magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2286)
(1900)
(1674)
(1103)
(843)
(808)
(496)
(488)
(483)
(479)
(439)
(327)
(265)
(230)
(224)
(210)
(161)
(159)
(70)
(33)

最新の記事

拘りを持った服好きの皆様! ..
at 2017-10-21 22:21
雨の日に強力な助っ人"ABU..
at 2017-10-21 12:36
神戸店10/21(土)スーペ..
at 2017-10-20 22:32

最新のコメント

お世話になります。SOF..
by R at 21:35
https://11te..
by 1275674094 at 09:53
https://11te..
by 1275674094 at 11:58
> しんさん 神戸..
by magnetsco at 11:09
こんばんは。 お世話に..
by magnetsco at 19:20

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

神戸店10/11(水)ヴィンテージ入荷! #1US.Army Frog Skin Camo JKT!US.Army Item!!!

こんばんは、神戸店 伊藤です。

神戸店10/11(水)ヴィンテージ入荷!12:30~OPEN!!!
の、入荷ブログを本日から、スタート致します!

まずは昨日のモダンミリタリー入荷に
御来店くださいました皆様、誠にありがとうございました!
雨模様でしたが、遠方からも御来店頂き、
本当に嬉しく思っております!

そして本日も、駆けつけて下さいました皆様
ありがとうございます!
3連休のお忙しい中、時間を作っていただきまして
感謝いたします!


さて、連日ではありますが、入荷ブログを行っていきます!
本日からのご紹介は、モダンミリタリーとはガラッと変わりまして
ヴィンテージアイテムが入ってきましたので、ご紹介していきます!

現在では作ることが難しいものや、当時の実物など、
見所が詰ったヴィンテージアイテムは、大人になっても
ワクワクさせてくれる、最高のウェアたちです!

年々数が少なくなり貴重なアイテムとなっていますが、
この度も、幅広い内容で入っておりますので、
よろしくお願い致します。


まず最初のブログは、ミリタリーアイテムを
ご紹介していきます!

元から数が少なく貴重になっているものから、
当時のバックボーンが伺える興味を惹く
仕様のアイテムなど、色々と入りましたので、
お付き合い下さいませ!

それでは早速ご覧になってください!
よろしくお願い致します。







1940's US.Army Frog Skin Camo HBT JKT
Size:36-Regular
SoldOut!です。ありがとうございました。
c0078587_13573679.jpg
c0078587_13570722.jpg
c0078587_13570706.jpg
c0078587_13570773.jpg
c0078587_13570650.jpg
c0078587_13570831.jpg
c0078587_13570805.jpg

まずは、こちらから!
ヴィンテージミリタリーファンの方も
この迷彩アイテムには一目置かれていると思います!

WWIIのU.S.Army仕様のフロッグスキン迷彩の
貴重な一着が入荷です!

第二次世界大戦中にアメリカ陸軍に
使用されていた迷彩ジャケットとなるこの一着。
USMCで有名なパターンですが、陸軍採用の
翌年からMCでは採用されており、
アーミーで最初に使われたカモになります。


ですが、陸軍のほうが使用期間が短い為、
非常に弾数が少なく、入手困難な
今から約70年程前のWWⅡ時代のオリジナルの
ヴィンテージミリタリーアイテムとなります!

c0078587_13570773.jpg
c0078587_13570805.jpg
硬い質感が最高の、HBT生地にプリントされた
フロッグスキンの迷彩は、両面共に迷彩が施され、
表はジャングル仕様で5色の色目を使い、
裏面は、上陸の際にビーチで使用される4色の
色目を使ったパターンで仕上がっています!

c0078587_13594897.jpg
c0078587_13594774.jpg
c0078587_13594728.jpg
ボディーには、アーミーで使用する
M-43HBTジャケットのように、
縦長の大きめのポケットにインパクトがありますが、
前合わせは、フライフロントでボタンは隠れた
シンプルなルックスとなっています。

c0078587_13594675.jpg
また、エルボークロスが張られ補強が入っているのも
特徴となります。

細かいディテールが本当に凝っていて
年代物ならではの本物志向な一着です!


c0078587_13594799.jpg
c0078587_13594609.jpg
c0078587_13594654.jpg
アメリカ軍が、最初に採用した
カモフラージュとされるフロッグスキンカモですが、

開発されてから間もなく、ヨーロッパ戦線でETO(the European Theatre of Operations)
に参加していた陸軍の第二装甲部隊を含む限られたユニットが、
同じく迷彩服を採用している敵国(ドイツ軍)との交戦の際に、
類似し誤射が多かった為、廃止されることとなります。

この理由から、迷彩を纏ったオリジナルの存在は
圧倒的な弾数の少なさとなり、今回のものは、首の擦れと、
前あわせ部分にあるガスフラップが欠損となっていますが、
非常に価値のあるアイテムです!
c0078587_13594622.jpg
c0078587_13594788.jpg
c0078587_14144635.jpg
c0078587_14144581.jpg
c0078587_14144602.jpg







1950's US.Army M-51 Field JKT
Size:M-Regular
SoldOut!です。ありがとうございました。
c0078587_14154752.jpg
c0078587_14154740.jpg
c0078587_14154778.jpg
c0078587_14154690.jpg
見た目に豪華なフィールドジャケットが入りました!
1950年代に誕生した、M-51フィールドジャケットになります!

ご覧の通り、胸とショルダーには、フルパッチで
備わったワッペンが最大の特徴となるこのM-51は
人気が絶えないエアボーン仕様となる非常に価値ある一品です!

フィールドジャケットで、このワッペンが備わると
一際、特別視されると思いますが、本当に出てこないですよね。

c0078587_14165264.jpg
陸軍空挺部隊のエアボーンでも有名な
オールアメリカンと呼ばれる第82空挺師団の
ワッペンが入っており、アパレル界でも
色んなブランドに、デザインソースとして
扱われている有名な部隊となります。

このオールアメリカンは、第18空挺軍団隷下の
緊急展開部隊として常に一部の部隊は
即応体制を敷いている非常に重要な師団となります。

c0078587_14175863.jpg
c0078587_14175975.jpg
今回のワッペンは普段見られない見事な物が備わっており、
両胸にネームテープが貼られ、左胸には
パラシュートウイングのエンブレムがありますが、

上部のスターに月桂樹で縁取られたエンブレムは、
マスターパラシュートバッジと呼ばれ、最上位の
兵士が身につけれるエンブレムになります。

両袖には、徽章が入りますが、センターにひし形が
入ることから一等軍曹の上に位置する曹長の位だと
わかります。

c0078587_14185903.jpg
そしてこの度は、右ポケットにオールアメリカンを表す
ダブルAのワッペンが入りますが、
このデザインのものは、滅多に見られませんね!

アローヘッドにダブルAのワッペンは、この部隊の中でも
レイダー(急襲)部隊が使うワッペンで、敵地偵察任務を行っていた
とても優秀な兵士が使っていた一枚だと判断できます!


c0078587_15110554.jpg
c0078587_15114364.jpg
c0078587_15114381.jpg
コットンサテンを使った最後のフィールドジャケットで、
貴重なアイテムとなりますが、この度のM-51は
少し硬さのあるコットンサテンを使っており、
中を開けてラベルを見ると、普段見慣れないWRサテンと書かれています。
これはWaterRepellentの略で、水をはじく加工が
された特殊な仕様のジャケットになります。



フロントに備わるジッパーもPrentice社製の物で、
このジャケットでは、見かけることがないデザインの物が
使われているのがポイントです!

全モデルを揃えてしまいたくなるフィールドジャケットですが、
M-51を持つなら、特別仕様のこの一着は
見逃せないのではないでしょうか!

c0078587_15121740.jpg
c0078587_15121671.jpg
c0078587_15121714.jpg
c0078587_15121798.jpg
c0078587_15121654.jpg
c0078587_14185931.jpg






US.Army M-47 Field Parka
Size:M 19980-yen +Tax

c0078587_15133322.jpg
c0078587_15133403.jpg
c0078587_15133506.jpg
c0078587_15133367.jpg
M-47と呼ばれる、この「OVERCOAT PARKA TYPE」は
M-48やM-51のフィッシュテール系SHELL PARKAの登場により
採用が縮小されはしたものの
大戦末期から50年代前半にかけて使用されており
朝鮮戦争期にも、防寒装備として採用されました。


ジッパーとボタンの併用によるデュアル方式や、
着脱式ライナー、上部ウエストの
ハンドポケットのデザインなど、次世代のM-1948へ継承されたという意味で、
大戦中に開発されたマウンテンパーカから、シェルパーカへ連なる
転換期の重要なモデルであった事も伺えます。



このM-47の一番の特徴は、先程も述べたように、
それ以前のマウンテンパーカをベースとして作られており、
平面的なデザインが、今のファッションでも使い易く
後に続く立体裁断で膨らんだラインの物と比べると、
スマートなラインですっきりと仕上がっています。

c0078587_15242078.jpg
c0078587_15242054.jpg
フードの作りも、寒さ対策を考えて作りこまれており、
首元は、顎まですっぽり隠せる
高さを持ったデザインで、頭部の保護にもぬかりはありません。

元からボアが備わっているタイプがございますが、
今回のものは、プレーンな状態で、
シンプルに使って頂けるフードデザインとなっていて、
春先のスプリングコートとしても気軽に使って頂けると
思います。


生地には厚手のコットンサテンを使用しており、
ミリタリーらしくタフさも重要視されて
作られていることがわかります。


そのおかげで、ステッチのアタリや天然素材が
醸し出す雰囲気が出ており、
今のものでは出せないオーラが存在します!
c0078587_15241888.jpg
ジッパーが欠損しておりますが、ダメージも
一つの味としてカッコよく映り、コンディションが
いい物では出せない独特の雰囲気がありますね!
c0078587_15242055.jpg
c0078587_15241947.jpg
c0078587_15241917.jpg
c0078587_15241905.jpg
c0078587_15241954.jpg
c0078587_15242103.jpg




1940's US.Army HighNeck Sweater
Size:about-S 9980-yen +Tax

c0078587_15251635.jpg
c0078587_15251694.jpg
c0078587_15251797.jpg
陸軍で使用された野戦セーターになります!
首元に、ボタンが備わり、襟に程よく高さを
持った、独特なデザインで作られたこのセーターは、

軍の中でもかなり使い勝手が良かったようで、
40年代ごろに誕生してから、何十年も採用され続けた
傑作セーターです!


インナーとして使うのに適した、身頃、スリーブが
細めに仕上がりで、身体に添うような
ラインで作られているため、重ね着にも適した
アイテムとなります!
c0078587_15251737.jpg
c0078587_15255014.jpg

ショルダー部分と、袖、裾部分に編みを
変えて作られたシェーカー編みを採用しており、
細かなところまで、拘りが見られるボディーとなっています。

古い時代のものは、いいコンディションの物が
本当に見つからなくなっていますので、
今回のハイネックセーターは貴重な一品です!

c0078587_15251858.jpg
c0078587_15251830.jpg




1940's US.Army M-38 Jeep Coat
Size:about-40 19980-yen +Tax

c0078587_15262658.jpg
c0078587_15262710.jpg
c0078587_15262725.jpg
c0078587_15262702.jpg
キャンバスコットン素材を使用し30年代に誕生した、
M-38ジープコートの登場です!

士官兵が着用している事が多く、通常はジープでの
移動が主だったので、通称"ジープコート"と言われる
最初のモデルとなります!


厚手のキャンバスコットンを使っているので、
防風性は高く、しっかり身体を守ってくれます!
そして、内側には、ウールフランネルのライニングが
綺麗に張り巡らされており、高い保温性を
備えているのがポイントです!


後にアウターシェルの生地が
薄手の物に変更していくのですが、
このキャンバスコットンのモデルは、
使いこんでいくとなんとも言えない、
土臭さが滲み出てきて、特別感がありますね!
c0078587_15262750.jpg
このジャケットは特殊な位置に
ガーゼタグが付き、ポケットの裏側部分に
このように張られています。

プリントの印字が消えかかっていますが、
タグ自体は綺麗に残っています!

渋さに突出したM-38ジープコートは、
男らしい雰囲気を味わうには、
最適なアイテムではないでしょうか!
c0078587_15262804.jpg
c0078587_15262803.jpg
c0078587_15262892.jpg
c0078587_15262808.jpg
c0078587_15262692.jpg





1940's US.Army M-43 H.B.T. Mechanics CoverAll
Size:40-Regular 16980-yen +Tax

c0078587_15275042.jpg
c0078587_15275105.jpg
c0078587_15274977.jpg
c0078587_15275055.jpg


人気の高いヘリンボーンツイルですが、
この生地を使ったオール・イン・ワンは
特別な存在感があり、独特の雰囲気から、
好まれる方が多いアイテムですね!

軍の中で、特にメカニック使用されていたアイテムで、
ディテールもこの年代のアイテムと比べると変わった
箇所が多いのがポイントです!
c0078587_15274944.jpg
c0078587_15275268.jpg
c0078587_15275216.jpg
フロントに上下で、3つのポケットが備わりますが、
腰下部分のポケットは、斜めにハの字にポケットが
備わり、フラップが付くディテールとなっています!

そして、ツナギでベルトが備わるものは、
滅多に見ないですね。

このパーツが付くツナギとなると半袖タイプの物が
圧倒的に多いと思います。

c0078587_15275123.jpg
前合わせは13スターズのボタンを使用していますが、
留め方がユニークで、挟み込むように備わっており、
丈夫な仕上がりになっています。
c0078587_15275108.jpg
裾口には、ブーツインし易いように、M-43フィールドパンツの
ように、ストラップが付属し、ここも13スターズのメタルボタンが
備わるのがポイントです。フィールドパンツでは、このボタンを
使っていると、このパーツは省略されていますね。

c0078587_15275021.jpg
そしてバックはシングルポケットで仕上がり、
アメリカ軍の物では特に珍しい使用です。

この度は2本入っていますが、トップのものは、
使用感がほとんどなく色濃く残った1枚で、
この状態も、滅多に出てこなくなりましたね。

そして下のものは、いい具合に使い込まれ、
ヘリンボーンツイルの渋い表情が楽しめます!

ツナギを着るにも最適な時期になりましたので、
興味のある方は、このアイテムも是非、お試しください!


1940's US.Army M-43 H.B.T. Mechanics CoverAll
Size:36-Regular 12980-yen +Tax

c0078587_15294541.jpg
c0078587_15294367.jpg
c0078587_15294413.jpg
c0078587_15294476.jpg
c0078587_15294404.jpg
c0078587_15294330.jpg
c0078587_15294349.jpg




1940's US.Army M-42 Jeep Cap
SoldOut!です。ありがとうございました。
c0078587_15302319.jpg
c0078587_15302463.jpg
c0078587_15302308.jpg
大戦米陸軍において、1942年2月採用の、
通称『ジープキャップ』が入ってきました。

天頂部のヒトデ型ステッチが特徴的な
防寒用ウール製ニットキャップで
これからの時期には、活躍するアイテムです!
c0078587_15302480.jpg
バイザー付になり形も整えやすいので
コーディネートの邪魔にもならず使いやすい
デザインになります!

ゴールドカーキで仕上がったボディーと言うのも
魅力なのではないでしょうか!

ウール素材になりますので、所々虫食い箇所が
御座いますが、主に裏面になりますので、
着用には、支障が無いと思います。
c0078587_15302499.jpg

ここ最近マグネッツではこのキャップの
入荷が続いておりますが、とても
希少なアイテムだと言うことを
ご理解ください!



1940's US.Army TriggerFinger Mitten
5980-yen +Tax
c0078587_15310150.jpg
c0078587_15310140.jpg
c0078587_15310178.jpg

見た事のあるデザインですが、
この質感のものは、初めてという方も
多いのではないでしょうか?

ミリタリーで使用する、トリガーフィンガーミトンとなります!
c0078587_15310005.jpg
トリガーを引く為に、三又に分かれているのが
最大の特徴となるミトンですが、もっとガシッとした
硬さのあるウールを使用した、オリーブカラーの
物を見たことはありますが、この色目で、
柔らかい質感のミトンは、初めて見ました!
c0078587_15310011.jpg
手首やボディーにダメージがございますが、
手を通すと、柔らかい質感で細めに作られているので、
フィット性が高く、普段使いにも適した一品となります!

滅多にお目にかかれない一品ですので、
興味のある方は、見逃さずご覧になってください!


c0078587_15310095.jpg
c0078587_15310259.jpg




1940's US.Army Mountain Hood
SoldOut!です。ありがとうございました。
c0078587_15323596.jpg
c0078587_15323481.jpg
c0078587_15323566.jpg
コレクタブルな一品です!
山岳部隊が使用するフードのご紹介です!

フードが備わるジャケットは色々とありますが、
独立したフードと言うのは、顔にフィットする
ヴァラクラヴァなどはわかりますが、アメリカ軍では
珍しいですね。
c0078587_15323642.jpg
山岳部隊ならではの薄めのオリーブカラーが
特徴で、特別感が増しますが、作りも
相当拘りが見られ、顔部分のセンターに
ドローコードが2本あり、絞り込んで調節出来る様に
作られています。
c0078587_15323546.jpg
また、しっかりと音が聞こえるようにアイレットが
三つ耳の部分に設けられ、日差しや雪除けの
バイザーが丁寧に備え付けられています。
c0078587_15323449.jpg
天頂部には、ストラップが二箇所備わり、
ゴーグルを装備出来る様になっており、
機能性の高さは、さすがです!
残念ながら印字は消えておりますが、
ガーゼタグも備わったいいコンディションの一品となります!
c0078587_15323607.jpg
c0078587_15323646.jpg
最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとうございます。
この後にも、ブログアップを致しますので、
是非、お付き合い下さいませ!

よろしくお願い致します!

神戸店 伊藤でした


P.S.)ジープキャップのリプロダクトです!
   気軽に扱っていただけるプライスです!

Reproduct Jeep Cap
Size:M 
SoldOut!です。ありがとうございました。
c0078587_16095557.jpg
c0078587_16095509.jpg
c0078587_16095613.jpg
c0078587_16095477.jpg
c0078587_16095669.jpg
c0078587_16095677.jpg

magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。


※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。

※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。

御了承くださいませ。

by magnetsco | 2017-10-08 21:26 | KOBE店 | Comments(0)