magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2568)
(2138)
(1891)
(1206)
(928)
(925)
(545)
(541)
(540)
(534)
(494)
(369)
(302)
(250)
(247)
(227)
(176)
(167)
(82)
(33)

最新の記事

6月27日(水)大阪店Vin..
at 2018-06-25 22:07
6月27日(水)大阪店Vin..
at 2018-06-25 18:05
特別感を堪能する! (T.W..
at 2018-06-25 15:47

最新のコメント

pon様。 こんば..
by magnetsco at 18:38
通販希望です様。 ..
by magnetsco at 16:44
はじめまして。 どこに..
by 購入希望です at 19:50
shin様。 お世話に..
by magnetsco at 15:19
40's U.S.M.A..
by shin at 00:21

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

ODシャツも様々! 年代判別 (T.W.神戸店)

こんばんは、神戸店 伊藤です。

5月最後の週末となりましたが、気が付くと
今年もいつの間にか蒸しっとした気候になりましたね。
今日もいい天気に恵まれ、初夏を感じる一日ですので、
楽しんでください!

それでは、本日も、ブログアップをいたしましたので、
よければご覧になってください!

宜しくお願い致します。

c0078587_15123286.jpg

c0078587_15035898.jpg
本日ご紹介のアイテムは、ミリタリーアイテムの
基本として扱われています。
オリーブカラーのユーティリティーシャツになります!


アパレル界でもいろんなところから製品化され、
ミリタリーテイストを気軽に取り入れれる万能アイテムとなります。

既に使ったことがある方も沢山いらっしゃると思いますが、
このアイテムも、時代により、若干の仕様変更があり、
何種類かのモデルがあることは、意外と知らない方が
多いですね。


正式名称は、OG107で、アルファベットのOGはOliveGreenの
頭文字となっています。1980年代後半ごろまで、約40年弱、
使用された軍の中でも傑作アイテムとなります。

時代が進むにつれ、常にアップデートを繰り返す
ミリタリーアイテムの中で、40年ほど使用されているということは
それだけ、実用に長けたアイテムという裏づけになります。

この度は、時代ごとにご紹介していきますので、
よければお付き合いくださいませ!




1950's US.Army OG107 Utility Shirt 1st model
Size:S 3980-yen +Tax
c0078587_14553213.jpg
c0078587_14553219.jpg
c0078587_14553224.jpg
c0078587_14553200.jpg
c0078587_14553119.jpg
c0078587_14553122.jpg


まずは、1950年代初頭に誕生した初期の
ユーティリティーシャツになります!

1947年に誕生したM-47ユーティリティーシャツを
ベースにして作られたアイテムですが、そのモデルと
比べて一番の違いは、生地にコットンサテンを使ったことでした。

それまでの40年代では、オリーブカラーの
ヘリンボーンツイルを使用しており、現在、
ヴィンテージミリタリーがお好きな方には、
そちらも大変人気の高いアイテムとなっています。

c0078587_14553260.jpg
c0078587_14553132.jpg
c0078587_14553127.jpg
基本的に、身頃はボックスタイプで、少し幅広の身頃に、
短めの着丈でバランスがとられており、袖はジャケットのように、
筒型の袖口で、絞りが取られていません。


ポケットは存在感のある大き目のポケットが備わり、
その上にはストレートフラップの仕様となっています。

このモデルは、1960年代初頭まで、引き継がれ、
多くの兵士に使われることとなりました。


1950's US.Army OG107 Utility Shirt 1st model
Size:M 3980-yen +Tax

c0078587_14570416.jpg
c0078587_14570498.jpg
c0078587_14570482.jpg

c0078587_14570431.jpg
1950's U.S.A.F. OG107 Utility Shirt 1st model
Size:M 3980-yen +Tax

c0078587_14573472.jpg
c0078587_14573549.jpg
c0078587_14573541.jpg
c0078587_14573516.jpg
c0078587_14573522.jpg






1960's US.Army OG107 Utility Shirt 2nd model
Size:about-14-1/2 3980-yen +Tax

c0078587_14583518.jpg
c0078587_14583664.jpg
c0078587_14583565.jpg
c0078587_14583515.jpg
c0078587_14583658.jpg



先程のモデルから若干のマイナーチェンジが
1962年ごろから行われます。

セカンドモデルとなるユーティリティーシャツですが、
非常に短命な上、ディテールもまちまちで、製品に
ばらつきがあるモデルとなります。

こちらは、完全なディテールを備えたものがございませんが、
口頭で説明させていただくと、基本的には、袖が絞れるように
ストラップが備わるのが、他のモデルと比べ、一番の特徴となります。

c0078587_14583588.jpg
他には、ショルダー部分にヨークが入り、肩のラインが
綺麗に落ち着くように作られ、また、胸ポケットが、
少し縦長のタイプになり、フラップは、角が取れたデザインへと
変更されます。

このモデルは1962年ごろから1964年ごろまで採用され、
ユーティリティーシャツの中では一番短命に終わっている
モデルとなります。

特に、このモデルでは、カフス部分のストラップが
省略されているものが多く見られ、推測ですが、
この当時はヴェトナム戦争の真っ只中と言う時代背景になりますので
小枝など、引っ掛かりが無数にあるジャングルの中では、
邪魔になるパーツだったのかもしれません。

それ故、極短期間で次のモデルが誕生したと言えるのではないでしょうか。


この度は、胸ポケットだけデザインがセカンドモデルとなる
ユーティリティーシャツがございましたので、ご覧になってください。
下は、実際に兵士に使用されていますが、民間製の
ボディーになります。

1960's US.Army OG107 Utility Shirt 2nd model
Size:S 2980-yen +Tax

c0078587_14595035.jpg
c0078587_14594928.jpg
c0078587_14595024.jpg
c0078587_14594977.jpg
c0078587_14594917.jpg
c0078587_14594959.jpg



1960's US.Army OG107 Utility Shirt 3rd model
Size:about-13-1/2 2980-yen +Tax

c0078587_15003262.jpg
c0078587_15003276.jpg
c0078587_15003148.jpg
c0078587_15003156.jpg
c0078587_15003222.jpg
そして1965年ごろから、こちらのモデルが作られることとなります!
3rdタイプのユーティリティーシャツになります!
このユーティリティーシャツの完成形といっても
いいかもしれませんね。

c0078587_15003000.jpg
一番の特徴は、シャツのデザインが強調され、
カフスボタンが備わるようになりました。

それに伴い、横広のボックスタイプだった身頃から、
少し幅が狭められ、着丈が長めに作られるようになります。
c0078587_15003179.jpg
また、胸ポケットも、デザインが変わり、ホームベースタイプの
一回り小さ目のポケットが備わるようになりました。
c0078587_15003019.jpg
そして若干の違いですが、首元まで前合わせが
まっすぐに伸びた作りになります。
先程までのモデルでは、ラペルの形になった
少し外に開いた作りなっています。

c0078587_15030831.jpg
あとは、ボタンの形状がこのごろから、変更されました。
このアイテムだけに限らず、他のミリタリーアイテムでも
平行して変更されていきましたが、扁平ボタンから、
立体的に作られたラウンドドットボタンへと換わっていきます。

この度は、扁平ボタンの3rdモデルも見られますが
本来、こちらのほうが数が少なく見かけません。


アパレル界でも、このモデルをベースに作られることが
一番多いですね。


1960's US.Army OG107 Utility Shirt 3rd model
Size:15-1/2 2980-yen +Tax

c0078587_15030857.jpg
c0078587_15030814.jpg
c0078587_15030753.jpg
c0078587_15030831.jpg
c0078587_15030765.jpg
c0078587_15030776.jpg

1960's US.Army OG107 Utility Shirt 3rd model
Size:about-15-1/2 2980-yen +Tax

c0078587_15021723.jpg
c0078587_15021798.jpg
c0078587_15021616.jpg
c0078587_15021740.jpg
1960's US.Army OG107 Utility Shirt 3rd model
Size:16-1/2 2980-yen +Tax

c0078587_15035795.jpg
c0078587_15035804.jpg
c0078587_15035753.jpg
c0078587_15035860.jpg
c0078587_15035751.jpg








この後の1972年ごろから、作りが簡略化された
4thモデルが登場いたします。

先程までのモデルでは全てダブルステッチで
仕上がっていたのですが、このモデルから
ショルダー、身頃サイドなどが、インターロックで
作られるようになりました。

また、身頃がAラインで作られるようになり
腰の位置から裾口に掛けてフレアラインで
仕上がるようになります。

これは、パンツの中に裾口を入れたときに、
腰まわりに生地が、溜まらないように考えられています。


それから、このボディーをベースに1977年ごろからは、
コットンサテン生地自体が見直され、ポリ/コットンの
生地へと変更されます。


その後80年代に入り、ヴェトナム戦争時期から
このアイテムと平行して作られていたバトル・ドレス・ユニフォームの
B.D.U.と一本化され、使命を終えることとなりました。

廃止されてから、既に30年が経っていますが、
ファッションアイテムとして現在も廃れず、活躍している
OG107は、これから先も決して廃れることがないアイテムだと思います。

この度ご紹介させていただいたコットンボディーの
ユーティリティーシャツは、枯渇化が激しく進んでおり、
この先はもっと加速して数が減ってくると思います。

拘りのある方には、やはりコットンボディーでと、
お考えの方が多いと思いますので、気になる方は、
是非、お試しください!



この度は、主にプレーンなボディーでご紹介させていただきましたが、
部隊章、階級章、ネームテープなど、いろんなものが備わった
ボディーなどもあり、いろんな楽しみ方ができるアイテムになりますので、
ワッペンなどが好きな方は、各時代のモデルも考慮しながら、
お気に入りを探してみるのもいいんじゃないでしょうか。

当店でも6月2日(土)に予定しておりますスーペリア入荷の際に、
ワッペン付きのユーティリティーシャツが大量に入ってきますので、
よろしければ、後日に行われる入荷ブログもチェックしてください。

c0078587_15180273.jpg
そして、ご紹介させていただきました
ユーティリティーシャツと対を成すボトムスの
ベーカーパンツも只今、追加補充が届き、
店頭に並んでおりますので、こちらも重ねてご覧になってください!
c0078587_15123160.jpg


最後まで、ご覧いただきまして誠にありがとうございました!
本日も、皆様のご来店を心より、お待ちしております!


神戸店 伊藤でした



c0078587_15204196.jpg

magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。


※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。

※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。

御了承くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2018 magnets Co. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


by magnetsco | 2018-05-26 19:04 | KOBE店 | Comments(0)