magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2000)
(1751)
(1498)
(1007)
(752)
(717)
(443)
(436)
(432)
(412)
(376)
(291)
(238)
(210)
(198)
(198)
(144)
(143)
(56)
(32)

最新の記事

3月25日(土)大阪店Vin..
at 2017-03-23 23:27
3月25日(土)大阪店Vin..
at 2017-03-23 17:00
特別感を得れる生地!(T.W..
at 2017-03-23 12:34

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 14:42

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

神戸店1/25(水)ヴィンテージ入荷!#6 50's US.Navy J-WFS(WEP)!40's M-445A Flight JKT !!!

こんばんは、神戸店 伊藤です。

神戸店1/25(水)ヴィンテージ入荷!12:30~OPEN!!!
のブログアップのラストのブログアップとなります!


最後のブログアップは、アメリカ海軍のアイテムを
中心にズラッと並べていきます!
今となっては、実物を見れるだけでも満足感を
得ていただける貴重なアイテムや、海軍ならではの
ファッション性に長けたヴィンテージなど、
この度も、いろいろと入っておりますので、
ご覧になってください!

それではラストのブログもよろしくお願い致します!


1940's US.Navy M-445A Flight JKT Size:36 39980-yen +Tax
c0078587_22391758.jpg

c0078587_23225946.jpg

c0078587_2323961.jpg

c0078587_23232040.jpg

40年代の海軍のフライトジャケット。
M-445Aの登場です!

海軍の大戦以前のフライトジャケットは、
1930年代に正式採用されたM-444に始まり、
M-445、M-445A、M-445B,AN-J-4の5タイプが存在しますが、
非常に短命が故に、今日絶滅危惧種とも言える一着になります。

c0078587_22424324.jpg

爆撃機に乗る海軍航空隊員のB-3と呼ばれるM-445Aボンバージャケットは、
まだ機内の暖房設備が充実していない時代に、
パイロットを寒さから守るヘビーゾーン用で、
その当時の考えられる最高の防寒装備として開発されました。
c0078587_22414223.jpg

c0078587_22493871.jpg

最大の特徴は、
何と言っても見た目から温かい
"シープシェアリング"
背面は贅沢な2パネル仕様となっており、


非常にコストがかかることから、後にはすぐに違う素材のフライトジャケットが開発され、
1930年代末から終戦を待たず1943に生産中止の極めて短命であることから
弾数は少なく、コンディションを問わず現在残っている物がほとんどありません。
c0078587_2243737.jpg

海軍らしい特徴と言えるのが、
G-1でも見られる大きなフロントのパチポケットです。

また首周りの防寒面において、
ストラップ装備等で固定する手間はなく、
上部までジッパーが走っている点も考えられたディテールです。
c0078587_22444365.jpg

c0078587_22451848.jpg

ボディがシープシェアリングである中、
ポケット、ショルダー、エルボークロスには、
シープスキンとは異なるレザーが使用され、
その質感の異なるコントラストもまたこのジャケットの醍醐味かと思います。
c0078587_22454961.jpg

c0078587_2246810.jpg

c0078587_22462363.jpg

今回の一品は、使っている素材上、ダメージが激しく
ムートンの裂けの補修後、左カフスのムートンの切れ、
メインジッパーの交換などが見られ、
普段の着用としては、難しいと思いますが、
歴史的資料としても、非常に価値のある一品で、
ディスプレイ、インテリア、観賞用などで扱って
楽しんでいただけるよう、非常にお手頃な価格となっております!



タグに記載されているBUREAUとは、米海軍の材料支持組織(米海軍航空局)を意味し
1921年~1959年まで使用されています。
c0078587_2248959.jpg

c0078587_22483194.jpg

c0078587_22491934.jpg

c0078587_2249259.jpg







1950's US.Navy J-WFS (WEP) Size:40-Long
SoldOut!です。ありがとう御座いました。
c0078587_21364780.jpg

c0078587_21365528.jpg

c0078587_21371180.jpg

続いても非常にレアなアイテムの登場です!
1950年代に海軍で開発された
ナイロン製フライ トジャケットで
正式名称はJ- WFS(ジャケット-ウィンターフライングスーツ)となる一品です!

タグにはWEP(海軍武 器局)と記されていて、
G -8とはレプリカメーカーがそう呼んだことが
発端のようでいまは通称となっています。

マニアックなミリタリー好きの方は
お探しの方もおられたのではないでしょうか。


1970年代まで使用されてますが、
ジャケットとトラウザースを合わせて着用する事を
強く意識した作りになっており、ウインター・フライングスーツ(WFS)と言う名称になっています。
c0078587_21375169.jpg

着丈の短めなジャケットと、ハイウエストなトラウザースを
セットアップで着用するので、従来の様に
サスペンダーを使用せずに、ジャケットの内側に有るタブに
連結させる作りになっています。
c0078587_2138747.jpg

独特なデザインで仕上がっており、襟はリブを使用していますが、
スタンドカラーとなっており、フロントはストラップで、閉じることが
出来る様になっています。
c0078587_2138223.jpg

そして、胸部分に存在感のある、大きなポケットが二つ備わり、
裾口には、リブが入らないのも特徴ですね。
c0078587_21383623.jpg

後のモデルでは、特徴的な手首のリブニットは
V字に切れ込んだデザインになっていますが、
この初期のストレートリブは、価値があります!
c0078587_21385163.jpg

内側のライニングには、コットンクロスを使っているのも
特徴的で、他のフライトジャケットでは、見られな仕様になります。
コットンを使っているので、ご覧のように、
所々、生地が磨耗により、避けていますが、
このライニングで、綺麗な状態を臨むのは、ほぼ不可能と
言われています。
c0078587_21391436.jpg

首元にタグが備わっていますが、このモデルでは
滅多に見ることのできない黒タグが備わっており、
Mil-S-18342Bと書かれているのが確認できます。

このBモデルから、これより色目が濃いオリーブが採用されるのですが、
色目は明るいトーンのカーキを使っており、Aモデルからの移行期と
考えられます。
Bモデルが採用されたのは、1959年からとなりますので、
50年代の可能性が高い一品だと言えますね。

またサイズ表記には、40ロングと記載されており、
極端に着丈の短いこのジャケットでは、一番嬉しい
規格になるのではないでしょうか!
滅多に見られないレアな一品です!
c0078587_21394579.jpg

c0078587_21395574.jpg

c0078587_2140792.jpg


1940's Probably. US.Navy. H.B.T. All in One Size:40
SoldOut!です。ありがとう御座いました。
c0078587_22472278.jpg

c0078587_22473253.jpg

c0078587_22474545.jpg

珍しい一品の登場です!
ヘリンボーンツイルを使った謎があるツナギのご紹介となります!

c0078587_22504899.jpg

一見すると、このデザインは、陸軍で使用されていた
M-38のデザインに仕上がっているのですが、
バックポケットには海軍らしい丸みを帯びたポケットが
使われ、メタルボタンが月桂樹のデザインでは、海軍物で、
確認できています。
c0078587_2251380.jpg

今回のものは、メタルボタンもご覧のように、
刻印が入らないプレーンタイプの物を使用していますね。
c0078587_22512039.jpg

c0078587_22514781.jpg

ヘリンボーンの畝も従来のものより太めに仕上がった
綺麗に織り込まれた物を使用し、
首元には、擦れによりはっきりとは読み取れませんが、
ミリタリーでお馴染みの黒タグが備わり、Type Bと書かれている
ところまでは確認できます。

このアイテムで、黒タグが備わるものは初めて
見ました。
c0078587_225293.jpg

色々と調べてみたのですが、資料が出てこず、
明確な詳細は分からないのですが、胸にはネームテープが
入っており、ミリタリー仕様であることは間違いない一品です。

陸軍仕様のM-38でも、現在では見つけることが非常に困難となっており
この一品は、凄くレアなアイテムだと思います!

陸軍では、メカニックやラインマンに主に使用されていたそうですが、
海軍ではコンバットユニフォームとして、当時使用されていたようです。
c0078587_22524254.jpg

c0078587_22525683.jpg

c0078587_2253267.jpg

c0078587_22535384.jpg

c0078587_2313718.jpg

c0078587_1635378.jpg







1940's US.Navy Alpaca Liner Vest Size:about-38
SoldOut!です。ありがとう御座いました。
c0078587_21403085.jpg

c0078587_2140393.jpg

c0078587_21405188.jpg

そして、人気の高いこちらのアイテムの登場です!
40年代のネイビーのデッキベストです!
シンプルですが、雰囲気抜群のカッコ良いアイテムです!

中がアルパカライニングで、アルパカベストとも呼ばれたりしますが、
表のこの見た目からは、良い意味でギャップを感じる
保温性を備えており、実用面でも、十分な機能を発揮し、
手放せないアイテムになると思います!

40年代のネイビーアイテムとしては、
弾数も少ない稀少なアイテムで、
見逃せない一品ですね!

保存状態も非常によく、アウターシェルのダメージがない上、
裏のアルパカのコンディションも最高です!
ジッパーにも全くダメージもなく、貴重なデッキベストです!
c0078587_21412854.jpg

c0078587_21413744.jpg

c0078587_21414880.jpg




1940's US.Navy Single Pocket C.P.O.Shirt Size:17
SoldOut!です。ありがとう御座いました。
c0078587_214254.jpg

c0078587_21421446.jpg

c0078587_21422748.jpg

c0078587_21423634.jpg

このアイテムも登場です!
シンプルな見た目で、常に人気のあるアメリカ海軍が
使用するC.P.O.シャツになります!

c0078587_2142516.jpg

しかもこの度は、40年代の片ポケ仕様の1枚です!
古い時代のC.P.O.シャツは、最初、胸のポケットは
このようにシングルポケットとなっています。

限りなく黒に近い、本国ではミッドナイトと呼ばれる
渋いカラーで仕上がっており、海軍ならではのこのカラーは
その後もずっと使用されています。


今から約80年が経とうとしているアイテムですが、
使用感や生地のヤレは見られず、ウールの柔らかな質感から
水もくぐっていない素晴らしいコンディションとなります!

タグも欠損なく残っているのが、嬉しいですね!
c0078587_21432190.jpg

c0078587_21433361.jpg

c0078587_21434275.jpg



1940's US.Navy 10Button P-Coat Size:abouot-38 24980-yen +Tax
c0078587_21435288.jpg

c0078587_2144269.jpg

c0078587_21441036.jpg

ミッドナイトカラーを使用したもっとも有名なモデルのご紹介です!
通称“10ボタン”と呼ばれる
40年代に支給されたPコートになります!

c0078587_21442784.jpg

アメリカ軍最強のアウターと呼ばれてる
Pコートは、1910年代から始まり

1930年代、1940年代、1950年代以降と
モデルチェンンジを繰り返しており、
50年代ごろから8ボタンに変更される前の、
最後の10ボタンモデルとなります。
c0078587_21443887.jpg

ライナーには、レーヨン地を使っている物がほとんどなのですが、
こちらはレーヨン生地に変更される前のコットンサテンを使っているのが
ポイントです!
c0078587_214574.jpg

c0078587_22384671.jpg

ハンドウォーマーポケットの中には、
厚手のコットンを使った頑丈なコーデュロイを
使っており、初めてご覧になられる方は、
素材の凝りように驚くと思います!
c0078587_21451697.jpg

中には、タグも欠損なく残っています!

ディテールも魅力が詰っていますが、この年代のPコートの特徴は
独特な細身のシルエットということが挙げられ、
ノッチドカラーの作りや、前振りのスリーブなど、
使っていただくと、確かな満足感が得られるアイテムです!

今回のものは、コンディションも良く、
普段着だけでなくお仕事場でも使って頂ける
アイテムになりますので、
コンディションが良いというのは、このアイテムにとっては
大きなポイントになってくるのではないでしょうか?
c0078587_21454034.jpg

最近では、生地のダメージは勿論ですが、
ボタン、チンストラップの欠損の物が
多く見られる中、欠損なく揃っているのも
嬉しいポイントです!

正に一生物のアイテムとなりますので、
是非、ご覧になってください!
c0078587_21454889.jpg




1960's U.S.M.C. Wool Trousers Size:32x31 7980-yen +Tax
c0078587_22541629.jpg

c0078587_22543486.jpg

c0078587_22544857.jpg

海兵隊が使用するウールトラウザーズです!

この部隊が使用するウールアイテムは、本当に
独特の色目で、オリーブにブラウンが混ざったような
言葉で上手く表現できない色目を使っています。
c0078587_22551268.jpg

c0078587_22552673.jpg

腰帯には、ネームスタンプ、それとサイズ記したタグが
入るだけで簡単な表記が多いのが特徴ですね。

4軍の中で、一番数の少ない部隊になりますので、
それに関連するアイテムはどうしても弾数が
少ないものばかりです。
こちらのアイテムも、勿論そのうちの1つに入ります。

素材は、ウールフランネルを使用しており、
弾力のあるソフトな質感となっています。

シルエットは、股上が深くワイドなシルエットで
仕上がっているので、新鮮に感じていただけると思います!

穿いたときの感想ですが、とにかく締め付けがないので楽です!
楽すぎて、クセになると思いますよ笑
ウール素材にしては奇跡的なコンディションのよさなので
気になる方は、お試しください!
c0078587_22562369.jpg

c0078587_22563535.jpg

c0078587_2257895.jpg

c0078587_22571937.jpg



1940's U.S.M.D. Wool Blanket 12980-yen +Tax
c0078587_2258159.jpg

c0078587_22573612.jpg

オリーブ・ドラブのカラーで古い時代のウールブランケットが1点入ってきました!
センターには、ケリュケイオンの杖のモチーフが描かれた
メディカル・デパートメントの一品となります!

ここ数年で、ブランケットをお求めの方が
本当に多くなりましたね。

この度のものは、ウールの質感は、この年代なので
非常に良い物を使っているのは、勿論ですが、
コンディションもよく、ご家庭で使われる方には、
お部屋で使っていただくにも最適な一品かと思います!
c0078587_22582652.jpg

c0078587_22584187.jpg

c0078587_22594526.jpg

最後までご覧頂きまして誠にありがとう御座います!
この度も、初日からブログを見て下さいました皆様、
本当にありがとう御座いました!

明日、ご都合の宜しい方は、是非、御来店下さいませ!
皆様にお会いできる事を、楽しみにしています!


神戸店 伊藤でした



この度の入荷ブログはこちらから ↓


神戸店1/25(水)ヴィンテージ入荷!#1 LEVI'S 558XX!WorkItem!!!(T.W.神戸店)


神戸店1/25(水)ヴィンテージ入荷!#2 50's HbarC Black Rayon Western Blouson!Mix Item!!!


神戸店1/25(水)ヴィンテージ入荷!#3 1950~60's Champion Runners Label Sweat!!!


神戸店1/25(水)ヴィンテージ入荷!#4 30's ハトメ Mole Skin Hunting JKT!WoolItem!!!


神戸店1/25(水)ヴィンテージ入荷!#5 British Army Denison Smock!US.Army Item!!!


c0078587_21293587.jpg




magnets torwest Instagram.

商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwestもしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。
御了承くださいませ。
by magnetsco | 2017-01-24 17:42 | KOBE店 | Comments(0)