magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2186)
(1793)
(1610)
(1087)
(820)
(789)
(493)
(475)
(455)
(452)
(435)
(324)
(242)
(227)
(224)
(200)
(160)
(159)
(62)
(32)

最新の記事

着て分かる良さ!!(大阪アメ..
at 2017-08-19 00:08
L.L.Bean!!!(T...
at 2017-08-18 12:54
大阪店にも届いて参りました!..
at 2017-08-18 00:44

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 19:20
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

W00d14nd C4m0!!! (T.W.神戸店)

c0078587_16093167.jpg


こんにちは、神戸店 伊藤です。

本日は、B.D.U.アイテムを中心に、
馴染みあるこちらのカモのアイテムをご紹介いたします!
M-81迷彩!

ミリタリーカモと言えばこのパターンを
イメージされる方もたくさんにいらっしゃると思います。


この度は、その開発に大きく関わるB.D,U,と合わせて
ブログアップ致しましたので、良ければご覧になってください。


US.Navy M-81 Woodland Camo B.D.U. JKT Size:M-Long 3980-yen +Tax
c0078587_16093229.jpg
c0078587_14252151.jpg
c0078587_14252293.jpg
c0078587_14263086.jpg
c0078587_14252113.jpg

c0078587_14252125.jpg
c0078587_14252095.jpg
c0078587_14252039.jpg
c0078587_14263151.jpg
c0078587_14263021.jpg


BDU:Battle Dress Uniformは1981年9月にアメリカ軍に制式採用された
野戦戦闘服の名称となります。

基地の内外で使用されるギャリソンドレスユニフォームに対して
戦闘向けに開発された事から、このように呼ばれています。


BDUはこれまで陸海空軍で個別に採用されていた
戦闘服の統一化を図る目的と同時に、
基地内で使用する作業用の被服と戦闘服を
統合する目的で開発されました。





BDUが採用されるまでのアメリカ軍の戦闘服は
皆様もご存知だと思いますが、
1951年以来使用されているユーティリティと呼ばれる
バックサテン生地のオリーブグリーンのものが一般的で、
朝鮮戦争、ベトナム戦争でもオリーブグリーンのユニフォームが
全軍で使用されていました。


ベトナム戦争中には、それまでの
ユーティリティユニフォームに対する不満から
熱帯地域向けのポプリンコットンを使用した
トロピカルユニフォームが開発され、
この軽量で動きやすい野戦服は、たちまち各軍で
受け入れられ好評となります。


一方で特殊部隊ではタイガーストライプパターンなどの
迷彩服が多用された事から、アメリカ軍ではトロピカルユニフォームに
迷彩効果を付与したモデルを1960年代後半に開発。

開発された迷彩パターンはERDLカモフラージュパターンと呼ばれ、
特殊部隊や偵察部隊、海兵隊などで多用されることとなりました。
こちらもご存知の方が多い、通称グリーンリーフと呼ばれる
パターンで、1967年に採用となります。



ベトナム戦争終了後から、迷彩服の有用性を知った各部隊は
ERDL迷彩服を部分的に改良し使用を続け、

1970年代後半には各部隊の使用する野戦服の消耗などから
アメリカ軍の戦闘服を統合して更新すべく、
本格的に、新型戦闘服の開発がスタートします。

そして、アメリカ軍戦闘装備研究所(ナティック)が中心となり、
戦闘服を研究し誕生したのが、ウッドランドカモフラージュを
プリントしたBDUとなります。

c0078587_14375144.jpg

ウッドランドカモフラージュは
1981年に制式採用された事から
M-1981 WOODLAND CAMOUFLAGE PATTERNと
呼称されています。

その名の通り森林地帯を想定したもので、
ベトナム戦争終了後、次なる危機的地域として注目された
冷戦下の東西ドイツと、その周辺のヨーロッパ諸国での使用を
想定してデザインされたパターンで、


基本的にはベトナム戦争で使用されたERDLパターン、
熱帯地域用として1970年代後半から1980年代中期まで多用された
RDF(Rapid Deployment Force)パターン(=LC-1)を拡大したデザインで、
アメリカ軍の使用するミルスペックのカモフラージュカラーコードのうち
4色で構成されており、


その内訳はBLACK357、BROWN356、DARK GREEN355、
LIGHT GREEN354の4色となっています。

US.Army M-81 Woodland Camo B.D.U. Pants Rebuild Slim Size:XS,S, 5980-yen +Tax
c0078587_14312286.jpg
c0078587_14312097.jpg
c0078587_14324024.jpg
c0078587_14312179.jpg
c0078587_14312214.jpg
c0078587_14312124.jpg
c0078587_14312068.jpg
c0078587_14324244.jpg
c0078587_14324194.jpg






このパターンは多くの国で模倣された他、
アメリカ軍の支援物資として
アフガニスタン国軍などで使用されており、


類似パターンを使用する国家にはアルゼンチン、
ボリビア、カンボジア、チリ、エクアドル、エルサルバドル、
グアテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ペルー、オランダ、
フィリピン、韓国、中国、タイ、トルコ、アフガニスタンなどが挙げられ、


アメリカ国内でもナショナルガード(州兵)や
コーストガード(沿岸警備隊)、SWAT、DEAなど
本当に、多数の国、機関で採用される
迷彩を代表するパターンとなりました。


それに、ただ見るだけでは、わからないことなのですが、
プリントの染料には、1980年代より急速に発達していく
夜間戦装備、取り分け近赤外線
イメージコンバーター(暗視装置)への
対策が施されています。

これはプリントに、infrared-brightened dyesという
染料が使われており、
これにより周囲の環境が放射する赤外線と
同じレベルに兵士が溶け込む事が可能となっています。


この事から、BDUやそれに準じる性能の戦闘服への
アイロンがけ、糊付けなどのクリーニング措置は
禁止されることとなりました。
(昔のユニフォームで糊付けされているアイテムを
ご覧になった方も沢山いらっしゃると思いますが
それが禁止になりました)


このBDUが軍事行動で本格的に投入されたのは
1983年のグレナダ侵攻作戦で、

アメリカの在グレナダ邦人救出を目的とした
軍事行動アージェント・フュリー作戦では
多くの部隊がBDUを使用していました。



それから年月が経ち、
アメリカ海兵隊では2001年6月に新型デジタル迷彩の
MARPATが採用されると2004年10月1日までにMARPATに完全移行され
陸軍では2005年~2007年の間にACUに移行が行われ、
海軍、空軍もこれに続き、ウッドランドの役目は、
一般的には、終えることとなります。


c0078587_16093071.jpg
c0078587_16093119.jpg
US.Army M-81 Woodland Camo B.D.U. Shorts Rebuild Slim Size:S,M, 5980-yen +Tax
c0078587_14345137.jpg
c0078587_14345291.jpg
c0078587_14345201.jpg
c0078587_14345057.jpg
c0078587_14345266.jpg
c0078587_14345120.jpg
c0078587_14345072.jpg
c0078587_14354397.jpg

c0078587_14354322.jpg


US.Army M-81 Woodland Camo M-65 Field JKT Size:S-Short 7980-yen +Tax
c0078587_14365253.jpg
c0078587_14365392.jpg
c0078587_14365031.jpg

c0078587_14365162.jpg
c0078587_14365217.jpg
c0078587_14365167.jpg
c0078587_14375161.jpg
c0078587_14375068.jpg
c0078587_14375121.jpg

最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとう御座いました。
本日も、皆様の御来店を心より、お待ちしております!


神戸店 伊藤でした

magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwestもしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。 ※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。
by magnetsco | 2017-04-13 16:16 | KOBE店 | Comments(0)