magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2186)
(1792)
(1609)
(1087)
(820)
(789)
(493)
(475)
(454)
(452)
(435)
(324)
(242)
(227)
(224)
(200)
(160)
(159)
(62)
(32)

最新の記事

L.L.Bean!!!(T...
at 2017-08-18 12:54
大阪店にも届いて参りました!..
at 2017-08-18 00:44
Vintage KEY Ri..
at 2017-08-17 15:09

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 19:20
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

U.S.A.A.F B-7 Flight Jacket!!(大阪アメ村店)

c0078587_23383163.jpg

c0078587_233768.jpg

c0078587_2338422.jpg

c0078587_23382042.jpg

c0078587_23412967.jpg

c0078587_23364074.jpg

c0078587_233834.jpg

c0078587_23371516.jpg

c0078587_23373110.jpg

c0078587_2337406.jpg

これほどまでに究極に温かい、
今の時期に最強の防寒が備わった
スペシャルヴィンテージウェアもまずないだろう。

何百枚と目を通した写真の中から
たった数枚しか見つからなかった
実際に当時着られていた貴重画像と併せて、
本日のブログアップにお付き合い下さいませ。

U.S.Navyクルーの集まりの中の一枚。
当時海軍でも使用されていた!!非常に興味深い資料画像です。

40's U.S.A.A.F B-7 Flight JKT,A-6 Flight Pants Size:JKT-40 R,Pants-38 R Price:SetUp-299980yen+TAX
c0078587_20475870.jpg

長い米軍のフライト史の中でも最も見かける機会が少なく、
あまりの実物の少なさから今日ではリプロダクトがほとんどで、
現在では幻と言われる程、現存数の少ないフライトウェア。

その製造期間は何と1941年~1942年の後継のB-9に変わるまでの僅か一年となります。
"B-7"
c0078587_20484216.jpg

c0078587_20485287.jpg

c0078587_2049270.jpg

フライトジャケットは、高度や気温によって細かく区分されており、
それにより着用するユニフォームが決められ、アラスカ等の(エアトランスポート通称ATC)空輸部隊、
グリーンランドの戦闘機パイロットに支給された"B-7"フライトジャケットは、
通称"アラスカンジャケット"とも呼ばれ、
エキストラヘビーゾーン(-30℃~-50℃)での使用目的として支給された物となります。

正に最強の防寒被服というのが御覧の通りですが、
当時、防寒を高める為に、最も最適な素材として採用されたのがシープスキン。
このシープシェアリングこそが、B-7の最大の特徴となります。
c0078587_2132193.jpg

c0078587_21143277.jpg

c0078587_2134023.jpg

c0078587_2134836.jpg

防寒効果を高める為に、ジャケットの丈はヘビーゾーン用のB-3より長くなり、
フード付きのハーフコートタイプのディテールを採用しております。

風の進入をより防ぐファスナーの上をさらにボタンとループで閉じるように設計されており、
馴染み深いN-3Bフライトジャケットのルーツとなっている事も伺えます。

B-7は、極寒地での使用の為、凍結によるムートンのひび割れを防止する為、
表面は、コーティング処理がされておらず、ホワイトカラーのシープスキンの表情も、
他のフライトジャケットでは味わえないオリジナリティを楽しんで頂ける醍醐味を持っております。

しかし、そのコーティング無しによるダメージを受け易いデメリットも当時は浮き彫りとなった事からも、
こういった着用出来るコンディションの物の存在の稀少性も言えますね。

30年代からの開発から採用に至るまで、当時渾身の一着として支給に至ったB-7ですが、
当時の同素材のフライトジャケットと同様に、シープスキンのコスト問題、
戦闘機内ではボリューム感があり過ぎ、動き辛く飛行用途としては不向きであるとされた為、
後のコットンシェルのB-9に引き継がれ、一年製造のみで支給が終わった流れとなります。

以上の事からも非常に弾数の少ないB-7フライトジャケットですが、
この一着は、現アヴィレックス社の前身となる、
A-2でも御馴染み"エアロレザー"社のコントラクトもしっかりと残るオリジナル品となります。

B-7とセットで支給されたトラウザーズ"A-6"の
上下セットでの発掘が奇跡のミュージアムピースです。
c0078587_21145960.jpg

c0078587_2115762.jpg

c0078587_21152532.jpg

c0078587_21153244.jpg

c0078587_21153912.jpg

c0078587_21154657.jpg

c0078587_2115549.jpg

フードにはコヨーテのリアルファーがまだフサフサの状態で残っており、
レザーストラップ、シームテープとボトムポケットは、
ホースハイドのレザーが使用されている点も贅沢で、
メインジッパーをはじめとするジップ部分には半円の古いタロンジッパーがフルオリジナルで備わっております。

またB-7はナチュラルムートンの表面が白けられば白いだけレア度が高く、
この一着は、本当にホワイトカラーが印象的です。
c0078587_21165657.jpg

c0078587_2117548.jpg

c0078587_21171133.jpg

c0078587_21171892.jpg

c0078587_21174260.jpg

c0078587_21175147.jpg

c0078587_21175777.jpg

c0078587_21181199.jpg

左肩には陸軍と空軍がまだ一緒だった陸軍航空隊時代のUSAAFのマークもしっかりと残ります。
c0078587_20503489.jpg

c0078587_20505872.jpg

c0078587_20511022.jpg

A-6においても膝部分のダブルニーの補強用途も果たす大きなフロントポケット、
股下のダブルクロスの生地もホースハイドレザーを使用しており、
裾先には防寒性を重視されたニットリブが付き、
ほとんどダメージが見受けられないのも特筆すべき点です。
c0078587_20513272.jpg

c0078587_20514143.jpg

c0078587_2054523.jpg

c0078587_20514944.jpg

c0078587_2052398.jpg


c0078587_20524525.jpg

c0078587_20525382.jpg

c0078587_20525979.jpg

c0078587_2053694.jpg


c0078587_20531957.jpg

c0078587_20532593.jpg

c0078587_20533261.jpg


調べて見るとU.S.A.A.Fのマークが付く事から、
陸軍航空隊仕様と考えられておりましたが、
U.S.Navyと合作ではという可能性も否めません。

B-7の使用はアラスカ半島からロシアのカムチャツカ半島にかけてのアリューシャン列島、
アラスカ州フェアバンクスに位置したラッド陸軍飛行場での使用が見られます。
c0078587_2340395.jpg

非常に興味深く、ミリタリー好きの方の心くすぐる実物品です。
いつかは手に入れてみたいと憧れを抱かれていた方、
お好きな方は、是非実物をご覧の上、店頭でゆっくりと御検討下さいませ。

本日も皆様のご来店をお待ちしております。

大阪店 ヤスオでした。
by magnetsco | 2016-12-16 12:32 | OSAKA店 | Comments(0)