magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2337)
(1973)
(1716)
(1115)
(860)
(825)
(505)
(498)
(496)
(491)
(444)
(333)
(277)
(232)
(227)
(218)
(161)
(159)
(71)
(33)

最新の記事

神戸店12/16(土)スーペ..
at 2017-12-13 23:20
本日は寒い中、大阪店ヴィンテ..
at 2017-12-13 22:15
MAGNETS 古着バイヤー..
at 2017-12-13 20:00

最新のコメント

通販希望です様。 ..
by magnetsco at 16:44
はじめまして。 どこに..
by 購入希望です at 19:50
shin様。 お世話に..
by magnetsco at 15:19
40's U.S.M.A..
by shin at 00:21
ヨシさま、こんばんは!僕..
by magnets-vintage at 20:20

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

極上ウールを土臭く!!!(T.W.神戸店)

c0078587_2120523.jpg

こんにちは、神戸店 伊藤です!

本日ご紹介は、限りなく黒に近いダークネイビーカラーを
使用した、海軍のウールアイテムをご紹介いたします。

ネイビーを象徴するカラーですが、軍以外でも
制服などでも使用される、品のあるカラーとなり
それ故、普段でも使い易い物が多いですね。

ミリタリーアイテムでのウール素材は、
一般販売用では無く、兵士の身体を守るために
作られているので、粗悪な生地ではなく、手触り着心地から
納得していただけるアイテムばかりなのが、魅力です。

中には、何十年も前のアイテムもあり、
それらは、今気軽に手に入れる事が
できないぐらいのウールの質の高さを誇り
店頭でも手にとって驚かれるお客様も多いですね。

目の詰ったメルトン生地を使い、化学繊維を
使用していなかった時代の天然素材は、
本当に、良い物を追求して作られている物がほとんどで
服好きの方には、勉強になるのではないでしょうか?

1970's US.Navy C.P.O.Shirt Size:13-1/2,14-1/2, 9980-yen +Tax
c0078587_17471229.jpg

c0078587_17472145.jpg

c0078587_17473878.jpg

c0078587_17474946.jpg

c0078587_1747581.jpg

c0078587_1748723.jpg

まずご紹介のアイテムは、デッドストックのC.P.O.シャツになります!
皆様、お馴染みのアイテムになりますが、
昔は、自分自身よく口に出していた言葉なんですが
意味は?     …?
てな感じでした。


CPOはChief Petty Officerの略となり、
日本語に直すと海軍下仕官の曹長のことです。

この人たちが、当時着ていたシャツから
頭文字をとってCPOシャツと呼ぶようになりました。
1930年代ごろに誕生したアイテムとなります。

基本的には、両胸にフラップポケットが備わり
ボタンはアンカーマークが備わった
ダークネイビーのウールシャツを挿しますが、
最初は左胸にフラップつきのポケットが備わった
シングルポケットのデザインでした。


ご紹介のものは、1976年製造の
今から丁度、40年前のアメリカ海軍C.P.O.シャツです!
デッドストックのコンディションとなりますが、
この状態のものが、凄く貴重となります。


生地には、ウールを使っているため、
ユーズドのものだと使い込まれており、
縦に縮みあがっている物がほとんどで、
本来のシャツのバランスで仕上がっている物が
ほとんど見られないのが現状です。


表記ではブルーシェイドと書かれていますが、
肉眼で識別する上では、限りなくブラックと判断でき、
ソリッドのブラックとなると、ミリタリー好きの方に限らず
その使い勝手の良さは、納得していただけると思います。

生地のクウォリティーも素晴らしく、
さすがミリタリーといった質感の物が使われており、
肌理が細かく、手触りが良い物を使用しています。

天然素材となると、同じウールといっても、質感は
本当に様々で、これがウール?といった粗悪な物も
ある中、ここは本当に嬉しいポイントですね。


襟の形も、この年代の一般のシャツでは
襟が大きく尖った物が多いのですが、
眼の収まりの良い、スタンダードなデザインで
仕上がっているのも、嬉しいポイントです。


ボタンには、アンカーマークが刻まれたボタンを使っているのも
C.P.O.らしさが出ています。
市販品の、チェック柄のC.P.O.シャツなどもこの名残があり
色んなブランドで、このデザインの物が使われていますね。


見た目がシンプルであるが故に、手を抜きがちなところですが、
こういったところに拘りを持ったアイテムを使ってみると
本当にいい物が、わかってくるのではないでしょうか?

この度は、サイズ、13-1/2と14-1/2の展開となっておりますが、
今まで、サイズ選びに困っていた方には、
またとないチャンスだと思います!
c0078587_17481749.jpg

c0078587_17482525.jpg

c0078587_17483512.jpg

c0078587_17484316.jpg

そして海軍下士官曹長ってどんなポジション?

簡単ではなりますが、低い順から説明していきます。
まずは二等兵(Seaman Recruit)→一等兵(Seaman Apprentice)→上等兵(Seaman)

三兵曹(Petty Officer 3class)→二等兵曹(Petty Officer 2class)→一等兵曹(Petty Officer 1class)

曹長(Chief Petty Officer)
ここから上も載せときます

上級曹長(Master CPOでMCPO)

最上級曹長(MCPO Of the NavyでMCPON)
ここまでが海軍下仕官クラスです。






1950's US.Navy Wool Pants Size:33x30 9980-yen +Tax
c0078587_12474437.jpg

c0078587_12475494.jpg

c0078587_1248458.jpg

c0078587_12481263.jpg

c0078587_12483964.jpg

c0078587_12484911.jpg

c0078587_12485981.jpg

c0078587_12491090.jpg

c0078587_12491994.jpg

c0078587_12492888.jpg

ルーズシルエットが特徴な
ネイビーのウールパンツのご紹介となります!
こちらは、50年代の物となり、裾幅が若干広がった
バギータイプの1本です。

ルーズシルエットが、すっかり浸透して、
お求めの方が多くなってきました。

トップのものは、ウェストが縮められ
一般男性の方には丁度いいぐらいの
サイズで33インチ、そして下のものは、ウェスト35となり
コンディションがかなり良く、ヨレが全く無い状態の
2本ですね。

ジッパーフライで、ボタンフライのわずらわしさもなく
開閉が簡単で重宝します。
内側にはタグが備わっており、ネームも書かれリアルさが
増します。

腰帯にも手書きでネームが入り良い雰囲気です。

そしてアメリカ海軍のパンツと言えばこの作りにも
注目したいところです。
アウトサイドにはシームがなく、内側で
結い合わせれる作りの「巻きパンツ」の
製法で仕上がったパンツになり、フレアの裾口は
内側だけがカーブする独特のラインとなります。

ウールの質感は、こちらも申し分なく、非常に
手触りのいいウールを使用していますので、
ファッションを楽しめるシルエットだけでなく
物としても、満足頂ける一本です!

1950's US.Navy Wool Pants Size:35x32 9980-yen +Tax
c0078587_12495186.jpg

c0078587_12495953.jpg

c0078587_1250718.jpg

c0078587_12501766.jpg

c0078587_12502477.jpg

c0078587_12503246.jpg

c0078587_12503812.jpg



c0078587_21392057.jpg

c0078587_21265371.jpg

c0078587_21334443.jpg





c0078587_12515796.jpg

1940's US.Navy 10Button P-Coat Size:about-36 24980-yen +Tax
c0078587_12505328.jpg

c0078587_1251257.jpg

c0078587_1251121.jpg

c0078587_12513969.jpg

c0078587_1345061.jpg

c0078587_135395.jpg

c0078587_1351419.jpg

c0078587_135251.jpg

通称“10ボタン”と呼ばれる
40年代に支給されたPコートのご紹介です!

c0078587_12524048.jpg

アメリカ軍最強のアウターと呼ばれるPコートは、
1910年代から始まり1930年代、1940年代、1950年代以降と
モデルチェンンジを繰り返しており、
50年代ごろから8ボタンに変更される前の、
最後の10ボタンモデルとなります。



c0078587_12522024.jpg

c0078587_12523067.jpg

この年代のモノは、ライナーが光沢があり
滑りのよいレーヨン生地を使用しており、
ハンドウォーマーポケットの中は、
厚手のコットンを使った頑丈なコーデュロイ地に変更されます。


ディテールも魅力が詰っていますが、この年代のPコートの特徴は
独特な細身のシルエットということが挙げられます。
品のある綺麗なシルエットとなり
ノッチドカラーの作りや、前振りのスリーブなど、
トラッドアイテムと比べても、負けず劣らずの仕上がりです

10ボタンと言うデザインに人気が集まっているところがありますが
このコート自体のクウォリティーの高さを、袖を通して実感してください!
肌理の細かいメルトン生地からくる
気品ある雰囲気は、まさしく本物の1枚です!


トラッドアイテムとして綺麗めなスタイルや、
お仕事場などでも扱われる事が多いアイテムですが、
今年は、ちょっと着崩してワークっぽく土臭い雰囲気で着てみたり、
オーヴァーサイズで引っ掛けるように着てみると
いいと思います。

扱い方次第で、ガラッと雰囲気も変わり楽しめると
思います!
是非、トライしてください!

1940's US.Navy 10Button P-Coat Size:about-36 22980-yen +Tax
c0078587_137651.jpg

c0078587_1371524.jpg

c0078587_1372485.jpg

c0078587_1373370.jpg


1940's US.Navy 10Button P-Coat Size:40 24980-yen +Tax
c0078587_1354391.jpg

c0078587_1355428.jpg

c0078587_1361079.jpg

c0078587_136226.jpg

c0078587_1363621.jpg

c0078587_1365645.jpg



c0078587_21312172.jpg

c0078587_2131302.jpg

c0078587_21331142.jpg

それでは、天気のいい本日も皆様の御来店を心より
お待ちしております!

神戸店 伊藤でした
c0078587_2131446.jpg











magnets torwest Instagram.

商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwestもしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。
御了承くださいませ。

by magnetsco | 2016-11-26 13:30 | KOBE店 | Comments(0)