magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2331)
(1968)
(1714)
(1115)
(859)
(823)
(503)
(496)
(496)
(490)
(444)
(333)
(277)
(232)
(227)
(217)
(161)
(159)
(71)
(33)

最新の記事

12月13日(水)大阪店ヴィ..
at 2017-12-10 23:00
12月13日(水)大阪店ヴィ..
at 2017-12-10 21:53
一生付き合いたいスウェットア..
at 2017-12-10 16:06

最新のコメント

shin様。 お世話に..
by magnetsco at 15:19
40's U.S.M.A..
by shin at 00:21
ヨシさま、こんばんは!僕..
by magnets-vintage at 20:20
大変丁寧なお返事を頂きあ..
by ヨシ at 20:52
商品が手元に到着しだい、..
by 富井 at 20:08

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

神戸店11/22(水)ヴィンテージ入荷!#2 US.Army!10's OliveDrab Flannel Shirt!!!

こんばんは、神戸店 伊藤です。


神戸店11/22(水)ヴィンテージ入荷!12:30~OPEN!!!
の、入荷ブログの本日二回目となります!


この度のグログ内容は、USアーミーの
アイテムを中心にご紹介させていただきます!

こちらも先ほどと同じく濃い内容となっていますので、
是非、ご覧になってください!
初見のものから、人気が集まるアイテムまで、
数多いラインナップとなっています!


それでは、早速ご覧になってください!
よろしくお願いいたします!




Circa 1910's US.Army Olive Drab Flannel Shirt
Size:about-16 39980-yen +Tax

c0078587_21000728.jpg
c0078587_21000774.jpg
c0078587_21000415.jpg
トップは見るからに時代を感じるこの一品から!
1910年代にアメリカ陸軍で採用されたウールシャツになります!

今から100年前のアイテムなので、現在存在すること自体が
奇跡とも言えそうなアイテムですが、当店に通ってくださる
お客様は、M-1916のウールシャツをご覧になっている方も
沢山いらっしゃると思います。

今回の一枚は、そのディテールはほとんど同じなのですが、
首元にスペシャルなパーツが備わったウールシャツとなります!


チンストラップです!
c0078587_21000615.jpg
c0078587_21000655.jpg
c0078587_21000691.jpg

ヴィンテージのシャツにおいてミリタリーに限らず
このパーツが付くと評価が一気に変わる
ディテールで、それが現在のアパレルでも繁栄して
このパーツをつけて製品化されているものを非常に
多く見ます。


今回のものは、10年代という古い年代特有の
細長く、斜めに切り上がった形状のチンストラップと言うのが
たまりません!
c0078587_21000892.jpg
そして、首元にも注目したいところですが、
タグが備わっており、刺繍で、O.D.Flannelと
記載された一品となります!

この年代のシャツを何度か見てきましたが
こんな記載が入ったものは、初めて見ました。

10年代と推定してご紹介していますが、
もう少し古いものかもしれませんね。
c0078587_21023951.jpg
裾口には、こちらもヴィンテージシャツとし
大きく評価が変わるデカマチが備わっており、
最高のディテールですね!

使用感により、生地のダメージなどが確認できますが、
ウールと言う性質と、一世紀前の物という時代を
考えると、残っていることが奇跡と言える一品ではないでしょうか!

この時代に近いミリタリーシャツとも一線を画す
ヴィンテージ好きには堪らないディテールを
備えたウールシャツを是非、ご覧になってください!
c0078587_21000522.jpg
c0078587_21024064.jpg
c0078587_21000562.jpg

c0078587_21024036.jpg
c0078587_21000732.jpg




1960's US.Army M-51 FishTail Parka
Size:S
SoldOut!です。ありがとうございました。
c0078587_21034273.jpg
c0078587_21034254.jpg
c0078587_21034130.jpg
c0078587_21034440.jpg
c0078587_21034463.jpg
c0078587_21062575.jpg
c0078587_21034216.jpg
c0078587_21062679.jpg
c0078587_21062650.jpg


ファッションアイテムとして、永遠に廃れない一品!
1951年3月12日に採用された
M-51フィールドパーカの登場です!


ミリタリー好きのみならず、服好きの方に
多く知られておりファッションとしての
ミリタリーアイテムでの知名度トップレベルのアウターです!

M-51フィールドパーカと呼ばれている
1951年に採用された米軍の極寒防寒衣料は、
後の時代には、モッズパーカと呼ばれるようになったアイテムです!

コットンポプリンまたは、ナイロンオックスフォード素材を
使ったボディーは軽量ながらダブルステッチで
縫製されており、頑丈な作りのこのM-51パーカ。

使い込んでいくと、ご覧のように
ステッチのアタリが出て、大味に
なりがちなコートアイテムでも、
表情が出て、非常にカッコよくまとまっています!



映画やドラマ、様々なところで登場する
ミリタリーアイテムで、本当にいつの時代も
人気の高いアイテムですね。


今回のものは、ナイロンオックスフォード素材を
使ったボディーで軽量ながらダブルステッチで縫製されており
頑丈な作りのこのM-51パーカ。


M-51フィールドジャケットの上に着る、コートの位置に属する
アイテムなのですが、戦場だけに留まらず、
ファッションシーンでも昔から大活躍した有名なモデルとなります。

1970年代にイギリスで生まれ大ブレイクしたモッズ。

その人たちが着ていたことで知名度が
一気に上がった事がきっかけですが、
当時イギリスに大量のデッドストックが、出回ったことから
こういったファッションが生まれたのかもしれません。



今回は、色濃く残ったコンディションのいい1枚ですので
是非、お試しください!



現在でも、廃れる事がなく男女問わず人気のあるアイテムで、
薄手のナイロンオックスフォードを使用していますが、
その遮風性の高さから、真冬のアウターとして
十分な実用性を発揮し、それに見た目の良さが加わり、
定番アイテムとして認知されるに至ります!

c0078587_21034375.jpg
この度は、ライナーも装備された、非常に興味が
そそられる一品で、サイズもSと申し分ない
1枚です!

c0078587_21034366.jpg
c0078587_21100137.jpg


c0078587_21034391.jpg







1940's US.Army M-47 Field Parka
Size:M
Sold Out!です。ありがとうございます。
c0078587_21081727.jpg
c0078587_21081753.jpg
c0078587_21081791.jpg

この度は、フィールドパーカがいろいろと
入っているので、時代を遡ってご紹介させていただきます!

先ほどのフィッシュテールパーカの二世代前の
フィールドパーカ、通称M-47フィールドパーカの登場です!


大戦末期から50年代前半にかけて使用されており
朝鮮戦争期にも、防寒装備として採用され
当時の画像で確認できます。

次の年に新しいモデルが採用され、
正式な採用年は一年となるのですが
次世代の生産が追いつかなかった事などの理由から、
50年代に入って登場したM-51と肩を並べて活躍できていた
画期的なモデルとなります。


過渡期に同時に使われていたことはよくありますが、
二世代を超えて使用されることは珍しい事ですね。

c0078587_21081876.jpg
c0078587_21081848.jpg
ジッパーとボタンの併用による二重留や
着脱式ライナー、上部ウエストのハンドポケットのデザインなど、
次世代へ継承されたという意味で、
大戦中に開発されたマウンテンパーカから、
シェルパーカへ連なる転換期の
重要なモデルであった事も伺えます。

このM-47の一番の特徴は、先程も述べたように、
それ以前のマウンテンパーカをベースとして作られており、
平面的なデザインが、今のファッションでも使い易く

後に続く立体裁断で膨らんだラインの物と比べると、
スマートなラインですっきりと仕上がっています。

オーバーコートと書かれており、極寒の地での使用も想定され、
グローブの着用を考えて、前立て、ポケットのフラップなどを
留めるボタンには、大きな物を採用しており
開閉がしやすいようになっています。
c0078587_21081860.jpg
c0078587_21100207.jpg


また、ハンドウォーマー、パッチポケットとも
大きく取られており、こちらもグローブ着用時に
備えての企画だと想像できます。

冬になると手袋を使用する方も
沢山いらっしゃると思うので、
こういった作りはありがたいですね。

c0078587_21081604.jpg
フードの作りも、寒さ対策を考えて作りこまれており、
首元は、顎まですっぽり隠せる高さを持ったデザインで、
頭部の保護にもぬかりはありません。


このデザインも、今ではファッションとして
目を惹くデザインで、寒いときには
中にネックウォーマーを仕込むと、
かなりの体感温度になりそうです。


生地には厚手のコットンを使用しており、
ミリタリーらしくタフさも重要視されて
作られていることがわかります。

今ではナイロンや、ゴアテックスなど新素材が出てきて
軽量化も一つのファクトとして、重要視されますが、
この時代には保温と丈夫さが最優先であったようです。


見た目のデザインや、ヴィンテージとしての
オーラも備えており、フィールドパーカとして
歴史的にも重要なモデルになる本物の1枚です!

この度は、ご覧のとおりの激しく使い込まれた
味のあるコンディションとなっていますので、
普段では出会うことのないプライスでの登場となっています!

気になる方は、お試しください!
c0078587_21081935.jpg
c0078587_21081983.jpg
c0078587_21100291.jpg


c0078587_21081701.jpg


1940's US.Army Ski Reversible Parka
Size:about-M 19980-yen +Tax

c0078587_21113163.jpg
c0078587_21113171.jpg
c0078587_21113156.jpg
c0078587_21113062.jpg
c0078587_21112939.jpg
c0078587_21113021.jpg

c0078587_21113282.jpg
c0078587_21123827.jpg
c0078587_21113250.jpg
c0078587_21113277.jpg
続いては更に時代を遡った1枚です!
対戦中に採用されたプルオーヴァータイプの
スキーリヴァーシブルパーカになります!

40年代の貴重な主に山岳部隊によって使用され
このアイテムは1942年7月14日に誕生したアイテムなのですが、

第10山岳部隊、第一特殊部隊、通称ブラックデビルで
使用されており、こういった部隊は、当時では
エリートしか配属される事が許されなかった
少数精鋭部隊になりますので、現存する数も
やはり少なくなることは否めません。


リヴァーシブルの仕様となっているのですが
雪原地帯を移動するときには、単色迷彩である
ホワイトの面を使用する作りになっています。


フード縁には、ファーが施されているのですが、
こちらはウルフヘアーを使用しており
このファーは耐久性が弱く見かける物は劣化により
欠損している物が殆どです。

今回のように残っている方が
珍しいぐらいだと思います。


フード後部にはスナップボタンが装備されており、
スキーを使用し高速で移動する際に
バタつきやフードが飛ばされてしまうことを考慮して
絞れるよう作られています。


裾口にはドローコードを通すホールが付いているのですが、
ここで絞り上げて後ろ身頃についている
もう一つのホールに紐を通し、雪の浸入や動き易くするよう
考えられています。

短期間の生産で、終了しているレアなアイテムです!
c0078587_21123773.jpg
c0078587_21123786.jpg
c0078587_21123881.jpg




1940's US.Army Mountain Trooper Parka
Size:38
Sold Out!です。ありがとうございます。
c0078587_21135466.jpg
c0078587_21135507.jpg
c0078587_21135392.jpg
c0078587_21135316.jpg
c0078587_21135634.jpg
c0078587_21135283.jpg
c0078587_21135405.jpg
c0078587_21135588.jpg
c0078587_21135404.jpg
そして更に古いアイテムをもう一点ご紹介です!

先ほどのプルオーヴァー以前のモデルでは、
ジッパー仕様のこの1着はとても希少価値が高いかと思います!


こちらもアメリカ陸軍の山岳戦用服として
使われていた物です!

パラシュート隊員、水陸両用コマンドー隊員、
山岳スキー部隊員などの
訓練をうけた第1特殊作戦部隊などが
リバーシブルで着用していました!


翌年に先ほどのプルオーヴァーが登場いたしますので、
生産期間は一年足らずとなっており、
非常に数の少ないアイテムとなります。

また、スノーカモを備えているので
極寒地でも使用されるわけですが、
気温が下がると、ジッパーに支障をきたす事が
多く、今回のようにダメージがないものは
極めて珍しく嬉しいことです!

フルオープンの使用がコーディネートの幅を
広げ、使いやすいのではないでしょうか!

袖のストラップの形状など、見ごたえのある
ミリタリーアイテムとなっています!
c0078587_21150126.jpg
c0078587_21150254.jpg
c0078587_21150344.jpg
c0078587_21150238.jpg


1940's US.Army M-43 Liner JKT
Size:44-R
Sold Out!です。ありがとうございます。
c0078587_21160584.jpg
c0078587_21160675.jpg
c0078587_21160742.jpg
前回の入荷に引き続き、人気のアイテムである、
M-43ライナージャケットが入ってきました!

M-43フィールドジャケットのライナーとして
採用されたのですが、この後のモデルには
ジャケットへの取り付け型のライナーへと変更される為、

このようにこれ一枚でも着れる作りになっているのは
珍しく、このライナーのみのデザインになります。

前はボタン仕様にオフセンターの作りになっており、
ポケットまで付いた仕様となっています。
中には、アルパカが貼られていますが、
アルパカライニングは、このジャケットでの前期タイプの
仕様となります。

最早、ライナーの枠を超えた一枚になり
完全にアウター仕様でいけますね。

当時の、兵士にも非常に好評で、
これ1枚で着用する事が多かったことから
これだけで外出する事を禁止する命令も出ていたほどです。

この度、42というサイズで入ってきました。
大きめでお探しだった方も多いと思いますので、
是非、お試しください!

目立ったダメージがなく、良いコンディションだと思います!
c0078587_21160556.jpg
c0078587_21160566.jpg
c0078587_21160812.jpg
c0078587_21160653.jpg
c0078587_21160621.jpg
c0078587_21160716.jpg








1940's US.Army M-43 Jeep Coat
Size:36
Sold Out!です。ありがとうございます。
c0078587_21175981.jpg
c0078587_21175948.jpg
c0078587_21180042.jpg
c0078587_21175789.jpg
1938年に誕生した初期モデルから、
1942年には襟部分に使われていた
ウールが取り去られるM-42モデルを経て、
1943年、襟部分をロールカラーから、ノッチドカラーに変更した
M-43ジープコートの登場です!


防風、防水に強いコットンポプリンに生地を変更した
マッキノーコートの最終モデルになります!


見た目がPコートと似ており、
初期のものから比べると
少しすっきりとした印象を受けます。


それまでのモデルでは、ウェストベルトが
備え付けられたデザインでしたが、
当時の兵士はあまり使用しなかったのか、

このモデルになるとベルト自体を
使用しなくなりました。
ループが省略されていますね。

マッキノーコートは色々とモデルチェンジを
していった訳ですが、どのモデルも使用期間が短命になっており、
それぞれが希少価値の高いアイテムとなってます。

こちらの最終モデルは、言ってみればジープコートの
完成形となり、重量なども軽く作られ、
一番扱いやすいモデルとなっています!

天然素材だけで、身体を守ることに一番技術を費やした
第二次世界大戦の一品は、紛れもなくリアルクロージングとして
一生物の価値があると思います!
c0078587_21175883.jpg
c0078587_21175813.jpg
c0078587_21180068.jpg
c0078587_21175778.jpg
c0078587_21180084.jpg





1960's US.Army Vietnam B.D.U.JKT 2nd
Size:S-Long
Sold Out!です。ありがとうございます。
c0078587_21194326.jpg
c0078587_21193976.jpg
c0078587_21194076.jpg
注目アイテムのヴェトナムファティーグジャケット!
今回は、4つモデルがあるうちのセカンドタイプが
入ってきました!

数が少ないのも皆様ご存知だと思います。

c0078587_21194223.jpg
このセカンドの特徴は、後の3rd、4thと
比較した一番の違いと言うと、エポレットが付いている点です!

このパーツが付いた最後のモデルとなるのですが、
採用期間の短さから、後の3rd、4thと比べて、
圧倒的に、弾数が少なく貴重なパーツとなります!

M-65ではエポレットなしのファーストを
お探しの方が多いのですが、なぜか、
このヴェトナムに関しては、エポレットが
やっぱりかっこいいとおっしゃる方が多いですね。


c0078587_21194044.jpg
c0078587_21193983.jpg
他には、フライフロントの部分が
二重になっていること、ウェスト部分に
アジャスターが付いていること、などが
挙げられます。

薄手のポプリンコットンを使っている
ボディーだけに、他のアウターと比べ、
耐久性は低いので、姿を消していってるんでしょうね。

近いうちにまったく見られなくなる
アイテムかもしれません。

サイズ表記は、Sロングとなっていますが
ノンリップは縮みが強く入るため、使い込まれた
こちらの実寸は、Sレギュラー程度かと思います。
c0078587_21194135.jpg
c0078587_21194246.jpg
c0078587_21194184.jpg
c0078587_21194065.jpg
c0078587_21213211.jpg
c0078587_21213266.jpg
c0078587_21213232.jpg


1960's US.Army M-65 Field JKT 1st
Size:S-Regular
Sold Out!です。ありがとうございます。
c0078587_21230987.jpg
c0078587_21230946.jpg
c0078587_21231057.jpg
永遠の定番アイテムで、映画の中でも度々登場し、
各国の軍にもその機能性のよさから、
サンプリングされているジャケット
M-65フィールドジャケットの登場です!!!

しかもヴィンテージ入荷ということだけあり、
こちらは生産期間が一番短命な
1stモデルになります。

最大の特長はエポレットが
まだ装備されていないという事です。

他には、着比べて初めて分かる事なのですが、
1stはその後に続くモデルと比べて、
少し細めに作られているという点です。

普段から、小さめの物をお探しだった方には
ピッタリのシルエットに仕上がると思うのですが、
いかんせん、弾数が少ないモデルです。

40年以上軍で活躍したジャケットですが、
1stの生産期間は一年ほどとなっておりますので、
いかに少ないかは容易に想像できますね。

今回は、程よく使い込まれたやれた表情が
かっこいい一品で、サイズ表記などのタグは
欠損しておりますが、他のM65とくらべて、
サイズを見たところ、Sショートとなっています。

ショート丈を探しておられる方も
多くいらっしゃると思いますので、
是非、この機会にお試しください!
c0078587_21230830.jpg
c0078587_21231143.jpg
c0078587_21231153.jpg
c0078587_21231268.jpg
c0078587_21230978.jpg



1960's US.Army O.D.107 Utility Shirt 2nd Model
Size:14-1/2
Sold Out!です。ありがとうございます。
c0078587_21294099.jpg
c0078587_21294169.jpg
c0078587_21294260.jpg
皆様お馴染みのユーティリティーシャツが入ってきました!
ですが、ご存知の方には、
納得のレアな一枚となっております!

生産期感が一番短く
弾数が最も少ない2ndモデルの1枚となります!
c0078587_21294395.jpg
大きな特徴は、なんと言っても袖のストラップですね。
これが付いているだけでも、随分違った印象を受けます!
c0078587_21294220.jpg
c0078587_21294203.jpg

そして、それ以前の角型のポケットのフラップから
角が取れた形に変わりました。

そしてバックのショルダー部分には、プリーツが入っているのが
特徴となります。
c0078587_21294161.jpg
こちらは64年度の一品となりますが、この年から
袖にカフスが付く、3rdモデルへと移行していきます。

この1枚は今では滅多に見られなくなってきましたので
是非、ご覧になってください!
c0078587_21294035.jpg
c0078587_21294007.jpg

c0078587_21294119.jpg

1940's US.Army Watch Cap
SoldOut!です。ありがとうございました。
c0078587_21242206.jpg
c0078587_21242129.jpg
c0078587_21242138.jpg
前回の初めての登場から、再度の入荷が嬉しい一品です!

非常に珍しいこちらの一品のご紹介です!
USアーミーのワッチキャップになります!

海軍で有名なこのアイテムですが、
ゴールドカーキのカラーで仕上がった
陸軍の一品となります!
c0078587_21242039.jpg
天辺部分はジープキャップと同じ
ヒトデ型の縫い合わせになっており、
ウールは、少し硬さのある海軍のワッチキャップと
同じ質感の物が使われています。

滅多にお目にかかることが出来ない、
レア度が高いヴィンテージニットキャップになりますので、
興味のある方は、是非、この機会にお試しください!
c0078587_21242296.jpg





1940's American Red Cross Knit Vest
Size:about-36
SoldOut!です。ありがとうございました。
c0078587_21252962.jpg
c0078587_21253079.jpg
ARC(American Red Cross)のニットヴェストとなります!

アメリカで最も名誉ある女性として掲げられる
クララ・バートンが創始者で
歴史は古く1881年から始まり、現在に至るまで世界中に
広がる人道団体となります。


軍との関係は1800年代からスタートしており
戦争が起ると、ARCのメンバーとボランティアスタッフも
戦場に、赴いていました。

第一次世界大戦のときは、アーネスト・ヘミングウェイも
この団体の救急車のドライバーをしていたそうです。

ご紹介のニットヴェストの時代のWW2時代には
約10万4千人ものスタッフが、送り込まれており
戦場で、負傷した兵士の看護はもちろん、食事なども提供したり
精神的な支えにもなっていました。

今回はそんな人たちが使っていた
人気のニットベストになるのですが、
ご覧のとおりの綺麗なコンディションで、
入ってきたのが嬉しいですね!
c0078587_21252976.jpg
ハンドニットで仕上がっているので、
職人のぬくもりを感じていただける
一品で、ネック、ショルダー、体側部分など
編みを変えて仕上がり、こだわりが感じられます。

縮みも入っていないようで、ウールの質感がよく、
また着丈のバランスもいいですね!
c0078587_21252818.jpg
c0078587_21253013.jpg
c0078587_21253080.jpg
c0078587_21252808.jpg


1940's US.Army HighNeck Sweater
Size:about-34 9980-yen +Tax

c0078587_21263335.jpg
c0078587_21263313.jpg
最後のご紹介です!
知名度も上がり、ご存知のアイテムだと思います!
USアーミーのハイネックセーターとなります!

このアイテムは、80年代の物でも見かけられ、
大まかなデザインが変わっておらず、
実用性がいかに高かったかが伺えますね!

今回のものは、その中でも、古い時代の物となる
40年代のハイネックセーターとなります!

c0078587_21263240.jpg
c0078587_21263439.jpg
この年代の特徴は、なんと言っても、ショルダー部分と
裾、袖に見られるシェーカー編みと言う
編み方を変えて仕上がっていると言う点です!
50年代に入るとこの編み方がなくなってきます。

そして、ボタンは、小さい物が使われており、
60年代半ばから、ここはラウンドドットのボタンに変更されます。

そして、こげ茶に変わる前の、このオリーブカラーが
なんといっても、時代を感じますね!

後の時代の物も、勿論、実用的ではありますが、
この雰囲気は、やはり特別な物があります。


この度は、目立ったダメージがなく、綺麗な
状態で入ってきました。
実寸が、34程度になると思いますので、
小さめでお探しだった方は、是非、お試しください!
c0078587_21263398.jpg
c0078587_21263423.jpg

最後まで、ご覧いただきまして誠にありがとうございました。
明日も、濃い内容の入荷ブログとなりますので、
皆様、是非、お付き合いくださいませ!

本日はありがとうございました。


神戸店 伊藤でした


この度の入荷ブログはこちらから ↓



神戸店11/22(水)ヴィンテージ入荷!#1 U.S.A.F.! L-2LightFlying JKT!!!






magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。


※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。

※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。

御了承くださいませ。

by magnetsco | 2017-11-19 22:48 | KOBE店 | Comments(0)