magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2332)
(1969)
(1714)
(1115)
(860)
(825)
(503)
(496)
(496)
(491)
(444)
(333)
(277)
(232)
(227)
(217)
(161)
(159)
(71)
(33)

最新の記事

12月13日(水)大阪店ヴィ..
at 2017-12-11 16:41
厚手というのがポイントです!..
at 2017-12-11 14:38
12月13日(水)大阪店ヴィ..
at 2017-12-10 23:00

最新のコメント

shin様。 お世話に..
by magnetsco at 15:19
40's U.S.M.A..
by shin at 00:21
ヨシさま、こんばんは!僕..
by magnets-vintage at 20:20
大変丁寧なお返事を頂きあ..
by ヨシ at 20:52
商品が手元に到着しだい、..
by 富井 at 20:08

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

Military Item! ジャケット編!!! (T.W.神戸店)

こんにちは、神戸店 伊藤です。


先日はミリタリーシャツを取り上げましたが、
今日は、ジャケットにフォーカスしました!

各軍で開発されたミリタリージャケットの
数々を是非、ご覧ください!

必要なものだけで構成された、ミリタリーならではの
機能美が一番色濃く表現されているジャケットは、
見ているだけでも、勉強になります。

無駄なデザインというものがないので、
見ていて飽きが来ないのも、ミリタリーの
特徴といえるのではないでしょうか!

それでは、早速ご覧になってください!
よろしくお願いいたします!





1940's US.Army M-38 Jeep Coat
Size:about-36
SoldOut!です。ありがとうございました。
c0078587_23150388.jpg
c0078587_23150220.jpg
c0078587_23150387.jpg
c0078587_23150401.jpg

キャンバスコットン素材を使用し30年代に誕生した、
M-38マッキノーコートの登場です!

士官兵が着用している事が多く、通常はジープでの
移動が主だったので、通称"ジープコート"と言われる
最初のモデルとなります!

滅多に出てこないアイテムではありますが、
出てきてもかなりの使い込みにより、ヤレ感が
出ている物がほとんどで、それがまたカッコいいのですが、

今回のものは、非常に珍しい使用感が無い、
凄く綺麗な状態で2枚入ってきました!


厚手のキャンバスコットンを使っているので、
防風性は高く、真冬にもしっかり身体を守ってくれます!
そして、内側には、ウールフランネルのライニングが
綺麗に張り巡らされており、高い保温性を備えているのが
わかりますね


このアイテムに一番多いウェストベルトの欠損なのですが
この度、完品で揃っております!


そして、極寒の地で、一番外に着るアイテムなので、
小さめのサイズがとにかく出てくるのが難しい
アイテムですが、この度は、36程度というサイズで入ってきました!



しかも、少し使用感があり、タグは備わっていませんが
少し変わったジープコートとなります。

通常、表に使っているキャンバスコットン生地が、
ポプリンコットンの仕様となっており、このモデルでは
本来見られない作りですね。

最終モデルにこの生地が使われるのですが、
デザインが全く異なります。

裾口にはステンシルが入り、渋い仕上がりの
一枚となっています!



c0078587_23150128.jpg
c0078587_23150256.jpg
c0078587_23150144.jpg
c0078587_23150235.jpg








1940's US.Navy 10Button P-Coat
Size:40
24980-yen +Tax
c0078587_21251590.jpg

c0078587_21252565.jpg

c0078587_21253981.jpg

通称“10ボタン”と呼ばれる
40年代に支給されたPコートのご紹介です!


アメリカ軍最強のアウターと呼ばれている
Pコートは、1910年代から始まり

1930年代、1940年代、1950年代以降と
モデルチェンンジを繰り返しており、
50年代ごろから8ボタンに変更される前の、
最後の10ボタンモデルとなります。



c0078587_21261492.jpg

c0078587_21262844.jpg

この年代のモノは、ライナーがコットン混の厚手の
サテン地から光沢があり滑りのよい
レーヨン地に変更される移行期になり、
ハンドウォーマーポケットの中もウールから
厚手のコットンを使った頑丈なコーデュロイ地に変更されます。


ディテールも魅力が詰っていますが、この年代のPコートの特徴は
独特な細身のシルエットということが挙げられます。
品のある綺麗なシルエットです。

10ボタンと言うデザインに人気が集まっているところがありますが
このコート自体のクウォリティーの高さを、袖を通して実感してください!
肌理の細かいメルトン生地からくる
気品ある雰囲気は、まさしく本物の1枚です!


そのモデルの特徴から、普段着だけでなく
お仕事場でも使って頂けるアイテムになりますので、
コンディションが良いというのは、このアイテムにとっては
大きなポイントになってくるのではないでしょうか?

c0078587_2127336.jpg

サイズ表記も、しっかりと入っており、40となり、
スーツの上から着用するには、丁度良いぐらいに
思われる方も多いのではないでしょうか?

最近では、生地のダメージは勿論ですが、
ボタン、チンストラップの欠損の物が
多く見られる中、欠損なく揃っているのも
嬉しい所です!


正に一生物のアイテムとなりますので、
是非、ご覧になってください!
c0078587_21271495.jpg

c0078587_212726100.jpg

c0078587_21274196.jpg

c0078587_21275351.jpg



1940's US.Army Ski Reversible Parka
Size:about-M 19980-yen +Tax

c0078587_21113163.jpg
c0078587_21113171.jpg
c0078587_21113156.jpg
c0078587_21113062.jpg
c0078587_21112939.jpg
c0078587_21113021.jpg

c0078587_21113282.jpg
c0078587_21123827.jpg
c0078587_21113250.jpg
c0078587_21113277.jpg
続いては、対戦中に採用されたプルオーヴァータイプの
スキーリヴァーシブルパーカになります!

40年代の貴重な主に山岳部隊によって使用され
このアイテムは1942年7月14日に誕生したアイテムなのですが、

第10山岳部隊、第一特殊部隊、通称ブラックデビルで
使用されており、こういった部隊は、当時では
エリートしか配属される事が許されなかった
少数精鋭部隊になりますので、現存する数も
やはり少なくなることは否めません。


リヴァーシブルの仕様となっているのですが
雪原地帯を移動するときには、単色迷彩である
ホワイトの面を使用する作りになっています。


フード縁には、ファーが施されているのですが、
こちらはウルフヘアーを使用しており
このファーは耐久性が弱く見かける物は劣化により
欠損している物が殆どです。

今回のように残っている方が
珍しいぐらいだと思います。


フード後部にはスナップボタンが装備されており、
スキーを使用し高速で移動する際に
バタつきやフードが飛ばされてしまうことを考慮して
絞れるよう作られています。


裾口にはドローコードを通すホールが付いているのですが、
ここで絞り上げて後ろ身頃についている
もう一つのホールに紐を通し、雪の浸入や動き易くするよう
考えられています。

短期間の生産で、終了しているレアなアイテムです!
c0078587_21123773.jpg
c0078587_21123786.jpg
c0078587_21123881.jpg



1950's US.Army M-51 Field JKT
Size:S-Regular 8980-yen +Tax

c0078587_1402150.jpg

c0078587_1402967.jpg

c0078587_1404648.jpg


フロントにジッパーが備わり、ライナー装備型を
定着させたM-51フィールドジャケットです!

それまではフライフロントのボタン式だった前合わせから
スタイリッシュに一新したジッパーフライへと変更を遂げ、
開閉も非常に便利なったモデルです!

ボディーに使用している生地は、前身モデルから引き継いだ
コットンサテンを使用しており、使い込むほどに味が出る、
ヴィンテージ好きには堪らない生地ですね。

ジッパーフライを備えたところから、
Vゾーンを大きく取っていた前モデルから、
首元までしっかりと閉じれるように変更され、
ライナーを備える事を想定した
保温性を高める作りになっています。

バックボーンとしては丁度、朝鮮戦争の時期に
このモデルが誕生しましたが
寒い地域での戦闘というのも
考慮に入れて進化していますね。

年々数が減っていっている今では
貴重なモデルとなりますので、
まだ手元にない方は、ご覧になってくださいね。



c0078587_1405831.jpg

c0078587_141812.jpg

c0078587_1412574.jpg

c0078587_141591.jpg








U.S.Navy A-2 Deck JKT
Size:M  7980-yen +Tax

c0078587_17311063.jpg
c0078587_17311044.jpg
c0078587_17311038.jpg
c0078587_17311172.jpg
シンプルなデザインで、使いやすく
注目が集まるA-2デッキジャケットのご紹介です!

N-1デッキジャケットに端を発し
1950年代後半に後継モデルとして登場した
A-2デッキジャケット。

甲板作業をする兵士の為に、
防寒性と、動きやすさという点で
進化を遂げたジャケットになります!



N-1に採用されていたジャングルクロスから、
耐久性と軽量、そして速乾を兼ね揃えた
ナイロン/コットンクロスに変更されており、
かなり動き易くなっているのが印象的です。
c0078587_17311100.jpg
裏地にもアルパカライナーから
ナイロンボアへ変更されており、
脇下には、カッティングが入り、
着込んだ上に着用したときには、
この作りがあるとストレスの感じ方が
段違いで、軽量と快適さが裏地でもアップしています!
c0078587_17311069.jpg
c0078587_17310994.jpg
この度は、袖口の内リブの欠損と、ジッパーの
ダメージがございますので、それを考慮した
価格となっています!

ボタンで留める前立てがありますので、
ジッパーを使わなくても開閉ができ、
着用には支障なく使っていただけます。


服として、見た目とバランスが非常によく、
長く使って頂けるアイテムです。
c0078587_17311295.jpg













1960's US.Navy A-1 Deck JKT
Size:M 16980-yen +Tax
c0078587_13072331.jpg
c0078587_13072213.jpg
c0078587_13072291.jpg
c0078587_13072385.jpg
60年代初頭のナム戦時に採用された、
厚手ナイロン素材防寒用
A-1デッキジャケットのご紹介です!

普段は滅多に姿を見せない
レアなミリタリージャケットになります!
独特の光沢感のある生地が他にはないアイテムですね。
c0078587_13072247.jpg
デザインは先ほどのA-2デッキジャケットに似た
ディテールとなりますが、ポケットフラップの
形状等が異なり、やはり生地で
印象がガラっと変わりますね。
c0078587_13072165.jpg
c0078587_13072181.jpg
主に潜水艦のクルーに使われているのですが、
ショルダーから袖先にかけて、パイピングのような作りがされており
通路の狭い艦内で、火災などの緊急時に、引っぱり上げやすいように
作られたディテールと言われています。

普段目にするジャケットとは、かなり異なったディテールが
備わっており、命を守るために考えられたリアルクロージングですね。
c0078587_13072368.jpg
c0078587_13072038.jpg
c0078587_13072169.jpg


1940's US.Navy N-4 JKT
Size:38 16980-yen +Tax

c0078587_14054430.jpg
c0078587_14054506.jpg
c0078587_14054429.jpg
c0078587_13084247.jpg
第二次世界大戦中にアメリカ海軍で使用されていたN-4!
似たデザインの、陸軍で使用されていたM-41の印象が強いですが、
弾数の圧倒的に少ない海軍仕様の1着となります!

形状はほぼアーミーと変わりませんが、
ネイビーのN-4の特徴は、
エポレット、サイドアジャスターボタンが付かず、
アクションプリーツも短く、やや着丈の長い
キレイなシルエットと言う点が挙げられます
c0078587_13093264.jpg

胸にUSNのテンシルが入っているのもポイントです!

c0078587_13084291.jpg
ポプリンコットンの生地に
ウールフランネルのライニングを持つN-4は、
フロントジッパーと5つボタンのデュアル方式で
風の進入を防ぎ、当時考えられた
防寒性の高いジャケットになります。

一見薄手に見えますが、高い保温性能を持ち
アウターとして大活躍するジャケットとなります!


民間のウインドブレーカーを参考にし、
初めて大量生産を目的として開発された
フィールドジャケットM-41の海軍仕様の
通称 N-4 ジャケットです。

c0078587_13084017.jpg
襟先にピンズが備わり、このジャケットでは、
めったに見られない仕様となっているのが
ポイントの一枚です!
c0078587_13084185.jpg
c0078587_13084144.jpg




1960's US.Navy Wet Weather Parka
Size:M 9980-yen +Tax

c0078587_18261987.jpg
c0078587_18262067.jpg
c0078587_18261803.jpg
c0078587_18262093.jpg
ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、
US ネイビーのレインパーカと呼ばれているものです。

40年代から採用されており、そのときは、
Rain Outfit N-2 Parkaとよばれていました。
50~60年代にWet Weather Parkaと呼ばれています。

その名の通り雨天・降雨対応システムのもので
ボディーにはラバライズド加工(撥水加工)が
施されています。
(ちなみに防寒対応システムは皆さんご存知のN-1JKTになります。)

c0078587_18261811.jpg
40'sの物とほとんど採用が同じなんですが、
変更箇所がラグランスリーブとフロントポケットの追加です。

ガバッとしたラインなんですがこの袖の作りで、
スッキリと着こなせます。

バイクに乗られる方に特に人気なアイテムと
なっていますので、是非、お試しください!
c0078587_18262091.jpg
c0078587_18261964.jpg
c0078587_18261988.jpg
c0078587_18261847.jpg



1950's U.S.M.C. Eisenhouer JKT
Size:about-38-Long 9980-yen +Tax

c0078587_16530204.jpg
c0078587_16530243.jpg
c0078587_16530396.jpg

このアイテムは陸軍でも使っていますが、
ご覧のカラーがMCの特徴となります。

アイゼンハウアーが好んで使っていたことに因み
アイクジャケットと呼ばれる一品です!

質の高いウール生地で、ミリタリーらしさが
伝わる雰囲気のあるデザインで仕上がっています。
c0078587_16530114.jpg
今回のものは、袖に徽章が入っていますが、
MCが使う特別なカラーのもので、これも
特別感がありますね

袖に備わるストラップをとめるボタンにも、
MCならではのものが備わっています!

c0078587_16530362.jpg
MCのものはアーミーのように細かな記載がある
タグが備わっていることが少なく、表示がほとんどありません。

あったとしてもネームのスタンプだけで
済ませているものが多いのですが、
今回の一品は、内ポケットの中にスタンプが
はっきりと確認できました。

ここも特別感を感じていただけるポイントになると思います!

そしてこの当時はパンツの股上が深かったので、
ジャケットは極端に着丈が短いものが多いのですが、
今回のものはロング丈で仕上がっているので、
現在の僕達が一番使いやすいバランスの一品だと
思います!
c0078587_16530192.jpg
c0078587_16530122.jpg
c0078587_16530378.jpg
c0078587_16530200.jpg











1950's US.Naval Academy Wool Robe
Size:about-36 12980-yen +Tax

c0078587_18045285.jpg
c0078587_18045286.jpg
c0078587_18045320.jpg
c0078587_18045367.jpg
そして最後は、こんなウールアイテムをご紹介いたします!
海軍士官学校で使用されていたウールローブとなります!

深みのあるパープルカラーが特徴で、
胸のアカデミーの刺繍がカッコイイですね!
c0078587_18045123.jpg
生徒が使うアイテムになると思うのですが、
陸軍と違って海軍となるとやっぱりエリートが多いのでしょうか?

軍仕様でこんなアイテムまで
作られていたことに驚きます。
c0078587_18045328.jpg
タグが備わる、その下には、生徒の名とナンバーが
記載されていて、紛れもない実物であることが
わかりますね!

1950年代ごろのアイテムとなりますが、
こちらもウールのコンディションは、極上で、
使用感はある物の、虫食い箇所などはなく、
腰帯も、欠損なくついているのが嬉しいですね!

こういったミリタリーも、是非、お試しください!
c0078587_18045237.jpg
c0078587_18045111.jpg
c0078587_18045110.jpg
c0078587_18045379.jpg

最後まで、ご覧いただきまして誠にありがとうございました。
本日は定休日となっておりますので、
明日、皆様のご来店を心より、お待ちしております!

神戸店 伊藤でした

magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。


※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。

※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。

御了承くださいませ。

by magnetsco | 2017-12-05 16:04 | KOBE店 | Comments(0)