magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2002)
(1751)
(1500)
(1009)
(752)
(717)
(444)
(436)
(432)
(414)
(377)
(291)
(238)
(210)
(198)
(198)
(146)
(143)
(56)
(32)

最新の記事

細身に!且つ、スタイリッシュ..
at 2017-03-27 12:32
神戸店3/29(水)イームズ..
at 2017-03-26 21:43
本日は大阪店ミリタリー&イン..
at 2017-03-25 22:06

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 14:42

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

神戸店1/25(水)ヴィンテージ入荷!#5 British Army Denison Smock!US.Army Item!!!

こんばんは、神戸店 伊藤です。

神戸店1/25(水)ヴィンテージ入荷!12:30~OPEN!!!
のブログアップ、本日最終日になります!

本日は、マグネッツらしくミリタリーアイテムを
ご紹介していきますね!

最初のブログアップは、アーミーアイテムを中心に
ご紹介していきます!
まだまだ見たことがない一点物が出てくる、奥が深い
ジャンルです。
特にアーミー物は、その数が多く、コレクションしていくのも
楽しみですね!

今回の面白いアイテムが入っていますので、
是非、お付き合い下さいませ。

それでは、本日もよろしくお願い致します。


1940's British Army AirBorne Brash Stroke Denison Smock Size:about-42
SoldOut!です。ありがとう御座いました。
c0078587_2055133.jpg

c0078587_20552325.jpg

c0078587_20553393.jpg

注目度の高いユーロヴィンテージミリタリージャケットのご紹介です!
各国の軍に影響を与え、存在感は絶大な
ブリティッシュアーミー(英国軍)ジャケットである
本家イギリス軍の1940年代"デニソンパラトルーパースモック"になります!!

デニソンスモッグとは、
第二次世界大戦時にイギリス特殊作戦執行部(SOE)のエージェントや、
パラシュート部隊、グライダーパイロット部隊、エアランディング連隊、航空観測ポスト艦隊、
そして、その他の連邦航空ユニットの為に、考案されたミリタリーウェアとなります。

イギリス空挺部隊がパラシュートでの降下中に
エキプメントが様々な装備に絡まったりしないように、
一番上のカバースモックとして着用するよう考案されました。
c0078587_2056769.jpg

パラシュート降下中は背面下部に付いた
通称"ビーバーテール"を前面に渡し着用し、
北アフリカのアラブ人達からは、当時"しっぽ男"(Men with Tail)と呼ばれていました。

c0078587_20562463.jpg

そのボディーには、北アフリカやイタリアの戦場に合うように、
グリーンx赤褐色のブラウンxサンドの3色で構成され、
まるで筆で描いたようなパターンから、
通称"ブラッシュストローク"と言われるカモフラージュが描かれています。

今回ご紹介の物は、タグが欠損しておりますが、
ファーストパターンで仕上がった非常にレアな一品となります。
そして、使用感がほとんど見られない
このボディーの状態は非常に興味を覚えるところではないでしょうか!
c0078587_2056519.jpg

スタンドカラーになっている襟の内側と、ビーバーテールを
受け止める前身ごろの内側には、渋みのあるカラーの
ウールフランネルで補強され、
c0078587_205738.jpg

ファーストパターンとして大きな特徴と言える
後にボタン留めに変更される袖リブもコンディション良く残っており、
オリジナルでは袖が取られたりしている事が殆どの中、
このコンディションは必見です!

また、D-Day(ノルマンディー上陸作戦、1944年7月)の直後、
多くのデニソンスモック保有者は、個人的なテイラーに持ち込み、
プルオーバースタイルのフロントからフルオープン仕様に
リメイクして着用されたケースが多く、現在、発掘できるデニソンファーストで、
リメイクされていないオリジナルは極めて珍しく、
今後手にする機会は滅多にないのが現状ですが、

今回の一品は、リメイクされていないのは勿論、
非常に興味深いパーツが備わっています!
フロントのハーフジッパーにご注目ください。
c0078587_20572379.jpg

ブリティッシュアーミーで使用されるアイテムでは珍しい
クラウンのスプリングカムが搭載されています!
しかも、この形状に目を惹きますね!

指を引っ掛けて簡単に開閉が出来るよう、
工夫された、初見の方も多いと思われる
珍しい形状で、仕上がっています!
リプロダクト品だと、このような特殊なパーツを
使うことは、なかなか考えられませんね。

何かと、交流のあるイギリス軍とアメリカ軍ですが、
今回のように、アメリカ製のジッパーが備わっている
ケースもあったようですね。


各国軍に影響を与えたことについてですが、
第二次世界大戦中にイギリスで活動したベルギー特殊部隊ユニットは、
当時イギリス特殊空挺部隊(SAS)に組み込まれていました。

彼らベルギー特殊部隊は、戦後自国ベルギーへ帰国してからも
デニソンスモッグを着用し続け、それらはベルギー国内で、
M54ムーン&ボールパターン、M56ベルギアンブラッシュストロークパターン、
そして、M58ジグソーパターンと進化します。

フランスSASは、第二次世界大戦中フランスを解放するために
自由フランス軍と戦っている戦時中、デニソンを着用し、

第一次インドシナ戦争の中、1954年から始まった
ヴェトナムでのディエンビエンフーの戦いでも、
フランス軍パラシュート部隊に着用されましたが、
多くは戦地のテイラーでプルオーバーからフルジップへとリメイクされたそうです。

こういった事からもジッパーがフルジッパーに改良される前の
ファーストパターンの存在が、極めて貴重という事が伺えます!
c0078587_20592551.jpg

裾口の内側には、なにやら手書きで文字が入っているのも
嬉しいポイントです!
c0078587_20582133.jpg

c0078587_20583478.jpg

c0078587_20584486.jpg




1924' US.Army Dress Pants W/BuckleBack Size:30x30 19980-yen +Tax
c0078587_2101643.jpg

c0078587_20593999.jpg

c0078587_20594983.jpg

c0078587_210778.jpg

続いても、レアなアイテムのご紹介となります!
非常に古い1920年代のミリタリードレスパンツとなります!

ライトブルーのカラーにサイドはホワイトのラインで
仕上がったこちらは、当時アメリカ陸軍で使用されていた
パンツになります!

肌理の細かい、うっとりしてしまう極上のメルトン生地を
使っており、ミリタリーというバックボーンを省いたとしても
十分にヴィンテージとしての価値を備えた一本です!
c0078587_2104887.jpg

c0078587_2105971.jpg

c0078587_211826.jpg

フロントはボタンフライ、腰帯は、ベルトループにサスペンダーボタンが
備わっていますが、この年代で、ベルトループが付いているのは、
嬉しいポイントですね!

式典などで使われる制服になりますので、礼を欠かないよう
フロントのポケットは省略され、バックポケットのみの作りとなっているのも
このミリタリーパンツでは、よく見られますね。
c0078587_2112250.jpg

バックポケットは、丁寧に両玉縁で仕上がっており、
その下には、アーチを描いたステッチが入った、
隙のない作りです!
c0078587_2113717.jpg

そして、ヴィンテージとして、価値のあるパーツが
バックのセンターに鎮座しています!
バックルバックとなります!
2本針のこのメタルパーツが何とも言えませんね!
いつ見てもかっこいいパーツです!

この後の年代では、かなり股上が深くなってくる作りになるのですが、
この一本は、今のパンツに通じる股上で仕上がっており、
普段穿きとしても扱いやすく活躍するパンツだと思います。

ラインも、細すぎず太すぎずの絶妙なラインで仕上がっていますので、
いつまでも飽きる事無く、長く使って頂けるのではないでしょうか?
c0078587_2115918.jpg

中を見ると、タグが備わっており、これを当時使用していた兵士の
ネームが書かれていますが、その中にスタンプによる、
年号も記載されていて、1924と読み取る事ができます!
c0078587_22414927.jpg





1980's Champion ReverseWeave for U.S.M.A. Size:M
SoldOut!です。ありがとう御座いました。
c0078587_212533.jpg

c0078587_2122743.jpg

c0078587_212405.jpg

80年代ではありますが、この度その希少性から、
ヴィンテージアイテム扱いとして、こちらもご紹介いたします!

アメリカ陸軍士官学校のトレーニングユニフォームとして
扱われていた、チャンピオンのリヴァースウィーブの
ご紹介です!

こちらのアイテムは、常に人気が高く探しておられる方が
多いと思います。
この度の一品は、使用感がありますが非常にコンディションが良く、
目立ったダメージは御座いません。

ボディーにはオートミールを使用しているのですが、
サイドのエクスパンションガゼットを含めた、リブと、
身頃の生地のトーンが少し違った2トーンとなっているのも
ポイントで、更にフロントVのパーツが備わっているのも
スペシャル感がありますね!
c0078587_2121112.jpg

c0078587_2132752.jpg

胸に記載されたUSMAの文字は、染みこみプリントにより
仕上がっており、今回のように使い込むと、かすれた
いい褪色を見せてくれます!
中には、トリコタグが備わり、サイズはM。
その下には、生徒のネームが入っているのが、
リアルですね!
c0078587_2133987.jpg

c0078587_2135279.jpg

c0078587_214530.jpg

c0078587_2141674.jpg



1940's US.Army M-42 JeepCap Size:about-S
SoldOut!です。ありがとう御座いました。
c0078587_21426100.jpg

c0078587_214348.jpg

c0078587_2144580.jpg

大戦米陸軍において、1942年2月採用の、
通称『ジープキャップ』が入ってきました。

天頂部のヒトデ型ステッチが特徴的な
防寒用ウール製ニットキャップで今の時期にピッタリですね。

バイザー付になり形も整えやすいので
コーディネートの邪魔にもならず使いやすいです!

カラーはグリーンでは無くカーキ色になりますので
ミリタリー感の強い雰囲気にはなりません!

ウール素材になりますので、所々虫食い箇所が
御座いますが、主に裏面になりますので、
着用には、支障が無いと思います。
レプリカならよく見るのですが
オリジナルは希少です!

サイズはS程度となっておりますので、頭が小さく市販の物で、
大きすぎて困っておられる方は必見です!
c0078587_2145696.jpg

c0078587_2151310.jpg



1960's US.Army M-65 Field JKT 2nd model Size:S-Short
SoldOut!です。ありがとう御座いました。
c0078587_2163255.jpg

c0078587_2164733.jpg

c0078587_216583.jpg

アメリカ軍フィールドジャケットの傑作となる
M65フィールドジャケットのご紹介となります!
現在アメリカでは、120ドルほどの価格がつき出しており、
非常に価値が見直されているアイテムです!

ファッション界にも多大な影響を与えた傑作ジャケットは、
各国の軍にも、そのデザイン性が取り入れられ、
本当に、一番有名なフィールドジャケットですね!
c0078587_2173517.jpg

c0078587_2174528.jpg

この度は、貴重なセカンドモデルで入っており、
襟とメインジッパーにはアルミが搭載されているのが
特徴となります。

その中でも、この度はサイズがSショートで入ってきており、
お探しだった方も多いと思います。

そろそろ、しっかり手元に置いておかないと、
一気に価値が上がったり見かけなくなったりする
時期に差し掛かってきたと思いますので、
今の内に、押えていただきたアイテムです!
c0078587_218533.jpg

c0078587_2182175.jpg

c0078587_2183733.jpg



1950's US.Army M-51 Field JKT W/Liner Size:S-Long 12980-yen +Tax
c0078587_2185588.jpg

c0078587_219999.jpg

そしてこちらは前身モデルである、M51フィールドジャケットとなります!
M-43のボタン止めからジッパー仕様に変更され
裏には、備え付けのライナーが装着出来る様に
なったモデルです!
c0078587_2193722.jpg

c0078587_2195243.jpg

コットンサテンを使った最後のモデルでもあり、
こちらもアタリによる見た目が、最高にカッコイイですね!

最近お店でも、皆様から、コンディションが良いものより、
程よく使い込まれ雰囲気が出ている物の方がいいと言う
声を頻繁に聞くようになってきました。

やっぱりミリタリーらしさが出る、使用感があった方が
雰囲気がありますよね。

今回の一品は、S-ロングと着丈が長くなっているのですが、
このM-51は前後のモデルと比べ少し着丈が元から
長めに取られているので、こちらのロング丈で、コートっぽく
きていただくと、雰囲気が一層引き立ちます!
c0078587_21101363.jpg


中にはライナーもこの度のものは備わっていますので、
是非、ご覧になってください!
c0078587_21104587.jpg

c0078587_21102490.jpg

c0078587_21105816.jpg

c0078587_2111950.jpg





1960's U.S.A.F. Cattle JKT Size:M-Long
SoldOut!です。ありがとう御座いました。
c0078587_21113882.jpg

c0078587_21112978.jpg

c0078587_21114771.jpg

そして、フィールドジャケットのラストは、
こちら、アメリカ空軍で使用されていた、
通称キャトルジャケットとなります!

このモデルも、一気に無くなりましたね。
昨年度、数枚入荷が御座いましたが、お問合せなど、
かなりの数をいただきました。

今回のものは、60年代に入ってから、
ボディーカラーがセージグリーンから、
ODに変更された物になります。
c0078587_21121428.jpg

M-65フィールドジャケットの登場により
全軍支給となったため、その姿を消す事となった
ジャケットですが、今回の一品は、1965年生産の物となります。

空軍が独立して自軍で企画、採用したフィールドジャケットも
お試しください!
c0078587_21123128.jpg

c0078587_2112414.jpg

c0078587_21125152.jpg

c0078587_2113479.jpg



1940's US.Army M-47 H.B.T. Shirt Size:about-S 6980-yen +tax
c0078587_21131797.jpg

c0078587_21132645.jpg

c0078587_21133915.jpg

第二次世界大戦が終結し、空軍が独立した年の、
1947年に登場したM-47HBTシャツになります。

M-43から進化を遂げ、更にシャツらしくデザインが
変更される事となりました。
c0078587_2114813.jpg

大きく取られていたチェストポケットは、
シャツに適した大きさに変更されており、
ガスフラップは廃止となります。


このデザインを見たことがある方が多いと思うのですが
世間で知られるアーミーシャツ、またはO.D.シャツなどと
呼ばれている、サテン生地を使ったアイテムが御座いますが
その、元となったモデルになります。

このヘリンボーンから、コットンサテンへ、生地が変更されるのは、
1951年ごろとなります。
対戦中に使用されていた13スターズのメタルボタンから、
終戦後には尿素ボタンへと、切り替わっていきます。

パッと羽織るには、非常に便利な一品で、ミリタリーらしい
雰囲気が直ぐに手に入りますので、ミリタリーを
始めてみたい方に、最適なアイテムではないでしょうか!
c0078587_21143040.jpg

c0078587_21144187.jpg




1940's US.Army M-38 Jeep Coat Size:about-40 19980-yen +Tax
c0078587_2115844.jpg

c0078587_21151958.jpg

c0078587_21153176.jpg

キャンバスコットン素材を使用し30年代に誕生した、
M-38ジープコートの登場です!

士官兵が着用している事が多く、通常はジープでの
移動が主だったので、通称"ジープコート"と言われる
最初のモデルとなります!

c0078587_21154952.jpg

厚手のキャンバスコットンを使っているので、
防風性は高く、しっかり身体を守ってくれます!
そして、内側には、ウールフランネルのライニングが
綺麗に張り巡らされており、高い保温性を備えているのが
わかります!

後にアウターシェルの生地が薄手の物に変更していくのですが、
このキャンバスコットンのモデルは、使いこんでいくと
なんとも言えない、土臭さが滲み出てきて、特別感がありますね!
c0078587_21161378.jpg

このジャケットは特殊な位置にガーゼタグが
付き、ポケットの裏側部分にこのように張られています。
プリントの印字が消えかかっていますが、タグ自体は綺麗に残っています!

渋さに突出したM-38ジープコートは、
男らしい雰囲気を味わうには、最適なアイテムではないでしょうか!
c0078587_21163037.jpg

c0078587_21164078.jpg

c0078587_2116519.jpg

c0078587_2117548.jpg




1960's US.Army Cotton Over Coat Size:S-Regular
SoldOut!です。ありがとう御座いました。
c0078587_21171818.jpg

c0078587_21172635.jpg

オリーブグリーンのカラーで仕上がった
ミリタリーらしさが滲み出た一品です!

60年代のアーミーのオーバーコートとなります!
使っている素材は、この年代ならではのコットンサテンを使用しており
昨今では、軽さを重要視する傾向にありますが、このずっしりとした
重みを好む方も多いと思います!

重みと共に、その年代の雰囲気も味わってください!
c0078587_21174350.jpg

使用感もかなり少なく、いいコンディションで残っており
ショルダーには、嬉しい事にワッペンが貼られており、
大味に見えるこういったコートアイテムでは
特にアクセントとしても役立っているのではないでしょうか?
c0078587_21175785.jpg

c0078587_21181352.jpg

ダブルブレストのデザインで、カチッとした雰囲気を
楽しみたい方には、ベルトも欠損なく残っており
最適なアイテムになりますので
是非、ご覧になってくださいね。
c0078587_21193365.jpg

c0078587_21194825.jpg

c0078587_21195910.jpg

c0078587_21201439.jpg

c0078587_21202578.jpg

c0078587_21204190.jpg

最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとう御座います!
この後もブログアップが御座いますので、是非、
お付き合い下さいませ!

よろしくお願い致します!

神戸店 伊藤でした


P.S.こんな一品もご覧になってください。
1950's Kamo DuckHunter Camo Hunting JKT Size:about-38 7980-yen +Tax
c0078587_21211750.jpg

c0078587_21215146.jpg

c0078587_21214137.jpg

ハンティングアイテムですが、こちらをご紹介いたします!
ダックハンターカモを使った、ハンティングジャケットとなります!
今回の一品は、ボタンパーツにご注目です。
13スターズのメタルボタンを使用しており、
ジャケットの製造ブランドはKamo社となります!
c0078587_2122264.jpg

このブランドは、二次大戦終戦後から、フロッグスキンカモを
ハンティング用として、一般に広めたブランドで、
ナム戦時には、このカモをヴェトナムのジャングルに溶け込むように
トーンや、色目を変え、改良していました。

ナム戦が始まる頃、CIAなどのアメリカ諜報員は、
このハンティングカモを本国で購入し、現地に乗り込み使用していたそうです。

それが派生して、ヴェオガムパターンなどが生まれ、
現在は、コレクターアイテム扱いをされています。

今回の物も、どこかミリタリーに関連してそうな雰囲気がありましたので、
ご紹介させていただきました!
c0078587_2122408.jpg

c0078587_21225239.jpg





この度の入荷ブログはこちらから ↓


神戸店1/25(水)ヴィンテージ入荷!#1 LEVI'S 558XX!WorkItem!!!(T.W.神戸店)


神戸店1/25(水)ヴィンテージ入荷!#2 50's HbarC Black Rayon Western Blouson!Mix Item!!!


神戸店1/25(水)ヴィンテージ入荷!#3 1950~60's Champion Runners Label Sweat!!!


神戸店1/25(水)ヴィンテージ入荷!#4 30's ハトメ Mole Skin Hunting JKT!WoolItem!!!


c0078587_21293587.jpg

by magnetsco | 2017-01-24 16:17 | KOBE店 | Comments(0)