magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2821)
(2353)
(2050)
(1286)
(1019)
(981)
(584)
(583)
(576)
(573)
(534)
(396)
(360)
(274)
(251)
(247)
(181)
(171)
(92)
(35)

最新の記事

マグネッツ神戸店 28年前の..
at 2019-01-17 16:35
本日は大阪店ヴィンテージ入荷..
at 2019-01-16 22:35
マグネッツ神戸店 落ち着いた..
at 2019-01-16 18:50

最新のコメント

koumekko様。 ..
by magnetsco at 12:45
ecwcs デザートカモ..
by koumekko at 17:42
ゲン様 こんばんは..
by magnetsco at 23:28
こんばんは! 70..
by ゲン at 22:22
SOULさま!お久しぶり..
by magnetsco at 14:45

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

よ~く知りたい!サーマルて、本当はどう言うアイテム!?(トアウエスト神戸店)

こんばんは、神戸店 伊藤です。

昨日今日と一気に寒くなってきました。本日はそんなときに
大活躍してくれるアイテム サーマルをご紹介します。

Vintage ThermalShirt Size:XS~XL 1980~2980yen
c0078587_2359139.jpg

ヴィンテージサーマルシャツが、クリーニングから沢山仕上がってきました。

このサーマルというアイテムなんですが、最近では、普段着としてみなさまの
中でも浸透していると思っていたのですが、意外と知らない方も多く
一体どういうものなのか、説明していきます。

サーマルとは
まず、サーマルという言葉の意味なんですが、「熱の、温度の、暖かい」という意味。
この意味に関しては、普段着慣れている方のほうが知らなかった方が
多いのではないでしょうか。

このシャツの特徴としては、表面に凹凸がある織り生地を使用している
主にロングスリーブのTシャツになります。(半そでも存在します)

最初は、アウトドア用の下着として採用されたものでカジュアルアイテムとして
着られるようになったのは、90年代に入ってからです。
ミリタリーのものも古くからありますが、どちらが先なのかは
詳細がわかりません。

凹凸のある生地を使うことによってどういう効果をもたらすかといいますと
凸部分は、着用したときに肌に接する部分になり体とのホールド的な役割を
果たすのですが、凹部分がキモでここは肌に接しないところになります。

これは、肌が触れていない部分は、空気しかないという事なんですが
この空気の層を作ってやることが保温性をアップさせる重要なポイントに
なります。

保温効果というものは、生地と肌が触れ合っていても外気から遮断されるので
ある程度はあるのですが、飛躍的にあげるには空気が必要になります。
体温によって空気の温度が上がる、その空気こそが保温性のアップに繋がり
ぬくいと感じる事が出来ます。

なので、この凹凸のボディーはへこんだところで空気の層を作り
肌に接する部分と肌で、空気が外にでない小さな空気の部屋を
沢山作っていることになります。
(保温効果をあげる一番のポイントは空気の層を作り温かく
なった空気を、外に逃がさないという事です)


あとは、単純に肌との摩擦力をあげて体温を上昇させるのに一役かっているとも
言われています。
c0078587_2335169.jpg

こんな経験ありませんか?
空気の層を外に逃がしてしまうと一気に保温性が下がるのですが
これに関しては皆様、経験がおありと思います。

セーターを着ているときによく体験すると思うのですが部屋の中で着た時には
温度がすごく上がって熱いと思うけど、そのまま冬の外へ出ると一気に寒いと
感じた事はないでしょうか。これが暖めた空気が外に逃げた時に起こることです。

セーターなどは毛糸事態が小さな毛足が伸びていて空気の層を作るのに
かなり適した素材なんですが、閉じ込めておくことに弱いんですよね。
ニットなんかは網目が大きいですから外気をすぐ通してしまいます。

そんなわけで、サーマルシャツの保温性は普通のロングスリーブのTシャツと
比べるとかなり温かく感じると思います。



(代表的なサーマルの織り生地は大きく分けて2種類ありますので下の画像でご覧下さい)
c0078587_2391744.jpg

ワッフル地
2種類の中でも、最近ではこちらのタイプが多いと思います。
色んな古着のサーマルを見てきて、主に80年代ぐらいからはグッと数が
増えてきた生地になります。

大量生産の時代に真っ只中のものでポリエステル/コットンの混縫のものが
多いです。このポリコットンの特徴は、伸縮性が強く生地の伸びがあまり出ず

一日着ていても肘の出っ張りなどが気にならなく、化繊が入っているので速乾性に
長けています。スタイリングを重視している方には重宝しそうです。





c0078587_2393690.jpg

ハニカム地
ハニカム=蜂の巣という意味なんですが、模様がそれに似ているので
そう呼ばれています。

こちらのほうは、さっきのより古い年代に多く見られるものになり、コットン素材の
ものがほとんどではないでしょうか。

特徴として今で言う新素材が世に出ていない時代なので、しっかりした保温性を重視して
肉厚のものが多く、頑丈なつくりをしているものが目立ちます。

特にアーミーで使われているサーマルはこちらの生地でかなり肉厚なものになっています



後は、ネックの縫製
サーマル以外のアイテムでも見られる特徴なんですが、さっきも言ったように
古い物にしっかりした作りが多く様々です。こちらも画像をどうぞ。
c0078587_2325496.jpg

インターロックネック
裏側でロックミシンで縫われているものになります。これは、比較的ポリコットン素材の
物に多くこの素材は速乾性があるために、水を吸い込む事を考えても
さほど頑丈な首のつくりはいらなかったのでしょうね。製造上のコストの削減にも適しています




c0078587_23233359.jpg

バインダーネック
一方こちらは、ボディーの生地をしっかりと表と裏で挟み込んで縫い付けているネックで
首もとがかなり頑丈なつくりになっています。首の伸びにはかなり強いつくりに
なっています。古い物やコットン素材のものに多く見られます。



c0078587_2334543.jpg

三本張り仕上げ
バインダーネックの挟み込みなんですが、三本張りのミシンで上から叩きつけるように
縫ってあります。見た目から頑丈なつくりはわかるのですがネックとボディーの
境目も凹凸感がなく着心地のいい仕上げになっています。

主にミリタリーサーマルに使用されています。軍モノ恐るべしです。
c0078587_065754.jpg

保温性を、あげるのはアウターだけじゃありません。しっかり肌着から
考えてきていくと、薄着でも意外とぬくさを感じられると思います。
冷え性の方には、是非体を守る意味でも活用してください。

あと、サーマルだけでも、いろいろなものがありそれぞれの特徴があります。
自分の好きなブランドで選ぶのもいいですし、素材で選ぶのもよし
ネックのつくりにこだわるのも面白いと思います。自分だけのこだわりを
見つけてください。

本日もありがとうございました。ここまで長くなるとは自分でも思いませんでした。
読むのしんどかった方、すみません。文章があまり上手くかけないので。
また、アップしていきますの今後ともよろしくお願いいたします。

神戸店 伊藤でした。





商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
*恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。
by magnetsco | 2010-12-17 00:21 | KOBE店 | Comments(4)
Commented by SAM at 2015-04-16 21:15 x
ありがとうございます。
そういうことなんですねー。
Commented by magnetsco at 2015-04-16 22:41
SAMさま、コメントを頂きまして誠にありがとうございます。
僕も最初、知ったときにはなるほどなぁ。と、思いました。物の作りを知っておけばどういったレイヤードをするのが適しているかなども分かってくるので、一番効率よく着れると快適に毎日が過ごせますね。
随分かこのブログでしたがご覧下さいまして本当にありがとう御座います。
神戸店 伊藤
Commented by ねぎ at 2016-05-26 03:10 x
サーマルは生地の種類かと勘違いしていました。分かりやすくまとめてくださってありがとうございました。勉強になりました。
Commented by magnetsco at 2016-05-26 22:45
ねぎ様、コメントを頂きましてありがとうございます。
サーマルだけでなくわかっているようで実はわかっていないモノって多いですよね。少しでも参考になったならば嬉しく思います。
数年前の記事までお読みくださいまして誠にありがとうございました。
神戸店 伊藤、翔平