magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2722)
(2227)
(1979)
(1260)
(988)
(965)
(572)
(564)
(563)
(558)
(523)
(386)
(334)
(267)
(250)
(234)
(181)
(170)
(86)
(35)

最新の記事

本日の、神戸店ラボ入荷にご来..
at 2018-10-20 23:08
100年物を纏う!!(大阪ア..
at 2018-10-20 12:36
神戸店10/20(土)Lab..
at 2018-10-19 23:28

最新のコメント

ご無沙汰しています。相変..
by SOUL at 14:59
pon様。 こんば..
by magnetsco at 18:38
通販希望です様。 ..
by magnetsco at 16:44
はじめまして。 どこに..
by 購入希望です at 19:50
shin様。 お世話に..
by magnetsco at 15:19

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

神戸店10/10(水)冬Vintage入荷! #1 US.Military Item!!!

こんばんは、神戸店 伊藤です。

本日より、
神戸店10/10(水)冬ヴィンテージ入荷!12:30~OPEN!!!
の、入荷ブログをスタート致します!


ついに最高のシーズンを迎える時期にさしかかりました!
ファッションアイテムは勿論ですが、ヴィンテージも
一番楽しめるシーズンです!

この度も、オフシーズンにバイヤー冨井氏が
厳選して集めてきたヴィンテージアイテムが
大量にございますので、3日間是非、お付き合いくださいませ!



それでは、トップのご紹介になります!
最初のブログは、USミリタリーアイテムになります!

滅多に見られないであろうアイテムから、
毎年シーズンに入ると、必ず注目が集まる
アイテムまで、幅広く揃っていますので、ご覧になってください!

それでは、この度も、よろしくお願い致します!




c0078587_16544830.jpg
1930's C.C.C. A-1 Wool Jacket
Size:about-38
Sold Out!ありがとうございました!
c0078587_15020752.jpg
c0078587_15020763.jpg
c0078587_15020783.jpg
最初にご紹介は、スペシャルピースの一品から
ご紹介させていただきます!

このアイテムが入荷いたします!
1930年代のCCC A-1ウールジャケットになります!


1920年代にアメリカ軍により開発されたレザー製の
A-1ジャケットにデザインが酷似していることから、そう名づけられた
一品となります!

厳密に言えば、直接軍とは関係がないアイテムではありますが、
こちらでご紹介させていただきます!


このアイテムは、CCCと呼ばれる機関で使用されていたのですが、
1920年代の終盤に起こった世界大恐慌により、アメリカ経済は
未曾有の事態に陥りました。

その世界大恐慌が起こったが故に誕生したジャケットになります。

恐慌により沢山の失業者が発生し、経済的にすごく不安に
なっていた1930年代、アメリカ政府は、失業対策政策を発足させます。

1933年にC.C.C.(Civilian Conservation Corps)という機関が作られました。
市民保全部隊と日本語では言われている機関で、若年労働者の多くが失業し、
高等学校を卒業しても就職すらままならない状況と言う当時に、

アメリカ政府は、こうした若者に対し、合宿(キャンプ)を通じて
職業訓練を施すこととし、道路建設、土壌保全のための小規模なダム(堰)造りなどの
公共事業や、森林の伐採、植林などの国立公園の維持管理作業に従事させました。


キャンプは、文字通り数人単位のテントやバラックにおける集団生活であり、
つらい僻地での作業や人間関係など馴染めなかった者も多く存在し、
1940年代以降にアメリカ国内で出版された小説やエッセイの中では、
皮肉をこめて、またはネガティブに扱う者も現れたそうです。

しかし、給与の一部(22 - 30ドル/月)は親元へ送金されたため、
少なくとも親からの評価は高く、また、キャンプを通じて、
10万人程度の文盲の若者に教育を施すことができたといわれています。



1933年7月には1,520のキャンプに290,000人が、ピーク時の1935年夏には、
2,500を超すキャンプにて500,000人を超える規模の若者が作業に従事していました。


1940年代初頭、第二次世界大戦が本格化すると同時に、
失業していた人々が軍へ加入していったことにより、
役割は事実上、軍隊に取って変わられ消滅しました。


そんなバックボーンを備えたこちらのジャケットですが、
この度は、殆ど使用感のない、最高の状態で入ってきました!


c0078587_15030458.jpg
c0078587_15031456.jpg
A-1の特長とも言うべき、リブ襟が備わっており、
ボディー全体は、厚手の硬さのあるウールメルトンを使用、
そして袖リブには、複雑な編みにより、作られた今となっては、
豪華なリブが装備されています。

c0078587_15033944.jpg
c0078587_15033932.jpg
そして、腰に備わるリブも特徴的な部分です!
今では、通常では見られない複雑な作りをした
リブが備わり、横への伸縮性に富んだ作りとなっています。

嬉しいことに、こちらも80年以上が経っていますが、
本当に綺麗なコンディションで残っており、気兼ねなく
使っていただける一品です!

c0078587_15041116.jpg
c0078587_15041124.jpg
c0078587_15042495.jpg
c0078587_15045975.jpg
ボタンフロントの前合わせですが、ボタンの感覚が
ユニークで、トップとボトム部分だけ間隔を詰めて
ボタンが装備されています。

中を見ると、ボタン留めの部分には、裏からコットンクロスで
補強をしており、丈夫な作りをしています。
また、縁部分は、パイピングで処理されているところも
嬉しいポイントですね!

フラップポケットも、コットンクロスで、補強が入り、
ポケット縁もパイピング処理が入っています。

当時、若年労働者に配給されていたジャケットですが、
見た目がシンプルで本当にかっこよく、いい作りをした、
普段使いにも、最適なジャケットとなります!


リプロダクトメーカーからも、復刻がされ、ウェアとしての
デザインのよさも裏付けられた一品です!

10万円を切る、非常に安い価格での登場となりますので、
興味のある方は、是非、お試しください!
c0078587_15053838.jpg
c0078587_15053864.jpg
c0078587_15053842.jpg







c0078587_16544800.jpg




c0078587_16544894.jpg
c0078587_16544852.jpg







1910's US.Army Tunic Field Jacket
Size:36 19980-yen +Tax

c0078587_16544981.jpg



c0078587_15064224.jpg
c0078587_15064270.jpg
c0078587_15064164.jpg
c0078587_15064163.jpg
第一次世界大戦アイテムが続きます!!
アメリカ陸軍で採用されていたアーミーチュニックになります!

戦闘服として使われていた一品ですが、
この時代は、まだ制服として名残が強くでた
作りとなっています。


なので、生地の裁断などを見てみると、高級紳士服と
いえるような見事な立体裁断で仕上がっており、
今作っても、非常に手間のかかるジャケットで、
価値が高い一品です!
c0078587_15074013.jpg
c0078587_15074057.jpg
c0078587_15074062.jpg
c0078587_15074147.jpg

それに今回の一品は、従来見られるものとは、
違った珍しい生地を使っており、当時の画像で見られるように
ウールフランネルを使用していることが多いのですが、こちらは、
ウールサージを使っている点が非常に珍しい一品です!


ショルダーには、インシグニアが付いていて、
第28歩兵部隊の物が備わっています!

そして内側には、手縫いで縫い付けられたラベルが
付いていて、ブランド名の下にはParisと書かれていることから、

海外遠征部隊が、現地で作らせたものかもしれません。
色々と想像が膨らむ素晴らしいアイテムです!
c0078587_15081793.jpg
c0078587_15081720.jpg
c0078587_15081818.jpg
c0078587_15081783.jpg
c0078587_15081776.jpg
c0078587_16544953.jpg









1940's SU.Army M-47 Field Parka W/Liner
Size:M
Sold Out!ありがとうございました!
c0078587_15091584.jpg
c0078587_15091565.jpg
c0078587_15091541.jpg
c0078587_15112547.jpg
c0078587_15112489.jpg
c0078587_15112577.jpg
c0078587_15112549.jpg
隠れた名品として人気の高いM-47フィールドパーカが
2点入ってきましたのでご紹介させていただきます!

世間で、通称“M-47”と呼ばれる、この「OVERCOAT PARKA TYPE」は
M-48やM-51のフィッシュテール系SHELL PARKAの登場により
採用が縮小されはしたものの
大戦末期から50年代前半にかけて使用されており
朝鮮戦争期にも、防寒装備として採用されました優れたモデルとなります。

c0078587_15100654.jpg
c0078587_15100625.jpg
ジッパーとボタンの併用による二重留や着脱式ライナー、
上部ウエストのハンドポケットのデザインなど、次世代のM-1948へ
継承されたという意味で、大戦中に開発されたマウンテンパーカから、
シェルパーカへ連なる転換期の重要なモデルであった事も伺えます。



このM-47の一番の特徴は、先程も述べたように、
それ以前のマウンテンパーカをベースとして作られており、
平面的なデザインが、今のファッションでも使い易く
後に続く立体裁断で膨らんだラインの物と比べると、
スマートなラインですっきりと仕上がっています。

c0078587_15104118.jpg
フードの作りも、寒さ対策を考えて作りこまれており、
首元は、顎まですっぽり隠せる
高さを持ったデザインで、頭部の保護にもぬかりはありません。

このデザインも、今ではファッションとして
目を惹くデザインで、寒いときには
中にネックウォーマーを仕込むと、
かなりの体感温度になりそうです!


生地には厚手のコットンを使用しており、
ミリタリーらしくタフさも重要視されて
作られていることがわかります。


そのおかげで、ステッチのアタリや天然素材が
醸し出す雰囲気が出ており
今のものでは出せないオーラが存在し、
ダメージも一つの味としてカッコよく映り
コンディションがいい物では出せない独特の雰囲気があります!


この度は、トップの物はライナーも装備された一品で、
真冬もこれ一枚で過ごせるスペックを誇っています!

下には、ライナー無しのM-47が並びます。
嵩張る着方をあまりしない人には、こちらの
ライナー無しが最適かと思います。

1940's US.Army M-47 Field Parka
Size:M 19980-yen +Tax

c0078587_23140130.jpg
c0078587_23130104.jpg
c0078587_23130149.jpg
c0078587_23130274.jpg
c0078587_23130288.jpg
c0078587_23140172.jpg

c0078587_23130117.jpg
c0078587_23130279.jpg
c0078587_23130158.jpg




1940's US.Army M-1942 Mackinaw Coat
Size:38 19980-yen +Tax
c0078587_15125863.jpg
c0078587_15125919.jpg
c0078587_15125879.jpg
c0078587_15125910.jpg
時代の過渡期に誕生したレアなマッキノーコートのご紹介です!

このマッキノーコートは、1938年にキャンバスコットンで
作られた通称ジープコートから始まりましたが、

厚手のキャンバスコットンを使っているため、
重量があり、硬さがあることから、1942年に
このモデルへと変更がされました。
c0078587_15252665.jpg
c0078587_15252671.jpg
変更箇所は、キャンバスコットンからポプリンコットンに
変わり、ロールカラーもウールフランネルがなくなります。

キャンバスと比べて非常に軽量に仕上がり、
長時間の着用にも、体が疲れず着易いコートになりました。
そして薄手の生地になるのでヨレが細かくステッチの
アタリが強くでますので、見た目も本当にカッコいいですね!

翌年の、1943年にはこのモデルから更にマイナーチェンジが
され、ロールカラーからノッチドラペルへとデザインが変わり、
ウェストベルトが省略されるため、ベルトループがなくなります。 

このポプリンコットンで、ロールカラーにウールが張られていない物は、
採用期間が約一年程となっているので、弾数が非常に少なく、
貴重なアイテムとなりますので、興味のある方は、是非、お試しください!
c0078587_15264844.jpg
c0078587_15264868.jpg
c0078587_15264875.jpg
c0078587_15264837.jpg
c0078587_15264805.jpg






1940's US.Army Montain Trooper Parka W/Liner
Size:M
Sold Out!ありがとうございました!
c0078587_15281030.jpg
c0078587_15281044.jpg
c0078587_15281009.jpg
c0078587_15290521.jpg
c0078587_15290549.jpg
素晴らしいコンディションと装備で、このアイテムが入ってきました!
二次大戦に山岳部隊で採用されたプルオーヴァーパーカになります!


第10山岳部隊、第一特殊部隊、通称ブラックデビルで
使用されており、こういった部隊は、当時ではエリートしか
配属される事が許されなかった少数精鋭部隊になりますので、
現存する数もやはり少なくなることは否めません。


そんな中、この度の一品はボディーに使用感が
見当たらず、更にライナーも装備された一品となります!

コットンサテンで仕上がったオリーブカラーの
アウターシェルも単品で存分に楽しめるアイテムとなりますが、
中に備わっているライナーも、非常に人気の高いアイテムで、
これも単品使用が人気のアイテムです!

c0078587_15301264.jpg
c0078587_15304118.jpg
c0078587_15304110.jpg
フード後部にはスナップボタンが装備されており、
スキーを使用し高速で移動する際に
バタつきやフードが飛ばされてしまうことを考慮して
絞れるよう作られています。

裾口にもドローコードが付いていて、
しっかりと絞り込めるようになっていますので、
ボトムスのラインに合わせて調節することが可能です。
c0078587_15312030.jpg
ライナーのフード周りのリアルファーも
非常にコンディションがよく、安心して長く使っていただけます!
短期間の生産で、終了しているレアなアイテムなので、
興味のある方は、こちらもお試しください!

このコンディションは、滅多に出会えないと思います!

ボディーサイズがMで、ライナーがLサイズの表記となっておりますが、
この状態での発掘で、装着した際の違和感などはございません。
c0078587_15321386.jpg
c0078587_15321491.jpg
c0078587_15321484.jpg
c0078587_15321462.jpg
c0078587_15321478.jpg
c0078587_15321364.jpg




1940's U.S.Military Mountain Trooper Reversible Parka
Size:about-40 19980-yen +Tax
c0078587_15355168.jpg
c0078587_15355146.jpg
c0078587_15355002.jpg
山岳部隊のアイテムをもう1点ご紹介です!
先ほどのプルオーヴァー以前のモデルで、
1941年採用のジッパー仕様のこの1着は、とても希少価値が高いですね!


パラシュート隊員、水陸両用コマンドー隊員、山岳スキー部隊員などの
訓練をうけた第1特殊作戦部隊などがリバーシブルで着用していました!


翌年にモデルチェンジがされますので、
生産期間は一年足らずとなっており、
非常に数の少ないアイテムとなります。

また、スノーカモを備えているので
極寒地でも使用されるわけですが、
気温が下がると、ジッパーに支障をきたす事が多く、
今回のようにダメージがないものは
極めて珍しく嬉しいことです!

フルオープンの使用がコーディネートの幅を広げ、
使いやすいのではないでしょうか!

袖のストラップの形状など、見ごたえのある
ミリタリーアイテムとなっています!

c0078587_15372851.jpg
c0078587_15372874.jpg
この度の物は、後染めがされており、
裏面のホワイトがオリーブに変わっていますが、
これは、雪原地帯での使用ではなく、少しあたたかいところで
使用していた兵士が、白では目立つため染め直したと思われます。

バックには、生地ダメージの補修跡などがあり、
この見た目も、本当にカッコいい一品です!


その作りの形状からして、M-47フィールドパーカの
直接のベースになっているのも、このモデルだと
推測できる一品です!
c0078587_15381882.jpg
c0078587_15381850.jpg
c0078587_15381898.jpg
c0078587_15381930.jpg
c0078587_15381892.jpg
c0078587_15381880.jpg
c0078587_15381775.jpg


c0078587_22564259.jpg
1930's US.Navy 10 Button P-Coat Sateen Liner
Size:about-42 24980-yen +Tax
c0078587_22542146.jpg

c0078587_22542182.jpg
c0078587_22542017.jpg
c0078587_22542007.jpg
c0078587_22542118.jpg
c0078587_22542078.jpg
c0078587_22542112.jpg
c0078587_22542055.jpg
c0078587_22542024.jpg
通称“10ボタン”と呼ばれる
40年代に支給されたPコートのご紹介です!


アメリカ軍最強のアウターと呼ばれるPコートは、
1910年代から始まり1930年代、1940年代、1950年代以降と
モデルチェンンジを繰り返しており、
50年代ごろから8ボタンに変更される前の、
最後の10ボタンモデルとなります。

トップの物は、古いモデルから続いて使われていた
コットンサテンのライニングが張られており、少しでも
古い物に拘る方には、人気のモデルですね!

下には3点並びますが、ライナーに光沢があり滑りのよい
レーヨン生地を使用しているので、すべりがよく、長時間の
着用にもストレスが軽減されたモデルになりますので、
お仕事の場での一枚としても使われる方は、こちらの方が
着心地がいいと思います!



ディテールも魅力が詰っていますが、この年代のPコートの特徴は
独特な細身のシルエットということが挙げられます。
品のある綺麗なシルエットとなりノッチドカラーの作りや、
前振りのスリーブなど、トラッドアイテムと比べても、負けず劣らずの
仕上がりで、ハンドウォーマーポケットの中は、
厚手のコットンを使った頑丈なコーデュロイ地になっています。

このコート自体のクウォリティーの高さを、袖を通して実感してください!
肌理の細かいメルトン生地からくる
気品ある雰囲気は、まさしく本物の1枚です!


トラッドアイテムとして綺麗めなスタイルや、
お仕事場などでも扱われる事が多いアイテムですが、
ちょっと着崩してワークっぽく土臭い雰囲気で着てみたり、
オーヴァーサイズで引っ掛けるように着てみるのも面白く、
扱い方次第で、ガラッと雰囲気も変わり楽しめると思います!

サイズも3サイズご用意できましたので、よければお試しください!


1940's US.Navy 10 Button P-Coat Rayon Liner
Size:36 24980-yen +Tax
c0078587_22554898.jpg
c0078587_22554731.jpg
c0078587_22554761.jpg
c0078587_22554695.jpg
c0078587_22554712.jpg
c0078587_22554759.jpg
c0078587_22554787.jpg
c0078587_22554677.jpg
c0078587_22554863.jpg
c0078587_22554792.jpg

1940's US.Navy 10 Button P-Coat Rayon Liner
Size:about-40 24980-yen +Tax
c0078587_22564250.jpg
c0078587_22564318.jpg
c0078587_22564214.jpg
c0078587_22564217.jpg
c0078587_22564169.jpg
c0078587_22564278.jpg
1940's US.Navy 10 Button P-Coat Rayon Liner
Size:about-40 19980-yen +Tax
c0078587_22574741.jpg
c0078587_22574627.jpg
c0078587_22574577.jpg
c0078587_22574557.jpg
c0078587_22574648.jpg
c0078587_22574669.jpg
c0078587_22574606.jpg
c0078587_22574610.jpg
c0078587_22574589.jpg

c0078587_22590890.jpg

1940's US.Navy Deck Pants
Size:S 12980-yen +Tax
c0078587_22590809.jpg
c0078587_22590872.jpg
c0078587_22590978.jpg
c0078587_22591090.jpg
c0078587_22590972.jpg
c0078587_22590804.jpg
c0078587_22590963.jpg
c0078587_22590918.jpg
c0078587_22590967.jpg

1940's US.Navy Deck Pants
Size:S
Sold Out!ありがとうございました!
c0078587_23001609.jpg

c0078587_23001833.jpg
c0078587_23001712.jpg
c0078587_23001867.jpg
c0078587_23001857.jpg
c0078587_23001634.jpg
c0078587_23001768.jpg
c0078587_23001742.jpg
c0078587_23001721.jpg
c0078587_23001680.jpg


このアイテムも非常に人気です!
アメリカ海軍で使用されていたデッキパンツの登場です!

艦艇乗員防寒服として、採用されたデッキパンツで、
誕生したのは1940年代初頭と言われており、
ジャングルクロスと呼ばれるコットングログランを
用いているのですが、この生地は使い込むと
ものすごい雰囲気を纏い、誰もが納得するカッコよさを兼ね揃えます。

今回の入荷アイテムを見ていただいて納得して頂けると思います!


そして、この生地が使われているのは、
長いミリタリーの歴史の中でも
このパンツを含めて後は数種類の
ジャケットだけとなり、極めて希少な生地ですね。


裏地にはウールフランネルが綺麗に張られており
表の丈夫な生地に綺麗に張り合わしてあるのですが、
この縫製の技術だけでもかなり難しそうです。


素材使いもクウォリティーが高いのが
ヴィンテージアイテムの醍醐味でもあるのですが、
その縫製技術も昔の物は突出して素晴らしいものが
多いのもハマッてしまうポイントです。


この度は、デッキパンツの最終形のオリーブカラーの
デッキパンツで、それ以前のネイビーカラーのデッキパンツでは、
度々不具合があり、短期間で凄まじいモデルチェンジを
していたのですが、このデザインで、ようやく落ち着くことなり、
実際に、本当に使いやすくできています。

ショルダーストラップが備わり、ここから着脱ができるのですが、
それに加えてビブ部分に、ジッパーが装備されており、
ここから簡単に着脱することも可能となっています。

また、ジッパーには、ウインドフラップが装備されており、
閉じたときにはジッパーが隠れるようになっており、
海水や潮風などで、メタル部分が腐食する恐れもなくなりました。

さらに以前のモデルでは、ポケットが備わらなかったのですが、
前後ともに、ポケットが付き、普段使いにも安心の作りです。


50年代に入っても、そのまま継続され使われることとなります。

この度は、SとMの2サイズで入っていますので、
ご自身のサイズをお選びください!
また、ボディーにはステンシルが入っている物も
ありますので、合わせてご覧になってくださいね!

1940's US.Navy Deck Pants
Size:M 12980-yen +Tax
c0078587_23012014.jpg
c0078587_23012058.jpg
c0078587_23011933.jpg
c0078587_23012056.jpg
c0078587_23012064.jpg
c0078587_23011959.jpg
c0078587_23011863.jpg
c0078587_23011948.jpg

c0078587_23011955.jpg
c0078587_23011987.jpg


WWⅡ US.Army Wool Face Mask
7980-yen +Tax
c0078587_23220768.jpg
c0078587_23220859.jpg
c0078587_23220776.jpg
c0078587_23220758.jpg
c0078587_23220774.jpg
c0078587_23220829.jpg

最後はこちらのアイテムを御紹介です!
ユニークなヴィンテージミリタリーです!

2点入っていますが、トップは、ミリタリーのフェイスマスクになります!
オールドの質感のウールで作られた一品ですが、
部分部分で、編み方を変えて、非常に手の込んだ
作りの一品です!
天頂部から下の顔部分、そして目の周り、そこから、
首元とそれぞれに編み方を変え、体に最適な
作りで仕上がった貴重なアイテムです!

バイザーが作られているのがポイントで、
貴重な一品ですね!

そして下には、太いリブ編みで仕上がった、
アメリカンレッドクロスのバラクラヴァになります!
こちらは顔だけでなく、胸元までを覆うように、
サイドにスリットが入った作りとなっています!

現代では、普通に街中でつけていると怪しまれそうな
アイテムですが、バイクに乗られる方や、アウトドアを
楽しむ方には、重宝するアイテムではないでしょうか?

また、インテリアとしてもコレクションとしても楽しめる
アイテムですので、興味のある方は、ご覧になってください!

どちらもコンディションがよく、実用にも問題ありません!


1930~40's AmericanRedCross Face Mask
7980-yen +Tax

c0078587_23233648.jpg
c0078587_23225296.jpg
c0078587_23225271.jpg
c0078587_23225122.jpg
c0078587_23225153.jpg


最後まで、ご覧いただきまして誠にありがとうございました!
この後にもブログアップが続きますので、是非、お付き合いくださいませ!

この度も、3日間、何卒、よろしくお願い致します!


神戸店 伊藤でした





magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。


※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。

※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。

御了承くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2018 magnets Co. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


by magnetsco | 2018-10-07 23:24 | KOBE店 | Comments(0)