magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(3240)
(2594)
(2282)
(1444)
(1184)
(1078)
(654)
(653)
(633)
(627)
(582)
(441)
(414)
(319)
(287)
(267)
(196)
(177)
(103)
(35)

最新の記事

マグネッツ神戸店 11/20..
at 2019-11-17 21:44
WWII USAAF!!(マ..
at 2019-11-16 12:49
マグネッツ神戸店 季節感を強..
at 2019-11-15 22:45

最新のコメント

B-7!!!!! しか..
by Golazo! at 03:19
> 19510909様、..
by magnetsco at 19:20
こんばんは、お世話になっ..
by 19510909 at 21:07
> royalruby5..
by magnetsco at 22:39
こんにちは。 vint..
by royalruby5104 at 16:03

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

Vintage JKT W/Blanket Liner!!(マグネッツ大阪アメ村店)

こんにちは。
マグネッツ大阪店スタッフヤスオです。

今日は花の金曜日ですね。

休日がお仕事で今日がお休みの方や
一週間お仕事お疲れ様でしたの方等は、
是非リフレッシュにマグネッツにお立ち寄り頂けたらと思います。

さて、本日のブログアップですが、
これから寒くなる時期に向けてのアウター紹介ですが、
味のある見た目と高い保温性を両方備えたブランケットライナー付きのワークジャケットをピックアップです!

ヴィンテージにしかない雰囲気を楽しみながら、
これからのシーズンを快適に過ごして頂けるアイテムかと思いますので、
一生物をお探しの方は、是非お付き合い下さいませ。



1930's~1940's Vintage Moleskin Work JKT Size:About 40 Price:29980yen+TAX
c0078587_18391497.jpg
c0078587_18392560.jpg
スペシャル感の漂う1930~1940年代のスポジャケタイプのワークジャケットの紹介です!
USヴィンテージでは非常に珍しいモールスキンを採用した一着になります。
c0078587_18393813.jpg
ブラウンのモールスキンの生地が激渋で、
棒タロンのジッパーフロントに、
チェーンジッパー付きの胸ポケットとの3つポケタイプがシンプルでカッコ良く、
飽きる事のないデザインですね。
c0078587_1840654.jpg
c0078587_18402249.jpg
c0078587_18402914.jpg
c0078587_18403725.jpg
ショルダーはラグランスリーブで仕上がっている点も珍しく、
ストレスなく着用出来る作りです。
c0078587_18404962.jpg
c0078587_1951468.jpg
ショート丈が多いワークジャケットですが、
ハーフ丈というのも貴重ではないでしょうか。

インナーには古いボーダーのウールブランケットが張られ、
真冬にも対応してくれる一着です。
c0078587_184179.jpg
c0078587_18411532.jpg
c0078587_1954199.jpg
c0078587_1954965.jpg
細かい擦れ感は、
味のあるヴィンテージならではの良い見た目として捉えて頂けそうです!
お好みの方は、是非お試し下さいませ。
c0078587_1841302.jpg
c0078587_18414016.jpg
c0078587_18415285.jpg





40's "JOHN RISSMAN&SON WINDBREAKER" Vintage Cotton Gaba Sports JKT Size:About 38~40 Price:9980yen+TAX
c0078587_1962463.jpg
c0078587_1963566.jpg
c0078587_1964374.jpg
40年代の"JOHN RISSMAN&SON"社のWINDBREAKERブランドのスポジャケも必見です!

同ブランドではスウィングトップのアイテムが印象的ですが、
圧倒的にクオリティの高いヘビーアウターで、
アウターシェルの素材は、コットンギャバジン素材というのが激渋です!
c0078587_1965915.jpg
c0078587_1985798.jpg
色目もグレーベージュのカーキ色で落ち着きがあり、
無駄のないシンプルな3つポケが合わせ易く、
袖口の折り返しのデザインはオシャレですね。
c0078587_1972452.jpg
c0078587_1973915.jpg
c0078587_197489.jpg
c0078587_198147.jpg
c0078587_1981355.jpg
またバックのウエストの帯とプリーツの付き方が珍しく、
手の込んだディテールにそそられます。
c0078587_1982674.jpg
中には毛足のあるウールライニングが温かく、
袖と裾にはインナーが引っ掛からないようにキルティングで分けられた
作りの非常に贅沢な一着です。
c0078587_1991024.jpg
c0078587_1991818.jpg
c0078587_1993044.jpg
渋いヴィンテージアウターをお探しなられている方は、
是非こちらもお試し下さいませ。
c0078587_1983893.jpg


50's~60's "BIG MAC" Vintage Cotton Work JKT Size:About 40 Price:12980yen+TAX
c0078587_2091960.jpg
c0078587_2092733.jpg
c0078587_2093542.jpg
JCペニーを代表するプライベートブランドのBIGMACのコットンワークジャケットは、
ヴィンテージにしかない味のある一着です!
c0078587_2094717.jpg
アウターシェルは、
グレーカラーのコットンツイル生地で、
リアルワークシーンで使い込まれた褪色感、擦れや焼け汚れ等も
むしろ雰囲気の良い見た目に仕上がっています。
c0078587_20101282.jpg
c0078587_20104569.jpg
c0078587_20105666.jpg
c0078587_2011771.jpg
メインジッパーは、
ブラスのレールにアルミの棒タロンのパーツが備わっており、
ワークらしい無骨さに拍車を掛け、土臭さがお好みの方もおられるかと思います。
c0078587_20111956.jpg
ダブルステッチ間のパッカリングも良いアタリが出ており、
生地も柔らかく馴染んでいますので、
ストレスなく羽織り易いです。
c0078587_20113024.jpg
c0078587_2011377.jpg
中のブランケットライナーもオールド感タップリな見た目ですので、
存分にヴィンテージスタイルをお楽しみ下さい!
c0078587_20114865.jpg


70's "Carhartt" Brown Duck Work Detroit JKT Size:42 Price:14980yen+TAX
c0078587_19361659.jpg
c0078587_19362491.jpg
c0078587_20154482.jpg
今日のファッションシーンでも人気で、
衰える事なく、不動の地位を築くワークブランド"Carhartt"

洗練された現代のラインもカッコ良いですが、
ワークに徹した古い時代のの物のタフな作りやサイズ感に、
改めて注目されている方も多いですね。
c0078587_20155749.jpg
1884年、創業者のハミルトン・カーハートは、
デトロイトに移住すると共に、ハミルトンカーハートカンパニーを設立し、
創業当初は家具や手袋の卸売を生業としていましたが、
その後1889年にはワークウェアの製造を開始し、
社名もハミルトンカーハート・マニュファクチュアと改めます。

1900年代初頭には、早くもカナダやヨーロッパにも進出し、
1930年代には大恐慌の影響を受け、3つの工場をアメリカに残すのみになる場面もありましたが、
ハミルトンと彼の息子ウィリーはそれを逆手にとり、
"Back to the Land"というキャンペーンを行い、
ケンタッキー州の自社工場を大々的に宣伝するという逆転の発想で乗り切ります。

1960年代には、WMフィンク&カンパニー、クラウン&ヘッドライトオーバーオールズを買収。
短期間ですが、カーハート・ヘッドライト・フィンクスと、
トリプルネームで記名されたラベルが製品に使われ、
ヴィンテージ好きの皆様もご存知の方が多いのではないでしょうか。

現在も一大USワークウェアメーカーであり続け、
今年2019年は創業130周年を迎えた老舗ブランドです。
c0078587_20163895.jpg
そんなカーハートの傑作と言えるデトロイトジャケット!
現在では貴重な70年代のプリントタグ、スコービルジッパー搭載で、
鉄板のブラウンダックの一着になります!
c0078587_201765.jpg
c0078587_20171523.jpg
c0078587_20172695.jpg
癖のない扱い易いシンプルにカッコ良い形状で、
カーハートを象徴するタフなダック生地は、
馴染み、アタリ、褪色感、汚れさえもカッコ良い見た目に仕上がり、
味のある雰囲気を楽しんで頂けるのが醍醐味です!
c0078587_20173842.jpg
c0078587_20174647.jpg
c0078587_20175537.jpg
c0078587_2018382.jpg
中にはストライプのブランケットライナー付きで、
これから先に重宝頂けるワークジャケットです。
c0078587_20181275.jpg
コンディションも良好ですので、
お好きな方は、是非手にして下さいませ。
c0078587_20182712.jpg



50's~60's Vintage Denim Work JKT W/Blanket Lining Size:About 36 Price:14980yen+TAX
c0078587_1902617.jpg
c0078587_1903543.jpg
50~60年代のブランケットライナー装備のデニムワークジャケットです!

フロントジッパーの物も数少なく、
GRIPPER ZIPPERのパーツが備わった古い一着で、
Leeの91-Bタイプのデザインがお好きな方も多いのではないでしょうか。
c0078587_1905425.jpg
c0078587_191611.jpg
胸ポケットもチェーンジッパーが備わっており、
テープ部分が赤色というのも良いアクセントになっています。
c0078587_1911994.jpg
c0078587_1912764.jpg
襟は黒コーデュロイのフェード感が味わい深く、
アウターシェルのデニム生地はライトオンスで、
経年使用によるキメ細かい縦落ちが良い雰囲気です。
c0078587_1914494.jpg
c0078587_1911689.jpg
c0078587_19111975.jpg
c0078587_19112992.jpg
ワークジャケットでは珍しい小さめサイズになりますので、
小柄な方や女性の方にもオススメです!
気になられた方は、是非手にして下さいませ。
c0078587_19114023.jpg
c0078587_19114939.jpg

c0078587_1912195.jpg



60's~70's "Levi's 71505 E" Vintage Denim JKT Size:About 44 Price:19980yen+TAX
c0078587_1243494.jpg
c0078587_12435997.jpg
c0078587_1330242.jpg
この鉄板のデザインをこれからの時期にも愛用されたい方は、
ブランケットライナーが加わった、60~70年代のビッグEの71505がオススメです!

71505は、
インディゴデニムを使った70505と変わらないデザインとなっていますが、
裏にはブランケットウールを使ったライニングが張られ、
これからの時期にもトップスで愛用頂ける保温性を備えています。
c0078587_17472351.jpg
c0078587_190445.jpg
ウールブランケットのライニングが張られているジャケットは、
デニムに比べ収縮率が激しい為、表のデニムのアタリが激しく出る点がポイントです。
c0078587_1859878.jpg
c0078587_18591862.jpg
c0078587_18592685.jpg
c0078587_18593578.jpg
c0078587_18594867.jpg
袖を中心にダメージも複数ありますが、
ワークの雰囲気も存分に醸し出しており、
味のある見た目がカッコ良いです!
c0078587_18584165.jpg
c0078587_18584995.jpg
ライニングのブランケットも古いボーダーパターンの物が備わっており、
ヴィンテージらしい渋い表情が堪りません。
c0078587_17474144.jpg
c0078587_17474920.jpg
こちらも決して廃れる事のない逸品ですので、
サイズの合う方は、是非手にして下さいませ。
c0078587_18582191.jpg




最後までありがとうございました。

本日もお時間が御座いましたら、
是非マグネッツにお立ち寄り下さいませ。

皆様のご来店を楽しみにお待ちしております。

大阪店 ヤスオでした。



商品に対するお問い合わせはこちらまで → magnets osakaもしくは、snke83474@nike.eonet.ne.jp まで御連絡ください。※恐れ入りますが、お電話でのお問い合わせは御遠慮下さいませ。※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2018 magnets Co. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


by magnetsco | 2019-10-11 12:37 | OSAKA店 | Comments(0)