magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2186)
(1793)
(1610)
(1087)
(820)
(789)
(493)
(475)
(455)
(452)
(435)
(324)
(242)
(227)
(224)
(200)
(160)
(159)
(62)
(32)

最新の記事

着て分かる良さ!!(大阪アメ..
at 2017-08-19 00:08
L.L.Bean!!!(T...
at 2017-08-18 12:54
大阪店にも届いて参りました!..
at 2017-08-18 00:44

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 19:20
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

どのペインターにしよう?(T.W.神戸店)

c0078587_17012652.jpg



こんにちは、神戸店 伊藤です。


本日ご紹介は、デニムペインターパンツです!
通常のデニム生地より、薄手のライトオンスを
使用している、正に今からが一番使い時なアイテムで、

ルーズなシルエットなので、窮屈感がなく、
肌に張り付く事無く、気持ちよく穿いていただけ
ワイドラインがトレンドとしても大活躍しそうですね!

ヴィンテージでこの度は、6本ほど
ご紹介させていただきますので
よければご覧になってください!

何卒、よろしくお願い致します。





1940's Workman's Denim Painter Pants Size:30x31 29980-yen +Tax
c0078587_13472894.jpg
c0078587_13472694.jpg
c0078587_13472707.jpg
最初は、しゃがれた雰囲気が堪らないこちらの一本から!


トップボタンには、40年代のWorkman'sと刻印された、
マイナーブランドのデニムペインターパンツです!


40年代のデニムペインターは、それ以降の時代と比べると
一気に数が少なくなってきますね。
c0078587_13472879.jpg
c0078587_13481937.jpg
この年代の特徴は、ポケットの縁にリベットが打たれていますが、
バックポケットにも備わっている点です。
リベットの形状もUFO型を使っており、後の時代には
徐々に見られなくなってくる、デザインです。
c0078587_13482052.jpg
古い年代特有の、粗くありつつも綺麗に見える独特の
縦落ちが特徴で、ヴィンテージデニムならではの雰囲気です!
ただ古いだけでなく、そのよさは、こうやって一見すると
理解していただけると思います。


c0078587_13472697.jpg
フロントは、今では数が非常に少なくなった
ボタンフライの仕上がりで、
このディテールがお好みの方も
沢山いらっしゃるんじゃないでしょうか?


当時のワーカーが作業のために使用していた物が多いため、
色落ち具合も、非常にカッコよく、目を見張る物があります!
c0078587_13481994.jpg
c0078587_13482022.jpg
使用により、全体にアタリが出て、
しかも補修がところどころ見られる所に
土臭い良い雰囲気が感じられ
リアルクロージングならではの魅力です!
c0078587_13482031.jpg


c0078587_13515562.jpg
1960's KEY NOS Denim Painter Pants Size:30x36 , 40x36, 19980-yen +Tax
c0078587_13515502.jpg
c0078587_13515698.jpg
c0078587_13524507.jpg

c0078587_13515440.jpg
c0078587_13515351.jpg
c0078587_13515481.jpg
c0078587_13524642.jpg
c0078587_13524512.jpg
c0078587_17315553.jpg






穿きこんだ表情を楽しめることで、
一番有名な生地となるデニムですが、

同じモデルであっても、穿いた人により、
1本1本にそれぞれ違った表情が出き、
それ故何本も、手に入れたくなるアイテムですね。


"一度は、自分自身で育てた一本を持ってみたい!"


そう思っておられる皆様は
そんな自分で育てる1本となると、


「やっぱりヴィンテージデニムを選べたらベスト。」
になると思います。



こちらは、60、70年代のUSワークを代表する
KEYのデニムペインターパンツで、申し分ない一本かと思います!


このペインターは、当時でも珍しい
11 1/4オンスのタフな生地感が特徴的で、
また頑丈なステッチワーク、リベットパーツと
しっかりとした信頼の作りです!

何十年前のデニムアイテムを
1から自分で育て上げれるのはこの上ない贅沢で、
年代ならではの極上の色落ちを楽しんで頂けます!


バックポケットのステッチは、各ブランドの差別化を
最もはかれるポイントだと思いますが、KEYのデザインは
ユニークで、インパクトがありますね。

1970's KEY NOS Denim Painter Pants Size:31x36 16980-yen +Tax
c0078587_13544882.jpg
c0078587_13544629.jpg
c0078587_13552531.jpg
c0078587_13544710.jpg
c0078587_13544707.jpg
c0078587_13544878.jpg
c0078587_13544985.jpg
c0078587_13544607.jpg
c0078587_13552558.jpg





1960's Bigmac Denim Painter Pants Size:38x28 19980-yen +Tax
c0078587_13563016.jpg
c0078587_13563084.jpg
c0078587_13562866.jpg
先ほどのパンツをこんな風にそだてていきたいですね!
といったお手本のようなペインターパンツのご紹介です!

今のライフスタイルでは
なかなかここまでの雰囲気に
育てるのは困難だと思う方も
いらっしゃるんじゃないでしょうか?



味のある表情をしておりますので、
デニムの"魅力"を堪能していただける一本です!

ヒゲの入り方はヴィンテージペインターでは
中々お目にかかれない
素晴らしいお手本のようなアタリの出方ですね!
c0078587_13563094.jpg
また、大きめサイズの物になりますが、
60年代ごろの裾に向かってテーパードが
かかっいるので、オーバーサイズで穿いて
頂いても綺麗なシルエットになり、
太めのシルエットをお好みの方は
オーバーサイズで穿くこの一本もオススメです!


ライトオンスデニムならではの生地のタレ感が
当時のワークらしい土臭い雰囲気を演出してくれます。


勿論ジャストサイズの方も
暑い時期にストレスに感じにくいデニムパンツとして
重宝することだと思います!

春から夏にかけてはトップスが
シンプルになる季節ですので
ボトムスでこういった表情のあるアイテムは
心強い味方となり、春夏のファッションを
より楽しいものにしてくれます!

c0078587_13562906.jpg
c0078587_13562838.jpg
c0078587_13563199.jpg




1960's StoreBrand Denim Painter Pants Size:42x30 19980-yen +Tax
c0078587_14015811.jpg
c0078587_14015809.jpg

最後にもう一本デニムペインターパンツのご紹介となります!
こちらは、ウェストサイズ42となる一本で
体格のいい方に、特にご覧になって頂きたいパンツです!

c0078587_14015713.jpg
先程のものと、負けず劣らずのいいアタリが出た
渋いペインターパンツとなります!
右ひざ部分に生地のダメージがありますが、
ボディーの雰囲気とよく合っていて、使っているうちに
自然にできたダメージだというのが、よくわかります!

膝下から、綺麗にテーパードも入っていますので
ロールアップをして、7分ぐらいで穿いてみると
すんなり収まると思います!

c0078587_14015648.jpg
c0078587_14015698.jpg
c0078587_14015768.jpg
c0078587_14032095.jpg
c0078587_14032102.jpg


c0078587_16595113.jpg
c0078587_16595404.jpg


c0078587_16595382.jpg
c0078587_16595255.jpg

最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとう御座いました!
本日も、20:30まで、皆様の御来店をお待ちしております!

神戸店 伊藤でした

magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwestもしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。 ※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。
by magnetsco | 2017-04-10 17:54 | KOBE店 | Comments(0)