的なモデルとなります。

過渡期の時に同時に使われていた事はありますが、
二世代を超えて使用されるとは異例のアイテムですね。
c0078587_3591626.jpg

更に、ジッパーとボタンの併用によるデュアル方式となる二重留や着脱式ライナー、
上部ウエストのハンドポケットのデザインなど、
M-1948へ継承されたという意味で、
大戦中に開発されたマウンテンパーカから、
シェルパーカへ連なる転換期の重要なモデルであった事も伺えます。
c0078587_3595199.jpg

c0078587_359597.jpg

c0078587_40882.jpg

c0078587_40182.jpg

このM-47の一番の特徴は、
それ以前のマウンテンパーカをベースとして作られており、
平面的なデザインが、今のファッションでも使い易く、
後に続く立体裁断で膨らんだラインの物と比べると、
スマートなラインですっきりと仕上がっています。
c0078587_403641.jpg

c0078587_404319.jpg

細かい部分まで防寒性を追求されたディテールで、
この度は完全防具となる
ライニングも綺麗な状態で備わっております。
c0078587_405695.jpg

c0078587_41573.jpg

ミリタリー特有の無骨な雰囲気があり、
現代にはそうそうない迫力のあるコートです。

M-47も極めて稀少価値の高い、
古い年代に採用された一着です。

お探しだった方は、至極の一点かと思いますので、
是非この機会に手にして下さいませ。
c0078587_411717.jpg



40's U.S.Army M-1941 Field JKT Size:36 R SoldOut! ありがとうございました。
c0078587_47222.jpg

c0078587_47162.jpg

c0078587_473035.jpg

かなり久しぶりの登場です!

アメリカでも本当に見つからず、
貴重なレアアイテムとなります、
M-1941フィールドジャケット!

フィールドジャケットとして
始めて大量生産で兵士に配給されたモデルになります。
c0078587_474259.jpg

1935年から試作品が作られて、
M-35やM-38などと呼ばれるものが存在しますが
本格化するのは39年からになり、
40年についに原型が誕生しました。

そして41年から正式に採用されたのが
このジャケットとなります!

フィールドジャケットでは
このモデルが最初で最後となったショート丈のデザインになり、
裏地にはウールフランネル張り。
c0078587_481152.jpg

前合わせは、フロントジッパーと
5つボタンのデュアル方式で
風の進入を防ぎ、防寒性もしっかりと考えられた、
当時として高性能なジャケットだったのでしょうね。
c0078587_483158.jpg

c0078587_48403.jpg

一見薄手に見えますが、密に編みこまれた生地を使用しており
初めて着用された方は、
想像以上の温かさに驚かれる方も多いと思います。

民間のウインドブレーカーを参考にしており、
初めて大量生産を目的として開発された
歴史的なフィールドジャケットになります。
c0078587_491578.jpg

c0078587_492336.jpg

c0078587_493341.jpg

今回入荷の一点は、
コンディションがかなり良好となり、
大戦真只中のこのアイテムで現存する物の中で、
ここまでの状態の物は本当に稀かと思います。

今後も見つかる事も難しいアイテムですので、
お探しだった方は、是非この機会に手にして下さいませ。
c0078587_495290.jpg

c0078587_41048.jpg



60's U.S.Army M-65 1st JKT Size:About S-Regular SoldOut! ありがとうございました。
c0078587_44259.jpg

c0078587_441132.jpg

c0078587_441914.jpg

USミリタリーを代表するフィールドジャケット、
開発から多大な影響力を与え続けてきたモデルM-65。

1965年に採用から1st、2nd、3rd、4thと三回の改良がされたM-65ですが、
中でも人気が高く、お探しの方が多かった、
1stモデルがこの度も2着入荷です。
c0078587_443482.jpg

1stモデルの採用期間は、
M-65ジャケットの中でも一番短命に終わっているので、
現存数が圧倒的に少なく、
本当に出会える機会が少なく、貴重ですね。

ずばり最大の特徴は、
肩にエポレットが付かない点ですね。
c0078587_444610.jpg

エポレット搭載のM-51の後継でありながら、
M-65の1stは一旦それを廃止し、
そこから直ぐに2ndで復活するという背景も面白い点です。
c0078587_45315.jpg

c0078587_452141.jpg

エポレットが苦手な方にはオススメです。
アルミのジッパー、袖マチ付きなどは
初期タイプが故のディティールでカッコ良いです。
c0078587_454030.jpg

c0078587_454617.jpg

c0078587_455735.jpg

c0078587_46999.jpg

サイズのラベル表記が欠損しておりますが、
S、Mといった各サイズで、
下のMサイズはジッパーが機能しないコンディションとなりますが、
どちらもオリジナルならではの風合いの漂う一点です。

また部隊プレートの付く箇所に、
白ペンキU S N R E Tと記載があり、
海軍仕様を匂わす一着という点もそそられます。

お探しだった方、まだお持ちでなかった方は、
是非稀少なM-65ファーストをこの機会に手にして下さいませ。
60's U.S.Army M-65 1st JKT Size:About M-Regular Price:12980yen+TAX
c0078587_414146.jpg

c0078587_421954.jpg

c0078587_422755.jpg

c0078587_423674.jpg

c0078587_424777.jpg

c0078587_425929.jpg

c0078587_431041.jpg

c0078587_431863.jpg

c0078587_432687.jpg

c0078587_43376.jpg

c0078587_434455.jpg


最後までありがとうございました。

本日この後も、10月12日(水)大阪店OCEAN冬物ヴィンテージ入荷日!のU.S.Army編Part2のラストブログアップを予定しておりますので、
是非そちらもお付き合い下さいませ。

大阪店 ヤスオでした。

今回の入荷ブログはこちらから!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


#1 U.S.A.F編!Part1 A-2,B-15!!

#2 U.S.A.F編!Part2 L-2A&E-1B TestSample!!

#3 U.S.Navy編!Part1 40's~片ポケ&70'sデッドストックCPO Shirt!!

#4 U.S.Navy編!Part2 G-1&M-445A!!

#5 ヴィンテージアスレチックウェア編!30's"Champion"!!

#6 レザー&ハンティング編!30's HorsehideMackinaw!!

#7 ワーク編!Lee StormRider&DeadStock Chambray!!

#8 ウールアイテム編!!


商品に対するお問い合わせはこちらまで → magnets osaka
もしくは、snke83474@nike.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話でのお問い合わせは御遠慮下さいませ。
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭で
SOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。


magnets OSAKA Instagram.
by magnetsco | 2016-10-11 16:30 | OSAKA店 | Comments(0)