magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(3266)
(2622)
(2295)
(1450)
(1192)
(1080)
(664)
(656)
(637)
(627)
(586)
(444)
(421)
(321)
(287)
(271)
(196)
(177)
(103)
(35)

最新の記事

12月11日(水)大阪店ヴィ..
at 2019-12-06 21:00
マグネッツ神戸店 Level..
at 2019-12-06 17:18
卍SWASTIKA卍(マグネ..
at 2019-12-05 23:23

最新のコメント

Golazo!様。 ..
by magnetsco at 12:39
B-7!!!!! しか..
by Golazo! at 03:19
> 19510909様、..
by magnetsco at 19:20
こんばんは、お世話になっ..
by 19510909 at 21:07
> royalruby5..
by magnetsco at 22:39

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

マグネッツ神戸店 10/12(土)冬Superior入荷! #1 US.Military Item Part1!!!

c0078587_12392194.jpg
こんばんは、神戸店 伊藤です。

マグネッツ神戸店
10/12(土)冬スーペリア入荷!12:30~OPEN!!!
の、入荷ブログを本日からスタート致します!

いよいよ10月に入り本格的な
アウターシーズンに突入ですね!

今年もどんなアウターに
出会えるのか楽しみです!

年々集めることが難しくなっている
アメリカ製のwear類ですが、この度も
数多くの商品が並びますので、

3日間、ブログにお付き合い頂ければ
嬉しく思います!

それではブログに移ります!

最初のブログでは、今からと、この先に
使えるアメリカ海軍アイテムを
ご紹介いたします!

年中通して注目を集める海軍アイテムですが、
この時期からのアウターも、秀逸な
モデルが多数存在します!

見た目の雰囲気に惹かれるものや、
長く使えるシンプルなデザインのもの、
そしてミリタリーならではのユニークな
ディテールを備えたものなど様々です!


使用用途に応じて、生み出された海軍の
ジャケットを是非、ご覧になってください!
それでは、よろしくお願いいたします!




2010' US.Navy ShipBoard Jacket
Size:L
Sold Out!です。ありがとうございます。

c0078587_13575663.jpg
c0078587_13575735.jpg
c0078587_13575682.jpg
c0078587_13575691.jpg
トップは、こちらの肉厚な生地で、
寒冷地用のこれからの時期に頼もしい
ネイビージャケットのご紹介です!


軍には色々な任務が存在し、
それに伴い身に纏う被服も多種多様で、
非常に面白く、この一着も普段滅多に
見かけないレア物です!

海軍仕様の"シップボードジャケット"。
寒さの厳しい船上で海軍兵が使用する
ワークジャケットになります。

c0078587_13583923.jpg
c0078587_13584068.jpg
c0078587_13585667.jpg
シェルの素材に難燃性のノーメックスを採用し、
火災時を想定したジャケットと言うのが、
フライトジャケット以外では珍しい仕様です。

ダークネイビーにシンプルな
デザインが使い易く、どんな
スタイルにも重宝して頂けそうです。

首元も大きなスタンドカラー、
また袖の内側にはリブが備わっておりますので、
風の進入もなく、温かく防護してくれます。


滅多に見られないアイテムになりますので、
興味のある方は、是非、ご覧になってください!
c0078587_13591479.jpg
c0078587_13591435.jpg
c0078587_13591418.jpg








1970’s US.Navy 8Button P-Coat
Size:38-Regular 12980-yen +Tax
c0078587_13594495.jpg
c0078587_13594598.jpg
c0078587_13594535.jpg
c0078587_13594505.jpg

そして続いては、
海軍の名品Pコートの登場です!


誕生当初から、アップデートが繰り返され、
50年代に入り10ボタンから
8ボタンに変更されました。

それにより首元がゆったりとし、
ラペルも大きめに、そして、
シルエットもややゆったりな
ラインに変更されています。


10ボタンはボタンを閉じると、
横幅が狭い作りだったので、
そこで悩んでいた方には、
この8ボタンのPコートは、
おススメです!

c0078587_14002842.jpg
c0078587_14002716.jpg
昔から服好きの大人の方は、
Pコートといえば、こちらの
シルエットに馴染みがある方も
多いと思います。

c0078587_14004623.jpg
今回は海軍徽章がショルダーに入り
見栄え的にも最高のPコートです!

ビジネスシーンでも愛用者が多い
アイテムですので、是非お試しください!

この価格は、満足して
いただけるんじゃないでしょうか!
c0078587_14010080.jpg
c0078587_14010090.jpg
c0078587_14010077.jpg






1940’s US.Navy Wool Middy by Seafarer
Size:about-14 -1/2 5980-yen +Tax
c0078587_14020192.jpg
c0078587_14020126.jpg
c0078587_14020232.jpg
c0078587_14031072.jpg
c0078587_14030986.jpg


c0078587_14030994.jpg
c0078587_14031090.jpg
c0078587_14031004.jpg
c0078587_14031087.jpg
ウールつながりで続いては
こちらをご紹介です!

海軍兵士が着用している
冬季用のセーラーシャツのご紹介になります!

ダークネイビーの海軍独特のカラーは、
アメリカではミッドナイトと呼ばれる
限りなく黒に近い紺色になります。


この度2枚入りましたが、
どちらにも裏に
華やかな刺繍が入った
特別感のあるセーラーシャツと
なっています!


船で世界を巡航する海軍は、
給油や物資補給のために各国の
ドッグに入るわけですが、

その時に、記念として現地で
刺繍を入れてもらった1枚になります。
c0078587_14023919.jpg
c0078587_14020296.jpg
c0078587_14020241.jpg
レインボーステッチでドラゴンの
モチーフが入っていることから
アジア圏で作られたのではないでしょうか。

日頃の任務についているときは
表側で着用して、休暇の日に裏側で
使っていたとも言われています。

女子にも人気のセーラーシャツですが、
こんな特別感のあるものはいかがでしょう?

年代的にヘヴィーヴィンテージなのですが、
価格もリーズナブルで見逃す理由がありません!




1940’s US.Navy Wool Middy by Seafarer
Size:about-15 5980-yen +Tax
c0078587_14041160.jpg
c0078587_14041056.jpg
c0078587_14041153.jpg
c0078587_14041119.jpg
c0078587_14041132.jpg
c0078587_14041108.jpg
c0078587_14041175.jpg
c0078587_14041046.jpg
c0078587_14040906.jpg
c0078587_14041077.jpg



c0078587_14045612.jpg
c0078587_14045504.jpg
c0078587_14045682.jpg
c0078587_14045500.jpg






1960~70’s US.Naval Academy 'B' Robe
Size:S 12980-yen +Tax
c0078587_14052610.jpg
c0078587_14052674.jpg
c0078587_14052671.jpg
次もこんなユニークな
海軍アイテムのご紹介です!

ファッションアイテムとして
人気の高いローブですが、
こんな一品は見たことがない方が
多いのではないでしょうか?


アメリカ海軍士官学校で
使用されていたウールローブの
ご紹介です!

胸には海軍エンブレムが入っており、
存在感がありますね。

c0078587_14055400.jpg
c0078587_14055488.jpg
c0078587_14060658.jpg
それに加えて首元には
生徒のIDナンバーが記された
テープが貼られています。

ローブアイテムにこの存在感のある
IDテープにギャップを感じる一品です。

ブランドタグも備わっており
B Robeと書かれ、
このアイテムを見ると
必ずこのタグが確認できます。

海軍の中で作ったアイテムのようです。


c0078587_14062798.jpg
c0078587_14062750.jpg
海軍のシンボルカラーのネイビーをベースに
イエローのパイピングをあしらい、
品のある見た目で仕上がった一品です!

またウール自体の質も非常によく、
贅沢なアイテムを当時の生徒が
使っていたことがわかります

滅多に出会えないアイテムなので、
気になった方は!ご覧になってください!

c0078587_14064446.jpg




1983’ US.Navy ECW Impermeable Jacket
Size:XL 12980-yen +Tax
c0078587_14085487.jpg

c0078587_14084084.jpg
c0078587_14084044.jpg
珍しいネイビーアウターの登場です!
コントラクト83年の極寒冷地用の
ネイビーデッキジャケットになります。

防水性に特化した光沢のあるナイロン素材に、
襟はコーデュロイ生地を採用し、
他のミリタリーアイテムにはない
見た目の特徴を持ちます。

c0078587_14093338.jpg
c0078587_14093240.jpg
首元にがチンストラップが備わっており、
フロントはジッパーと
ボタン留めのデュアルタイプになり

この度の1枚はジッパーが欠損していますが
ボタンのおかげで着用に支障はございません。

c0078587_14084015.jpg
中は、キルティングナイロンの2枚生地で、
風が冷たくなる今からの時期に
高い防寒性を発揮してくれます。

袖の内側にはリブが備わっており、
こちらからも風の進入はありません。
c0078587_14114677.jpg
c0078587_14114592.jpg
c0078587_14114553.jpg








1970’s US.Navy A-2Deck Jacket
Size:L 7980-yen +Tax
c0078587_14150345.jpg
c0078587_14150392.jpg
c0078587_14150372.jpg
シンプルなデザインで、使いやすく
注目が集まるA-2デッキジャケットのご紹介です!

1940年代に誕生した
N-1デッキジャケットに端を発し
1950年代後半に後継モデルとして登場した
A-2デッキジャケット。

甲板作業をする兵士の為に、
防寒性と、動きやすさという点で
更に進化を遂げたジャケットになります!


c0078587_14152587.jpg
c0078587_14152526.jpg
N-1に採用されていたジャングルクロスから、
耐久性と軽量、そして速乾を兼ね揃えた
ナイロン/コットンクロスに変更されており、
かなり動き易くなっているのが印象的です。

c0078587_14155267.jpg
c0078587_14155248.jpg
裏地にもアルパカライナーから
ナイロンボアへ変更されており、

脇下には、カッティングが入り、
着込んだ上に着用したときには、
この作りがあるとストレスの感じ方が
段違いで、軽量と快適さが裏地でもアップしています!
c0078587_14160483.jpg
袖の内側には、リブが装備されており、
遮風性も衰える事無く、長期間採用の
完成度の高さが伺えます。


こういったバックボーンを備えているだけでなく、
服として、見た目とバランスが非常によく、
長く使って頂けるアイテムです。
c0078587_14162755.jpg
c0078587_14162781.jpg






1960's US.Navy A-1 Extreme Cold Weather JKT
Size:L. 16980-yen +Tax
c0078587_14171795.jpg
c0078587_14171718.jpg
c0078587_14171843.jpg
c0078587_14172632.jpg
60年代初頭のナム戦時に採用された、
厚手ナイロン素材防寒用
A-1デッキジャケットのご紹介です!

普段は滅多に姿を見せない
レアなミリタリージャケットになります!

独特の光沢感のある生地が
他にはないアイテムですね。
c0078587_14174897.jpg
c0078587_14174996.jpg
デザインは先ほどのA-2デッキジャケットに似た
ディテールとなりますが、ポケットフラップの
形状等が異なり、やはり生地で
印象がガラっと異なります。
c0078587_14182388.jpg
主に潜水艦のクルーに使われているのですが、
ショルダーから袖先にかけて、
パイピングのような作りがされており

通路の狭い艦内で、火災などの緊急時に、
引っぱり上げやすいように
作られたディテールと言われています。

普段目にするジャケットとは、
かなり異なったディテールが
備わっており、

命を守るために考えられた
リアルクロージングですね。
c0078587_14184551.jpg
c0078587_14184584.jpg
c0078587_14190493.jpg
この度は、独立タイプのフードも
セットでの入荷となります!
滅多に見ないパーツになりますので、
興味のある方は、チャンスです!

c0078587_14192814.jpg
c0078587_14193315.jpg








1960's US.Navy G-1 Flight Jacket
Size:40 39980-yen +Tax 
c0078587_14201247.jpg
c0078587_14200399.jpg
c0078587_14200369.jpg
c0078587_14202299.jpg
c0078587_14232662.jpg
c0078587_14232699.jpg
c0078587_14232547.jpg
最後は、とにかく有名な
浮動のモデル、米海軍のフライトジャケット、
G-1になります!


長い歴史を持ち1930年代から現用と、
驚くほど長い採用期間で、60年近くに渡り
支給されてる歴史のあるジャケットになります!

c0078587_14205103.jpg
c0078587_14205169.jpg
スペックは常に進化され、
現在のジェット戦闘機には
G-1で乗ることは許されていないので
基地内での着用のみとなっているのですが、

海軍兵にとって特別なフライトジャケットで、

海軍に入隊する兵士達が
「子供の頃、このG-1を着ていた兵士を見て
海軍に入りたいと思った」という声が多く

一次は廃止されましたが、復活した海軍にとって
シンボル的なジャケットとして扱われています。


c0078587_14220143.jpg
c0078587_14220169.jpg

基本的には、ゴートレザーを使い、
軽く丈夫な特徴をもち、襟にボアが付いています。

初めのころは
リアルムートンのボアを装備しており、
後にアクリルボアへと移行していきます。

ボディーの色目は海軍独特の
シールブラウンを使用しており、
この色目がまた、カッコいいんですよね。

シルエットも、身頃、袖と細めに作られており、
後に進化していくフライトジャケットとは
全く違うシルエットになっています。



この度一気に2枚入ってきたのですが、
年代がそれぞれ違います。

c0078587_14211164.jpg
c0078587_14211181.jpg
トップは、黒タグを備えた
60年代の一品で、
ヴィンテージのG-1として
立派な価値がある一品です!

ゴートレザーは、しっかりと使い込まれており
非常に柔らかくなっているのがポイントです。


それに加えて、赤茶のボアが付いているのも
好きな方には堪らないポイントではないでしょうか?

古い時代に見られる段リブを
使っているのも見逃せない点です!



c0078587_14222581.jpg
c0078587_14222560.jpg
下は少し後の時代のG-1が並びますが、
こちらも黒タグが装備された一品です!

先程と比べるとマットな質感の
レザーを使っているのがポイントで、
落ち着いた見た目になっています。

襟ボアも、こげ茶のカラーでボディーと
似たトーンで仕上がっています。

ある程度使い込まれているのですが、
こちらのほうがレザーは少し硬い状態ですので、
これから馴染ませて行きたい方におススメです!

価格もリーズナブルで
とにかくG-1を試してみたい方には
ぴったりのジャケットです!

1970's US.Navy G-1 Flight Jacket
Size:40 29980-yen +Tax
c0078587_14240910.jpg
c0078587_14240975.jpg
c0078587_14241094.jpg
c0078587_14241156.jpg
c0078587_14241064.jpg
c0078587_14241087.jpg
c0078587_14241025.jpg
c0078587_14241070.jpg



最後まで、ご覧いただきまして、
誠にありがとうございました!

本日、この後にもブログアップが
ございますので、是非、
お付き合いくださいませ!

何卒、よろしくお願い致します!

神戸店 伊藤でした





magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → kobemag@gmail.com



※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。

御了承くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2018 magnets Co. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


by magnetsco | 2019-10-09 20:45 | KOBE店 | Comments(0)