magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2752)
(2268)
(2002)
(1271)
(998)
(970)
(572)
(570)
(569)
(567)
(528)
(387)
(340)
(270)
(250)
(236)
(181)
(170)
(88)
(35)

最新の記事

手元まで抜かりなく温かくオシ..
at 2018-11-17 12:38
マグネッツ神戸店 51!!!
at 2018-11-16 21:45
Made In USA! E..
at 2018-11-16 12:34

最新のコメント

SOULさま!お久しぶり..
by magnetsco at 14:45
ご無沙汰しています。相変..
by SOUL at 14:59
pon様。 こんば..
by magnetsco at 18:38
通販希望です様。 ..
by magnetsco at 16:44
はじめまして。 どこに..
by 購入希望です at 19:50

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

Fruit of the Loomについて。 (T.W.神戸店)

こんばんは、神戸店 伊藤です。

ムシッとした一日で、本格的な夏日になってきました。

今日、東海3県では、熱中症によることし初の
死者と見られる事件が、岐阜県で起こったようです。

何かと外に出やすく、イベントごともこれから多くなってくる
季節ではございますが、直射日光をできるだけ避けたり、
こまめな水分補給にも気を配り、皆様、くれぐれも
お体だけはご自愛くださいませ。

それでは、本日もブログアップをいたしましたので、
よければお付き合いくださいませ。




c0078587_17001979.jpg
c0078587_17001867.jpg


本日は、皆様ご存知のこちらのタグを
ピックアップしてみました!

Fruit of the Loomです!

特にこれからの時期に使うアイテムに多く見られる
ブランドで、現在使っておられる方も
沢山いらっしゃるんじゃないでしょうか!


非常に有名なアンダーウェアブランドになりますが、
意外と歴史は知られておらず、この度は少し掘り下げてみましたので、
よければ最後までお付き合いくださいませ。

ユニークな経歴を持っているブランドで、
始まりは、意外と今僕達が認識している物と違った
形でスタートしています。



c0078587_17001982.jpg
c0078587_17001881.jpg
フルーツオブザルームは、BB&R Night Bros.と
Union Underwear Companyという
2つの会社の存在によって生き残ってきました。



1800年代半ばに、ブロードクロスの品質の高さにおいて
当時、一般的にも最高品質と定評のあったBB&Rは、
扱う生地にブランド名を付け、1851年にFruit of The Loomと名づけます。



その生地を取り扱っていたドライグッズ店の
店主Rufus Skeelと言う人物がいたのですが、
その娘がアーティストで、その土地原産のリンゴの絵を描き
Fruit of The Loomのタグに添えて販売することとなりました。

ブランド名と、イラストデザインのイメージが連動し、
知名度が加速、人気が瞬く間に広まっていきます。



ブランド名とブランドロゴの組み合わせは、現在の
マーケティングでも非常に有力だと思いますが、
こんな年代でも行っていたのが面白いところですね。
特に衣料関連では、意外性があるネーミングなので、
効果が高かったのかもしれません。




そして連邦特許商標庁が開設された1871年に、特許申請し、
アメリカで最初の特許取得をした繊維製品として
Fruit of the Loomが誕生します。


この当時、女性は自身で服を作ることが普通だったため、
順調にシェアを拡大し、広まっていきましたが、
1900年代に入って、アパレル産業革命が起こり、
概製品が爆発的に普及していくこととなり、
自身で縫製して衣服を作ることが激減したことから、
ファブリックだけの需要が大幅に縮小されることとなります。


ですが、規模が縮小されはしたものの、Fruit of the Loomの
ブランドは、信頼が高く、巷では人気が高かったようで、
そこでBB&R Night Bros.が打った手は、実際に衣料を作っている
製造会社とFruit of the Loomの
ライセンス契約を交わすという方法でした。


そこで、ライセンス取得に名乗りをあげたのが、冒頭で述べた2社のうちの
もうひとつの会社、ユニオンアンダーウェアになります。


Furit of the Loomのシェアが縮小した同時期ごろに、
Jacob Goldfarbという若い移民が、自身の衣料品事業を
始めるのですが、それがユニオンアンダーウェアでした。


1938年に25年間契約で、ライセンスを取得し、
アンダーウェアの製造に取り掛かかります。


二次大戦の時には、軍からボクサーショーツの依頼を受け、
数百万枚もの製造をし、終戦直後には、単品で販売されていた
アンダーウェアを、3パックで初めて販売しました。

この販売は、ヘインズなどでご存知の方も多いと思いますが、
このブランドが最初に行った販売形式となります。

1955年には、
アンダーウェアブランドとして初めてテレビでCMを流すなど、
積極的なアプローチを行った会社になります。


そして、そのころに、ユニオンアンダーウェアは、
フルーツオブザルームの一番の契約会社になっており、
一般の人々からも、ファブリックブランドではなく、
下着ブランドとして知られるようになります。

その後、1985年までに、ユニオンアンダーウェアは3度買収され
社名もフルーツオブザルームと改名することとなりました。

フルーツ・オブ・ザ・ルームという知名度の高い
ブランドですが、われわれが想像していた会社とは、
少し違った経緯で、生き残ってきたブランドと言うのが、
興味深いですね。


c0078587_17010861.jpg
ついでに、こちらのタグデザインも、ヴィンテージが
好きな方なら、ご存知と思います。

このデザインのラベルですが、ブランド名は
一切記載されず、いかにも業務的な印象を受けるのですが、
いろんなボディーで、見ることができることから、当時は、
人気が高く、広まっていたと推測できるタグになります。


このタグに記載されているRN13756という品番から、
会社が特定できるのですが、これは、フルーツオブザルームの
レジスターナンバーになります。

有名なフルーツの絵が一切入っていないことから、
一般販売で使われるタグではなく、業務用として
扱われていたものかもしれませんね。

今まで、このタグはどこのブランド?と
お考えの方もいらっしゃったと思いますが、
よければ覚えておいてください。

c0078587_17010908.jpg

最後まで、ご覧いただきまして誠にありがとうございました。
明日も、皆様のご来店を、心より、お待ちしております!


神戸店 伊藤でした





magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。


※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。

※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。

御了承くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2018 magnets Co. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


by magnetsco | 2018-06-27 20:08 | KOBE店 | Comments(0)