magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2148)
(1780)
(1588)
(1077)
(806)
(776)
(485)
(470)
(451)
(447)
(420)
(315)
(241)
(227)
(221)
(200)
(158)
(156)
(62)
(32)

最新の記事

7月26日(水)大阪店ヴィン..
at 2017-07-24 22:44
使えますよね!このカラー!(..
at 2017-07-24 22:24
7月26日(水)大阪店ヴィン..
at 2017-07-24 20:30

最新のコメント

こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 19:20
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 17:47
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
今日は…長い時間、有り難..
by Michi at 21:36
こんにちは。 お世話に..
by magnetsco at 13:20

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

7月15日(土)大阪店US雑貨入荷!! #1 BuddyLee&Kewpie&SalesmanSample!!

こんばんは。
マグネッツ大阪店スタッフヤスオです。

本日は神戸店ヴィンテージ入荷から、
大阪店の方にも足を運んで下さったお客様もおられ、
本当にありがとうございました。

ヴィンテージ入荷の熱も冷めやらぬ中、
今月もマグネッツではまだまだイベント尽くしですので、
皆様、存分にお楽しみ下さい!

では早速ですが本日から大阪店より発進致します!
7月15日(土)大阪店US雑貨入荷!!
12:30~OPEN!!

のブログアップを行なって参りたいと思います!!

今週末は待ちに待った3連休ですね。
マグネッツでは、コレクタブルなUS雑貨と共に皆様をお出迎え致します。

ヴィンテージウェアのみならず、
古きアメリカンカルチャーを体感出来、滲み出す、
ご自宅等にインテリアにも拘りの強いマグネッツのお客様に。

非常に楽しんで頂けるラインナップとなっておりますので、
お好きな方は、是非この度の入荷ブログもお付き合い下さいませ。

まずは、あまりにも有名なあのヴィンテージドール!
オリジナルでここまで揃う事も今ではそうそうありません。

コレクションされている方、
いつかは手にしてみたいとお探しになられていた方、
ご覧下さいませ。

c0078587_17101311.jpg


皆様、初めまして。
Buddy Lee(バディ・リー)と言います。

デニム3大ブランドの一角として。
古くからのワークウェアブランドとして。
現在のファッションブランドとして。

僕は、皆様も良くご存知の
1889年、カンザス州サライナに創設した"Lee"に勤めていました。

身長わずか30センチほど。

少しぽっちゃり気味な体型で、
自慢ではありませんが、ワークウェアが最も似合う男の子です。

長年、Leeの販売促進を任せてもらって、
1920年代初頭、
ミネソタ州ミネアポリスのデイトン社(デパート)で店頭デビューしました。

それを機に、他の店頭にもたくさん立ち、
自分達もLeeの服を身に纏い、
何人ものワーカーさん達に僕達の商品を選んでもらいました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

改めまして、マグネッツ大阪店スタッフヤスオです。


当時こんな画期的な意外なビジネス戦略を打ち出したブランドも他にあまり無く、
一般公募で得た、人の耳に残るネーミングセンスも抜群ですね。

ウェアに関して振り返ってみても、
Leeの製品は発表当時から現在に至るまで、
形をほとんど変えず継続して各年代で愛され続けるモデルが多々ありますが、

確かな物作りの製品に加え、
自社の商品に対する絶対的な自信と、
こういった戦略からもLeeのブランド力の強さを感じます。


ゴールドラッシュ時代を経て、
他のワークブランドの出現と競争が激しくなり、

いかにLeeのワークウェアを選んでもらえるように、
当時の敏腕セールスマネージャーである
チェスター・レイノルズが発案したバディ・リーは、

社内屈指の最強のセールスボーイとして今に語り継がれ、
ヴィンテージファンの方から今日愛されていますね。


それではマグネッツに今回やって参りました
バディ・リーをご覧下さいませ!

1920's Kewpie Vintage Composition Doll(Wearing Lee Overall) Price:49980yen+TAX
c0078587_17114730.jpg

c0078587_17115744.jpg

c0078587_1712467.jpg

c0078587_17121259.jpg

バディ・リーの紹介と言いましたが、
トップバッターはバディ・リーとは異なる激レアのヴィンテージドールが、
Leeの激古のヴィンテージオーバーオールを身に纏った一体です!

バディ・リーと非常に酷似した顔付きと体形ですが、
髪型にご注目頂くと違いが分かるかと思いますが、
ご存知!

キューピードールになります!

日本ではマヨネーズのマスコットとして馴染みがあるかと思いますが、
c0078587_1713151.jpg

キューピー (Kewpie) は、
1909年に米国のイラストレーター、
ローズ・オニールがキューピッドをモチーフとしたイラストで発表した

ビリケンさん同様に、
実は、かなりお古いアメリカ生まれのキャラクターになります。

バディ・リー同様に、
素材は古い時代ならではの

コンポジション製の一体となり、
c0078587_17144867.jpg

c0078587_17145578.jpg

c0078587_1715560.jpg

このキューピードールは、
1925年には素材が主にセルロイド製が主流になっておりますので、
いかに古いヴィンテージドールかが伺えます。

そして今回非常にヴィンテージの価値を上げるのは、
裸のキューピードールに、
バディ・リーさながらの

ロングLボタンを搭載した、
c0078587_17175275.jpg

ヴィンテージオーバーオールを着用している点が、
Leeファンの方にも堪らないコレクタブルな一点ですね!

正に一点物の今後まずお目に掛かれないキューピーxLee!
ヴィンテージラバーの方は、是非この機会に手にして下さいませ。
c0078587_17125375.jpg




Circa 1930's Buddy Lee Vintage Composition Doll Price:49980yen+TAX
c0078587_1719363.jpg

c0078587_17194272.jpg

c0078587_17194993.jpg

c0078587_17195645.jpg

古い正真正銘のバディ・リーオリジナルです!
1930年代頃の一体でしょうか。

キューピー同様にコンポジション製。
バディリーの年代判別で古い時代の物を証明する特徴になります。
c0078587_1722571.jpg

1922年~48年に作られたバディーリーは、
おがくずや紙を混ぜてニカワで固め他ブラスター素材で、
初めての量産型人形ですが、非常に壊れやすい素材でした。

その上、多くの子供達におもちゃとして愛されたバディーリーは、
状態良く現存すること自体非常に稀となります。
その前期タイプのバディ・リーがこの一体です!
c0078587_17335150.jpg

c0078587_1734445.jpg

頭部の目立った剥がれがあるものの、
バディ・リーの肌色は濃く残っており、
顔の表情もしっかりと見受けられるコンディションです。
c0078587_17211118.jpg

こちらの一体も大人サイズだったらと思うとゾクゾクしてしまう、

ハウスマーク、ロングLボタン
c0078587_17212415.jpg

c0078587_17213117.jpg

を搭載したオーバーオールを着用。
1926年から53年までのニューヨークセントラル鉄道の
古いワッペン付きと生粋のワーカーの身形がカッコ良く、
非常にコレクタブルな一体です!
c0078587_17203989.jpg




Circa 1950's Buddy Lee Vintage Doll Price:39980yen+TAX
c0078587_1841169.jpg

c0078587_18412329.jpg

c0078587_18412942.jpg

c0078587_18413684.jpg

c0078587_18421814.jpg

c0078587_18422427.jpg

c0078587_18423383.jpg

c0078587_18424073.jpg

c0078587_18424897.jpg

c0078587_18425970.jpg

1949年~のもので素材がハードプラスティック製になり、
耐久性により改良された後期型のバディ・リーです!

この素材のバディ・リーは62年の生産終了まで続きますが、
この2体は嬉しい事に、
40年代に採用されたヴィンテージLeeオーバーオールを着用しています!

当然ながらジェルトデニムのインディゴは濃い濃いで、
ハウスマーク、ロングLボタンが嬉しいパーツです!

上の一体はトップス、ボトムスもデニムで、
デニムファンの方には堪りませんね!
加えて、バンダナも巻いており、充実しています!

2体共に素晴らしいコンディションで、
ここまで綺麗に残るオリジナルも滅多に出会えませんので、
お探しだった方は、是非手にして下さいませ。
Circa 1950's Buddy Lee Vintage Doll Price:39980yen+TAX
c0078587_18432290.jpg

c0078587_1843299.jpg

c0078587_18433836.jpg

c0078587_18434514.jpg

c0078587_18435989.jpg

c0078587_1844615.jpg

c0078587_18441225.jpg

c0078587_1844201.jpg

c0078587_18442689.jpg

c0078587_18443698.jpg




Circa 1950's Buddy Lee Vintage Doll Price:39980yen+TAX
c0078587_18453758.jpg

c0078587_18454345.jpg

c0078587_18454952.jpg

c0078587_18455641.jpg

c0078587_1846370.jpg

c0078587_18461155.jpg

c0078587_18461917.jpg

c0078587_1846288.jpg

人気のカウボーイスタイルのバディ・リー2体です!
こちらもハードプラスチック製で、50年代頃の製造かと思います。

赤黄青のオールド感漂うチェックシャツに、
Leeの101デニムを着用、ベルト付きという点も稀少です。
一体は首もバンダナも巻いております。

手の固定が緩くなっておりますが、
こちらも現存が極めて稀なバディ・リーです。

お好みの方は、是非手にして下さいませ。
Circa 1950's Buddy Lee Vintage Doll Price:39980yen+TAX
c0078587_1846491.jpg

c0078587_18465646.jpg

c0078587_1847121.jpg

c0078587_1847771.jpg

c0078587_18471318.jpg

c0078587_1847232.jpg

c0078587_18473141.jpg

c0078587_18473874.jpg

c0078587_18474465.jpg

c0078587_18475540.jpg

メンズサイズの本物の服と全く同じように、
ステッチもリベットも手を抜かずに作られたLeeのビンテージウェアの着るバディ・リー!
正に本物志向に拘る方にピッタリのコレクタブルなUS雑貨ではないでしょうか。

飾ったお部屋のモチベーションもグッと上げてくれる
愛嬌たっぷりなスペシャルピースになりますので、
お好きな方は、是非この機会にご自宅に連れ帰ってあげて下さい!



50's Lee Salesman Sample Denim Price:Each-7980yen+TAX
c0078587_18491156.jpg

c0078587_18493372.jpg

c0078587_18494887.jpg

c0078587_185028.jpg

c0078587_18501292.jpg

c0078587_18501874.jpg

c0078587_18502744.jpg

c0078587_18503732.jpg

こんなLeeのヴィンテージアイテムも入荷です!

珍品を極めるこちら!
非常に入手困難なある意味スペシャルなアイテムではないでしょうか。

50年代当時のLeeのセースルマンによって持たれ、
お客様に自社の製品を販売する為に使用された
Lee Ridersのデニムパンツ型のサンプル品!
c0078587_1851887.jpg

上の物は、当時のデニム製品同様にデニム生地で出来ており、
下は、紙にプリントされた物となります。
c0078587_18511570.jpg

これであたも完全なLeeコレクターですね!
Leeファンの方は、是非手にして下さいませ。
50's Lee Salesman Sample Paper Price:Each-2980yen+TAX
c0078587_18512456.jpg

c0078587_18513097.jpg

c0078587_18513780.jpg

c0078587_1851453.jpg

c0078587_18515112.jpg

c0078587_18515949.jpg

c0078587_1852673.jpg

c0078587_18521329.jpg


最後までありがとうございました。

明日も
7月15日(土)大阪店US雑貨入荷日!
のブログアップを予定しておりますので、
是非そちらもお付き合い下さいませ。

大阪店 ヤスオでした


商品に対するお問い合わせはこちらまで → magnets osakaもしくは、snke83474@nike.eonet.ne.jp まで御連絡ください。※恐れ入りますが、お電話でのお問い合わせは御遠慮下さいませ。※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。

magnets OSAKA Instagram.
by magnetsco | 2017-07-12 22:36 | OSAKA店 | Comments(0)