magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2293)
(1906)
(1677)
(1104)
(845)
(808)
(496)
(488)
(485)
(480)
(440)
(327)
(265)
(230)
(224)
(211)
(161)
(159)
(70)
(33)

最新の記事

10月25日(水)大阪店ヴィ..
at 2017-10-24 18:00
10月25日(水)大阪店ヴィ..
at 2017-10-24 16:00
10月25日(水)大阪店ヴィ..
at 2017-10-23 21:42

最新のコメント

R様、ご指摘をいただきま..
by magnetsco at 18:29
お世話になります。SOF..
by R at 21:35
https://11te..
by 1275674094 at 09:53
https://11te..
by 1275674094 at 11:58
> しんさん 神戸..
by magnetsco at 11:09

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

12月14日(水)大阪店ヴィンテージ入荷日!#2 U.S.M.C!!WWII フロッグスキン!!(大阪アメ村店)

度々こんばんは。マグネッツ大阪店スタッフヤスオです。

引き続き、
12月14日(水)大阪店ヴィンテージ入荷日!!
12:30~OPEN!!

のブログアップを行なって参りたいと思います!!

本日2度目のブログアップです!

まだまだファンの方に楽しんで頂ける、
スーパーレアなヴィンテージミリタリーウェアが入荷しております。

先程紹介したデッキフックジャケットに続き、
今日皆目見かけない入手困難なアイテムが並びますので、
お好きな方は、是非お付き合い下さいませ。

40's U.S.M.C P-44 FlogSkinCamo HBT JKT Size:38 Price:49980yen+TAX
c0078587_2114833.jpg

c0078587_211571.jpg

c0078587_212681.jpg

こちらもWWII時代のUSMC海兵隊仕様の
紛れもないスペシャルな一着。

M-44型フロッグスキンカモのHBTジャケットの登場です!

フロッグスキンカモは、
アメリカ軍がドイツ遠征の際に使用し、
カモフラージュのパターンが敵国のものと酷似していた為、
誤射が相次ぎ、使用中止に到った経緯を持つ迷彩となります。
c0078587_2122042.jpg

その為、オリジナルの物となると非常に残存数が少なく、
ミリタリーファンの方でもお探しの方が多いレアなアイテムになっていますね。

フロッグスキンの由来は、
ノルマンディ上陸の際に兵士が泳いで陸に上陸する際に、
その姿がカエルのように見える事からフロッグスキンカモと呼ばれるようになりました。
(日本ではダックハンターカモとしても呼ばれています。)
c0078587_2125877.jpg

最大の特徴的なディテールは、フロント部分の左右に大きくあるスリットポケット。
入り口は前合わせと平行に作られ、サイドから物を入れる作りになっている点です。
c0078587_2131755.jpg

開閉はドットボタンを採用しており、
片手でも出来るよう便利な作りになっています。
受けの部分を見ると補強布を挟んで付けられており、
細かなところまで配慮された作りです。
c0078587_213990.jpg
c0078587_213395.jpg

フロントボタン、カフス部分はUSMC特有のドーナツボタンが使用され、
部隊ならではのオリジナルパーツとなります。

生地はHBT(ヘリンボーンツイル/杉綾織)で、
ヴィンテージファンの方にはお好きな方が多い、
40年代特有と言える生地ですね。
c0078587_2173119.jpg

織目の柄が浮き出ており、ポケット部分を横に生地を取っている為、
ボディーの縦使いとは違った表情になっているところも
見た目に新鮮で、変化が楽しめます。

裏地もサンドカラーのフロッグスキンカモになっており、
完全なリバーシブルの作りではありませんが、
表と裏の色目違いのフロッグスキンの仕様は、
森のなかでも海岸でも使用できるようにリバーシブルタイプになっているのが特徴です。
c0078587_2151616.jpg

現在のファッションシーンでも人気の高いフロッグスキンカモ。
オリジナルのヴィンテージを手にされてみたいとお探しだった方は、
是非この機会に手にして下さいませ。
c0078587_2152455.jpg



40's U.S.M.C P-44 HBT JKT Size:About 38 SoldOut! ありがとうございました。
c0078587_2174625.jpg

c0078587_2175548.jpg

WWIIにおいても第一線部隊であったUSMC。
単色カラーのP-44も入荷です!

ヘリンボーンツイルのUSMC版ユーティリティージャケット"P-44"
マグネッツのお客様にもご存知の方の多い
3ポケットのカバーオールタイプ、下でご紹介のP-41の後続のモデルとなります。

大戦初期に採用されていたP-41から比べると、
このP-44ジャケットは胸の位置にポケットが変更されています。
c0078587_218455.jpg

当初はジャケットとして考案されたのですが、
兵士たちは実際に使用した際にシャツとして使用することが多く、
パンツの中に裾を入れる事が主になった為にこのデザインに変更されたと考えられています。

凝ったポケットデザインは左側は胸ポケットと2重構造となっており、
許容量の大きさから普段鞄持たない方にもオススメのシャツジャケットです。
c0078587_2185237.jpg

c0078587_21113581.jpg

c0078587_21114325.jpg

c0078587_21115162.jpg

フロッグスキンのP-44同様に、
メタルドーナツボタンの雰囲気もオリジナルヴィンテージならではの味があり、
P-41からも継続してお決まりの胸元のマリンコープスのステンシルは、
自部隊の主張と強さを強調した特徴で、見た目も非常にカッコ良いポイントですね。
c0078587_219234.jpg

味わい深い表情を放ち、
手書きのネームや袖の階級章もやはりリアルで痺れます。
c0078587_2182329.jpg
c0078587_2192343.jpg

こちらも入手困難なUSMCの古い年代ならではの一着です。
お探しだった方は、是非手にして下さいませ。
c0078587_2110283.jpg



40's U.S.M.C P-41 HBT JKT Size:About 38 SoldOut! ありがとうございました。
c0078587_21121152.jpg

c0078587_21121873.jpg

こちらがUSMC仕様のHBTジャケットの初期タイプのP-41になります。

唯一のアウターデザインになり、
人気で扱い易いカバーオールの作りになっています。
c0078587_21125352.jpg

デニム素材がワークのジャンルで馴染み深い形ですが、
USMCならではのやや明るめのミリタリーカーキのこの色合いも、
経年によりフェード感があり、風合いが抜群に出てカッコ良いです。
c0078587_21132918.jpg

c0078587_21133934.jpg

c0078587_2113468.jpg

また今回の一着は稀に見られる、
胸ポケット、ボトムポケット、袖の色合いがボディと明暗が異なり、
3トーンのように仕上がっている点もオシャレに映りますね。
c0078587_2113335.jpg

シンプルにカッコ良く、
軽く羽織るライトアウターとしてこの上なくオススメの一着です。
こちらのアイテムでも是非オリジナルの雰囲気の良さを体感してみて下さい。
c0078587_21131792.jpg



40's U.S.M.C/U.S.Army M-1942 FlogSkinCamo HBT All In One Size:38 R Price:39980yen+TAX
c0078587_2114566.jpg

c0078587_21141311.jpg

c0078587_211502.jpg

40年代の稀少な米陸軍仕様の
M-1942フロッグスキン迷彩のオールインワンが登場です!

フロッグスキンカモの歴史は先程記述した通りで、
USMCの方が印象に強い迷彩アイテムかもしれませんが、
実は最初に採用したのは陸軍の方になり、その後海兵隊にも支給されていきます。
c0078587_21144646.jpg

しかしこの迷彩を使用した部隊は少なく、
限られた戦線と短命なアイテムの為、先程のUSMCのP-44同様に、
高まる人気とは反比例して皆目見つからないレアな迷彩ヴィンテージミリタリーアイテムです。
c0078587_2117175.jpg

c0078587_21171027.jpg

貴重なWWIIオリジナルで、
欠損しがちなサスペンダーもしっかりと残ったコンディションの良さで、
オーバーオールのような着こなしもファッションで楽しんで頂けます。
c0078587_21151855.jpg

c0078587_21152893.jpg

c0078587_21153597.jpg

スムーズに稼動するコンマー社のオリジナルジッパーが付き、
フロッグスキンの迷彩も色濃く残る比較的状態の良い一本です。
c0078587_21155113.jpg

c0078587_2116411.jpg

c0078587_2116123.jpg

c0078587_21162567.jpg

c0078587_21163941.jpg

どのシーズンにも抜群の存在感と風合いで、
オシャレに重宝して頂けるアイテムですので、
お好きな方、お探しだった方は、是非この機会に手にして下さいませ。
c0078587_21172580.jpg

c0078587_21173412.jpg



40's~U.S.Army M-48 Combat Boots Size:10 D Price:19980yen+TAX
c0078587_2120318.jpg

c0078587_21204013.jpg

貴重な40年代の米軍のブラウンレザーのコンバットブーツの入荷です。

当時のオリジナルの弾数は圧倒的に少なく、
希少価値も益々高まる一点となります。

経年によるレザーの表情が抜群の雰囲気で、
ブーツ好きの方には堪らないヴィンテージならではの一足です。
c0078587_21221887.jpg

c0078587_21222543.jpg

22ホールの高めのレースアップがブーツインでもカッコ良く、
スタイリッシュな洗練されたデザインが現代のファッションシーンでも際立ちますね。
c0078587_2121774.jpg

アウトソールにニュージャージーラバーカンパニー社製の刻印が入ります。
M-42の空挺部隊のジャンプブーツと酷似しますが、
パンチング無しのキャップトゥ、ラバーのオールソールのディテールが、
WWII後の40年代後半から朝鮮戦争の50年代初期に採用された、
M-48コンバットブーツの特徴となります。
c0078587_21213159.jpg

c0078587_21214928.jpg

単純にため息が出る程、カッコ良いルックスで、
最もシンプルで、この時代にして既に完成されたデザインと思います。

ブーツ好きの方、是非手にして下さいませ。
c0078587_21205949.jpg

c0078587_21225957.jpg



Circa 1900's European Prisoner Under Pants Size:About M Price:12980yen+TAX
c0078587_21174611.jpg

c0078587_21175497.jpg

こちらは想像を絶する激古のヴィンテージウェアです!
ミリタリーではないですが、非常に仕様がそそられます。

まず見かける事もない
およそ1900年代頃のユーロのプリズナーアンダーパンツとなります。
c0078587_2118770.jpg

c0078587_21191958.jpg

ざらつきのあるコットン100の質感が非常に古い年代ならではの手触りで、
服好きの方には非常にお好きな方の多いような
抜群の風合いのあるファブリックです。
c0078587_21181863.jpg

c0078587_21182949.jpg
ウエストはドローコード付きのアンダーパンツらしい作りですが、
こういったアイテムまでヴィンテージで拘ってみるのも贅沢ですね。
また、コレクションとしてもこの上なくスペシャルかと思います。
c0078587_21185789.jpg

c0078587_211962.jpg

プリズナー仕様を伺わせる最大の特徴は、
内側に214と囚人番号と取れる数字がステンシルされ、
くっきりと残り、確認出来る点です。

一世紀以上前のアイテムでありながら、現存が奇跡的です。
マニアックなヴィンテージファンの方、
至極の逸品を是非この機会に手にして下さいませ。
c0078587_21193131.jpg

c0078587_2119528.jpg


最後までありがとうございました。

明日も、12月14日(水)大阪店ヴィンテージ入荷日!のブログアップを予定しておりますので、
是非そちらもお付き合い下さいませ。

大阪店 ヤスオでした

今回の入荷ブログはコチラから!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


#1 US.Navy/USMC デッキフックペイント!SuperRare!


商品に対するお問い合わせはこちらまで → magnets osakaもしくは、snke83474@nike.eonet.ne.jp まで御連絡ください。※恐れ入りますが、お電話でのお問い合わせは御遠慮下さいませ。※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。

magnets OSAKA Instagram.
by magnetsco | 2016-12-11 23:08 | OSAKA店 | Comments(0)