magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2147)
(1779)
(1587)
(1076)
(805)
(776)
(484)
(470)
(451)
(447)
(420)
(315)
(241)
(227)
(221)
(200)
(158)
(156)
(62)
(32)

最新の記事

7月26日(水)大阪店ヴィン..
at 2017-07-24 20:30
7月26日(水)大阪店ヴィン..
at 2017-07-24 18:30
7月26日(水)大阪店ヴィン..
at 2017-07-23 23:42

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 19:20
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

U.S.M.C. Item!!!(T.W.神戸店)

こんばんは、神戸店 伊藤です。
G.W.も、明日がいよいよ最終日となりました。

明日は、ゆっくりされる方、
また、遠方へ行かれていた方は、
家に向かわれることだと思います。

僕たちと同じ立場の、スタッフさんたちの気持ちは、
今日で、G.W.が終ったと思っている方も
多いかもしれませんね。

ですが、マグネッツスタッフは、明日も、
皆様を元気一杯にお迎えいたしますので、
お時間がある方は、神戸、大阪、両店へ、
是非、お越し下さいませ!


それでは、本日も、ブログアップを致しましたので、
よければお付き合いください!

よろしくお願い致します。



1940's U.S.M.C. P-44 H.B.T. JKT Size:38 16980-yen +Tax
c0078587_23433089.jpg
c0078587_23433026.jpg
c0078587_23452446.jpg
本日は、大人気の部隊、U.S.M.C.の
アイテムにフォーカスしてご紹介いたします。

アーミーと一緒にされることを、ことさら嫌う
プライド高き少数精鋭部隊は、着用するユニフォームも
独特な物が多く、目で楽しめ、使って満足の
納得のアイテムが、沢山あります!

それでは、ご覧ください。

第二次世界大戦時、米海兵隊USMCにより、
モンキーパンツとセットで着用されていた、
P-44ジャケットです。

ヘリンボーンツイルのUSMC版
ユーティリティージャケット"P-44"は、
パンツ同様にミリタリーアイテムの中でも
弾数が少なく、レアな存在です!

c0078587_23432863.jpg
c0078587_23432851.jpg
3ポケットのカバーオールタイプの、
P-41の後続のモデルとなります。

大戦初期に採用されていたP-41から比べると、
このP-44ジャケットは胸の位置に
ポケットが変更されています。


へリンボーンアイテムは、
当初、ジャケットとして考案されたのですが、
兵士たちは実際に使用した際にシャツとして
使用することが多く、パンツの中に裾を入れる事が
主になった為に、このデザインに変更されたと言われています。

凝ったポケットデザインは
左側は胸ポケットと2重構造となっており、
許容量の大きさから普段鞄持たない方にも
オススメのシャツジャケットです。


c0078587_23432957.jpg

P-41からも継続してお決まりの
胸元のマリンコープスのステンシルは、
自部隊の主張と強さを強調した特長的なポイントとなり、
ファッションとして見てもカッコ良いです!




WWⅡ時代のご存知の方も多い
硫黄島の戦いでも使用された、
約70年前のフィールドジャケットです!
c0078587_23432886.jpg
c0078587_23432948.jpg


1940's U.S.M.C. M-41 HaverSack 19980-yen +Tax
c0078587_23460876.jpg
c0078587_23460900.jpg
c0078587_23460968.jpg
c0078587_23474866.jpg


U.S.M.C.M-41ハバーサックとなります!
こちらのアイテムは、連結型になっており、
これは上部の作りになります!

基本は、正方形に近い形となった今となっては
珍しい形となるのですが、様々な物が
取り付けれるように、シェルには、いろんな
パーツが確認できますね!
c0078587_23461008.jpg
c0078587_23461056.jpg
c0078587_23461042.jpg

収納も中に入れる量によって形が
変形出来る様に
筒ごと折り返してフラップになる作りをしています。
物が多いほど、上に伸びていく仕組みですね。


こちらの物はアーミーでも同じデザインの物が
使用されているのですが、アーミーの方は、
ショルダーストラップが繫がっておらず
先に金具が付いているだけの作りで
背負う事が出来ません。

こちらのほうが、便利な仕様となっています!
珍しいアイテムですので、ご覧になってください!
c0078587_23461147.jpg
c0078587_23460998.jpg
c0078587_23460929.jpg
1940's U.S.M.C. KnappSack 17980-yen +Tax
c0078587_23474826.jpg
c0078587_23474863.jpg
c0078587_23474997.jpg
U.S.M.C M-41モデルのナップサックとなり、
先程のM-41ハーバーサックの
下部に取り付ける連結型のバッグとなります!

持ち手が短めでハンドバッグ使用として
普段使いの小物入れなどに便利ですね!
c0078587_23474641.jpg
背面に備わったネームステンシルが、渋すぎます!

カーキのキャンバスボディの褪色、
アタリ具合に味があってこのカッコよさは廃れないですね!
お好きな方は、お試しください!
c0078587_23474783.jpg
c0078587_23474765.jpg
c0078587_23474881.jpg

そして、連結するとこんな風になります!
c0078587_23484823.jpg




1960's U.S.M.C. Vietnam ERDL Camo B.D.U. JKT Size:M-Short 6980-yen +Tax
c0078587_23490813.jpg
c0078587_23490810.jpg
c0078587_23490702.jpg
人気の迷彩グリーンリーフのアイテムです!

リーフカモは別名ERDLカモとも呼ばれ、
1948年に工兵調査開発研究所(EngineerResearh & DevelopmentLaboratory)で
開発された迷彩パターンなのでこのように呼ばれます。

またリーフカモはその色目の違いから
『グリーンリーフ』と『ブラウンリーフ』に区別されています。

なぜ2種類のリーフカモが存在するのか
はっきりとした理由は判明していませんが、
グリーンリーフの色味はヴェトナムの戦場においては
明るすぎた為、暗い色味のブラウンリーフに改良された
というのが有力な説のようです。
c0078587_23490856.jpg
こちらの1枚はグリーンリーフのジャケットとなり
グリーンの印象を強く受ける明るい色味の迷彩が
カジュアルに取り入れやすいと思います!

ジャケット自体の作りは、4thタイプのBDUと同じ作りとなり
生地も薄手のリップストップが使われています。

c0078587_23490903.jpg
さらに左胸ポケットにはアメリカ海兵隊の
スタンプが入っており、さらに特別感の増す1枚となっております!

亜熱帯のヴェトナムで使用された
このジャケットは薄手のため通気性もよく
気温が上がるこれからの季節にはうってつけの
アウターではないでしょうか!?
c0078587_23491002.jpg
c0078587_23490905.jpg
c0078587_23490960.jpg


1940's U.S.M.C. Battle JKT Size:about-38 9980-yen +Tax
c0078587_23495486.jpg
c0078587_23503991.jpg
c0078587_23495629.jpg


こちらは40年代に使用されたバトルジャケットとなります!

アーミーよりも少しトーンが暗いカーキを使っており、
ショート丈のデザインが無骨でカッコイイですね!
c0078587_23495508.jpg
陸軍でも似たデザインのアイテムが
採用されているのですが、色目以外にも
特徴が見られ、袖のカフスデザインが尖っているのが
こちらの海兵隊の使用となります。
c0078587_23495650.jpg
他に、前合わせのボトムボタンが2つ備わっているのも
海兵隊の特徴ですね。

使用感がほとんどなく、非常に綺麗な状態となりますので、
気になる方は、お試しください。
普段では見ることが難しい、貴重なヴィンテージアイテムです!

c0078587_23495586.jpg
c0078587_23495590.jpg
c0078587_23495609.jpg

1970's U.S.M.C. Print T by Fruit of the Loom Size:M 6980-yen +Tax
c0078587_23510817.jpg
c0078587_23510767.jpg
c0078587_23510747.jpg


マリンコープスのプリントTとなります!

フルーツ・オブ・ザ・ルームの
ボディーを使用していますが、
程よく使用感が出ており、
ヨレが出ていて、いい雰囲気ですね!
c0078587_23510897.jpg
グローブ&アンカーのエンブレムと、
USMCの文字がプリントされていますが、
ボディーに対して、小さめなところに、
リアルさを感じてしまいます。

このプリントの大きさは、ファティーグの
胸に入っているものと全く同じ大きさで、
Tシャツにも流用して、仕上がった一枚だと判断できます。

珍しいアイテムです!
c0078587_23510899.jpg



1980's U.S.M.C. DeadStock Brown T Size:M 3980-yen +Tax
c0078587_23513726.jpg
c0078587_23513684.jpg
c0078587_23513615.jpg
こちらの一品も珍しいアイテムです!

お馴染みの海兵隊のエンブレムが
プリントされていますが、そのベースとなる
ボディーは、ご存知の方も多い、ブラウンTを
使っています。
c0078587_23513620.jpg
ソリッドTとして、このブラウンTをよく見かけると
思うのですが、MCのエンブレムが入っているのは、
珍しく、新鮮にも思いますね!

デッドストックという、コンディションとなっていますので
始めから、育てて行きたい方は、是非、お試しください!

使い込むと、いいヨレが出てきて、吸水性の
いいコットンなので、手放せない一枚になると思います!
c0078587_23513593.jpg
c0078587_23513623.jpg


1940's U.S.M.C. Jungle/Swamp Boots Size:10 19980-yen +Tax
c0078587_23521748.jpg
c0078587_23521749.jpg
c0078587_23521867.jpg
c0078587_23521645.jpg
最後は、二次大戦期にアメリカ海兵隊に使用されていた
スワンプブーツになります!
ジャングルや湿地帯などで用いられていたブーツとなり
数の少ないアイテムで、ミリタリー好きの方でも、実際に
目にした方は、少ないのではないでしょうか!


本来見られるスワンプブーツとは
トゥから、アウトソールにかけて、違ったデザインとなり、
ボディーの色目もカーキが濃い物を見かけると思います。

こちらは、黄色味がかった、オリーブドラブのカラーを
ボディーに採用した見た目の雰囲気が
特別な一足ですね!
c0078587_23521547.jpg
アウトソール縁に経年による劣化、硬化が見られますが、
殆ど未使用と言った状態になります。


このシューズは、当時海兵隊員が
プライベートパーチェース(個人的に確保)していた
例が多く、今回の物もその内の一足と考えられます。


c0078587_23521871.jpg
このモデルは、市販の物で似たような物が確認でき
1961年のP.F.Pontiacと非常に酷似しています。

このP.F.と言うブランドは、親会社がB.F.Goodrichとなり
今回のシューズのヒールラベルで確認できる、物と同じに
なりますので、このスワンプブーツを作成した後に
一般向けへと、販売に踏み切ったのかもしれませんね。

アウトソールがガチガチに硬化していた状態だったのですが
バイヤー富井氏が処置を施し、嬉しいことに幾分か柔らかくなっております!
完全に柔らかくはなっておりませんので、価格も、相場に比べ
非常にお求め易い設定です!
c0078587_23521645.jpg
c0078587_23521639.jpg
c0078587_23521792.jpg
c0078587_23521602.jpg
最後まで、ご覧頂きまして、
誠にありがとう御座います。

明日も、皆様にお会いできることを楽しみに
しております!

神戸店 伊藤でした

magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwestもしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。 ※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。
by magnetsco | 2017-05-06 23:54 | KOBE店 | Comments(0)