magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2046)
(1766)
(1531)
(1033)
(763)
(737)
(452)
(445)
(442)
(430)
(387)
(291)
(239)
(213)
(203)
(198)
(153)
(143)
(58)
(32)

最新の記事

虜になるトリコ!(大阪アメ村店)
at 2017-04-29 23:52
Bowling & B.B...
at 2017-04-29 00:25
HawaiianShirt!..
at 2017-04-28 23:26

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 14:42

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

Chinoを知りたい!!!(T.W.神戸店)

c0078587_22014161.jpg
こんばんは、神戸店 伊藤です。

本日は、今季注目度の高い
チノパンをご紹介を致します!

チノパンとひとくくりにしてみても、
実は年代によって様々な違いがあり、
流行でお穿きになる方も、どういったものか
知って使うと、気分もまた違ってくると思いますので
よければご覧になってください!

それでは、よろしくお願い致します。


カーキパンツとも呼ばれるチノパン誕生の起源ですが、

1800年代、在インドの英国軍が、本来、白い制服が
土ホコリで汚れた色をカーキと呼びました。
カーキとはインドの方言で“土ホコリ”を指します。

一日外に出ると、土ホコリでベージュに変わってしまい
それなら最初から、この色のパンツに染めて使おう
となったのがきっかけです。

チノという名前は、他説あり、アメリカが中国(CHINA)から輸入したことから
チノと名づけられた、また、先ほど出てきた在インド英国軍が駐在したところが
中国との国境近くだったため、チノと名づけられたなどと言われています。

今回は、ミリタリーチノをピックアップしていますが、
アメリカ軍で夏季用の制式ユニフォームとなったのが、1902年となり
パンツが制式に使われたのが1937年となります。

c0078587_22014190.jpg
c0078587_22411134.jpg

1950's US.Army 45Khaki Chino Pants Mil-T-2064A Size:30x30 12980-yen +Tax
c0078587_19212666.jpg
c0078587_19212818.jpg
c0078587_19215746.jpg
c0078587_19215696.jpg
まずは、45カーキと呼ばれるこのチノパンから!
ミルスペックナンバーは、Mil-T-2064Aとなり、
ダブルステッチが最大の特徴である一本です!
45年に誕生したMil-T-2064と51年にマイナーチェンジした
Mil-T-2064Aにダブルステッチが見られます。

足のラインのサイドシームがダブルになっており、
50年代初頭で姿を消すディテールになります。
ヴィンテージチノとなると、真っ先に挙がるディテールですね。
c0078587_19215622.jpg
c0078587_19212751.jpg
c0078587_19215612.jpg

フロントポケットは、斜めに角度が付いており、
バックポケットは片玉縁の作りになっていて
膝下のラインもワタリからまっすぐに伸びているのが特徴です。

ボディーと腰帯は共生地となっており、
ベルトループも長めの作りです。
c0078587_19215658.jpg
c0078587_19212762.jpg
勿論、ボタンフライのデザインとなっています。
c0078587_19212618.jpg




c0078587_19240506.jpg
1940's US.Army 45Khaki Mil-T-2064A Size:30x28 9980-yen +Tax
c0078587_19240438.jpg
c0078587_19243450.jpg
c0078587_19243501.jpg
c0078587_19240537.jpg
c0078587_19243573.jpg

c0078587_19243577.jpg
こんな一本もあります。
こちらは先程の45カーキのデザインそのままなのですが
サイドがダブルではなくなっています。


先ほどと同じくMil-T-2064Aのスタンプが
トップの物で確認できますが、
この時代あたりから
ダブルとインシームの物が混在するようになってきます。


インシームのステッチは
後に続くチノパンに受け継がれ
以後はこの作りに統一されることとなります。

その他の仕様は、ダブルステッチチノと同じ作りとなっており、
こちらも45Khakiと呼ばれる1本となります。


1940's US.Army 45Khaki Mil-T-2064A Size:30x29 9980-yen +Tax
c0078587_19272784.jpg
c0078587_19272597.jpg
c0078587_19272724.jpg
c0078587_19272686.jpg
c0078587_19272633.jpg
c0078587_19272439.jpg
c0078587_19272644.jpg





1950's US.Army Button Fly Chino Pants Mil-T-2064C Size:34x29 7980-yen +Tax
c0078587_19413736.jpg
c0078587_19413433.jpg
c0078587_19413706.jpg
c0078587_19413666.jpg
c0078587_19413791.jpg
ボタンフライのディテールを備える最後のモデルとなりますので、
ボタンフライチノとくくられる
50’sに見られるチノパンになります!
バックポケットに尿素ボタンが両方備わるのが特徴ですね。

尿素ボタンとは、ユリア樹脂、すなわち尿素樹脂をつかったもので
プラスチック樹脂がまだ開発されていない時代のパーツになり、
現在この尿素ボタンは見られなくなっているだけに
チノに限らずヴィンテージを見分けるポイントとなっています。

ズドンとした、緩めのシルエットは健在で、
こちらもヴィンテージ特有のオーラがあります。
この時代に細かな仕様変更が、
多くみられチノパンの完成刑が仕上がっていきます。


先ほどのMil-T-2064Aからマイナーチェンジが入り、
このボタンフライチノは、ミルスペックナンバーが
Mil-T-2064Bに始まり、Mil-T-2064Dまで、存在します。
c0078587_19373701.jpg
2064Bは1952年12月5日に制式採用され
先程までとの一番の違いは腰帯の部分。

腰帯がボディーとは独立した生地を使った
最初のモデルで以後はこの作りとなり、
ベルトループは短いものが備え付けられ、
バックポケットには、尿素ボタンが
取り付けられ、物の紛失を防止しています。

ボタンフライチノの、BからDへと映る過程で、
フロントポケットの角度に変化が見られ、
2064C(1954年11月5日採用)になると後のチノパンで定着する、
角度がない体側に添った作りになります。
スタンプが消えいていますが、上の物がCモデルの1本となります。


そして後の2064D(1956年1月9日採用)から、
コインポケットが省略される事となります。
下にご紹介している物がDモデルです。
コインポケットが省略されていますね。


よく見ると本当に様々な仕様変更が見られ
奥の深さを実感し、更に、こういった細かなところまで
普段から考えて作られていることに
改めてミリタリーの凄さを痛感します!

1950's US.Army ButtonFly Chino Pants Mil-T-2064D Size:31x31 7980-yen +Tax
c0078587_19373680.jpg
c0078587_19373437.jpg
c0078587_19373790.jpg
c0078587_19373588.jpg
c0078587_19373530.jpg
c0078587_19373721.jpg
c0078587_19373586.jpg
c0078587_19373403.jpg



1960's US.Army ZipperFly Chino Pants Size:38x35 6980-yen +Tax
c0078587_19444520.jpg
c0078587_19444687.jpg
c0078587_19444462.jpg
c0078587_19444649.jpg
c0078587_19444518.jpg
c0078587_19444590.jpg

そしてジッパーフライモデルになります!

60年代に入るとこのモデルが定番となり、
膝下もテーパードがかかってきて
やや細めのシルエットとなります。
ボタンの色目も、少し明るくあっさりとした印象です。

チノパンを気軽に始めたい方には、こちらのモデルから
始めてみるのが価格的にもシルエット的にもオススメです。

このモデルでチノパンの良さを味わっていただき、
徐々に古い年代へと、試していってください!

トップのものは、ジッパーフライの前期に使用されている
トップボタンを備えたもので、下にご紹介しているのは、
フックタイプになった後期タイプになります。
後期はチノ自体の色目もペールトーンになっています。

この後の時代には、生地がポリ/コットンへと
変更されるのですが、マグネッツが取り扱うのは、
コットン素材のこのモデルまでです。

当店でお選びになる方は、安心して選んでください!


1970's US.Army ZipperFly Chino Pants Size:40x29 6980-yen +Tax
c0078587_19490738.jpg
c0078587_19490716.jpg
c0078587_19490647.jpg
c0078587_19490855.jpg
c0078587_19490798.jpg
c0078587_19501224.jpg
c0078587_19490645.jpg



1950's U.S.A.F. Tropical Trousers Mil-T-4955 Size:30x33 6980-yen +Tax
c0078587_22071936.jpg
c0078587_22072085.jpg
c0078587_22071866.jpg
c0078587_22072068.jpg
c0078587_22072074.jpg
c0078587_22071950.jpg
c0078587_22071841.jpg

ちょっと変わった余り見られない50年代のチノパンも
ご紹介いたします。

先ほどまではアーミーで使用されていたものでしたが、
こちらは、エアフォース仕様のチノパンです!

トロピカルトラウザーズと書かれている
夏季用のユニフォームになるのですが、
陸軍と違って色目がかなりあっさりとした
タンカラーを使用しています。

生地も薄手のコットンツイルを使用しており、
暑い時期には大活躍する一本です。

50年代ではありますが、エアフォースのものは、
ベルトループが長く取られており、太めのベルトも
使えます。

この年代に既にジッパーフライになっており
機能的な作りは、さすがエアフォースと言ったところです。

シルエットは、アーミー以上に、かなりルーズな太めに
仕上がっていますので、緩めのラインを
探しておられる方がかなり増えましたが、
この一本も視野に入れていただければと思います。


1950's U.S.A.F. Tropical Trousers Mil-T-4955 Size:30x30 6980-yen +Tax
c0078587_22125243.jpg
c0078587_22125115.jpg
c0078587_22125298.jpg
c0078587_22125205.jpg
c0078587_22125393.jpg
c0078587_22125130.jpg


最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとう御座いました。
明日も、皆様の御来店を心より、お待ちしております!

神戸店 伊藤でした

magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwestもしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。 ※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。
by magnetsco | 2017-04-09 22:14 | KOBE店 | Comments(0)