magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2293)
(1906)
(1677)
(1104)
(845)
(808)
(496)
(488)
(485)
(480)
(440)
(327)
(265)
(230)
(224)
(211)
(161)
(159)
(70)
(33)

最新の記事

10月25日(水)大阪店ヴィ..
at 2017-10-24 18:00
10月25日(水)大阪店ヴィ..
at 2017-10-24 16:00
10月25日(水)大阪店ヴィ..
at 2017-10-23 21:42

最新のコメント

R様、ご指摘をいただきま..
by magnetsco at 18:29
お世話になります。SOF..
by R at 21:35
https://11te..
by 1275674094 at 09:53
https://11te..
by 1275674094 at 11:58
> しんさん 神戸..
by magnetsco at 11:09

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

神戸店3/1(水)ヴィンテージ&スーペリア入荷!#1 "変体!" 60's バウアーダウン カラコラム!!!

こんばんは、神戸店 伊藤です。

本日より
神戸店3/1(水)ヴィンテージ&スーペリア入荷!12:30~OPEN!!!
の、ブログをスタート致します!

今回も貴重でレアな
ヴィンテージアイテムが集まりました!
中には、次見ることが出来ないと思われる
アイテムも入っています!

季節感問わず見つけたときに手に入れたいと思える
見所のあるアイテムは、やっぱり見るとテンションが
あがってしまいます!

ただレアというだけでなく、それがなぜ作られたのか
という、バックボーンなども備えた物が多く、
知っていくと、どんどん興味が湧いてくるのもポイントですね!

まず最初は、アウトドアアイテムを中心に
ご紹介していきますので、良ければご覧になってください!

それでは皆様、よろしくお願い致します!



1960's BauerDown Karakoram Parka Size:about-S~M
SoldOut!です。ありがとう御座いました。
c0078587_17525224.jpg

c0078587_17525936.jpg

c0078587_1753995.jpg

c0078587_17532017.jpg

圧巻の見た目となるスペシャルピースのご紹介となります!
バイヤー富井氏のインスタグラムのアップ以降、
沢山の方から尋ねられた一品が、遂に入荷の運びとなりました!

1960年代のバウアーダウンのカラコラムパーカです!

c0078587_17533861.jpg

ヴィンテージの世界で、ダウンジャケットと言えば
このブランドが挙がってきます。
1936年に、ダウンジャケットをはじめて開発したブランド
エディーバウアー。

軍でも支給された初のダウン内臓のフライトジャケットB-9の
コントラクターも務め、数々のダウン製品を生み出してきましたが、
その中でも、最高峰と言われるモデルがこちらのカラコラム!

エディーバウアーが1953年にカラコラム山脈の
K2登頂を目指したアメリカ人探検隊に
ダウンジャケットを提供したのですが、
そのときのモデルが、このカラコラム・パーカーになります。

販売自体は1955年からスタートして
改良されながら50年以上作られています。

今回の一品は、そんな有名なモデルの中でも、
普段見られない非常にレアなモデルとなります!

真っ赤なボディーカラーとなりますが、
使用している生地には本来見られない
リップストップナイロンが採用されています!
こういった変体仕様を見ると、テンションがあがりますね!

強度より、軽さや多端でしまう収納面を考えた生地となり、
本格的なクライマー仕様といったところでしょうか。
それに伴うように作りにも、本来のカラコラムとは、少し違った
作りが垣間見えます。
c0078587_17542583.jpg

本来は、縦横にステッチが入って小分けに
羽根が詰っているのですが、ボディーのダウンステッチは、
全て横方向で、統一されています。
c0078587_17544110.jpg

また、厚手のグローブを着用する事を想定で作られた
非常に大きなボトムポケットには、本来、ボタンで留める
ように作られていますが、リップストップナイロンを
使っているので、ベルクロを採用しています。

c0078587_17545943.jpg

一番擦れの機会が多くなる前立てには、ジッパー部分も
含めて厚手のコットンテープで補強されているのが、
面白いポイントですね!

そして、何よりの特徴が、このパンパンに膨らんだ
圧巻の羽根の量に尽きるのではないでしょうか!
本来のカラコラムパーカでも、凄い量となるのですが、
それより、一回り大きく膨らんだボディーに驚きます!

ウィンドフラップに至るまで、相当な量の羽根が詰っています!
c0078587_182512.jpg

今回のボディーには、カラコラムのタグが付いていますが、
元々ダウン製品は全モデルにバウアーダウンのタグが付いていました。

カラコラムの販売数が以上に伸びたので、
60年代後半にカラコラム専用の
このタグが作られる事になります。


肉厚というか、羽根の詰まり方がハンパなく
そのスペックを試したくなる楽しみも備えた
個人的にはウズウズしてまうアイテムです!

その見た目から、サイズがわかり辛いのですが、
着用感は、僕自身ビックリしたのですが、S~M程度になると
思います。
と言っても、普段L~XLの方でも羽が圧縮されますので、
余裕で着れると思います。

着た時の羽根の締め付けられた感覚が
すごかったというのが感想です。


下に、着画を載せていますが、特に横から見たときの
膨らみ方は、他のダウンジャケットでは、出せないですね。
この膨らみでも、中は身体にフィットしています。
凄すぎるスペシャルピースです!

ダウンジャケットを持って初めて重いと感じました。笑
c0078587_183326.jpg

c0078587_1831329.jpg

c0078587_1832258.jpg

c0078587_1833219.jpg

c0078587_1834557.jpg

c0078587_1835575.jpg

c0078587_1845165.jpg

c0078587_1845855.jpg


1960's Cawichan Sweater Size:about-38 12980-yen +Tax
c0078587_1853853.jpg

c0078587_185476.jpg
c0078587_1855660.jpg

続いてのアイテムは、こちらです!
カナダのカウチン族から誕生した、
ファッションアイテムとしても、
知名度の高いカウチンセーターになります!


今回の一品は、なんと言っても見た目のカラー使いが
特徴で、ナチュラルカラーを基本ベースにしている
カウチンですが、そこに緑がこれだけ入っている
カウチンは、なかなか珍しいのではないでしょうか?

c0078587_1861949.jpg

モチーフにしている柄も、動物や乗り物、
風景などが多いのですが、こういった総柄のような
パターンは、レアですね!

カウチンといえばローゲージの質のいいウールを
使用しているため、ニットアイテムと言っても、
十分にアウターとして機能する、優れたアイテムですが、
その見た目から、カジュアルすぎると敬遠されている方も
いらっしゃると思います。

ですが、今回のようなパターンで仕上がっていると、
使えると思った方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

サイズ感も、ゆったりではなくスマートに着れる
ラインで仕上がった、38程度となっていますので、
すっきりとしたコーディネートを好まれる方にも
扱い易い一品となっています。
c0078587_187340.jpg

目の詰った確かなウールを使って編み込まれ、
メインジッパーにはタロンのブラスを使った
ヴィンテージとなり、質の高い一品ですね!

カウチンアイテム自体が、市場から姿を
消していっていますので、お探しだった方は、
是非、お試しください!
c0078587_187139.jpg

c0078587_18722100.jpg

c0078587_1873130.jpg



1970's Woolrich Wool Hunting Knicker Pants Size:34x20 5980-yen +Tax
c0078587_1874167.jpg

c0078587_1875027.jpg

c0078587_1875723.jpg

廃れる事がない、オートミール調のグレーウールを
使った、ハンティングニッカーパンツです!

上品な佇まいで、グレーのウールをボトムスで使うと、
トップスはどんな物を持ってきても
コーディネートで失敗もなく、しっくりきて使い易いですね。

しかも、丈はご覧の通りの7分丈程度の
ニッカータイプとなっていますので、
これからの時期にも、扱い易いのではないでしょうか?


ハンティング仕様となっているので、ウールのスラックスとは
作りが異なり、股下などは、複雑な切り替えしで縫製され
ハンターが動き易いように考えられています。
c0078587_1891576.jpg

裾口には、ベルクロで、調節するようになっているのですが、
これがコーディネートでは非常に役立ち便利です。
足元のチョッとしたニュアンスを自在に表現でき、
最後に全体を整えるのに、役立ちます!
c0078587_1892989.jpg

後ろを見ると、大胆に、ヒップクロスが貼られており、
丈夫な作りをしていますね!
この辺りにも、スラックスとは違った、ワークテイストが
漂っており、扱いやすいと思った方が多いのではないでしょうか!

ブランドはウールリッチで、アメカジらしい一品です!
c0078587_1893726.jpg




1960's Vintage Wool Pull Over Shirt Size:about-17
SoldOut!です。ありがとう御座いました。
c0078587_181003.jpg

c0078587_1810899.jpg

c0078587_18101721.jpg

ウールシャツでいい物がまとめて入ってきましたので、
ご紹介していきます!
トップは、定番の赤黒のバッファローチェックを使用した1枚!

大柄に使っているのが特徴で、柄の大きさが変わるだけで、
随分と新鮮に感じますね!

そしてそれだけでなく今回の一品は、
服好きの心を擽るような拘りの作りが見られる
ウールシャツになります。
c0078587_18104768.jpg

まずは、プルオーヴァーのデザインで、
このタイプでは珍しい作りですね。
フロントには、ジッパーが備わったスリットネック仕上げで
C&C社製の納得の物が搭載されています。
c0078587_1811219.jpg

左胸には、ポケットが付きますが、シャツとしては
非常に大きなポケットで、真四角のデザインもカッコよく、
その上、記号のようなエンブレムが刺繍で入っているのも
見逃せないポイントです!

c0078587_18111956.jpg

更に袖先には、外出しのリブが備わっていて、
ユニークな仕上がりの一品ですね。
リブの質感も硬さがあるウールリブを使っており、
納得の一品です。

全体的なコンディションも非常によく、
価値ある一品ではないでしょうか!
c0078587_18113481.jpg




1950's Woolrich Wool Full Zipper Shirt Size:M 7980-yen +Tax
c0078587_18114633.jpg

c0078587_1812383.jpg

c0078587_18131555.jpg

c0078587_18132420.jpg

続いては、こちらも赤ベースですが、
色目が多いチェックで仕上がったウールシャツです!
ポケットが備わらず、裾口もシャツのような
カッティングで仕上がっていますが、
フロントには、珍しいジッパー仕様で仕上がった
フルオープンの1枚です!
c0078587_18122317.jpg

襟のデザインも独特で、ランバージャックシャツで
見られる、角ばったユニークなデザインを使っています!
c0078587_18125313.jpg

そして、袖先はこちらも外リブの仕様となりますが、
こちらは、ブラックカラーを使い、全体的に引き締まった
見た目ですね!
c0078587_23343612.jpg

備わっているブランドタグは、ウールリッチ!
しかもこのデザインは古く、価値ある年代の一品です!

使用感はありますが、こちらもダメージのない
綺麗な1枚です!
c0078587_18133470.jpg



1940's Brent Wool Shirt Size:16
SoldOut!です。ありがとう御座いました。
c0078587_18134583.jpg

c0078587_1813547.jpg

c0078587_1814111.jpg

次はオーソドックスなシャツタイプの1枚です!
絶妙な配色にマチ付きと、ヴィンテージらしさが備わった、
お好みのウールシャツではないでしょうか!

c0078587_18142314.jpg


はっきりした色使いで、古さを感じないのですが、
古い時代の雰囲気あるボタンを使用しており、
備わるタグは、ブレントとなっています!

スウェットや、ニットアイテムで、ご存知の方も
多いと思いますが、ウールシャツでは、
意外と見かけることが少ないかもしれません。
c0078587_1814313.jpg

しかも、今回のタグはデザインが面白いですね。
シンプルにブランドネームが入っている
バックには、スキーヤーが描かれており、
スキーシャツとして作られた一品となります!

貴重な一枚です!
c0078587_1815542.jpg

c0078587_18151384.jpg

c0078587_18152359.jpg



1940's Field&Stream Wool Shirt Size:about-15 6980-yen +Tax
c0078587_18163355.jpg

c0078587_18164135.jpg

ウールシャツのラストを飾るのは、こちら!
アンティークチェックらしい、ペールトーンの
色使いがレトロ1枚です!
c0078587_18165520.jpg

ボタンも、古い物が備わっており、
特にシャツアイテムではボディーだけでなく、
ボタンのデザインで、見た目が大きく変わるので、
ここは重要だと思います。
c0078587_1817474.jpg

個人的に、気に入った一番のポイントは、
エルボーパッチ!
ナチュラルカラーの鹿革を使っており、
このボディーの見た目に凄く馴染んだパッチですね!
これだけで、グッと見た目が引き立ちます!
c0078587_18172137.jpg

こちらもタグが備わっていますが、フィールドストリームが
手がける一品で、アークティック系のアウターで
チラホラ見かけるブランドですが、作っている製品は、
どれもしっかりした物ばかりで、確かなブランドです!
c0078587_18173486.jpg

c0078587_18174417.jpg

c0078587_18175424.jpg



1970's Schott Down Vest Size:S 7980-yen +Tax
c0078587_1818614.jpg

c0078587_1818149.jpg

c0078587_18182593.jpg

c0078587_18192762.jpg

古い時代の物が見かけられなくなったダウンヴェストを
2点ご紹介いたします!

どちらも70年代頃のアイテムで、アウトドアでは、
古い時代のものになりますね!

トップは、サックスブルーの爽やかなカラーで、
いかにもアメカジといった見た目になるダウンベストです!

ブランドは、今尚、大人気のショットとなります。
80年代前後には、意外とこのブランドは、
ダウン製品を沢山作っていましたが、

その当時のアイテムって、現在では、
本当に見られなくなってきましたね。

タグにも記載があるとおり、高級なノーザングースの
ダウンを使用しており、品質の高さが伺えます。
c0078587_18191491.jpg

メインジッパーには、タロンの物が使われており、
他の業界よりいち早く、YKKへと切り変わった
アウトドアの世界では、貴重なパーツになると思います!

サイズが、Sサイズというのも、貴重なのではないでしょうか!

そして下には、こちらも鮮やかなカラーで仕上がった
一品となります!

ご存知のキャンプ7のダウンヴェストです!
先程と同年代ぐらいの一品で、
スナップボタンの形状が一回り小さい、
ヴィンテージとして扱われる古い時代の物になります。

リップストップナイロンを使用しており、
軽い仕上がりが特徴なダウンヴェストです!

どちらも、ダックテールのデザインになっているところに
オールド感を感じてしまう、いい雰囲気の一品ですね!

Camp7 Down Vest Size:S 7980-yen +Tax
c0078587_18201570.jpg

c0078587_18202611.jpg

c0078587_18203496.jpg

c0078587_18204442.jpg

c0078587_18205473.jpg

c0078587_1821327.jpg



Patagonia Fleece JKT Size:S
SoldOut!です。ありがとう御座いました。
c0078587_18214014.jpg

c0078587_23344918.jpg

c0078587_18213038.jpg

ラストは、パタゴニアのフリースを1点ご紹介!
使い勝手のいい、人気のブラックカラーで仕上がったアイテムです!
c0078587_18225252.jpg

c0078587_1823095.jpg

フルオープンの便利な作りに加え、
体側から腕先にかけては、
ストレッチの効いた異素材を使っており、
アクションの妨げを極限まで、抑えた作りになっています。

最初に登場したフリースと
比べると、随分と進歩していますね。
c0078587_18231814.jpg

c0078587_18241788.jpg

裏側を見ると、身頃にメッシュ部分が確認できますが、
そこにフィルターが入っており、保温効果をアップした
仕様で、薄手ながらかなり温かく快適に過ごせます!

ボディーは勿論、USメイドになっており、
貴重な一品ではないでしょうか!

使用感もなく、綺麗な状態というのも嬉しいポイントです!
c0078587_1824475.jpg

最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとう御座いました!
明日も、入荷ブログが続きますので、お時間のある時に
ご覧いただければ幸いです!

よろしくお願い致します。

神戸店 伊藤でした




magnets torwest Instagram.

商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwestもしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。
御了承くださいませ。
by magnetsco | 2017-02-26 23:35 | KOBE店 | Comments(0)