magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2283)
(1897)
(1670)
(1102)
(843)
(808)
(496)
(487)
(481)
(479)
(439)
(326)
(264)
(230)
(224)
(210)
(161)
(159)
(70)
(33)

最新の記事

神戸店10/21(土)スーペ..
at 2017-10-19 23:44
神戸店10/21(土)スーペ..
at 2017-10-19 22:48
神戸店10/21(土)スーペ..
at 2017-10-19 21:46

最新のコメント

https://11te..
by 1275674094 at 09:53
https://11te..
by 1275674094 at 11:58
> しんさん 神戸..
by magnetsco at 11:09
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 19:20
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

使い込みというスパイス!!!(T.W.神戸店)


こんばんは、神戸店 伊藤です。

先日は神戸店ヴィンテージ入荷に
御来店くださいました方々、本当にありがとう御座いました!

楽しい時間を皆様から頂きまして
本当に、感謝いたします!

そして、本日は、早速ですが、
丸一日マグネッツラボにて新アイテムのピックを
してきました。

ワクワクするUSメイドのアイテムが沢山ありました!
また、商品が届き次第、皆様にご紹介していきますね!


それでは、本日も、ブログアップの時間となりましたので、
よければお付き合い下さいませ!


よろしくお願い致します。




c0078587_12085827.jpg
c0078587_16383988.jpg
c0078587_16405836.jpg
本日ご紹介のアイテムは、使い込まれ、
新品の状態ではまだ顔を出していなかった
表情が存分に出たアイテムをピックしました。


服選びの基本的な基準として、ユーズドの世界では
コンディションというのが上げられると思うのですが、
そこを飛び越えて、使い込まれたアイテムは、
ただコンディションが悪いという一言では
済ますことができない、独特なオーラが備わります。


ステッチの縮みや、色の褪色、生地の擦れ切れた具合、
生地のダメージ、そのリペアと、色んな要素が、ボディーに
のっかり、全く違った魅力が備わっていきます。


リアルクロージングがお好きな方からすれば
決してこれはマイナス面として片付けることが出来ない
むしろ一手間加わった拘りの一品として思って
おられるのではないでしょうか?

ダメージ加工という言葉が、当たり前に浸透している今、
使用感が出ているのは、やはり魅力があると思っている方が
沢山いらっしゃるということだと思います。



1950's Lee Long'L' 91-J Railroad JKT Size:44 29980-yen +Tax
c0078587_12085618.jpg
c0078587_12085670.jpg
c0078587_12101141.jpg
c0078587_12085673.jpg
まず最初にご紹介のアイテムは、リーの91-Jになります!
この見た目いかがでしょうか?

色目の褪色が全体に入り、更に生地には部分部分で、
擦れが生じて、何とも言えない雰囲気に仕上がっていますね。

僕自身デッドストックから、色んなアイテムを着続けて
味が出たアイテムも沢山ありますが、
これほどまでの見た目というのは、
ただ着続けるだけではできません。

c0078587_12122326.jpg
c0078587_12085882.jpg
一体どれだけのハードワークをしていた人が
着ていたんでしょうか?
その人の使い方によって、育ち方が
全く違ってくるところが面白いのですが、

その最たる物が、このデニム生地ですよね。


一般の生活では想像できない使い込みがされると
こんな風に、デニムも育っていくんですね。
c0078587_12085745.jpg
ボディーはロングLボタンを搭載した、
有名なヴィンテージカヴァーオールですが
同じモデルでも、本当に1枚1枚が
作品だということが実感できる一品です!
c0078587_12085737.jpg
c0078587_12085877.jpg
c0078587_12085829.jpg


1940's PayDay Denim Over All Size:38x28 24980-yen +Tax
c0078587_16054188.jpg
c0078587_16061187.jpg
c0078587_16051310.jpg
c0078587_16054286.jpg

続いては使い込まれたデニムオーヴァーオールです。
全体的に綺麗な色落ちをしていますが、部分的に
うっすらとペンキや油が確認できます。

デニムの表情の1つとして、色落ち意外に、
ペンキなどの染みも重要な要素ではないでしょうか?

こういったシミがつくことによって、土臭さが
引き立って、無骨な男らしい一本へと育っていきます。
c0078587_16051241.jpg
c0078587_16051195.jpg
ベースになっているのは、古い40年代のペイデイで、
サイドのボタンが月桂樹のドーナツボタンを使用していることから
大戦の名残を残しているのがわかります。

ワークウェアでは非常に重要な時代の一本となりますので、
気になった方は、是非、お試しください!
c0078587_16054128.jpg
c0078587_16051261.jpg
c0078587_16050998.jpg




1980's Champion R.W. Print Sweat Size:XL 5980-yen +Tax
c0078587_16383977.jpg
c0078587_16383989.jpg
c0078587_16383811.jpg
生地の退色、使い込み、シミ、リペアだけでなく、
こういった雰囲気もいいですね!

かなり使い込まれて、ラバープリントがひび割れた上に
薄くなっているチャンピオンのリヴァ-スウィーブです!

先ほどまでのボディーの雰囲気だけでなく、
プリントというのも、使い込まれると、
特別感のある雰囲気が伴ってきます!

ですが、今回のような表情になるまでは、
かなりの時間と労力が必要になり、
また、一般のスウェットだと、このプリントの表情に
なる前に、ボディーの方が潰れてしまうので、
さすがチャンピオンのリヴァースといったところです。

赤というカラーも、使いこまれて程よく褪色しており、
目の納まりがいい、落ち着いた色目となっており、
この雰囲気がお好きな方も沢山いらっしゃいますね。

現在では、かなり貴重性が増してきた、
80年代のトリコタグの一品となります!
c0078587_16384094.jpg
c0078587_16383736.jpg



1960's Saf-T-bak Hunting Vest Size:about-40 5980-yen +Tax
c0078587_16405874.jpg
c0078587_16410057.jpg
c0078587_16410087.jpg
使用感という点で、似合うアイテムと似合わないアイテムというのが
あるのですが、このハンティングアイテムというのは、
使い込みというのが本当に似合うアイテムではないでしょうか?

使用者の役に立つように考え抜かれた、
複雑な作り込みによる、他のアイテムでは
見られない独特なデザイン性に、
タフなキャンバス生地が組み合わさると、
使えば使うほどに、渋みが増してくる
特別なアイテムです!

c0078587_16405808.jpg
c0078587_16405950.jpg
ボディーを見ると、かなり使い込まれた
見た目となりますが、ハンティングアイテムでは
まだ、初歩段階といったところで、
まだまだこれから表情が、大きく変わってくるので
育てがいのある一品です。

それなりの雰囲気がある物で、更に育てるのも
楽しみたいという方には、ピッタリなコンディションの
1枚です!
c0078587_16405836.jpg
c0078587_16431832.jpg
c0078587_16431896.jpg
c0078587_16431905.jpg
c0078587_16405945.jpg




1950's Vintage Work Apron 5980-yen +Tax
c0078587_16443814.jpg
c0078587_16443855.jpg
こちらはウェア類ではありませんが、土臭い雰囲気を
取り入れたいときは、着るものだけでなく
こういったアイテムをコーディネートに
混ぜてみるのも、1つですね!

c0078587_16443988.jpg
かなり使い込まれたワークエプロンになります!
ホワイトをベースとしたキャンバスコットンは
かなり使用感が出ており、そこに染みこみにより
プリントされた文字も程よく褪色している様が
カッコイイですね!

これぞ、染みこみプリントの醍醐味と呼べる
表情に育っていますので、お試しください!

インテリアとしてディスプレイしても、
いい雰囲気を味わえると思います!
c0078587_16450810.jpg


1920's Vintage Mainers Cap Size:58cm 9980-yen +Tax
c0078587_16480112.jpg
c0078587_16480142.jpg
c0078587_16475992.jpg
使用感は勿論ですが、こちらは備わるパーツから、
レトロさも加わったスペシャルな一品です!
1920年代に使用されていた、マイナーズキャップになります!

炭鉱夫が作業の際に使っていたキャップになり、
ヘッドに備わるメタルパーツにランプを装着して
使っていました。

今では、こんな布生地ではなくヘルメットになりますので、
なかなかお目にかかる機会がないレアなアイテムです!

c0078587_16480072.jpg
メタルパーツも勿論ですが、キャップに使われている
コットン生地の織りムラがある古い生地が何とも言えませんね。
裏地のストライプなども、本当に古さを感じます。

古さを感じる生地やパーツに使い込みが備わる見た目も
特別な物がありますね!
c0078587_16480029.jpg
c0078587_16475997.jpg




1970's Print T Size:about-S 1980-yen +Tax
c0078587_16501990.jpg
c0078587_16501941.jpg
c0078587_16502007.jpg
今までご紹介した生地と比べて、耐久性が乏しい
Tシャツに使われるコットン生地ですが、古いものは、
使い込まれると、ねじれが入り、生地の表面が波打って
凹凸が出来、Tシャツならではの使用感という物が楽しめます。

今回の一品は、いい雰囲気にヨレやねじれが入った
コットン生地は勿論ですが、プリントの雰囲気も
いいテイストで仕上がっていますね。

力の抜けたデザインがボディーとよく合っています。

染みこみプリントで仕上がっているので、ボディーとの
馴染みも申し分なく、オールドらしいオーラが備わる
1枚です!
c0078587_16501839.jpg
c0078587_16501866.jpg


最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとう御座います!
明日、皆様の御来店を心より、お待ちしております!


神戸店 伊藤でした

magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwestもしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。 ※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。
by magnetsco | 2017-04-21 20:30 | KOBE店 | Comments(0)