magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2789)
(2307)
(2023)
(1280)
(1010)
(975)
(579)
(574)
(573)
(570)
(530)
(393)
(354)
(273)
(250)
(240)
(181)
(170)
(89)
(35)

最新の記事

本日の神戸店スーペリア入荷に..
at 2018-12-15 23:16
NYLON-RAYON BL..
at 2018-12-15 12:33
マグネッツ神戸店12/15(..
at 2018-12-14 22:30

最新のコメント

ゲン様 こんばんは..
by magnetsco at 23:28
こんばんは! 70..
by ゲン at 22:22
SOULさま!お久しぶり..
by magnetsco at 14:45
ご無沙汰しています。相変..
by SOUL at 14:59
pon様。 こんば..
by magnetsco at 18:38

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

本格的にこのアイテムを! +お知らせ (T.W.神戸店)



こんばんは、神戸店 伊藤です。

今年もクリスマスが、もうすぐ終わろうとしておりますが、
皆様、いかがお過ごしだったでしょうか?
次は年末を迎えますね。
お忙しいとは思いますが、皆様、お体だけは
大切にしてください!




お知らせがあるのですが、明日の12/26(火)
通常通り営業いたしますので、何卒、宜しくお願いいたします!
普段火曜日がお休みの方も、明日、是非、ご来店くださいませ!




それではブログアップを致しましたので、
良ければお付き合いくださいませ!
宜しくお願いいたします。



1970's GloverAll Duffle Coat
Size:42-Long 14980-yen +Tax

c0078587_13263771.jpg
c0078587_13263823.jpg
c0078587_13263909.jpg
c0078587_13263861.jpg

本日は、真冬に備えたコートアイテムを
ご紹介です!

まずはトラッドアイテムに置いて、このコートは代名詞とも
呼べるんじゃないでしょうか!
ダッフルコートになります!

50年代から、常にダッフルコートの
代名詞的ブランドとなっている
グローバーオール社製の物です!


第二次大戦後、イギリス政府から
軍需品のダッフルコートや手袋の
販売を委託され、その後、
自社で製造販売を始めたグローバーオール。


その品質は確かな物で、今も第一線で
活躍する不動のブランドです。



もともと「マスターテーラー」という名で
創業していたブランドで、ミリタリーアイテムを
ファッションアイテムへと、昇華させていくには
適していたブランドだったかもしれません。

細かな仕様変更を行ない、現在の
スタンダードを築くこととなります。

c0078587_13272573.jpg
まず、それまでのダッフルコートのフードの
デザインを一新し、今では定番となる
パンケーキ型のペタッとしたフードを採用しました。
c0078587_13274540.jpg
c0078587_13274541.jpg
他にも、シンプルなパッチポケットだった物を
フラップ付きにし、麻紐のループからレザーを使ったり
ウッドのトグルから動物の角を使ったりと、
今のダッフルコートの、スタンダードを築き上げました。

目の詰った手触りが確かなメルトンウールを
使用し、裏には、ご覧のチェックパターンの仕上がりですが、
服好きには、こういった普段見えない裏側というのも
嬉しいポイントではないでしょうか?

更に縫製箇所には、パイピングが施されており、
質の高い仕上がりとなっています。

タグの上部にユニオンジャックが描かれた70年代の
貴重な時代の一品となります。
c0078587_13280884.jpg


1960's Burton Wool&Cashmere Coat
Size:about-44 9980-yen +Tax

c0078587_13293775.jpg
c0078587_13293735.jpg
c0078587_13293771.jpg
複雑に色味が混ざりあった生地には、
凄く深みあり、品を備えたオーラがありますね!
毛羽立ちのあるウールコートをご紹介です!

表面の毛羽立ちには、光沢感があり、
生地には確かな厚みがあるのですが、
持ってみると、軽く仕上がった一品になります。
c0078587_13293606.jpg
何か違和感を感じたので、内側のタグを見てみると、
はっきりと素材の記載が書かれていましたが、
こちらは、ウールとカシミアで作られた貴重な一枚となります!

どおりで軽く感じたわけです。

落ち着いた品のある見た目にも納得です。
c0078587_13301225.jpg
c0078587_13302204.jpg
そういった高級な素材を使用するとなると、
縫製にも、同レベルの要求がされるところですが、
前合わせから、襟にかけて、綺麗にパイピングが
されており、ボタンも裏側から力ボタンを使って、
生地を直接傷めないように、作られております。

こういったコートでは珍しく、バックを見ると、
サイドベンツの作りとなった新鮮に映る仕上がりです!

ライニングに裂けがございますが、表の生地には、
ダメージも無くまだまだ長く付き合っていただける1枚です!
c0078587_13304380.jpg
c0078587_13304457.jpg


1970's Sears OakBrook Wool Cadet Parka
Size:40 12980-yen +Tax

c0078587_13540522.jpg
c0078587_13540425.jpg
c0078587_13540461.jpg
c0078587_13540560.jpg
扱い易く人気のジャケットです!
シアーズのカデットパーカタイプのジャケットが登場です!

深みのある独特なカラーで仕上がった一品は、
肉厚なメルトンウールを使った、防寒性の高い
ジャケットになります!

センターにジッパーが備わりますが、
剥き出しではなくフラップが備わり、
隠れるように造られています。

風をしっかりと遮断する作りですね!


ボトムポケットが2つ備わりますが、
非常に大きなポケットで、収納力も
確かな物がついています。

上部が斜めに作られており、
手の入れやすい作りになっています!
c0078587_13540602.jpg
袖部分には、ストラップが備え付けられ、
見た目のいいデザインですね!

c0078587_13540415.jpg
中を見ると毛足が長めのアクリルボアが
全面に張られており、見るだけで安心感のある
確かなアウターです!
しかもジッパーで、取り外しができます!


使用感はありますが、目立ったダメージも無く、
ネックデザインが特徴な、綺麗なジャケットです!
c0078587_13540307.jpg
c0078587_13540634.jpg





U.S.M.A. Cadet Parka
Size:about-46 16980-yen +Tax
c0078587_14002715.jpg
c0078587_14002763.jpg
いい意味で、無骨さが軽減された
人気のミリタリーアイテムの登場です!
こちらのアイテムも探しておられる方が多いと思います!

ミリタリーアカデミー(陸軍士官学校)で使用される
カデットパーカのご紹介です!
c0078587_14002779.jpg
c0078587_14002737.jpg
厚手のウールを使っており、防寒服としては申し分ない
スペックになります。また、フードが備わっているのですが
センターにジッパーが備わり、ヘルメットなどの着用時には
開いて、フードが邪魔にならないように、工夫がされています。

ハーフ丈の着丈が絶妙で、中に
どんなアイテムを持ってきてもあわせ易く、
普段のコーディネートにも重宝するジャケットです!

その上、簡単に見つかる物ではないので、
人気が衰えないのも頷けますね。


今回の一品は、USMAのユニフォームを表す
ワッペンなどが一切貼られておらず、プレーンな
見た目となっていますが、それ故、使いやすさが更に増し、
普段のコーディネートの一品として、重宝していただける方が
多いと思います。

コンディションも申し分なく、使用感がほとんど見られない
綺麗な一枚となりますので、是非、お試しください!
c0078587_14002676.jpg
c0078587_14002846.jpg
c0078587_14002620.jpg


1940's US.Army M-38 Jeep Coat
Size:about-40 19980-yen +Tax

c0078587_13553684.jpg
c0078587_13553692.jpg
c0078587_13553713.jpg
キャンバスコットン素材を使用し30年代に誕生した、
M-38ジープコートになります!

士官兵が着用している事が多く、通常はジープでの
移動が主だったので、通称"ジープコート"と言われる
最初のモデルとなります!


厚手のキャンバスコットンを使っているので、
防風性は高く、しっかり身体を守ってくれます!
そして、内側には、ウールフランネルのライニングが
綺麗に張り巡らされており、高い保温性を
備えているのがわかります!

後にアウターシェルの生地が薄手の物に
変更していくのですが、このキャンバスコットンのモデルは、
使いこんでいくとなんとも言えない、土臭さが滲み出てきて、
特別感がありますね!
c0078587_13553784.jpg
このジャケットは特殊な位置にガーゼタグが
付き、ポケットの裏側部分にこのように張られています。
プリントの印字が消えかかっていますが、
タグ自体は綺麗に残っています!

渋さに突出したM-38ジープコートは、
男らしい雰囲気を味わうには、
最適なアイテムではないでしょうか!
c0078587_13553630.jpg
c0078587_13553504.jpg
c0078587_13553545.jpg
c0078587_13553442.jpg
c0078587_13553744.jpg


1940's US.Army M-43 Jeep Coat
Size:36 19980-yen +Tax

c0078587_15523856.jpg
c0078587_15523928.jpg
c0078587_15523923.jpg
続いては、1940年代、大戦最終型となるマッキノーコートになります。
先ほどのM-38から、年月を重ねていき、どんどん進化していきました。

こちらは、最終型となるマッキノーで、特長は、
従来のキャンバスコットンから、高密度の
コットンポプリンを採用する事により、
重量がかなり軽くなりました。

ですが、遮風性能は劣ることなく、
機能を果たしています。

c0078587_15523825.jpg
c0078587_15523780.jpg
それと首周りのカラーデザインですが、
この最終型になる前まではロールカラーの
デザインだったのが、ノッチドカラーとなり
見た目に軽さが出たのと、首元まで
絞めるときに、上襟は寝たままにでき、
こちらの方が使い勝手がよかったのでしょうね。


顎部分まで隠したいときには上襟も合わせて、
チンストラップで閉じるようになっており、
調節が効き機能性が高まりました。


そして、初期の方には、襟のところに、
ウールライニングが張られていましたが
そちらも簡略化されています。

1941年を境に、ライナーの多様化が
実行されたので一枚のアウターで
全ての防寒性を詰め込まなくて良い様になっています。

もう一つの簡略化がウェストのベルトループとなります。

これまでのモデルにはウェストベルトが
付くようになっていたのですが
今現在、出てくる現物を見ていても分かるように
欠損している物が殆どで、当時の兵士も
特に使用することがなかったのが伺えます。
そのために、省略されたようですね。
c0078587_15523959.jpg

裏には、ウールブランケットが張られており、
保温性能も劣ろう事無く維持しています。
コットンポプリンだと、見た目に軽さが出てくるので、
使用期間が長く使えますね。

今回の物は、へヴィーアウターには珍しいサイズ36となっており、
更に、ボディー、カフス、チンストに備わってるボタンが
フルオリジナルで揃っています。

何かと欠損が多いパーツなので
揃っているのは、嬉しいですね!
c0078587_15523838.jpg
c0078587_15523748.jpg
c0078587_15523802.jpg

最後まで、ご覧いただきまして誠にありがとうございます。
明日も、皆様のご来店を心より、お待ちしております!

神戸店 伊藤でした


magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。


※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。

※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。

御了承くださいませ。

by magnetsco | 2017-12-25 21:20 | KOBE店 | Comments(0)