magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2147)
(1779)
(1587)
(1076)
(805)
(776)
(484)
(470)
(451)
(447)
(420)
(315)
(241)
(227)
(221)
(200)
(158)
(156)
(62)
(32)

最新の記事

7月26日(水)大阪店ヴィン..
at 2017-07-24 20:30
7月26日(水)大阪店ヴィン..
at 2017-07-24 18:30
7月26日(水)大阪店ヴィン..
at 2017-07-23 23:42

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 19:20
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

Corduroy Prisoner JKT!!!(T.W.神戸店)

c0078587_1333569.jpg

1900年代初頭から、囚人のイメージがつくという理由から、
ボーダーのユニフォームが廃止へと向かい、
変わりに無地の物が採用されていきました。

それから、歴史的な世界恐慌を皮切りに、
1930年代からアメリカでは犯罪が飛躍的に増え犯罪者の数も激増し、
アメリカ各地の刑務所には沢山の囚人を収容する事となりましたが、
広大なアメリカでは土地によって、気候が違い、
場所によって使用される囚人服も様々な物が生まれました。

一般的には、目に触れる事のない塀の中で使用されるユニフォームとなり、
また、罪人が着用していた物となると、一般に出回ることも少なく、
消却処分される事がほとんどとなります。


そんな時代背景で使用されてきたプリズナージャケットは
正に、本物のオーラが漂います。


それでは今回もお付き合い下さいませ。
よろしくお願い致します。
c0078587_15203720.jpg

Circa 40's Vintage Corduroy Prisoner JKT W/white HBT Size:50 39980-yen +Tax
c0078587_13333188.jpg

c0078587_13334017.jpg

c0078587_13334838.jpg

ご紹介のアイテムは、コーデュロイ生地を使った
プリズナージャケットとなります!


以前にご紹介したときには、大変な反響をいただきましたが、
この度がファイナルストックとなりますので、ご覧になってください!


コットン100%のネイビーカラーのコーデュロイの褪色感は、
後の時代に主流になるポリエステルが入るものと明らかに違いが見られ、
また着用した際にも、薄手ながら使い込むと生地の縮みが入り
目が詰まった結果、保温効果もかなりの物で、
見た目よりアウター効果が抜群の一枚だというのが感想です。
c0078587_15173634.jpg

c0078587_15174639.jpg

フロントには、二つのスリットポケットと思われるデザインのものが
確認できますが、この切れ込みは、オーヴァーポケットのように
スレーキが備わらず、一説によると、牢のなかに物を持ちこまさないために
考えられた物と、言われています。

確かに、備わっている位置を見てもセンターにより過ぎており
オーヴァーポケットとしても、下に着る服とのポケットの位置は
合いそうにないですね。

ただ手を入れるだけのハンドウォーマー用としてなら
納得のポジションだと思います。
c0078587_1518138.jpg

c0078587_1518847.jpg

c0078587_15201083.jpg

裏には、ヘリンボーンクロスが施され、ライナーが備わっているのも
面白いところですね。
ダークカラーでフロントが仕上がっている分、ライナーの色目とのギャップが
はっきりと確認ができ、見た目にファションセンスとも取れるユニークさが備わります!
首もとには、手書きでネームが入り、当時実際に使用していたことがわかりますね。


c0078587_1525810.jpg

c0078587_1519170.jpg

今回の一品は、フロント、バック共にUSのステンシルが備わりますが、
過去にステンシルのサービスをさせていただいたときのサンプルで
施したものになります。

サイズは、ビッグサイズとなりますが、オーヴァーサイズで着用しても
楽しめる一品です!
勿論、大きなサイズでお探しだった方は、是非、お試しください!
c0078587_15195647.jpg

コットン素材のコーデュロイになりますので、
クッタクタになるまで、使い込んだ生地のヨレも凄くカッコいいので、
これから更にカッコよく仕上がってくれるアイテムです!
c0078587_15192120.jpg

c0078587_15192983.jpg

c0078587_15193960.jpg

c0078587_15201732.jpg

c0078587_15202680.jpg




Circa 50's Rebuild Corduroy Prisoner JKT W/Cotton Blue Sateen
Size:44    29980-yen +Tax

c0078587_1521986.jpg

c0078587_15212015.jpg

c0078587_15213264.jpg

c0078587_15214148.jpg

そして、ブルーサテンのライナーが備わったこちらも魅力的で、
一般的な服でもライナーにこういったサテン地を使うことは稀ですね!

ミリタリーのフィールドジャケット、パンツでも用いられるほどの
タフな生地で、密に編みこまれた目の詰った生地は、防水性も兼ねており
当時ではウォータープルーフと謳っているメーカーも多いほどです。

シワは出にくく、その為使い込んでいくと、綺麗な退色が楽しめ、
他の生地とは違った表情を見せてくれるところがポイントです。
それと、囚人服として、このような少しビビッドとも取れるカラーを
使っているところが僕的に興味を持ったところです。


ライナーとして使うにはある意味贅沢な生地で、
アウターシェルとして十分に活用できる素晴らしい生地です。


着用時には殆ど見えないライナーですが
襟元や、ボタンを開けたときにチラッと見えるときに、
どんな生地かでボディーの印象も随分違って見えると思います。

ライナーにも拘りを持って見比べてくださいね。

こちらは、サイズをスケールダウンしたリビルドの一品となり、
価格もお手頃のジャケットです!
c0078587_15221322.jpg

c0078587_15222516.jpg

c0078587_15223390.jpg

c0078587_15224185.jpg

c0078587_15225920.jpg

c0078587_15231045.jpg

c0078587_15232342.jpg

最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとうございました。
本日、土曜日ですので、お休みの方々の御来店をお待ちしております!


神戸店 伊藤でした


magnets torwest Instagram.

商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwestもしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。
御了承くださいませ。
by magnetsco | 2016-11-12 18:08 | KOBE店 | Comments(0)