magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2046)
(1764)
(1528)
(1031)
(761)
(734)
(451)
(445)
(440)
(429)
(387)
(291)
(239)
(213)
(203)
(198)
(153)
(143)
(58)
(32)

最新の記事

4月26日(水)大阪店ヴィン..
at 2017-04-25 19:00
4月26日(水)大阪店ヴィン..
at 2017-04-25 17:00
4月26日(水)大阪店ヴィン..
at 2017-04-25 15:00

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 14:42

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

確かな重みを身に纏う!(T.W.神戸店)


こんにちは、神戸店 伊藤です。

本日から、また本格的な寒さがぶり返してきました。
このために備えた、ご自慢のアウターを着れる
良い一日です!

外は寒くても、温かい物を身にまとって寒さを感じず
過ごせたら、自然と楽しくなってきますね。

神戸では、ルミナリエも終盤に差し掛かり、お出かけされる
方も沢山いらっしゃると思いますが、しっかりと着こんで
お出かけください!

それでは、本日もこんな日にピッタリな
アイテムをご紹介していきますので、
よろしくお願いいたしいます!


c0078587_16125762.jpg

1940's US.Army Wool Coat (M-1942) Size:36-Short 14980-yen +Tax
c0078587_148588.jpg

c0078587_148162.jpg

c0078587_1482658.jpg

c0078587_1483821.jpg

これからの時期に、恩恵を感じていただける
へヴィーアウターの一品です!
M-42ウールコートとなります!

c0078587_1492497.jpg

ノッチドラペルに、ダブルブレストのボタン。
そして、スラッシュポケットと、デザインは
海軍のPコートさながらと言った見た目ですね!


この度のものは、見た目がかなりショートタイプと
見られる一品ですが、当時の兵士がカスタムして
着丈をカットしていました。

バランスが良く、良い具合にショート丈にしていますので、
普段見かけるウールコートとは違った新鮮味のある
着こなしが楽しめる一品ですね!

生地のコンディションが良く、保存が難しい生地ですが、
目だったダメージもなく、ヨレなども一切出ていません。
とても80年前の物とは、思えない見た目となっています。
c0078587_1495058.jpg

中を確認すると、タグも良いコンディションで残っており、
プリントも読み取れる嬉しい状態です!

ガシッとした当時の本物のウールを
体験してください!
c0078587_1410441.jpg

c0078587_14102631.jpg

c0078587_14103555.jpg

c0078587_14104238.jpg

c0078587_14104983.jpg

c0078587_14105945.jpg

c0078587_14111089.jpg



1930's US.Army Jeep Coat (M-1938) Size:about-38 19980-yen +Tax
c0078587_14112513.jpg

c0078587_14113625.jpg

c0078587_14114477.jpg

こちらは、当時士官兵に、主に使用されていたマッキノーコート、
通称"ジープコート"です!
キャンバスコットン素材を使用したM-1938。
ジープコートの初期タイプとなります!


タフで強い生地感が特徴的で、見た目も無骨な
雰囲気がかっこいいですね!
使い込んでいくと更に、他の生地にはない、
独特の雰囲気が備わりますので、この生地は
とにかく使い込んで行きたいですね!

c0078587_14123100.jpg

ライニングからロールカラーの襟元まで
目の詰まったこの年代ならではのウール張りで、
想像以上の保温性を誇ります!
この素材使いには、初めて見られる方は、いつも驚いてますね。

c0078587_14121248.jpg

そして、今回のものは腰に備わるウェストベルトに
注目したいところです!
このアイテムでは、なくなっているのが当たり前と
解釈するぐらい、このパーツの欠損が多いです。

今回、このように残っているのが本当にレアな事となります。

ある程度は使用されていますが、裏地を見ると本当に
綺麗な状態で、しかも備わっているタグは、真ッ更な状態です!
価値ある一品です!
c0078587_14122866.jpg

c0078587_14124656.jpg

c0078587_167757.jpg

c0078587_1672395.jpg

c0078587_16733100.jpg

c0078587_16743100.jpg

c0078587_1675292.jpg





1940's US,Army Jeep Coat (M-1943) Size:38 19980-yen +Tax
c0078587_168350.jpg

c0078587_1681271.jpg

c0078587_1682286.jpg

先程のモデルから、1942年には襟部分に使われていた
ウールが取り去られるM-42モデルを経て、
1943年、襟部分をロールカラーから、ノッチドカラーに変更した
M-43ジープコートの登場です!


防風、防水に強いコットンポプリンに生地を変更した
マッキノーコートの最終モデルになります!

見た目がPコートと似ており、
初期のものから比べると
少しすっきりとした印象を受けます。
c0078587_168421.jpg

先程のモデルでは、ウェストベルトの欠損が殆どだと申しましたが
当時の兵士はあまり使用しなかった為、
無くなった状態が多いのかも知れません。

それを証明するように、このモデルになると
ウェストベルト自体を使用しなくなりました。
ループが省略されていますね。

マッキノーコートは色々とこのようにモデルチェンジを
していった訳ですが、どのモデルも使用期間が短命になっており、
それぞれが希少価値の高いアイテムとなってます。


天然素材だけで、身体を守ることに一番技術を費やした
第二次世界大戦の一品は、紛れもなくリアルクロージングとして
一生物の価値があると思います!

c0078587_1685417.jpg

この1点は、バックにステンシルが入っており、
レアなボディーにオンリーワンの要素も入った
スペシャルなジープコートとなります!
c0078587_169341.jpg

c0078587_1691269.jpg

c0078587_1692327.jpg

c0078587_1693426.jpg

c0078587_1694672.jpg




1930's Wool Mackinaw Coat (M-1926Type) Size:38 29980-yen +Tax
c0078587_161023.jpg

c0078587_16101354.jpg

c0078587_16102535.jpg

c0078587_16103559.jpg

珍しいこちらの一点もご紹介です!
タグを確認すると、民間品となりますが
1930年代ごろの古い一品です!
c0078587_16105779.jpg

c0078587_1611767.jpg

c0078587_16111956.jpg

そして、デザインに注目したいところで、
ウェストベルトはバックルではなく、ボタン止めの
古いディテールを供え、襟はビッグロールカラー、
ポケットはパッチポケットで仕上がっており、

1920年代に誕生した、陸軍のM-1926と
全く同じデザインで作られた一品となります!


これだけ確かな作りがされたアイテムは、
当時、ミリタリー以外でもフォレストサービスなどの
公的機関でも使用されていた間違いのない一品です!

粗いザラッとした古い物でしか味わえない
手ごたえのあるウール素材を使用しており、
時代を感じていただけると思います。

更にこのマッキノーコートから、
先ほどご紹介した物へと進化をしていった
元祖となる逸品というのも、興味深いところです。

ロールカラーにダメージの補修跡がありますが、
着用には、さほど支障がない程度と思います。

滅多に見ることが出来ないこのアイテムを
是非、お試しください!

この時代頃まで特有の、厚手ながら、
人の身体を見切った、無駄のないシルエットが、
ポイントの一品です!
c0078587_16114340.jpg

c0078587_16115569.jpg

c0078587_1612623.jpg

最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとうございます!
本日も、皆様の御来店を心より、お待ちしております!

神戸店 伊藤でした








magnets torwest Instagram.

商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwestもしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。
御了承くださいませ。
by magnetsco | 2016-12-10 21:45 | KOBE店 | Comments(0)