magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(3254)
(2604)
(2288)
(1446)
(1186)
(1079)
(659)
(654)
(634)
(627)
(583)
(443)
(415)
(319)
(287)
(267)
(196)
(177)
(103)
(35)

最新の記事

11月23日(土)マグネッツ..
at 2019-11-22 17:11
マグネッツ神戸店 今の時期の..
at 2019-11-22 16:26
11月23日(土)マグネッツ..
at 2019-11-21 23:36

最新のコメント

B-7!!!!! しか..
by Golazo! at 03:19
> 19510909様、..
by magnetsco at 19:20
こんばんは、お世話になっ..
by 19510909 at 21:07
> royalruby5..
by magnetsco at 22:39
こんにちは。 vint..
by royalruby5104 at 16:03

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

マグネッツ神戸店6/12(水)Vintage入荷! #2 Military Part2!!!

こんばんは、神戸店 伊藤です。

マグネッツ神戸店
6/12(水)ヴィンテージ入荷!12:30~OPEN!!!
の、入荷ブログの本日、2回目となります!


先程に引き続き、この度は、ミリタリーPart2として
アイテムをご紹介させて頂きますが、この度は、
バッグ類などの小物を中心としたラインナップになります!

ウェア類だけに限らずこちらのアイテムも、ファンの方が
多くいらっしゃいますが、見られる数は少なくなってきており、
本当に枯渇してきました。

それに伴い価格の高騰も著しくなってきましたので、
興味のある方は、是非、この機会をお見逃し無く!

それでは、早速ご覧になってください!

よろしくお願い致します!


1930~40's US.Army Denim Barrack Bag
Sold Out!です。ありがとうございました。
c0078587_14445328.jpg
c0078587_14445358.jpg
c0078587_14445388.jpg
c0078587_14445449.jpg
c0078587_14445353.jpg
c0078587_14445338.jpg
c0078587_14445379.jpg
c0078587_14445433.jpg
最初にご紹介のアイテムはこちらです!


円筒形のシンプルな大きなバッグのバラックバッグは、
古いものだと1940年代ごろのものが見かけられますが、
軍で制式に採用になったのは、実に古い時代からで、
1885年が始まりで、それから仕様変更が1894年、1896年、1904年、1909年、
1917年とこまめに変わってきました。


初期のほうは、ブラウンダックの生地で作られ、
そして1904年には、ホワイトのコットンダック生地で作られ、
1909年には、オリーブドラブのコットンダック生地で作られることとなります。

そして、1917年頃に、デニム生地を採用したバラックバッグが
誕生します。


まずは、ミリタリー好きの方は勿論、そうでない方にも
一目で気に入って頂ける生地を使ったこちらをご紹介です!
本当に数が見かけられなくなりました!
デニムのバラックバッグになります!

兵士の身支度品を一式、中に詰め込むことを
目的とし、何でも詰め込みやすいご覧のような
シンプルなデザインが特徴です!


この度の一品は
ミリタリー好きだけでなくヴィンテージデニムが好きな方にも、
興味が湧く一品ではないでしょうか?

色濃く残ったデニム生地が最高にかっこいい見た目で、
酸化して黒ずんだインディゴが非常にカッコいいですね!

その上、ボディーにはステンシルが入っていて、この組み合わせは
いつ見ても飽きることが無く、何枚でも持っておきたくなる一品です!

c0078587_14445427.jpg
今回の物は、それに加えてバックにオレンジカラーで丸い
プリントが確認できるのが、何よりの特徴となります!

この印は、軍の中でも砲兵隊の兵士を表しているといわれており、
こういったバラックバッグは滅多に見られない貴重な一品です!
c0078587_14445424.jpg
しかも、第二次大戦中にヨーロッパへ向かった、96th Bomb Groupで、
ボディーにネームが入ったP.J.Boschさんは、B-17爆撃機、
愛称ミラクルトライブのグランドメカニックのクルーチーフだったようです。

ボディーの小さな生地のダメージは、当時にしっかりと
リペアされているのが確認でき、大切に使用されていた一品というのが
判りますね。

ここ数年で、デニムのバラックバッグは激減しているので、
興味のある方は、是非、ご覧になってください!

こんなスペシャルなプリントが入ったものは、
次見ることは非常に難しいと思います!

c0078587_14505149.jpg
c0078587_14505175.jpg
c0078587_14505105.jpg
c0078587_14505122.jpg
c0078587_14445424.jpg
c0078587_14505129.jpg



1940's US.Army H.B.T. Barrack Bag
7980-yen +Tax
c0078587_14514575.jpg
c0078587_14514500.jpg
c0078587_14514431.jpg
c0078587_14514564.jpg
c0078587_14514429.jpg
c0078587_14514518.jpg
c0078587_14514494.jpg
c0078587_14514448.jpg
c0078587_14514404.jpg
そしてデニムの後継モデルとして、1942~43年頃に
誕生した、ヘリンボーンツイルを使った
バラックバッグもご紹介させて頂きます!

この生地のバラックバッグも、数が少なく
出てくることが本当に少ないですね!

デニムからヘリンボーンツイルへと生地が変更された
だけなのですが、生地が変わると見た目の雰囲気も
ガラッと変わります!


戦闘時に使うアイテムではないだけに、
規格がそこまで厳しくなかったのか、ヘリンボーンツイルの
織り目を横に使っているものがあったりと、いろんな作りが
見られるのも面白いポイントで、デニムとは違った楽しみ方が
できるのではないでしょうか?


1950年代に入ると、ユーティリティーシャツで見られる、
バックサテンの生地へと変更されますので、生産期間が
短い貴重な生地になります。

このバラックバッグというアイテムは、軍の中で
長年使用され続け、最後は2006年まで使用され続けられました。

100年以上も軍で使われ続けられるということから
いかに、実用性が高かったのかがご理解頂けると思います。


兵士の身支度品を一式詰め込むために作られた
バラックバッグですが、1943年に、厚手のキャンバスコットンで
作られた皆様ご存知のダッフルバッグの誕生により、

メインバッグとしてのポジションから、セカンドポジションのバッグと
して位置づけられ使われることとなります。

ダッフルバッグで入りきらなかったものを入れるのに使ったり、
頻繁に出し入れをする物を入れるのに使ったり、そして、
洗濯物を入れるランドリーバッグとして、使われるようになりました。

1940's US.Army H.B.T. Barrack Bag
7980-yen +Tax
c0078587_14523727.jpg
c0078587_14523781.jpg
c0078587_14523605.jpg
c0078587_14523760.jpg
c0078587_14523649.jpg
c0078587_14523660.jpg
c0078587_14523617.jpg

1940's US.Army H.B.T. Personal Effects Bag
6980-yen +Tax

c0078587_14543684.jpg
c0078587_14551687.jpg

c0078587_14543584.jpg
c0078587_14543626.jpg
c0078587_14543797.jpg
c0078587_14543793.jpg
c0078587_14543608.jpg
c0078587_14543749.jpg
c0078587_19420491.jpg

ヘリンボーンを使ったこんな一品も入ってきました!
シンプルな作りで仕上がったH.B.T.バッグです!

こちらはステンシルが入っていますが、
個人でカスタムして作られたパーソナル・エフェクツと
して、使用されていたバラックバッグのようです。

先程の制式に支給されたものと比べて、
二周りほど小さく、簡単に持ち運べるほどの
大きさとなっていますので、小物を入れて使うには、
ちょうどいい適した大きさとなっています。

私物として作られたものですが、ボディーにちゃんと
ステンシルが入っているのがいいですね。

そして、下には、同じくヘリンボーンツイルを使った
更に小さなダティバッグのご紹介です!

アメリカンレッドクロスのダティバッグのような
見た目となっていますが、中にタグが無かったので、
ミリタリーとしてご紹介させて頂きます。

縫製している糸などを見ると、こちらも
私物で作られた一品のようですが、
この大きさは、インバッグとしても活躍し、
鞄の中を常に見分けやすいようにしたい方には、
最適なヴィンテージです!

ボディーと同じく、ヘリンボーンのドローコードを
使っていて、時代を感じる一品です!

程よい使用感で雰囲気も楽しめる一品です!

1940's US.Military Ditty Bag
5980-yen +Tax

c0078587_14543697.jpg
c0078587_14561697.jpg
c0078587_14561682.jpg
c0078587_14561687.jpg
c0078587_14561676.jpg
c0078587_19420506.jpg







Circa1940' US.Military Cotton Duck Barrack Bag
7980-yen +Tax
c0078587_14571226.jpg
c0078587_14571198.jpg
c0078587_14571383.jpg
c0078587_14571130.jpg
続いては、冒頭でデニム以外にもバラックバッグが
作られていることを書きましたが、こちらは、1904年から
採用されたオリーブ・ドラブのダック生地を使った
ランドリーバッグになります!

デザイン、縫製はデニムと同じ仕上がりとなっていますが、
ガシッとしたダック生地はまた違った土臭い雰囲気が楽しめます!

しっかりと使い込まれ、ボディー全体に退色が見られ、
味わい深い一品ですね!

その上にはブラックのステンシルが
ブローされており、カッコいい見た目です!

これだけの退色が見られますが、生地には目立ったダメージが
ないことから、ダック生地の強さを感じていただけると思います。

使い込まれるとすぐに消失してしまうガーゼタグは、
印字は消えてしまっていますが残っているのが嬉しいですね。
c0078587_14571361.jpg
c0078587_14571211.jpg
c0078587_14571290.jpg
c0078587_14571154.jpg
c0078587_14571381.jpg
c0078587_14571210.jpg
c0078587_14580058.jpg


1950's US.Army M-1945 Field Pack
Sold Out!です。ありがとうございました。
c0078587_14592208.jpg

c0078587_14582137.jpg
c0078587_14582012.jpg
c0078587_14581873.jpg
c0078587_14581809.jpg
40年代のフィールドパックをご紹介です!

こちらは、M-1945フィールドパックで、連結型という
ユニークな作りで誕生しました。

独立した2つのバッグをジョイントして1つの
バックパックとして扱えるものなのですが、
この度は、数が少ないトップ部分のアイテムとなります。

勿論、単品だけでも使っていただけるようになっていますので、
これぐらいの大きさを好まれている方には、嬉しい一品では
ないでしょうか?

サイドにポケットが備わり、メインの場所は、中に
防水シートが備わり、小分けのポケットも付く、
優れた一品です。

防水シートの内側には、連結する際の
説明書も張られていますが、この見た目もカッコいいですね!

この度は、ショルダーストラップも付いていて、
持ち方も選べて、楽しめますね。

自転車に装備して使って見るのもカッコいいと思います!

貴重なアイテムですがデッドストックと言えるような、
色濃く残り使用感のない一品となりますので、気になる方は、
是非、ご覧になってください!
c0078587_14582064.jpg
c0078587_14582046.jpg
c0078587_14581991.jpg
c0078587_14581906.jpg
c0078587_14582043.jpg
c0078587_14581894.jpg
c0078587_14592279.jpg
c0078587_14592246.jpg
c0078587_14592256.jpg
c0078587_19420514.jpg




1940's US.Army Map Case
7980-yen +Tax
c0078587_15003952.jpg
c0078587_15003961.jpg
c0078587_15003813.jpg
c0078587_15003935.jpg
c0078587_15003832.jpg
続いては、普段、多くのものを持たない方にピッタリな
1940年代のマップケースをご紹介です!

このアイテムは、古い時代から軍で使われていて、
いかに大切なバッグであるかということと共に、
いかに使いやすかったのかということも伺えるアイテムです!

戦いながら自身の位置を把握するために地図は
この時代には欠かせないアイテムの1つですが、
それを保護し収納するケースは、本当に大切だったと思います。

折りたたんだ地図を入れるだけでなく、ペンなども
挿して持ち運べるように、ご覧のようなホルダーが
装備され、機能的なデザインで仕上がっていますが、
現代でも普段使いに適したデザインとなっているのが
嬉しいですね。

ショルダーストラップも欠損無く残っていて、
本当に使いやすい状態となっています。
c0078587_15003859.jpg
c0078587_15011850.jpg
c0078587_15011738.jpg

c0078587_15003856.jpg
c0078587_15003815.jpg
c0078587_15003862.jpg

c0078587_19420535.jpg


c0078587_15021775.jpg
1930~40's American Red Cross Ditty Bag
Sold Out!です。ありがとうございました。
c0078587_15015061.jpg
c0078587_15015008.jpg
c0078587_15014988.jpg
c0078587_15015094.jpg
c0078587_15015093.jpg
1930~40's American Red Cross Ditty Bag
Sold Out!です。ありがとうございました。
c0078587_15025455.jpg
c0078587_15025549.jpg
c0078587_15025461.jpg
c0078587_15025415.jpg
c0078587_15025413.jpg
c0078587_15025423.jpg

人気の高いこちらのアイテムがこの度、
纏まって入ってきました!

アメリカンレッドクロスのアイテムです!

ちょっとした物を入れるのに適した大きさで、
全て仕上がっていますが、どれもデザインが違っていて、
いろんな物が使われていたことが確認できます!


トップは、その中でも滅多に見ることができなかった
グレーカラーで仕上がったダティバッグになります!

この時代の海軍ユニフォームで見られる渋いグレーカラーの
コットンツイルを使用したバッグの中には、ARCを示す
タグが貼られています!

使用感は少なく、まだ生地に光沢も見られる
コンディションでコレクタブルな一品ではないでしょうか!

その下には、古い時代に見られる黄色味がかった
オリーブカラーで仕上がったダティバッグが並びます!

先程より、薄手のポプリン生地を使っているので、
軽量で扱いやすく、またドローコードも平紐を
使っているので、簡単に絞り込むことができます!

内側には、当初は使っていた人物のネームテープが
張られていたのか、何かはがされた跡が確認できます。

全体的には、使用感があまり見られず
綺麗なコンディションとなっています。



次もポプリン生地になりますが、先程より、
少し縦長に作られた一品です。

平紐も薄手の物を使い、更に軽量な作りで、
こちらも、タグも綺麗に残り、色も濃いコレクタブルなアイテムです!


そして、最後はヘリンボーンツイルを使ったダティバッグになります。
トップにご紹介させていただきましたグレーのダティバッグと同じ
大きさで作られた一品となります。

ヘリンボーンツイルを使ったARCアイテムも最近、見ることが
少なくなったので気になりますね。

この度の4点、簡単に見つかるアイテムではございませんので、
興味のある方は、纏めて押さえてください!

1930~40's American Red Cross Ditty Bag
4980-yen +Tax
c0078587_15034330.jpg
c0078587_15034292.jpg
c0078587_15034254.jpg
c0078587_15034234.jpg
c0078587_15034226.jpg

1930~40's American Red Cross Ditty Bag
5980-yen +Tax

c0078587_15015174.jpg

c0078587_15015132.jpg

c0078587_15014974.jpg

c0078587_15014945.jpg

c0078587_15015149.jpg
c0078587_19420414.jpg


1930~40's American Red Cross Cotton Apron
5980-yen +Tax
c0078587_15043669.jpg
c0078587_15043596.jpg
ARCアイテムをもう一点ご紹介です!
非常に簡素な作りと、色目に時代を感じます!

先程のダティバッグと同じく、30~40年代頃に
使用されていたARCのエプロンの登場です!

真横に広く取られ、巻きつけるような長さで
仕上がり、縦は短くワークエプロンのようなバランスで
作られています。

ボディーには、タグなどはございませんが、
オールド感がしっかり伝わるエプロンです!
両サイドはセルヴィッジになっているのが嬉しいですね。
上下は、ほつれないようにしっかりと巻き込んで縫いこまれています。

備わるドローコードは、ボディーと同じ生地で、
作られこちらも細かいステッチワークで縫い合わせられ
細いながらもタフな仕上がりとなっています!
c0078587_15043630.jpg
c0078587_15043561.jpg
c0078587_15043641.jpg
c0078587_15043597.jpg



1950's Civil Defense Corps Arm Band
Sold Out!です。ありがとうございました。
c0078587_15051312.jpg
c0078587_15051401.jpg
c0078587_15051403.jpg
ユニークなヴィンテージの登場です!
一見するとマスクにも見えるアイテムですが、
こちらは、アームバンドで、この描かれたエンブレムを
他者が確認できるように、腕に巻き付けるように作られたものです。

CDCと書かれた特徴あるエンブレムが描かれていますが、
こちらはCivil Defense Corpsという
緊急的な敵国からの軍事攻撃に備えた
市民が主体となって避難、救援活動に従事する民間防衛になります。

このCDCは、第二次世界大戦後から主に50年代にかけては特に重要視され、
その背景には常に核攻撃を想定した中でのロシアとの冷戦があり、
今回入荷のようなアイテムが存在する事となります。

下には、ミネソタの地名が入っていることから、
このエリアを管轄としたCDCのメンバーが使っていた
アームバンドになります。

古い時代を感じるコットン生地に、染み込みで仕上がった
プリントは、まだ色鮮やかで、いい状態で残っています。

興味がそそられるこういった小物もご覧になってください!
c0078587_15051333.jpg
c0078587_15051424.jpg
c0078587_15051477.jpg



1970's US.Military Bowling Shirt by Deniston
Size:about-L  
Sold Out!です。ありがとうございました。
c0078587_15055454.jpg
c0078587_15055431.jpg
c0078587_15055359.jpg
ヴィンテージウェアも数点ご紹介させて頂きます!


まずは、珍しいミリタリーのボーリングシャツになります!

エメラルドグリーンの珍しいボディーカラーは、
黒をスパイスに使った2トーンボディで仕上がっていて、
単に、このシャツだけでも興味がそそられるところではありますが、
バックの刺繍が決め手です!

c0078587_15055383.jpg
ボーリングシャツとして、これ以上に無い、モチーフとなっていますが、
こんなデザインの刺繍は滅多に見られないですね!
プレーヤーがスローしたボールは、全ピンをなぎ倒した
様が描かれている刺繍が入っています!

決してうまい刺繍とは言えませんが、愛嬌のある
この見た目は妙に惹かれるものがあります!
刺繍自体も手で触ってみると今の製品みたいに
きっちりと糸が食い込んでいるのではなく、甘く刺繍されているところに
時代を感じます!
c0078587_15064700.jpg
c0078587_15064767.jpg
876'ersと上段に書かれ、下には、All Fall Downと書かれ
「全てが終わる」といったメッセージが書き添えられているのが
カッコいいですね!


古着ならではの一点物感が強く出たボーリングシャツを
是非、お試しください!
c0078587_15055470.jpg
c0078587_15055394.jpg
c0078587_15055316.jpg
c0078587_15055358.jpg
c0078587_15055268.jpg




c0078587_15070501.jpg
1960's Champion Runnning Man U.S.Military Academy Ringer T-Shirt
Size:about-XL 7980-yen +Tax
c0078587_15070585.jpg
c0078587_15070487.jpg
c0078587_15070527.jpg
c0078587_15070401.jpg

c0078587_15070538.jpg
c0078587_15070543.jpg
続いては、アーミー関連のTシャツになります!

トップは、貴重なリンガーTです!
使い込まれてボディーには、リペア跡がございますが、
60年代の古いリンガーTで、プリントは陸軍士官学校の
ミリタリーアカデミーのワンポイントが染み込みで入っています!


更に、そのボディーのタグを見ると、貴重な
チャンピオンのランナーズタグが備わった一品です!


チャンピオン好きの方はもちろんですが、
ミリタリー好きの方も、チャンピオンボディーだと、
一層興味が掻き立てられるのではないでしょうか!

サイズ表記は消えてしまっていますが、
実寸でいくとXL程度の大きさがあるのも嬉しいポイントです!

雰囲気のあるボディーがお好みの方は、
是非、お試しください!



1960's US.Army Beat Navy T-Shirt by Russell Southern
Size:XL 6980-yen +Tax
c0078587_15074564.jpg
c0078587_15074560.jpg
c0078587_15074341.jpg
c0078587_15074465.jpg
c0078587_15074404.jpg
c0078587_15074545.jpg
c0078587_15074534.jpg
続いては、BeatNavyと書かれたプリントTになります!

黄色と黒の組み合わせで、アーミーらしさが伝わる
Tシャツですね!
このBeatNavyと書かれているプリントなのですが、
こちらは、おそらく、現在も行われている海軍との
フットボールの対校試合の際に使用されていた
Tシャツになると思われます。

この試合のときには、お互いにBeatNavy、BeatArmyと書かれた
Tシャツをはじめとした、いろんなアイテムで見ることができます。

ボディーは、ラッセルサザンの確かな作りで、
ヴィンテージのボディーのよさもしっかりと
味わっていただける1枚となっています!

サイズがXLというのも嬉しいポイントではないでしょうか!



1940's US.Army Tank Top Underwear
Size:38 3980-yen +Tax
c0078587_15083001.jpg
c0078587_15083130.jpg
c0078587_15083052.jpg
最後は、貴重な40年代のアーミーのタンクトップの
ご紹介です!

一般品では見ることが少ないオリーブカラーの
タンクトップで、その色目だけでも興味が湧くのですが
リブコットンのボディーに、丁寧にネックとショルダー部分にトリミングが
備わり、作りのよさも楽しんでいただける一品です!


使い込んでいくと、プリントなどは消えてしまい、
確認することが難しいアイテムですが、この度は、
裾をめくってみると、しっかりと記載が確認できる
貴重な1枚となっています!

1944年に製造されたことが記されていて、
終戦に差し掛かった時期のタンクトップです!

使用感はありますが、全体的にはいいコンディションで、
生地はさほどヘタっていません。

こちらも数が少なくなっていますので、
興味のある方は、お試しください!
c0078587_15083101.jpg
c0078587_15083177.jpg
c0078587_15083084.jpg
c0078587_15083163.jpg

最後まで、ご覧いただきまして誠にありがとうございました!


本日、この後にもブログアップが続きます!
初日から数が多いですが、是非、お付き合いくださいませ!

何卒、よろしくお願い致します!


神戸店 伊藤でした


この度の、入荷ブログはこちらから ↓


マグネッツ神戸店 6/12(水)Vintage入荷! #1 Military Part1!!!









magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、kobemag@gmail.com まで御連絡ください。


※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。

※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。

御了承くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2018 magnets Co. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


by magnetsco | 2019-06-09 20:53 | KOBE店 | Comments(0)