magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2597)
(2138)
(1905)
(1219)
(937)
(936)
(552)
(546)
(545)
(538)
(511)
(372)
(303)
(259)
(248)
(227)
(178)
(169)
(82)
(33)

最新の記事

masonic!!(大阪アメ..
at 2018-07-21 22:53
神戸店のアメリカ雑貨&自転車..
at 2018-07-21 22:00
特性ホワイトショーツ!(大阪..
at 2018-07-21 12:31

最新のコメント

pon様。 こんば..
by magnetsco at 18:38
通販希望です様。 ..
by magnetsco at 16:44
はじめまして。 どこに..
by 購入希望です at 19:50
shin様。 お世話に..
by magnetsco at 15:19
40's U.S.M.A..
by shin at 00:21

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

好みの空間作りを目指して! (T.W.神戸店)

こんにちは、神戸店 伊藤です。

昨日と打って変わっての快晴となりましたが、
ワールドカップで、寝不足気味の方も
沢山おられるのではないでしょうか?

優勝候補筆頭のドイツが、ようやく一勝を
獲得し、盛り上がってきましたね。

今日の24時からは、日本代表の登場で、
サッカーファンの方は、忙しい土日に
なってるんじゃないでしょうか?

気分転換に日中は外に出かけてリフレッシュしてください!

それでは、本日もブログアップをいたしましたので、
よければお付き合いくださいませ!

宜しくお願い致します!




1950's Vintage Black Panther Lamp    
24980-yen +Tax

c0078587_13583958.jpg
c0078587_13583904.jpg
c0078587_13583939.jpg
c0078587_13583959.jpg
c0078587_13583980.jpg
c0078587_13583838.jpg
c0078587_13583877.jpg

本日、ご紹介は、お部屋を彩るヴィンテージアメリカ雑貨を
ピックアップしたしました。
最近は、ウェア類だけでなく、ご自身が過ごす空間を
大切にしようとしている方が多くなりました。

毎日の生活の場に、自分が好きなものに囲まれると
気分はやはりいいですね!
そんな空間でワールドカップをゆっくり見るのも
格別なんじゃないでしょうか?

古着好きの皆様には、興味がそそられるアイテムが
集まっていますので、よければご覧になってください!

トップは、ブラックパンサーになります!

50'sあたりのUSカルチャーがお好きな方には
堪らない超レアな逸品になるかと思います!
雰囲気あるミッドセンチュリーなお部屋の空間にもいかがでしょう!

c0078587_13583826.jpg
こちらは、かなり珍しい作りをした一品となり、
飾って置くだけでも良いのですが、ランプとしても使っていただけます!
スタチューとしてだけでなく、生活の実用品としても
機能するこの一品は、魅力的でもあり、また、かなりレアな一品ですね!

これはTVランプとして当時作られた一品で、
ちょうど1950年代ごろに、一般家庭にTVが普及しだしたのですが、
当時は映画館と同じように観ていて、TVを見る際には部屋の照明は
消していたそうです。

そこで当時の医者達は、目が悪くなるから明かりをつけるよう
訴えかけていたそうで、このランプは、そんな時代に作られた一品です。

当然、部屋の照明をつけるだけでカバーできるので、
時代と共に姿を消していったランプになります。

失われた過去の産物というのも、心がくすぐられ
あえて使ってみたくなりますね!


ブラックパンサーだけでなく、土台にも凝った作りが見られ
リアルさが更に増してきます!

裏側には、ランプが剥き出しになっており
そのパーツが確認できるのですが、古いものは
どこを見ても味がありカッコイイですね!
c0078587_13583817.jpg
c0078587_13583820.jpg



1950's KOREA War Painted Fabric
19980-yen +Tax

c0078587_14051151.jpg
c0078587_14051188.jpg
c0078587_14051185.jpg
c0078587_14051243.jpg
c0078587_14051248.jpg
迫力ある一品のご紹介です!
1950年代に勃発した朝鮮戦争後に作られた
ペイントファブリックとなります!

"地獄から帰ってきた!"と、上段には英語で記載されており、
その下には、コリア・ソウル、平和、万歳と書かれ
無事に戦争が終ったことを記念して作られた事が
伝わってきますね!

センターには、38度線が入る、朝鮮半島と
ジャパンマップが描かれ、アメリカ、日本
それぞれの国旗が描かれています!


これは朝鮮戦争の際に、
友好国となるアメリカと日本の間を
表すマップになるようです。

額に入っており、どんな素材か分かり兼ねますが、
シルクのような薄い生地にハンドペイントによって
仕上がった貴重な当時のファブリックになります!

センターにドラゴンも描かれており、
変わった構図で仕上がったアイテムです!
c0078587_14060739.jpg
c0078587_14060746.jpg
c0078587_14060648.jpg
c0078587_14060719.jpg
c0078587_14060612.jpg
c0078587_14060605.jpg
c0078587_14060685.jpg
c0078587_14060650.jpg
c0078587_14060796.jpg






1950's Federal Snack Dish 9Piece Set
12980-yen +Tax

c0078587_14085634.jpg
c0078587_14085607.jpg
c0078587_14071814.jpg
c0078587_14071880.jpg
c0078587_14071865.jpg
c0078587_14071705.jpg



フェデラル社製 ダイアモンドスナックディッシュの
9ピースセットのご紹介です!

ブラックとゴールドのダイヤ柄が特徴的で、
50'sがお好きな方のみならず、このデザインが
お好きな方が多そうですね。

こういったミルクガラスを使ったものに、
この配色の柄って言うのも見かけませんね。
渋く収まっているテーブルウェアです。

知らない方も多数おられると思うのですが、
このフェデラルグラスカンパニーは
1900年にオハイオ州コロンバスで創業したガラスメーカーになります。

アンカーホッキング社のファイヤーキングシリーズの
ライバルともいえる存在で現在も多くのコレクターから
絶大な人気を誇るメーカーのひとつです。
c0078587_14071748.jpg
c0078587_14071666.jpg
使っている素材から、ファイヤーキングと似ているのですが、
ちゃんとブランドのロゴがあり盾の中にフェデラルの頭文字
「F」をデザインした「シールドF」というロゴマークを確認する事が出来ます。

またこの度の一品が、スナックディッシュとして
作られているのが新鮮ですね!
普段、お菓子を食べる際に、真剣に器を考えたことって
ほとんど無いのではないでしょうか?
使うだけで少し優雅な気分に浸れそうです。

この度9ピースのセットとなっていますが、
これだけの数が揃っていることが滅多にないので、
纏まっていること自体が、非常に価値ある一品となります!
c0078587_14071775.jpg
c0078587_14071704.jpg
c0078587_14085663.jpg
c0078587_14071678.jpg




1930's Vintage Doctor Medical Bag
24980-yen +Tax

c0078587_14095709.jpg
c0078587_14095786.jpg
c0078587_14095785.jpg
c0078587_14095657.jpg
c0078587_14095644.jpg
c0078587_14095683.jpg
c0078587_14095670.jpg
c0078587_14110727.jpg
c0078587_14110659.jpg

存在感あふれる一品のご紹介です!
1930年代のドクターバッグになります!

医療器具を持ち運ぶ際に使われるバッグになりますが、
この見た目は、たまりませんね!

肉厚なレザーは、まるでメタルのような硬さで
非常にタフな仕上がりとなっています。

側面には、ボディーに負けないような丈夫なレザーハンドルが
取り付けられており、このパーツの作りを見るだけでも、
見とれてしまう一品です!

擦れが生じる、縁部分は、丁寧に補強が入り、
デザインとしてもかっこよく映っています。

メタルフックも、時代を感じ、当時のパッドロックも
備わっています。

収納ボックスとしても、シンプルな真四角なデザインですので、
しっかりと物が入り、インテリアとしても、間違いなく存在感を
発揮してくれる一品となります!

これほどのレザーバッグは、なかなかお目にかかれないと思います!
c0078587_14095852.jpg
c0078587_14095782.jpg
c0078587_14095739.jpg
c0078587_14110832.jpg
c0078587_14110708.jpg
c0078587_14110867.jpg
c0078587_14110841.jpg
c0078587_14110869.jpg




1950's Wilco Metal Cash Bos by Union Steel Chest Corp
7980-yen +Tax

c0078587_14142878.jpg
c0078587_14142924.jpg
c0078587_14142890.jpg
c0078587_14142839.jpg
c0078587_14142896.jpg
c0078587_14142992.jpg
c0078587_14142758.jpg
非常に使いやすい大きさでありながら、ヴィンテージらしさが
しっかりと出ているうメタルのキャッシュボックスのご紹介です!

メタリックシルバーに見える、凹凸のある独特な塗装が
されており、貴重品を入れるにも適した見た目となっています。

中を開けると、二段に分かれた作りになっていて、
紙幣とコインを入れ分けるようになっていますが、
中は、外とは全く違ったカラーで作られているところに
丁寧な仕事が垣間見えます。

古いヴィンテージのアイテムではありますが、鍵も
しっかりと残っており、本来の実用品としても、
十分に機能します。

程よく使い込まれ、ボディーに小傷がありますが、
それを含めた雰囲気がカッコいいですね!
また、簡素な作りの鍵にも時代を感じます!

Union Steel Chest Corpが手がけているのですが、
このメーカーは、釣りのタックルボックスでも有名です!
c0078587_14142869.jpg
c0078587_14142922.jpg
c0078587_14142986.jpg







Union Steel Chest Corp File Chest
7980-yen +Tax

c0078587_14123745.jpg
c0078587_14123804.jpg
c0078587_14123833.jpg
c0078587_14123819.jpg
c0078587_14123854.jpg
c0078587_14123717.jpg
c0078587_14123739.jpg
c0078587_14123884.jpg
そして最後は、同じような見た目ですが、
少し高さのあるメタルボックスをご紹介です!

同ブランドの一品となりますが、こちらは、
仕事の資料などを収納する、メタルのファイルケースとなります。

無機質で、いかにも事務的な見た目がカッコいいですね!
こちらも中を開けると、落ち着きのあるブルーグレーの
塗装がされており、インダストリアルナ雰囲気も感じる
見た目となっています。


先ほどの物と、二つ並べて使ってみるのも
かっこよさそうですね!

何を収納するのか、考えるだけで楽しくなる
アイテムです!
c0078587_14123774.jpg
c0078587_14135844.jpg






1960's WestClox Kitchen Clock
6980-yen +Tax

c0078587_14154704.jpg
c0078587_14154775.jpg
c0078587_14154663.jpg
c0078587_14154668.jpg
c0078587_14154700.jpg
c0078587_14154611.jpg
c0078587_14154682.jpg
最後は、レトロさがあふれるキッチンクロックをご紹介です!
こういったデザインのものが現在も人気があり、
当時の雰囲気に似せて作られているものが、
多いですね。

そういった雰囲気が好きな方は、やはり当時の
本物を使ってみたいと思われる方も多いと思います。

変に装飾が入っていないデザインとカラーで造られていますが、
良く見るとちょっと換わった作りをしているのがポイントの
一品となります。

文字盤を良く見てみると、時間を表す数字部分は、
表のケースにプリントがされています。
中のメモリを見ると少しくすむように見えるように
レコードのような刻みが入ったクリアプレートを入れていますので、
数字部分は、かすまないように、表にプリントしたんでしょうね。

そして背面を見ると、いたってシンプルな作りになっており、
針を調節するパーツなどが一切見当たりません。

この時計ですが、針の調節は、表の中心部分を
引っ張りあげて、まわして調節するようになっています。

電気式の時計になり、コンセントをつなげて使用するのですが、
秒針はスウィープ式で滑らかな運針になります。
c0078587_14154701.jpg

最後まで、ご覧いただきまして誠にありがとうございます!
本日も、皆様のご来店を心より、お待ちしております!

神戸店 伊藤でした





magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。


※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。

※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。

御了承くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2018 magnets Co. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


by magnetsco | 2018-06-24 14:29 | KOBE店 | Comments(0)